マイルチャンピオンシップ【2019 年 JRA GI 第 18 戦】

 前哨戦や実績を鑑みても、天皇賞 2 着 ダノンプレミアム、毎日王冠を勝ったダノンキングリー、春のマイル王 インディチャンプを注進していいと思いますが、なんだかんだと言って、ちゃんと秋の天皇賞を 2 着でまとめ、今年のマイラーズカップで、インディチャンプやモズアスコットにきっちり完勝したダノンプレミアムが、軸としては硬いように思います。

 対して、インディチャンプは乗り変わりが不安ではありますが、ダノンキングリーは、乗り変わりの上に、極端と思える最内枠、毎日王冠でも出遅れていますし、さらにその勝った毎日王冠より 3kg も負担重量が上がり、ダノンプレミアムやインディチャンプが 500kg を超える大型馬なのに対し、小柄と言わざる得ず、しかも関西圏への輸送は初めてで、春の頃と馬体は大きく成長せずに、調教後馬体重が前走比 -2kg 。パドックで得しっかり確認してからとは思いますが、三強の一角が崩れるなら、このダノンキングリーに一番危険な匂いを感じます。

◎ ダノンプレミアム
○ インディチャンプ
▲ ダイアトニック
△ ダノンキングリー
△ アルアイン
× ペルシアンナイト

 どこまで手を伸ばすか、考えどこだと思いますが、先行勢で一番目がありそうなアルアイン、復調気配を著しく感じるペルシアンナイトまでは抑えておこうと思います。穴とは言えないですが、三強の一角が崩れるなら、ダイアトニックの一発か…上には挙げてませんが、三歳のカテドラルと、ルメール鞍上のいつ走るかわからないタイプのレイエンダまでは、さらにモズアスコットプリモシーンまでは、パドックでよく見て、馬券戦略を考えたいと思います。

 いろいろ悪夢やトラブルでまだ秋勝ててませんが、そろそろここいらで抑えておきたい…そう思って、まだまだ必死に考えておりますo(´^`)o

| | コメント (0)

ダノンプレミアムではないでしょうか…

 秋の GI 、未だ未勝利…秋華賞馬 対 オークス馬の対決を軸に買えば、エリザベス女王杯こそは…と思って TV をつけると…

 祝賀御列の儀を拝見しておりました…

 おかげさまで中継がなく、パドックも見れず、馬場状態も確認できず…さすがに、三歳二騎を軸にして、ラッキーライラックを抑えながら、クロコスミア等に流しておけばと思っていてもさすがに買えず…と言うときに限って当たってるし… (^^;

 ラッキーライラック、C. スミヨン騎手お見事でした。クロコスミアが作り出した超スローからの上がり勝負。これでは直線を向いたときのポジションで決まります。ラヴズオンリーユーも、クロノジェネシスも 33 秒台の脚を繰り出しているのですから、伸びあぐねた云々の問題ではありません。牝馬戦らしいレースだったと思います。

 馬券は買えませんでしたが、想定通り。今度こそ、今週のマイルチャンピオンシップこそ獲る!

 その中心は、天皇賞でアーモンドアイには敵いませんでしたが、それでもしっかり 2 着を確保したダノンプレミアム、毎日王冠で強力牡馬を直線だけでねじ伏せて見せた三歳 ダノンキングリー、そして、今年の安田記念覇者 インディチャンプ、この三頭を中心に考えることに異論は無いと思います。

 その中でも、やはりダノンプレミアムは、秋叩き二走目、今度は京都。春のマイラーズカップで完勝してますので、舞台設定もあうでしょう。対するダノンキングリーは…インディチャンプは…と言う順番で、今、思考を進めているところです。

| | コメント (0)

エリザベス女王杯【2019 年 JRA GI 第 17 戦】

 秋華賞馬 クロノジェネシス VS オークス馬 ラヴズオンリーユーの一騎打ち。54kg で戦えるのは有利ですし、枠も有利不利のない真ん中がとれましたが、やはり三歳、絶対の信頼は危険とは思いますが、ひとまずこれを中心に考えます。

 基本、先行勢を見ながらクロノジェネシス、それを見てラヴズオンリーユーという隊列になると思っていて、また強くハナを主張する馬もいませんし、平均ペース以下で落ち着くかと思います。

