安田記念【2019 年 JRA GI 第 11 戦】

 たとえ、今、東京競馬場の馬場が異常に早いと言っても、ここはアーモンドアイ VS ダノンプレミアムの一騎打ちと見ます。

 本命はダノンプレミアム。両馬とも外枠になりましたので、スタートが早く、かつ前につけて抜け出す競馬の安定性を重視しました。マイルの適性については「ダノンプレミアムが上」と言う意見も見ますが、弱冠、ダノンプレミアムの方が距離適性範囲が狭いだけで、ここに大きな差はないと思います。

 対抗は当然、アーモンドアイ。

 さて、三着争いですが、ここは今の東京の馬場状態を鑑みて、内で脚を溜められ、かつトップスピードの持続力に長けた馬を上位に見ました。

 穴は内に突っ込んできそうな岩田騎手を鞍上に迎えたサングレーザーです。

◎ ダノンプレミアム
○ アーモンドアイ
▲ サングレーザー
△ インディチャンプ
△ モズアスコット
× アエロリット
× ステルヴィオ

 えぇ。面白みも何もない予想です w

 唯一真ん中より外で選んだのはステルヴィオで、真ん中より外なら、脚を溜めてトップスピードの持続力もそうですが 32 秒台の脚を繰り出せる馬という事で選びました。同じ条件でスマートオーディンも気になるのですが、これはパドックを見てから。ただ距離適性的に持続力という点でステルヴィオを上に見ています。

 もうこうなるといかに馬券を絞るか…スマートオーディンは気になりますが、すでにそちらに考えはシフトしています。東京 5 連敗は避けたい…例年言ってますが… orz

| | コメント (0)

それでもアーモンドアイ VS ダノンプレミアムで考える!

「ダービーは一番運の強い馬が勝つ」

 決して、ダービーレコードで勝ってみせたロジャーバローズを運だけの馬とは思いませんし、ダービージョッキーとなった浜中騎手の騎乗も見事しか言いようのないレース運びで、なんと言っても恩師である坂口先生の涙にはもらい泣きしてしまいました。

 そうではなくこの格言の裏返し、サートゥルナーリアはあまりに運がなさ過ぎた。皐月賞から騎乗していた C. ルメール騎手が騎乗停止で乗り代わり、トップスピードの持続力が試される超高速馬場、スタート前に入れ込み出遅れたこと…すべてが強すぎたために大事に使われ、経験値が積めなかったこととも言えなくはないですが、あれだけのパフォーマンスを見せた馬があまりにも見せ場がなさ過ぎた…

 この一戦でサートゥルナーリアの限界を規定しようとする周囲の目。残念でなりません。同時に「競馬は怖い」と言うことを思い知らされました。

 もうはっきり言って、今の東京競馬場の馬場状態は異常と言って過言でない状態ですが、それでも、今週の安田記念は、アーモンドアイを、ダノンプレミアムを、最強と謳われた今年の 4 歳世代を信じていきたい!この二頭に今さら御託はいらないでしょう。東京マイル、両馬にとって文句のない舞台だと思います。

 問題は 3 着争い…そう絞って考えることにします。

| | コメント (0)

東京優駿(日本ダービー)【2019 年 JRA GI 第 10 戦】

 今度こそ、皐月賞組が強いと思います。

 本命はサートゥルナーリア、対抗はヴェロックス。そして、ダノンキングリーにも流します。

 穴で狙いたいなと思っているのはニシノデイジー。皐月賞でもいいところがまったくありませんでしたが、ホープフルステークス、弥生賞、皐月賞と、馬場状態・レース展開云々より、中山がそもそも苦手なんではないかと…東京は東京スポーツ杯 2 歳ステークスで、ヴェロックスを負かしているので、人気薄になった今こそ…と思っています。

 あと皐月賞惨敗組では、絶好調 M. デムーロ 騎手に乗り変わるアドマイヤジャスタ、そのアドマイヤジャスタに勝っているサトノルークスなんかもこれまでの実績を見ていると、皐月賞一戦だけで見限れないかと…

