JRA GI/JPN I 2016 RACE XIX - チャッピオンズカップ

 もういろいろアウォーディーが落ちる理由を考えましたが大丈夫そうです。
 右回り左まわりでダート負け無し。1800m ~ 2100m まで、馬場の状態関係なし。おまけに鞍上は武 豊騎手。たとえ負けたとしても、複勝圏を外すことはないでしょう。

 対抗も同じ前走 JBC 組からノンコノユメでいこうと思います。
 去勢明けの前走を 4 着で、調教後の馬体重も前走より大幅に増やしてきています。直線の長い中京で前進はあっても、こちらも大敗することは無いと思います。

 単穴はもちろんコパノリッキー
 ハマれば間違いなく強いですし、その強さが出れば真っ向勝負でアウォーディーに勝てるのはこの馬以外にいない気もします。

 あとはこれにサウンドトゥルーを加えて…

◎ アウォーディー
○ ノンコノユメ
▲ コパノリッキー
△ サウンドトゥルー
△ モーニン
× ロワジャルダン
× ゴールドドリーム

挙げられなかった馬で気になるのはアポロンケンタッキーとアスカノロマン。ロワジャルダン以下と、当日の馬場状態、パドックを見て入れ替えを考えるかもしれません。が、絞りたいと思っているので、ゴールドドリーム以下はまとめて切るかも。三歳は 1kg しか斥量差がないレースなので、ここまで枠が外だと厳しいのではないかと思っています。

 とにかくそろそろ当てたい!まだまだじっくり考えて、馬券戦略はこれから考えます… (_ _; 

| | コメント (0) | トラックバック (4)

アウォーディーで行こう!

 7 連敗しました orz
 キタサンブラックが気持ちよく逃げる展開で、その後ろにつけていた◎ ゴールドアクターが直線坂の手前までには並びかけると思っていたのですが、結局最後まですがりつくこともできず、しかも後ろから△ サウンズオブアースに交わされ、最後は△ シュヴァルグランにまで交わされ…馬券を買う直前でキタサンブラックの評価を下げたんですよね…結果また縦目…ってか、軸が飛んでるし… (T^T)

 この 7 連敗、軸が飛んだのは 4 度目で、この秋の本命の成績は 2.1.0.4 という微妙なところ。。。ただその着外の 4 頭のうち 2 頭は 4 着(秋華賞のジュエラー、JC のゴールドアクター)なので、軸の選定にそんなとんちんかんなところは選んでいないのですが…馬券戦略で失敗している傾向が顕著です。

 と言うわけで、今週はアウォーディーで行こうと思っています。
 鞍上も武豊騎手で、力のはっきり出る中京コース。大敗はないと思っています。

 で、あれば問題は相手と馬券の買い方。下手にフォーメーションを組まずに軸一頭流しで、究極悩んだら馬連でも…とにかく当てたい>チャンピオンズカップ (T^T)

 今そんな心境で真剣に悩んでます (_ _;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA GI/JPN I 2016 RACE XVIII - ジャパンカップ

 本命はゴールドアクターでいいでしょう。
 距離・コース適性、実績、枠順すべてにおいて不安要素がありません。馬場状態も問題に思想にないので、当日パドックで異常が無ければ、まず馬券圏内をはずすことはないと思います。

 最内枠を引いたキタサンブラックもある程度、信頼は置けると思います。
 ただやはり目標になってしまうため、また宝塚記念でもそうであったようにやはり馬場がいい方がいいように思います。足下が悪くなるともう一息粘れないイメージがどうしてぬぐえません。

 あと人気になっているようですが、今年の皐月賞馬ディーマジェスティも回転力でスピードを上げるタイプなので、大敗はしないと思いますが、ただ 2400m と言う距離で、しかも馬場が悪くなるとスタミナが持つかどうか…馬場と距離への不安と言うことでリアルスティールも評価を下げました。
 また切れ味で勝負してくる牝馬にも、良馬場が望めそうにない明日はきついかと思います。

◎ ゴールドアクター
○ キタサンブラック
▲ レインボーライン
△ シュヴァルグラン
△ サウンズオブアース
× ディーマジェスティ
× リアルスティール

 レインボーラインは札幌記念で洋芝のやや重馬場をこなしているので、ひょっとすると重馬場でも脚が使えるタイプではないか、また菊花賞がそうであったように溜めれば距離不問で伸びてくるので一発を狙うならこの馬かと思っています。

