ホープフルステークス【 2019 年 JRA GI 最終戦】

 出走頭数も落ち着き、1 勝馬も全部出走できた今年のホープフルステークス。こうなると上位陣とその他の差は歴然となるような気がします。

 本命はやはりコントレイル。内枠を利してじっとして、うまく捌ければ、直線の短い、かつ小回りの中山でも抜けられるのではないかと。同じような位置で競馬ができ、また過去二走を見てもまだ馬体に余裕があったヴェルトライゼンテと、コントレイルの抜け出るスピードについて行けそうなワーケアがやはり上位。

 北海道で名をあげたブラックホールがオーバーシードでどうかという話もありますが、これを新馬戦で破っているオーソリティにやはり一発の可能性を感じます。

 ラインベックも素質だけなら、上位に食い込めそうな気がしますが、いくら小頭数になったとは言え、小回り中山の大外で、他を圧するほどの能力差はないと思います。

◎ コントレイル
○ ワーケア
▲ オーソリティ
△ ヴェルトライゼンテ
△ ブラックホール
× ラインベック

 あとは馬券をどう買おうか…もちろんパドックも、当日の馬場状態も勘案しますが、素直にコントレイルからいくか、まだ絞って BOX でいくかの検討になりそうな気がします。来年への景気づけに、最後は獲っておきたい!

 本当に今年一年締め。今年最後に、そして来年も皆さんに幸多きことを。良いお年を。。。

| | コメント (0)

コントレイルで締める!

 最後の直線 早々と抜け出そうとするフィエールマンに並びかけてきたアーモンドアイが、そのまま突き抜ける!と思ったら外から、期待のサートゥルナーリアが!え?!アーモンドアイが伸びない?!と思った瞬間、大外からそれら全てをまとめて飲み込んだのはリスグラシュー!

 何がどうなったのかあとでビデオを見返してわかりましたが、道中、内には入れずうろうろとしていたアーモンドアイに対して、内でじっと最終コーナーを回りきる直前までじっとしていたリスグラシューが、最後の直線、迷うことなく外に回してそのまま一気!

 国内外 GI 三連勝、牝馬初のグランプリ連覇、一番強いリスグラシューを見ました。対して、アーモンドアイは、ある意味、わかりやすかった安田記念以上の悪夢を見せられました。

「競馬に絶対はない」

 来年もこの言葉を胸に刻んで競馬に挑みたいと思います…が、その前に、終わり良ければ…と言う気持ちで、獲っておきたい「ホープフルステークス」!

 前走、東京スポーツ杯 2 歳ステークスでであれだけ派手なレースを見せたので、おそらくコントレイルが1番人気になるのでしょうが、正直、あの勝利は、朝日杯を勝ったサリオスのサウジアラビアロイヤルカップの勝利より衝撃だったので、メンバー的に見ても逆らう気になれません。

 おまけに、打倒 コントレイルの最右翼と見られているワーケアは、初めての右回り、こちらの方が大丈夫か?と言う気になります。確かに両馬とも、小頭数のレースしか経験していないことが、最大の課題。あとは行きたい馬がいなさそうなので、折り合いも鍵か…とは言っても、この二頭をまとめて負かすとしたら…それが一番の難題だったり…来年に向けて運試し。ここは気楽に真剣に… (^^;A

| | コメント (0)

有馬記念【2019 年 JRA GI 第 23 戦】

 アーモンドアイには逆らわないことにします。

 微熱だったどうかは知りませんが、熱発明けと公言した上で、この馬を有馬記念に送り出す以上、「勝てる」と陣営が踏んで出走させるのですから、状態に対しては不問。かつ初めての中山ということに関しては、長距離輸送でもないですし、2500m 云々とか舞台設定に左右されるクラスの馬ではない、過去見た中でも最強の牝馬だと思っています。

 もしこの馬で、真っ向能力で上回れるとしたら、サートゥルナーリア以外有り得ないと思っています。

 やはりこの家系、気性的な問題がどうしても能力を阻害する傾向にあって、東京での二戦はそういうところがもろに出てしまいました。輸送の問題ではないと言うことは、ホープフルステークス、皐月賞で証明しているので、中山なら…そして、そのパフォーマンスが全開になれば…神戸新聞杯のあのパフォーマンスを発揮できれば、並の馬ではつけいる隙もないでしょう。

