JRA GI/JPN I 2016 FINAL RACE - 有馬記念

 困りました。栗東所属馬の追い切りが濃霧でほとんど見えませんでした。
 こうなると実績と展開の想定から予想せざる得ません。

 マルターズアポジーが行くと宣言しているので、キタサンブラックがこれをどうするか…競りかけることはないにしても、引きつけて二番手をキープするなら展開は安定すると思っています。ただ、これを無視して二番手でペースを作り出して、マルターズアポジーが大逃げを打つ展開というのが一番怖いと思っています。
 ただキタサンブラックも切れる脚を持っているタイプではないので、大逃げの展開にはさせないと思っています。

 となると…おそらくそのキタサンブラックを見る位置でゴールドアクターは競馬を進めるでしょう。ジャパンカップでのこともありますし、直線の短い中山ですから早いうちに捕まえに動くと思います。
 となると…

◎ サトノダイヤモンド
○ ゴールドアクター
▲ キタサンブラック
△ サウンズオブアース
△ シュヴァルグラン
× ミッキークイーン

 どういう展開になってもサトノダイヤモンドが三着をはずすイメージがなく、必然的にこれが本命になりました。
 どうしてもシュヴァルグランが勝ちきるイメージはなく絡んでも三着までかと思う反面、前のめりになったときにミッキークイーンの脚なら突っ込めるかと思うと切れませんでした。

 この六頭で決まっても組み合わせ次第では荒れそうですが、もしもう一頭入れるとしたらアドマイヤデウスが気になっています。

 なにせ調教が見れなかったので、当日のパドック、馬場状態はじっくり確認して、最終結論を出したいと思います。

 では今年も一年、お付き合いありがとうございました。ご覧いただいた方に今年の最後に幸運が訪れるよう… Good Luck ( ̄▽ ̄)b

| | コメント (0) | トラックバック (4)

1 枠 1 番キタサンブラック!

 久々に惨敗しました>朝日杯フューチュリティーステークス
 内の好位置につけていたと思っていた◎ ダンビュライトは馬群から抜け出せず、外に出した○ミスエルテはスピードにのるまで時間がかかり、抜け出てきたのは△サトノアレスと距離が長いと思っていたモンドキャンノ…
 二歳では抜けていると思っていたダンビュライト、ミスエルテが馬券に絡めないとは…まだまだ見る目がないなぁ…反省しきりでございました orz

 もう今年最後です!切り替えて獲りに行きます。有馬良ければすべてよし!今年前半はともかく、後半の収支は微妙なので、ここで獲ればすっきりいい年で終われそうです!

 ただ枠順見たときに驚愕しました。キタサンブラックがまたジャパンカップと同じ 1 枠 1 番。キタサンブラックがこの枠順を引いて負けたことがない枠です。
 しかも今回は小回りの中山、しかも暮れの中山です。内で先行できる馬は絶対的に有利です。

 ただなぁ…ジャパンカップで先行して圧勝した馬って、近年だとエピファネイア、過去に遡るとタップダンスシチーなど前走の強さからすると信じられないもろさを見せるときがあります。
 キタサンブラックの強さは重々承知しているつもりですが、競馬に絶対はないとも承知しているので、キタサンブラック以外の馬を本命にしたいと思っています。

 となると…焦らずゆっくり考えたいと思います ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA GI/JPN I 2016 RACE XXI - 朝日杯フューチュリティステークス

 一通り調教ビデオも目を通しましたが、人気を集めているフランケル産駒のミスエルテ、ルーラーシップ産駒のダンビュライトは、頭一つ能力が抜けている気がします。
 ただミスエルテは過去二戦、能力に任せて走っている感がどうしても拭えず、対してダンビュライトは好位につけて抜けるというレースが安定しており、現時点での完成度という面で、ダンビュライトを本命に、ミスエルテを対抗に馬券を組みたいと思います。