 そう考えると、前々で勝負できる古馬陣 ラッキーライラッククロコスミアあたりが絡んできそうで、三歳二強と同じ位置で勝負して抗えるのはスカーレットカラーくらいでしょう。

◎ クロノジェネシス
○ ラヴズオンリーユー
▲ ラッキーライラック
△ クロコスミア
△ スカーレットカラー
× センテリュオ
× ポンデザール

 センテリュオポンデザールは、2000m 以上の距離で良績が集中していて、かつセンテリュオは京都で 3 戦 3 連対というところで、距離適性・コース適性で 3 着くらいに絡んでこないかと思っています。

 と言うところで馬券戦略はこれから考えます。ちょっとこの辺で、とっておきたいので、三歳二騎には頑張っていただきたい!心底そう思っています (_人_)

| | コメント (0)

クロノジェネシス VS ラヴズオンリーユー…基本はそれでいいと思うのですが…

 天皇賞は最後の直線、悪夢を見ました。

 アエロリットが逃げ、それを追うサートゥルナーリアを、アーモンドアイ、ダノンプレミアムが見る展開。サートゥルナーリアが一番前という点以外はほぼ予想通りで、最後は直線でこの三頭の追い比べ…と思っていたら、最初に力尽きたのは、なんとサートゥルナーリア orz

 パドックからカッカしていたらしいですが、やっぱりこの血統、気性に問題を抱えてるのかなぁ…と思わずにはいられない一戦でした。

 気を取り直して、早く一勝。まずは一勝!と言うことで今週はエリザベス女王杯。

 中心は混戦と思われた秋華賞を、オークスぶり +20kg の馬体で圧勝して見せたクロノジェネシスと、オークスを勝ち、大事を見て秋華賞を
回避したラヴズオンリーユーとの一騎打ち。。。を前提としていいとは思いますが、なにせ 3 歳牝馬、かたや秋華賞馬は激走の反動が、かたやオークス馬は久々の一頓挫明け。絶対はないと思いますが…

 京都外回り 2200m と言う条件で、この二頭を上回れる古馬というと…これもまた難しい相談で…週末まで考えることになるでしょう。

| | コメント (0)

天皇賞(秋)【2019 年 JRA GI 第 16 戦】

 アーモンドアイが出走してくるとなると、どうしてもあの安田記念での悪夢を思い出してしまいがちですが、あのような事態を想定するというのは、予想ではなくなってしまうので、あくまで能力に準じた予想をすると言う観点で、今回の天皇賞(秋)は素直に、本命 サートゥルナーリア、対抗 アーモンドアイとします。

 おそらくアエロリットが行き、それを無理しない範囲でダノンプレミアムが追っていく、それを見ながらサートゥルナーリア、アーモンドアイと続き、能力云々ではなく、展開的にダノンプレミアムは目標にされしまうのは避けて通れないでしょう。

 そうなったとき、馬を信じて押し通すか、奇策に出て失敗するか…やはり上位三頭で不安を感じるのはダノンプレミアムということになります。

◎ サートゥルナーリア
○ アーモンドアイ
▲ ダノンプレミアム
△ スワーヴリチャード
△ ワグネリアン

 やはりダノンプレミアムを交わせる能力をもつ馬と考えると、左回りになると馬が変わるスワーヴリチャードか、何かやってきそうな鞍上 福永騎手のワグネリアンか…この距離ならいつもアルアインも気にするところなんですが、この馬、左回りはもう一つで、かつ東京 芝 2000m では不利とされる大外枠。今回はさすがに取れませんでした。

 こうなると点数を広げると、獲って損が確定なので、あくまでサートゥルナーリアがアーモンドアイを負かしてくれると信じて、馬券はこの二頭から流そうと考えています。

 今回は何事もなく、歴史的好メンバーが揃った今年の天皇賞(秋)、歴史的名勝負になることをまずは祈るばかりです。

| | コメント (0)

できればサートゥルナーリアが勝つところを見ているだけにしたい…

 菊花賞は例の如く惨敗でした。

 まさか 3000m がもつと思っていなかったディープインパクト産駒、さらにあれだけパドックで、輪乗りでちゃかついていた馬を…超スローの流れで、内でじっとさせ、経済コースを通り最後、ヴェロックスが抜け出しところを狙い撃ったように抜け出して完封。