 あと気になるのは昨年二着の ラストインパクト。ただなぁこの馬も道悪がよくないイメージがあって…

 やはり最大の問題は当日の馬場状態かと思います。さほど馬場が悪くならないなら、明らかにルージュバックの調子は良さそうですし、評価を上げなければならない馬は多いと思います。逆にあまりも馬場がひどくなりそうならイキートスあたりが怖いのではないかと思っています

 とにかく鍵となりそうな馬場と空模様を見切って…この連敗中の闇を切り裂きたいと思っております (^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ゴールドアクターなら今度こそ…

 また負けました>マイルチャンピオンシップ orz

 逃げる ▲ ミッキーアイルを ◎ イスラボニータが外から追い上げ、粘るネオリアリズムが振り落とされるか…と思った瞬間、あの混乱は起きました。前に迫ったサトノアラジン、ディサイファ、フィエロみんな買ってたのに…でも結局、4 着は眼中になかったダノンシャークだったので、ネオが落ちても落ちなくても同じだったかもしれません。

 秋、当たりません!まだ勝ちがないです (T^T)

 ただジャパンカップはゴールドアクターで大丈夫でしょう。
 春の天皇賞で痛い目に遭いましたが、今度は昨年、オクトーバーステークス、アルゼンチン共和国杯を勝った東京の 2400m 。コース、距離ともに実績があります。

 対してキタサンブラックという強力な対抗もいるし、この馬がペースを作ると思われるので、極端なスローになることもないでしょう。三着争いは難しそうですが、予想はこの上位二頭から組み立てて手を広げすぎることを防ぐことはできるでしょう。

 ただなぁ…日曜の東京、天気が崩れる予報なんだよなぁ…ここが最大の不安要素だと思っています (_ _;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA GI/JPN I 2016 RACE XVII - マイルチャンピオンシップ

 ミッキーアイル以外に、どうしても行きたい馬もいませんし、後ろからはロードクエストがいるので、さほど隊列は長くならずに、ペースも常軌を逸したハイペースにはならないと思います。
 また今日土曜日、一日中、天気を気にしていたのですが、さほど関西では雨は降らず、明日は良馬場でいけると思います。
 となると、好位につけて進められるあまり極端な枠を引かなかった馬を中心視します。

 本命はイスラボニータで行きたいと思います。
 昨年の結果からマイルや京都コースに適性があることは実証済み、かつ鞍上 ルメール騎手は二度目の騎乗となり、イスラボニータにつけても秋二走目。
 極端な実力差はないメンバー構成なので、ここは安定感を優先します。

 対抗にヤングマンパワー
 関西のスポーツ紙だけかもしれませんが、重賞三連勝している馬がどうも一番人気にはなりそうにありません。確かに乗り変わりに一抹の不安はありますが、時計が早くなっても好位で抜け出せる安定感は特筆ものです。

 単穴を極端にペースが緩んだときの逃げ切りを考えてミッキーアイルとして、まとめるとこんな感じ。

◎ イスラボニータ
○ ヤングマンパワー
▲ ミッキーアイル
△ サトノアラジン
△ サトノルパン
× ロードクエスト
× フィエロ

 ここに名前が挙がらなかった馬では、ガリバルディマジックタイムスノードラゴンが気になっています。
 明日の馬場状態、パドックでの様子を見て入れ替え、付け足しを考えるとして、問題は馬券戦略です。正直、どの馬が落ちても不思議はないメンバー構成なので、軸一頭からの流しは自信がありません。
 どう買うか…ここが最大の問題だったりします。

 よく考えて、なんとしてでもここで連敗を脱出したい!心の底からそう思っています (_人_)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤングマンパワーの勢いは通用するのか?