 その他、調教で目立った組を含めて…

◎ ダンビュライト
○ ミスエルテ
▲ レッドアンシェル
△ クリアザトラック
△ サトノアレス

までは馬券対象に考えています。前につける馬も入れたいのですが、トラストボンセルヴィーソタガノアシュラと、いずれも行ききれないともろく、手を出しづらいなぁ…と思っています。
 もう一頭レヴァンテライオンも含めて、パドックと馬場状態を鑑みて、手を伸ばすか、絞ったまま行くかの結論を出したいと思います。

 できれば三連勝で有馬に…頑張ります!\(*`∧´)/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ミスエルテは牡馬の壁も越えていくのか?

 ソウルスターリング、完璧なレースでした。そつなくスタートして、道中はうちで折り合いに専念、最後の直線で進路が開いたらスパート。並ではない馬があんなレースをされては、出遅れるは最終コーナーでは外々を回らざる得なかったリスグラシューも手の打ちようもありません。
 ま、三着も小倉チャンピオンのレーヌミノルと硬く収まったので、獲って損ではありますが、抑えることができました。もうあとがないので、獲ることが大事。由とします。

20161211

 とにかく、今週の朝日杯フューチュリティステークスも獲りに行きます。

 ここは二歳女王と同じフランケル産駒で能力はソウルスターリング以上とも評される牝馬 ミスエルテが出走してきます。相手は牡馬です。それでも勝ちきるようなら…

 とは言っても、牝馬に比べると小粒と言われる今年の朝日杯のメンツ。それでもダンビュライトは強いと思っています。
 前哨戦で負けてはいますが、相手はその後、東京スポーツ杯二歳ステークスを勝つブレスジャーニーで、三着以下は 3 馬身はなしてますので、能力は並ではないと思われます。

 この二頭を基準に…週末、じっくり他馬を見て見たいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA GI/JPN I 2016 RACE XX - 阪神ジュベナイルフィリーズ

 ミスエルテがこちらに出走していれば、間違いなく軸にするのですが、人気を集めているソウルスターリングリスグラシュー に加えて、デイリー杯勝ちのジューヌエコール、休み明けの同レースを 4 着にまとめたディーパワンサ、前走京王杯で並み居る男馬に割って入ったレーヌミノル、そして新潟チャンピオン ヴゼットジョリーまで、そんなに決定的な差を感じません。

 こうなってくると上位と思われる 6 頭にはそれぞれ、ソウルスターリングは関東からの輸送競馬、リスグラシューは大外枠の上、乗り変わり、レーヌミノルはマイル未経験の上、乗り変わり、ディーパワンサ、ジューヌエコール、ヴゼットジョリーも乗り変わりと、なにか不安を抱えていてこれも混戦模様に拍車をかけています。

 難しいとは思いますが、減点が一番少ないと考えられる順で…

◎ ジューヌエコール
○ リスグラシュー
▲ ディーパワンサ
△ ソウルスターリング
△ レーヌミノル
× ヴゼットジョリー
× アリンナ

 ヴゼットジョリーは前走 新潟二歳ステークス時から調教後の馬体重が 12kg も減っていることにどうしても不安を感じます。最後のアリンナは調教の動きがよく見え、しかも逃げる馬っぽいので、上位陣が牽制し合ったときの一発前残りを期待して入れていますが、正直、上位 6 頭で硬いかなとも思うので、馬券には組み入れないかも…

 難しいです。。。この上、明日は生で見れない状況なので、このことがさらに難しくしています。おそらく◎○▲の三頭のうちどれかを軸にして挑むと思いますが…

 とにかく勝ちたいです!ぎりぎりまで資料に目を通して考え抜いて答えを出します! \(*`∧´)/

| | コメント (0) | トラックバック (4)