◎ アーモンドアイ
○ サートゥルナーリア
▲ スワーヴリチャード
△ リスグラシュー
△ ヴェロックス
× フィエールマン
× キセキ

 なにせ G1 ホースが 11 頭も集結する今年の有馬記念、気になる馬をあげればきりはないですが、ジャパンカップを勝ったスワーヴリチャードの評価が低すぎで、内枠もとったし、以前ほど暴れん坊なところは見せなくなって、右回りでもスピード勝負にならない中山、使い減りするタイプでもないので脅威だと思って穴にしています。

 あとは海外からの帰国組の評価を少し落として、もし GI ホース以外が見せ場を作るとしたら、三歳馬のヴェロックスかと…菊花賞はマークされる立場で、距離も長すぎました。今回は 2F 以上距離が縮みますし、マークされる立場でもない。ちょっと外枠なのがどう出るかですが、器用な馬ですので、三着なら…あとは宝塚記念のようにスローにはならないであろう今回はリスグラシューが距離も含めてどうか、そして、過小評価しすぎていつも痛い目を見るフィエールマンと、先行したい馬が多すぎる上に有力馬より外になったキセキが、どういう競馬をするか…先行したい馬が外に集まったので、前残りできるならこの馬かと思っています。

 雨の心配をしなければならず、天候とパドックを見て、雨がひどいようならフィエールマンは評価をさらに落とすかも…シュヴァルグランアエロリットの状態を見て入れ替えを考えます。

 さて、今年はどんな結末が待っていることか…いいレースを見て、勝って締めたい!今年も一年、このブログを御覧いただいた方にも幸運を! Good Luck です! (´▽`)b

| | コメント (0)

素直にアーモンドアイでしょ?

 淡々とマイペースで逃げるビアンフェを好位置から早々に捕まえに行ったサリオス。それをさらに後ろから狙いすましてタイセイビジョンが脚を伸ばしてくる。最後の直線、「このまま!」と久々に声があげました (^^;A

 しかし、悪夢はここから…

 ダートで二連勝して駒を進めてきた、大穴として考えてみてはいたタガノビューティーが、外から脚を伸ばし、悲鳴をあげそうになったその瞬間、それを上回る最速の鬼脚で突っ込んできたのはなんと 14 番人気、もちろんアウトオブ眼中だったグランレイ!…もう声も出ませんでした orz

 今年の秋シーズンは、ここまで朝日杯に限らずさんざんですが、有馬よければすべてよし!有馬がだめならホープフルもある!w

 まずは精神的オーラス、今週は有馬記念です。

 素直にアーモンドアイでしょう。熱発で香港カップを回避した一頓挫あけ、初めての中山、初めての 2500m 。そんなことは百も承知で、陣営はここを選択し、C. ルメール騎手は、この馬の鞍上を選んだ。

 もしこのアーモンドアイを力でねじ伏せるなら…サートゥルナーリアがその全能力を出し切ったときだと思うんですよね…そう言うレースが見たい!そう思いながら、三着探しをしています。

| | コメント (0)

朝日杯フューチュリティステークス【2019 年 JRA GI 第 22 戦】

 二歳馬に完璧を求めると言うこと自体に、やはり無理があるとは思います。

 ただおそらく 1 番人気になるであろうサリオスは、左回りしか経験がなく、初の長距離輸送で多頭数も初めて。前走、サウジアラビアロイヤルカップでももう一つびゅっとした感じがなかったのが、どうしても気になるのですが、冷静に見て、これに完勝できる馬を探すとなると、これにも無理がある。。。と言うことで…

◎ サリオス
○ タイセイビジョン
▲ ビアンフェ
△ ペールエール
△ レッドベルジュール
× トリプルエース
× ジュンライトボルト

 函館 2 歳、京成杯 2 歳と見て、ビアンフェタイセイビジョンはかなり高いレベルで競っているように感じます。両馬ともマイルが初めてな上、キズナ産駒は今年が初産駒、タートルボール産駒もそうそう目立った活躍馬が少ないので、産駒の傾向は掴みにくいですが、距離さえもてば前々で競馬が進められるのは今の阪神の馬場状態では有利…と言うところ。