 エリザベス女王杯、また負けました。。。秋 5 連敗です orz

 距離の融通が一番ききそうで、府中牝馬ステークスも勝ったクイーンズリングが戴冠、二着にもしかしたらスローで前残りになったときのことを考えて馬券に入れた、パドックでの気配もよかったシングウィズジョイが二着、ローテーションに不安があっても一番強いだろうと思っていたミッキークイーンが三着。予想できる範囲内でした。
 ただスローで流れて外に持ち出さざる得ない展開になったとき危ないなぁ…と思っていながら軸に置いてしまった前年覇者 マリアライトが、思い描いていていた最悪の展開で掲示板すらはずすという…なんかもうちょっと考えれば当てれた気がするのに…と思いながら、秋 5 連敗です。

 と、得意のマイル戦でなんとか、そろそろ…

 と言うことで (^^;A 今週はマイルチャンピオンシップです。

 好位につけ抜け出すという危なげない展開、しかも時計的にもケチがつけようのない三連勝で勢いに乗るヤングマンパワーを中心に考えを展開しています。
 ただ乗り変わりがなぁ…関東からの輸送がなぁ…

 いきたい馬がいないので、今回はミッキーアイルにも展開が向きそうな気がするし、逆にミッキーアイルがつつかれるような展開になれば直線一気を狙うロードクエストの一発も怖い。
 サトノアラジン、イスラボニータに、マジックタイムと役者もなにげに揃っているし、少なくとも秋 5 戦以上に考えないと、やはりここも難しい一戦になりそうです (_ _;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA GI/JPN I 2016 RACE XVI - エリザベス女王杯

  今週は超久々に夜でも JRA ホームページ で、調教映像がしっかり確認でき、また連覇を狙うマリアライト、昨年の二冠馬 ミッキークイーンの動きも上々と見て取れましたので、枠順も考慮しつつ、本命をマリアライト、対抗をミッキークイーンで、今週のエリザベス女王杯を狙ってみたいと思います。

 明日、天気は問題なさそうで、あとはペースと展開。ここが重要なキーになると考えます。ハイペースになりそうにないので、あまり後ろからしかいけない馬は評価を落としました。

 両雄に割って入るとしたら、これもやはり人気を集めていますがクイーンズリングでしょう。

 この三頭から…

◎ マリアライト
○ ミッキークイーン
▲ クイーンズリング
△ パールコード
△ タッチングスピーチ
× デンコウアンジュ
× マキシマムドパリ

 強い三歳馬を中心に、多少穴っぽいところ拾ってみようと思いますが、あまり冒険は禁物かと…そんなに荒れる要素がないように思います。
 もしもう一頭、加えるとしたら ヒルノマテーラ かな?

 馬券戦略は二強のうち一頭が飛んでも獲れるように考えようかどうしようか…当日のパドックの最終確認しながら考えます。

 もうそろそろ連敗は止めないと洒落にならないので固めに決まることを祈って… (_人_)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリアライト連覇はあるか?

 天皇賞はモーリスの圧勝でした。
 エイシンヒカリが引っ張る予想通りの展開。しかし、直線を向いても思うように後続を引き離せないエイシンヒカリや、突っ込んできたリアルスティール、内を伸びたステファノスを尻目に、馬場の真ん中を堂々と勝ちきってみせました。
 これまた予想通りモーリスが圧勝するような展開になった場合、展開の利を得た馬が突っ込んでくると思っていた馬が来て、相手に選んだルージュバックは届かず見事に縦目 orz

 よ、四連敗 o...rz

 今度こそ…今週こそエリザベス女王杯で立て直します。
 出走メンバーを見ても、昨年優勝馬のマリアライト、昨年の二冠馬ミッキークイーンが実績的にも実力的にも抜けているでしょう。二頭とも飛ぶことはあり得ないでしょう。
 問題はどちらを軸にとるかです。

 マリアライトはオールカマーを強い男馬相手に見せ場のある競馬をして、この牝馬限定戦に挑みます。対して、ミッキークイーンはなんとヴィクトリアマイル以来のぶっつけ本番。どう見てもマリアライトが有利に思えます。

 ただミッキークイーンはこれくらいの距離が適距離だと思うんですよね…また週末は天気が回復してきそうなんですよね。牝馬戦独特の切れ味勝負になった場合、ミッキークイーンの切れ味には…

 まずはここの見極めをしっかりして、ヒモは、いや一発の逆転は…と考えていこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA GI/JPN I 2016 RACE XV - 天皇賞(秋)

 最近、夜に予想をまとめようにも JRA ホームページの調教映像などまったくスムーズに見れず、いらいらします!