あぁ、ミスエルテ…

 やっと、やっと。。。ほんとにやーっと初勝利をもぎとりました。しかも万券 o(T^T)o

20161204

 もう向正面で◎ アウォーディーが押してポジションを維持しているところを見て既にもうダメか…と思ったのですが、あんなレースをしてゴール前直前まで押し切ってしまう、この馬の実力に感服しました。
 サウンドトゥルーの末脚はそれすら上回ったと言うことでしょう。
 パドックで気配の良くみえて馬券に組み入れたアスカノロマンが内でうまく立ち回ってくれて残ってくれたので、思いの外、大きい勝利を手にすることができました (^^)b

 さて今週は阪神ジュベナイルフィリーズ。
 今年の 2 歳牝馬はミスエルテという怪物が…と思ったら、なんとこのミスエルテは、来週の朝日杯フューチュリティーステークスに回ると言うことで…えぇ!?って感じです。

 このミスエルテと同じフランケル産駒の無敗馬 ソウルスターリングが人気を集めそうですが、関東馬なんですよね…もちろん、過去二歳女王に輝いた関東馬はいますが、記憶する限り昨年のメジャーエンブレムをのぞいて栗東滞在して挑んでるんですよねぇ…ソウルスターリングは輸送競馬になるようで、すごくいやな予感がします。
 同じ無敗馬ならジューヌエコールの方に注目します。前走、デイリー杯は好位から差すというなかなか卒の無い、レースセンスを感じさせる勝利でした。そしてもう一頭、ヴゼットジョリーも無敗。そして新潟チャンピオン。。。まただまされないかよく見て決めます (^^;A

 とにかく有馬記念まで無敗で…でないと秋の収支が… orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA GI/JPN I 2016 RACE XIX - チャッピオンズカップ

 もういろいろアウォーディーが落ちる理由を考えましたが大丈夫そうです。
 右回り左まわりでダート負け無し。1800m ~ 2100m まで、馬場の状態関係なし。おまけに鞍上は武 豊騎手。たとえ負けたとしても、複勝圏を外すことはないでしょう。

 対抗も同じ前走 JBC 組からノンコノユメでいこうと思います。
 去勢明けの前走を 4 着で、調教後の馬体重も前走より大幅に増やしてきています。直線の長い中京で前進はあっても、こちらも大敗することは無いと思います。

 単穴はもちろんコパノリッキー
 ハマれば間違いなく強いですし、その強さが出れば真っ向勝負でアウォーディーに勝てるのはこの馬以外にいない気もします。

 あとはこれにサウンドトゥルーを加えて…

◎ アウォーディー
○ ノンコノユメ
▲ コパノリッキー
△ サウンドトゥルー
△ モーニン
× ロワジャルダン
× ゴールドドリーム

挙げられなかった馬で気になるのはアポロンケンタッキーとアスカノロマン。ロワジャルダン以下と、当日の馬場状態、パドックを見て入れ替えを考えるかもしれません。が、絞りたいと思っているので、ゴールドドリーム以下はまとめて切るかも。三歳は 1kg しか斥量差がないレースなので、ここまで枠が外だと厳しいのではないかと思っています。

 とにかくそろそろ当てたい!まだまだじっくり考えて、馬券戦略はこれから考えます… (_ _; 

| | コメント (0) | トラックバック (4)

アウォーディーで行こう!

 7 連敗しました orz
 キタサンブラックが気持ちよく逃げる展開で、その後ろにつけていた◎ ゴールドアクターが直線坂の手前までには並びかけると思っていたのですが、結局最後まですがりつくこともできず、しかも後ろから△ サウンズオブアースに交わされ、最後は△ シュヴァルグランにまで交わされ…馬券を買う直前でキタサンブラックの評価を下げたんですよね…結果また縦目…ってか、軸が飛んでるし… (T^T)

 この 7 連敗、軸が飛んだのは 4 度目で、この秋の本命の成績は 2.1.0.4 という微妙なところ。。。ただその着外の 4 頭のうち 2 頭は 4 着(秋華賞のジュエラー、JC のゴールドアクター)なので、軸の選定にそんなとんちんかんなところは選んでいないのですが…馬券戦略で失敗している傾向が顕著です。