◎ サートゥルナーリア
○ ヴェロックス
▲ ニシノデイジー
△ ダノンキングリー
△ アドマイヤジャスタ
× サトノルークス
× レッドジェニアル

 前哨戦を使った組は、迷ったのですが、末脚勝負に徹してきそうなレッドジェニアルで。青葉賞組を買うならランフォザローゼスなんでしょうけど、何でも出来そうな分、何も出来ずに終わりそうな気がしてなりません。

 もちろん、パドックを見て最終決定しますが、エメラルファイトの調教動きがものすごくよく見えたもので、内枠ですし…クロフネ産駒と言うのが弱冠気になりますが、入れ替え候補として。

 ただそもそも馬券を絞るか、手を広げるかも現時点で迷っています。皐月賞上位三頭の様子があまりに良かったら…絞るかも知れません。

 とにかく今の悪い流れを変えるためにも、前半戦由とするためにも、ダービーは当てておきたい!(⊃`ω´⊂) そんな気持ちです (^^;A

| | コメント (0)

皐月賞馬 サートゥルナーリアは強い!

 オークス、また悪夢を見ました orz

 ジョディーが絶好のスタートを見せてハナを切り、それを追ってコントラチェック、それらを見るようにクロノジェネシス、ダノンファンタジーとここまではほぼ予想通りの展開。しかし、直線を向いた瞬間、二番手集団から飛び出てきたのは、そのクロノジェネシスでも、ダノンファンタジーでもなく、まったく頭の中になかった勝負服!?カレンブーケドール!一瞬、勝つかと思うような必殺の抜け出しを見せたのですが、それを外から差し切ったのは、中段より後ろに待機していた 1 番人気 ラヴズオンリーユー!これも予想出来た展開でした。

 カレンブーケドール…スイートピーステークスの勝ち馬なのに、まったくマークしてませんでした…反省 orz

 今度こそ…前半戦、ダービー良ければ全て由!今週絶対流れを変えてみせる!頼んだ!>サートゥルナーリア

 神頼みではありません w 今年初戦で皐月賞を勝ち、二走目、上積みもあるでしょう。距離適性はわかりませんが、極端に脚を貯めないといけないとか、脚の使いどころが難しいタイプでもありませんし、三歳戦なら、たとえダービーといえども、距離はもちそうな気がします。

 さらにサートゥルナーリアだけでなく、皐月賞上位三頭は相当に強い。

 これらに対するは、皐月賞でレース展開が向かず、もしくは中山というコース形態で力が発揮出来なっ勝った組かと思っています。京都新聞杯組のレッドジェニアルは確かに派手目の勝ち方でしたが上がり 3F 34 秒台、青葉賞は小雨もあって、ちょっと特殊な馬場状態でしたからねぇ…明日、パンパンの良馬場で、オークスと同じ時計勝負になると…?

 と言うところで、皐月賞からの直行組中心に今は考えています。

| | コメント (0)

優駿牝馬(オークス)【2019 年 JRA GI 第 9 戦】

 桜花賞組ではクロノジェネシスが人気しておりますが、別路線組のラヴズオンリーユーが前日 1 番人気、コントラチェックが 3 番人気と、桜花賞組を押さえています。

 確かに前に行くコントラチェックは 2 枠 3 番と枠にも恵まれましたが、この時期の 3 歳牝馬が、マークを受けて東京 2400m を逃げ切れる、もしくは押し切れる、ましてディープインパクト産駒、かなり厳しいと思います。ラヴズオンリーユーにしても、抜きん出るほどの実力差は、こと 2400m 戦ではないでしょう。

 折り合いに不安がなく、かつ直線を向いて脚を溜められる、加えて東京に実績もある本命はクロノジェネシスでいいと思います。対抗は同じ選別のしかたでビーチサンバ。もし万が一、折り合いさえつけば、能力は間違いのないダノンファンタジーが穴でしょう。

◎ クロノジェネシス
○ ビーチサンバ
▲ ダノンファンタジー
△ ラヴズオンリーユー
△ シゲルピンクダイヤ
× コントラチェック

 ここで挙げなかった馬では、東京コース経験済み、左回りが良さそうなシェーングランツウィクトーリア、相手なりに走るシャドウディーヴァが気になっていますが、加えるか加えないかはパドックを見て決めたいと思います。おそらく大きな波乱はないかな…と思っています。