 あとペールエールは明らかに前走、前々走と目標にされた感があって、それでも複勝圏にまとめる能力は高く評価しています。

 気になるのはスクリーンヒーロー産駒の二騎、ウイングレイテストは関東馬ということで、マイネルグリットは切れる脚がないということが前走で露呈した感がありますが、実際パドックを見て、上に挙げた馬に異常があれば、入れ替え候補に考えたいと思います。

 あとは馬券戦略。サリオスを軸にして流すか、それともさらに絞って BOX で行くか…これも直前まで考えます。とにかく有馬を前に資金を増やしておきたいこの一戦。残り三戦、真剣勝負です!(⊃`ω´⊂)

| | コメント (0)

サリオスでいいのか?

 阪神ジュベナイルフィリーズはいろんな意味で驚愕のレースでした。

 スタートしたとき、絶好のスタートを切ったように見えたリアアメリアが下げ、てっきり後ろから行くものだと思ったウーマンズハートが、押してポジションをとりに行ったところで、違和感はありました。

 馬場が早い前が止まらない状況だったので、ヴュイック騎手の判断はありとも思ったのですが、もしかしたらハナを切るかもとぐらいまで思っていたリアアメリアが必要以上に後ろに下げ、いつまでたっても上がってこない中、レシステンシアは速すぎるとも思いましたが、最終コーナーを回って後ろを引き離しにかかったときに、もしや…と思ったら、5 馬身も引き離すとは…

 終わってみれば、あのウォッカを上回るレコード。さらにレシステンシアは、上がり最速。とは言っても、3F 35.2 秒ですから、これまでもレースを見ていて、ウーマンズハートやリアアメリアが伸びなかったと見る向きもあるでしょうが、純粋にこのタイムを 2 歳牝馬が上回るのは至難の業かと…もしかしたらこの展開あるかも知れないとは思ってはいましたが、それを想像をはるかに超える驚愕のレースでした。

 このレースを見たあとに、今週の朝日杯フューチュリティーステークス。

 サウジアラビアロイヤルカップで、阪神 JF 3 着 クラヴァシュドールを寄せ付けずに、レコード勝ちしたサリオスがおそらく 1 番人気になるのでしょうが、全勝馬をとは言ってもまだ 2 戦。おまけにすべて左回りの東京での勝ち鞍で、今回、初めての長距離輸送と、不安要素はあり…

 レッドベルジュールにしてもまだ二戦しかしておらず…いろいろ疑い始めるときりがありませんが、なにせ 2 歳戦。過度の信頼は禁物と、じっくり考えてみることにします。

| | コメント (0)

阪神ジュベナイルフィリーズ【2019 年 JRA GI 第 21 戦】

 これまでのレースを見れば、アルテミスステークスを勝ったリアアメリアと、新潟チャンピオン ウーマンズハートの一騎打ちの様相で、能力的にも抜けていると思うのですが、前者は過去二走を見ていると気性的な問題があり、かつ今回は積極的にいく馬がおらず、ハイペースで縦長の展開になるということは望み薄な中で、能力が出し切れるか、また先に抜け出せば、ウーマンズハートのいい目標にされる可能性があります。他方、そのウーマンズハートは、勝った新潟二歳ステークス以来。このローテーションで過去、ハープスターも負けているんですよねぇ…

 ハープスターが負けたときも、先に抜け出しを図ったレッドリヴェールに押さえ込まれましたし、リアアメリアとウーマンズハートが牽制し合って、落とすとしたらこのパターンかと思います。

 ただ前々でレースが運べそうな内に入ったファンタジーステークス勝ちのレシステンシアは切れる脚が使えるタイプではないですし、クラヴァシュドールは真ん中より外。上位二頭に割っては入れるかというと展開次第か…