 と言うわけで、今週はアウォーディーで行こうと思っています。
 鞍上も武豊騎手で、力のはっきり出る中京コース。大敗はないと思っています。

 で、あれば問題は相手と馬券の買い方。下手にフォーメーションを組まずに軸一頭流しで、究極悩んだら馬連でも…とにかく当てたい>チャンピオンズカップ (T^T)

 今そんな心境で真剣に悩んでます (_ _;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA GI/JPN I 2016 RACE XVIII - ジャパンカップ

 本命はゴールドアクターでいいでしょう。
 距離・コース適性、実績、枠順すべてにおいて不安要素がありません。馬場状態も問題に思想にないので、当日パドックで異常が無ければ、まず馬券圏内をはずすことはないと思います。

 最内枠を引いたキタサンブラックもある程度、信頼は置けると思います。
 ただやはり目標になってしまうため、また宝塚記念でもそうであったようにやはり馬場がいい方がいいように思います。足下が悪くなるともう一息粘れないイメージがどうしてぬぐえません。

 あと人気になっているようですが、今年の皐月賞馬ディーマジェスティも回転力でスピードを上げるタイプなので、大敗はしないと思いますが、ただ 2400m と言う距離で、しかも馬場が悪くなるとスタミナが持つかどうか…馬場と距離への不安と言うことでリアルスティールも評価を下げました。
 また切れ味で勝負してくる牝馬にも、良馬場が望めそうにない明日はきついかと思います。

◎ ゴールドアクター
○ キタサンブラック
▲ レインボーライン
△ シュヴァルグラン
△ サウンズオブアース
× ディーマジェスティ
× リアルスティール

 レインボーラインは札幌記念で洋芝のやや重馬場をこなしているので、ひょっとすると重馬場でも脚が使えるタイプではないか、また菊花賞がそうであったように溜めれば距離不問で伸びてくるので一発を狙うならこの馬かと思っています。

 あと気になるのは昨年二着の ラストインパクト。ただなぁこの馬も道悪がよくないイメージがあって…

 やはり最大の問題は当日の馬場状態かと思います。さほど馬場が悪くならないなら、明らかにルージュバックの調子は良さそうですし、評価を上げなければならない馬は多いと思います。逆にあまりも馬場がひどくなりそうならイキートスあたりが怖いのではないかと思っています

 とにかく鍵となりそうな馬場と空模様を見切って…この連敗中の闇を切り裂きたいと思っております (^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ゴールドアクターなら今度こそ…

 また負けました>マイルチャンピオンシップ orz

 逃げる ▲ ミッキーアイルを ◎ イスラボニータが外から追い上げ、粘るネオリアリズムが振り落とされるか…と思った瞬間、あの混乱は起きました。前に迫ったサトノアラジン、ディサイファ、フィエロみんな買ってたのに…でも結局、4 着は眼中になかったダノンシャークだったので、ネオが落ちても落ちなくても同じだったかもしれません。

 秋、当たりません!まだ勝ちがないです (T^T)

 ただジャパンカップはゴールドアクターで大丈夫でしょう。
 春の天皇賞で痛い目に遭いましたが、今度は昨年、オクトーバーステークス、アルゼンチン共和国杯を勝った東京の 2400m 。コース、距離ともに実績があります。

 対してキタサンブラックという強力な対抗もいるし、この馬がペースを作ると思われるので、極端なスローになることもないでしょう。三着争いは難しそうですが、予想はこの上位二頭から組み立てて手を広げすぎることを防ぐことはできるでしょう。

 ただなぁ…日曜の東京、天気が崩れる予報なんだよなぁ…ここが最大の不安要素だと思っています (_ _;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«JRA GI/JPN I 2016 RACE XVII - マイルチャンピオンシップ