 とりあえずここを押さえて、次のダービー、そして安田記念につなげたい…頑張ります!(ง •̀_•́)ง‼

| | コメント (0)

桜花賞馬 グランアレグリアは参戦しなくとも…

 またもや悪夢を見ました。

 アエロリットが飛ばして、絶好位置につけたラッキーライラックが捕まえにいく、その外から狙いすましたようにノームコア、さらにそれを追ってプリモシーン…ここまでは良かった。内からするすると伸びてきたのはなんと 6 歳馬 クロコスミア orz

 日本レコードが出るような速すぎる馬場で、先に捕まえにいった分、目標にされてこともあったでしょうが、まさかマイルでクロコスミアがラッキーライラックを交わすとは…しかもハナ差 o...rz

 く、くじけん!今週のオークス頑張る!

 なんと言っても桜花賞組が強いと思います。

 距離適性云々より能力がそれ上回ってしまうことが多いように思うこのレース。桜花賞馬 グランアレグリアは参戦しませんが、それでもシゲルピンクダイヤ、クロノジェネシス、ダノンファンタジー、ビーチサンバは相当に強い。

 これに対して別路線組、コントラチェックもラヴズオンリーユーも、ディープインパクト産駒ですから特別、距離への適性が高いとも思えませんが、これら二頭を加えた上位 6 頭の壁は相当厚いと思っています。

| | コメント (0)

ヴィクトリアマイル【2019 年 JRA GI 第 8 戦】

 やはりここは今年の 4 歳勢の強さを信じようと思いますが、牝馬戦ですし、切れ味は自慢になりません。安定して前につけられ、かつ脚を伸ばせるマイル適性まで考えると、やはりラッキーライラックを本命に、対抗にはプリモシーンを考えています。

 先行するにしても 4 歳馬でミッキーチャームもいる、その他にもアエロリットや、クロコスミアもいる中、阪神牝馬ステークス 2 着とは言ってもアマルフィーコーストは一枚落ちるように思います。

 ノームコアも人気するでしょうが、マイルのペースに前につけられるか、つけて脚を伸ばせるかというと、33 秒台後半くらいの脚では牝馬戦では武器にはならないと思います。

◎ ラッキーライラック
○ プリモシーン
▲ アエロリット
△ カンタービレ
△ ミッキーチャーム
× サトノワルキューレ
× レッドオルガ

 他にもソウルスターリングレッツゴードンキが年長馬では気になるところですが、今週から B コースになる為、ちょっと外に入りすぎたかなぁ…と言う気がして、今のところ評価を落としています。パドックと馬場状態を確認してから、ノームコアを交えて、入れ替えを考えたいと思います。

 ひとまず阪神牝馬 S を見ても、上位陣に差はないでしょう。それだけに手を広げても痛い目を見るだけのように思います。ここはやはりラッキーライラックを信じて…と言うのが、正午現在の心境です (^^;A

| | コメント (0)

ラッキーライラックを信じたい

 NHK マイルカップは悪夢を見ているようなレースでした。

 絶対と思っていたグランアレグリア。道中かかっているようにも見え、それでも直線、好位からあの位置からならと思って内に突っ込んだグランアレグリアをずっと注目していましたが、抜け出せずに斜行して、ダノンチェイサーにぶつけ、結果降着になってしまう始末。さらに対抗にしたアドマイヤマーズが、あのタイム、あの早い上がりの中、豪快に外から、まさか差し切るとは…おまけにカテドラルにはもともと注目していましたが、パドックの気配があまりに良かったケイデンスコールを馬券に組み込んでいたのに、グランアレグリアを絶対視したがために、1 着から 7 着まですべてあるのに、あたり馬券にならないという悲惨な結果に…