◎ ウーマンズハート
○ リアアメリア
▲ クラヴァシュドール
△ レシステンシア
△ クリスティ
× ロータスランド
× ルーチェデラヴィタ

 ルーチェデラヴィタは調教が一番よく見えました。あとマルターズディオサが気になっていますが、負けた相手からするとまだ底が割れていないクリスティまでは買いますが、あとはパドックを見てじっくり決めます。個人的には上位三頭で直線追い比べを見せて欲しいところですが…果たしてそこまで堅く決まるか…楽しみでもあり、次の朝日杯が混戦になりそうなので、獲っておきたいレースです。

| | コメント (0)

それでもウーマンズハートに期待する

 チャンピオンズカップのクリソベリルには恐れ入りました。

 インティが絶妙のペースで逃げ、最後の直線、その後ろにつけていたクリソベリルが捕まえにかかる。後ろからは、ゴールドドリームの末脚炸裂!それでも、中央 GI タイトルホースを力でねじ伏せ、抑えきって無敗で古馬 GI を、しかもダートの GI を制覇。堅い決着でしたが、それだけに見応えのある素晴らしいレースでした。

20191201 今週の二歳女王決定戦 ジュベナイルフィリーズも熱いレースを期待したい一線。

 注目はやはり新馬以来の二戦目、しかも GIII アルテミスステークスで、力の差を見せつけたリアアメリアと、時計の出る新潟とは言え、新馬、新潟二歳ステークスと上がり 32 秒台の鬼脚を見せつけたウーマンズハートの二頭。

 どうもメンツ的に積極的に行く馬がおらず、スローペースからの上がり勝負必至と言う気がしていて、そうなると、休み明けとは言え、切れ味勝負であれば…過去何度も、新潟チャンピオンを信じて裏切られておりますが、ウーマンズハートに期待しております。

| | コメント (0)

チャンピオンズカップ【2019 年 JRA GI 第 20 戦】

 非常に月並みな予想となってしまいますが、あの調教を見せられると、本命はやはりゴールドドリームと言わざる得ません。4 歳以降 GI ばかりを戦ってきて、中央・地方関わらず複勝圏を外したこのない馬が、万全かはわかりませんが、休み明けを叩いての臨戦態勢。硬い軸と言わざる得ません。

 同じくチュウワウィザードも見るたびに強くなっている印象があって、中央・地方で複勝圏を外したことがない堅実派。対抗でいいでしょう。

 穴はインティ。地方で勝ててませんし、前走 みやこステークスは色んな意味で残念なレースでしたが、中央のダートなら、鞍上が武 騎手に戻れば、楽に前に行けそうなこのメンバーなら…いろいろ状況が好転しそうな気がします。

◎ ゴールドドリーム
○ チュウワウィザード
▲ インティ
△ オメガパフューム
△ クリソベリル
× ウェスタールンド
× ヴェンジェンス

 正直、×二頭は買うかかわまいかすらまよっています。クリソベリルが三歳のもろさを見せなければ、上位五頭で結構硬いかと思っていて、今週は抑えにかかろうと思っています。

| | コメント (0)

五戦無敗のクリソベリルに目がいきがちですが…

 最後の最後まで悩みました。本命は結局ワグネリアンにしましたが、対抗にはユーキャンスマイル。余りに陣営が慎重になりすぎていたダンビュライトをやめて、パドックで見てよく見えたレイデオロとスワーヴリチャードとどちらをとろうかと悩んで…レイデオロ( 11 着)を取ってしまいました orz
 馬のできもさることながら、あの馬場状態で内へ内へ… O.マーフィー騎手の手腕が冴えわたった騎乗でした。

 気を取り直していきましょう。今週はダート GI チャンピオンズカップです。

 去年のルヴァンスレーヴが余りに強烈だったので、今年も五戦無敗のクリソベリルに目がいきがちですが、どうでしょう?中央で強いところとやっていないのが、どうしても気になります。
 中央のチャンピオンホースが地方でもう一つということはありますし、逆もまた真です。そういう意味ではやはり中央場所では、安定しているゴールドドリームや、舞台を選ばず堅実に走るチュウワウィザードなど年長馬をやはり中心に、クリソベリルがどこまで通用するか?…そういう見方をして、今、考えを進めております。。。

| | コメント (0)

«ジャパンカップ【2019 年 JRA GI 第 19 戦】