 ワールドプレミアが弱い馬だとも思っていませんでしたし、ないとは思っていませんでした。武 豊 騎手の手腕で 3000m をこなしてしまうこと…それがあんな見事に…しかも制してしまうだなんて…とにかく惨敗です orz

 ただ今年の天皇賞(秋)、今週は獲れるでしょう。。。獲って損になる公算大ですが…

 安田記念は悪夢を見ました。しかし、あんな事はないと想定します。それでないと話がまとまりません。現役最強 アーモンドアイに挑むのは、皐月賞を制してなお、まだ未知の可能性を秘める三歳馬 サートゥルナーリア。割って入るとしたら、その安田記念での雪辱を期すダノンプレミアム。これでいいと思っています。

 昔ほどではないにしろ、やや内有利な東京芝 2000m 。アーモンドアイは内に入りました。他の二頭も極端な枠ではありません。

 正直、サートゥルナーリアをひいきにしているので、それがアーモンドアイを負かすのを見ているだけにしたいところですが、一応、馬券は買います w 獲っておくつもりで…波乱はない。今のところ、そう思っています。

| | コメント (0)

菊花賞【2019 年 JRA GI 第 15 戦】

 前哨戦だけを見ると、やはり能力的に天皇賞(秋)に回ったサートゥルナーリアに歯が立たなかったとは言え、神戸新聞杯を二着にまとめたヴェロックスが能力上位と見ていいでしょう。

 ただ淀 3000m と言う舞台設定に不安がないかという話とは別です。ジャスタウェイ産駒は今年がクラシック初参戦、サンデー系でもスタミナ血統と言われるハーツクライの系譜とはいえ、ジャスタウェイ自身がマイルよりの中距離馬だった実績を考えると、この距離でスタミナ比べになると絶対の信用はおけません。

 神戸新聞杯組で、血統的にヴェロックスと同等以上のスタミナを有する可能性があるとしたら、母父 マンハッタンカフェのレッドジェニアルが、京都巧者と言う点でも気になります。正直、ワールドプレミアは鞍上が怖いだけで、3000m をこなせるかというと全兄 ワールドエースを見ても微妙かと思います。

 では、セントライト記念組にヴェロックスを負かしにいける馬がいるかというと、血統的には二着のサトノルークスや、三着のサダルも微妙で、かつリオンリオンに完封された同レース内容を考えるとさらに強くは推せません。

 となると、条件戦で上がってきた馬、2600m 戦を勝ってきたヒシゲッコウ、2000m 以上を連勝してきているホウオウサーベルが気になりますが、後者は右回りが初めてと言うところが弱冠、引っかかります。

◎ ヴェロックス
○ ニシノデイジー
▲ ヒシゲッコウ
△ レッドジェニアル
△ ホウオウサーベル
× サトノルークス
× ワールドプレミア

と言うところでしょうか…サダルとワールドプレミアは正直、迷ってます。ニシノデイジーはやはり鞍上が変わり、能力上位は間違いないので、さらに内に入ってなにかいい風が吹いているように思えます。

馬場も京都は土曜雨が降り、パンパンの良馬場で高速決着は望み薄かと思います。となると、焦点は条件戦を上がってきた組が、トライアル組に敵うか?これ一点かと思いますが、当日パドックと馬場状態を確認して、馬券戦略はこれから考えますが、当てたらでかいと思って考えようと思っています。

| | コメント (0)

ヴェロックス?ワールドプレミア?いやいや…

 桜花賞馬、オークス馬不在で混戦と思われた秋華賞、クロノジェネシスは 20kg もの馬体増と言うこともあり、素直にロースステークスで力の差を見せつけたダノンファンタジーを軸にしてみると、そのダノンファンタジーは直線伸びずに惨敗、対するクロノジェネシスは春野鬱憤を晴らすかのような抜け出しを見せ完勝。

 馬場云々色んな条件もあったのでしょうが、終わってみれば春の実績組が強かったという結果なのですが、あのクロノジェネシスの勝ちっぷり。成長分で頭一つ以上抜け出した感じを受けました。エリザベス女王杯では、中心視したいと思います。

 秋の初勝利目指して、再度気合いを入れ直して、今週は菊花賞です。

 秋華賞になぞらえて春の実績組というと、皐月賞 2 着、ダービー 3 着というヴェロックスが人気を集めそうですが、淀の 3000m と言う舞台設定にはまったく前例がない新種牡馬 ジャスタウェイ。自身は確かにサンデー系でもスタミナ血統と言われるハーツクライの産駒ですが、競走成績はマイルよりの中距離に集中しています。果て産駒にはどんな能力の伝わり方をしているのか?