 令和一発目から「競馬に絶対はない」という昭和時代からの格言を思い知らされる結果となりました orz

 気を取り直すしかありません!今週はヴィクトリアマイル。

 強い四歳勢、その中でもアーモンドアイさえいなければ、間違いなく去年の主役だったラッキーライラック。中山記念 2 着で復調の気配を見せて臨んだ前走 阪神牝馬ステークスは大きく不利を受けかわいそうなレースでした。

 今度は大丈夫でしょう。他にも四歳勢にはその阪神牝馬 S を勝ったミッキーチャームや、ノームコアなどがいますが、距離適性、東京実績を考えると、ラッキーライラック中心…今のところそう考えています。

| | コメント (0)

NHK マイルカップ【2019 年 JRA GI 第 7 戦】

 朝日杯では、サウジアラビアロイヤルカップ以来で、関西への輸送だったグランアレグリアに対して、前哨戦デイリー杯 2 歳ステークスを叩いて輸送のなかったアドマイヤマーズ。今回は桜花賞を叩いて快勝し、輸送のないグランアレグリアに対して、同じく皐月賞を叩いて、二度目の輸送になるアドマイヤマーズは、さらに外枠を引いてしまいました。

 この差は大きいと思います。結論、本命はグランアレグリアで。

 ただ馬場の回復度次第で、アドマイヤマーズにも目はあるかと…このあたりは直前の馬場状態をよく見ますが、おそらくアーリントンカップを勝ったイベリスが言ってくれそうな感じがしますし、ある程度回復していれば、よどみのない流れでこの二頭の一騎打ちの公算が高いと思われます。

 きさらぎ賞馬 ダノンチェイサーは内枠の好枠を引いたとは言え、3 ヶ月の休み明け。正直、上位二頭相手には厳しいかと思います。となると、前へ行く二頭に腹を決めて末脚勝負してくる組が紐、展開次第ではアドマイヤマーズを交わす…そんな可能性のある馬を選んでみました。

◎ グランアレグリア
○ アドマイヤマーズ
▲ ファンタジスト
△ ダノンチェイサー
△ グルーヴィット
× ハッピーアワー
× カテドラル

 どうだろう?ダノンチェイサーは非常に危ない人気馬のような気がしてならないのですが、パドックを見て評価をもっと下げるかも知れません。トライアル二戦は、新味を魅せたカテドラル以外はあまり評価していなくて、ファルコンステークスの 1, 2 着の末脚の方が見応えが合ったように思います。加えて、それでもクラシック王道を行こうとしたファンタジストがマイルに戻って、そしてもう一頭、パドックでよく見ようと思っているのがケイデンスコールと、ロードカナロア産駒ばかり気にしてます (^^;A

 とにかく、グランアレグリアとアドマイヤマーズから手広く…これが今の結論です。

| | コメント (0)

桜花賞馬 VS 二歳マイル王再戦!!

 菊花賞馬であるということは重々承知していたつもりですが、それでもディープインパクトの産駒が、苦も無く 3200m をこなしてしまう。しかも、母系の血から血統的には向くはずのグローリーヴェイズを押さえきって勝ちきってしまう。フィエールマン、自分の想像を超える強さを備える馬でした。

 その先頭争い、火の出るようなデッドヒートを尻目に、本命 ユーキャンスマイルは最後の直線で横を向いて走っており、もう一頭、期待をかけていたエタリオウは最後方から早め仕掛けで、こちらもパフォーマプロミスとの競り合い。個人的には馬券の関係でこちらに目が釘付け w 結局、競り落とされ、届くはずだった馬券が、届かない万馬券に… orz

 忘れましょう。ここが今年春一番難しい GI だと思ってました。

 で、明日は桜花賞馬となったグランアレグリア、これに唯一土をつけた二歳マイル王 アドマイヤマーズとの再戦 NHK マイルカップ。

 図式はこれでいいと思います。ダノンチェイサーはきさらぎ賞ぶりですし、トライアルも見るところは、カテドラルが新味を見せたことぐらい。怖いのはファルコンステークス組か、クラシックの王道をあるいてきた馬かと思います。

 特に気になるは…それは、まだ資料を見切っていませんので明日また。。。

| | コメント (0)

«天皇賞(春)【 2019 年 JRA GI 第 6 戦】