 と言うことで、資料だけで考えをまとめてみた今のところ、本命はモーリス。ここは無理に動かす必要なないと思います。本格化してから2戦2勝の鞍上 R. ムーア 騎手に戻っての一戦。しかも、今回は札幌記念で一度、叩いての国内二戦目。馬券圏内からはずれることはないとみます。

 レースの展開を握るのはおそらくエイシンヒカリでしょうが、香港カップ、イスパーン賞と海外 GI を立て続けに二勝したために、前売りでも一番人気になっていますが、去年のこともあり、またプリンスオブウェールズステークスでも不可解な負け方をしたように 1800m ならまだしも 2000m で絶対の信頼が置けないタイプ。ただ 1 枠 1 番を引いたので、ここが微妙なところ。

 エイシンヒカリが前につけて、これをロゴタイプがつつく展開を見ながら、モーリスが出を伺うような展開になると、仕掛けどころを間違うと後ろからズドンもあるかもしれません。ここはアンビシャスルージュバックに期待します。

 もし、モーリスが勝ち切る展開になった場合、展開の利を得た馬が三着くらいに絡んできそうでここを注意してまとめると以下のようになりました。

◎ モーリス
〇 ルージュバック
▲ エイシンヒカリ
△ アンビシャス
△ サトノクラウン
× アドマイヤデウス
× リアルスティール

 あとはベストの条件であり、去年勝っているラブリーデイに注目はしていたのですが、やはり大外枠はこの馬には不利。超スローから団子で直線用意ドンならまだしも、今回は縦長の展開になりそうで、テンの速い馬でもないので、内にもぐれずもぞもぞしたまま終わりそう。

 明日もう一度、JRA ホームページの調教映像見直してみて、パドック見て、馬場状況を判断して、最終決断しようと思います。

 よし!止めるぞ連敗!\(*`∧´)/

| | コメント (0) | トラックバック (4)

VS モーリス

 菊花賞は圧巻のレースでした。
 日本競馬界を席巻していると言ってもいいディープインパクト産駒が超えられない距離の壁。それがあると思われたクラシック最後の一冠 菊花賞。
 その効率のよい走りを見て、もしかしたらこの馬ならと思っていたサトノダイヤモンドが最後の一冠を圧勝で手中に収めました。
 過去、菊花賞で人気を集めたディープインパクト産駒は何頭かいましたが、最終コーナーをあんな手応えで回ってきた馬を初めて見ました。あの瞬間、この馬が勝つことを確信しました。
 逆に馬券に絡めなかったディーマジェスティは、やはり距離の壁でしょう。ディープインパクト産駒が菊花賞で沈む典型的なパターン、最後のゴール前で脚が余っていなかったように思います。
 もしかしたらレインボーラインは…とは思って馬券に入れていたのですが、神戸新聞杯の結果から沈むと思っていたエアスピネルを内でじっと我慢させてあそこまで食い込んだ武 豊 騎手の手腕には感服しました。
 えぇディーマジェスティが三着なら獲れてたのに… orz

 これで三連敗なので落ち込みはしますが、難しいレースが三つ続いたので今週の天皇賞で巻き返しを狙いたいと思います。

 今年の秋の天皇賞、図式を簡単にすると、モーリスを何頭が超えられるか?札幌記念の内容からも、これに尽きると思います。複勝圏内にもかからない…そんなレースになったら、見る目がなかったとあきらめます。

 あるなら前で逃げ切られるか、ハイペースに巻き込まれて後ろからの一撃を食らうか?モーリスと同じような位置でモーリスを交わせる馬はいないでしょう。

 そうなってくると1枠1番という絶好枠に入ったエイシンヒカリ、そして前哨戦、毎日王冠をしっかりした末脚で勝ちきったルージュバック、そしてそれに食らいついたアンビシャスあたりが、展開次第でモーリスを超えられる候補となるでしょう。

 この中にモーリスを超えられる馬が何頭いるか?もしモーリスが勝ちきる展開になった場合は…?

 VS モーリス。そう思っていても、まだまだ検討が必要だと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«JRA GI/JPN I 2016 RACE XIV - 菊花賞