 また神戸新聞杯で権利をとったワールドプレミアもディープインパクト産駒。しかも全兄は、やはりマイルよりの中距離に集中していたように思うワールドエース。

 人気しそうな二頭はひいき目に見ても、菊花賞の舞台設定で、絶対の強さを見せつけるようには思えません。となると、セントライト記念組の方が…枠順ももろに効いてきそうな気がしますし…そんなことを考えながら、考えをまとめようとしていますo(´^`)o

| | コメント (0)

秋華賞【2019 年 JRA GI 第 14 戦】

 台風 19 号による開催中止になるほどの影響は、京都競馬場にはなさそうですが、それでも天候の影響は少なくはなさそうで、その上、大本命の評価を受けそうなダノンファンタジーは 1 枠 1 番。京都内回り 2000m は小回りで内枠は包まれる危険が高く、決して有利な枠ではありません。やはり実績の上位の二歳女王で素直に決まりそうにありません。

 馬場状態は当日確認してから判断しようとは思いますが、あまり馬場は回復しないという前提で、本命はまずはダノンファンタジーとします。勝ちきれるかというところは疑問ですが、それでも馬場がよくなければ、パワーでスピードを上げるタイプですし、前向きな面も多少暴走しても、馬場の影響で大敗するまで沈むこともないように思います。

 基本、トライアルはローズステークスの方がレベルが高かったように思いますし、前につけて新味を見せ、血統的にも道悪は良さそうなビーチサンバも上位に見ますので、これらと上位争いをしてきたクロノジェネシス、紫苑ステークス組でとるならフェアリーポルカでしょうか?と思いますが、怖いの夏、古馬相手に連勝してきた上がり馬、これがすべて道悪がうまそうで、枠的にも能力的にもサトノダムゼルが最も気になります。

◎ ダノンファンタジー
○ ビーチサンバ
▲ サトノダムゼル
△ クロノジェネシス
△ フェアリーポルカ
× ブランノワール
× カレンブーケドール

 あくまで馬場が回復しないと言う前提ですが、思いのほか回復していると見えたら、コントラチェック、シゲルピンクダイヤ、パッシングスルーの評価を上げてみたいと思います。

 ひとまず明日の天候、馬場状態、パドックを見てから再考しますが、この予想を中心に…今度こそ、まともな状態で、秋初戦と思って挑みたいと思います (^^;A

| | コメント (0)

二歳女王 ダノンファンタジーで…と素直には決まらなさそう…

 秋初戦から悪夢を見ました。。。

 いえ、幸いレース結果のことではありません。予想を固め、上位とみた 5 頭のボックス馬券を買おうと、PAT の画面を広げると…残金が 100 円しかなかったねん orz

 いや!夢は 100 万馬券に 100 円一点勝負!。。。とダノンスマッシュから、モズスーパーフレアとディアンドルで悩んだあげく、後者をとり惨敗。。。前者をとってたら、タワーオブロンドンが抜け出したときに悶絶しているところでした (^^;A

。。。よかったということにしておきましょう (^^;;;

 今週はちゃんと資金も投入して、行きます!今度こそ秋華賞!!
桜花賞馬もオークス馬も不在。ならば、ローズステークスで力の差を見せつけた昨年の二歳女王 ダノンファンタジーで…と素直には決まらなさそうな感じがひしひしとします。

 もちろん、紫苑ステークスよりローズステークスの方がレベルが高かったように思いますし、そこを勝ったダノンファンタジーを無視する気は毛頭ありませんが、今回の秋華賞、トライアル以外から参戦する馬に、くせ者感がむんむんする馬が多すぎる!

 しかも、接近する台風。中止になることはなさそうですが、それでも、天候の影響が 0 ということはなさそうで…頭を一度リセットして考えた方が良さそうです。

| | コメント (0)

«スプリンターズステークス【2019 年 JRA GI 第 13 戦】