トップページ | 2004年2月 »

クラシックを夢見て --- 今年の二歳戦

 さて、今年の平場 JRA GI がすべて終わったところで、来年のクラシックに向けて、二歳戦を振り返っておきましょう。

 まずは牝馬。
 阪神 JF 前の評価では、スウィープトウショウが抜けた評価を得ていましたが、その GI でもろに気性の若さ、追い込み一辺倒の脚質の不利が出てしまいました。春はおそらく、チューリップ賞から出陣になるではないか(賞金的な問題がないのであれば、もう一度 1600m で試走しておきたいと思うのが人情でしょう)と思いますが、個人的に成長力に関しては「?」なエンドスウィープの産駒が、特に気性的な面でどこまでの成長を見せるか注目です。
 その JF 一着、今年の二歳女王、トウカイテイオー産駒のヤマニンシュクルも、まだまだ奥がありそうですが、JF 組では、二着馬のヤマニンアルシオンの方に注目しています。まだ二戦しか走っていませんが、小柄な馬で母はヤマニンパラダイス、全兄はヤマニンセラフィムと、けがに泣かされる家系ですし、 JF で賞金も加算できたことですから春はおそらくゆったりしたローテーションで挑んでくるのではないかと思っています。無事クラシックに出走してくれば、桜花賞はもちろんですが、オークスまで楽しみです。
 ツルマルシスターが亡くなったことは悔やまれますが、牝馬に関しては年明けデビューで駆け上がってくる馬も珍しくはなく、未だ今年の桜花賞、オークス候補と信じ切れる抜けた存在はいない気がします。

 牡馬はなんといっても、コスモを冠するザグレブ産駒の二騎が注目です。
 朝日杯を制したコスモサンビームの成長力をみていると、たんぱ杯勝ちの道営所属馬コスモバルクの方もまだまだ奥がありそうです。百日草特別で良血ハイアーゲームを負かしたときは、展開に恵まれたような言われ方をしましたが、まぐれでハイアーゲームを二度負かすことはできないでしょう。間違いなく本物です。コスモサンビームの方も、血統的にみても距離が伸びて良さそうですし、この二頭を目指して、ミスティックエイジ、ハイアーゲーム、ブラックタイド、あと個人的な思いこみでグレートジャーニーを加えたサンデーサイレンス産駒の四騎が、トライアルまでにどのような戦いっぷりを見せてくれるか、今から楽しみです。
 それともう一頭、タイキシャトル産駒メイショウボーラー。朝日杯では距離不安を露呈してしまったような気がしますし、タイキシャトル産駒の成長力にも個人的に「?」がつき始めていますが、現時点で強力な一頭であるlことはまちがいなく、 1800m 以上の距離になるトライアルで、もう一度見極める必要はありそうです。
 穴っぽいところでは、朝日杯組のアポインテットデイ、フォーカルポイントにも大いに注目していますし、まだレースをみたことがないキングカメハメハなど今年の二歳牡馬は層が厚く、これからデビューして駆け上がってくる馬がいれば、それこそクラシックの大本命になるかもしれません。

 年明けすぐにシンザン記念。クラシックの足音がもう聞こえ始める時期になります。
 来年こそはよい一年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

有馬記念…惨敗…今年の惨敗も決定

 やはり私が本命にしないと強い(--;> 、シンボリクリスエス。
 結果、惨敗です。

 敗因は二つ。
 まずはタップダンスシチー。
 結果論でしょうが、終わってみると JC が強すぎた。シンボリ、タップへの他馬からのマークの比重が、かなりタップに偏っていたような気がします。逃げ馬(一辺倒の馬ではないとは思いますが、逃げて強いことは否定されないでしょう)が自分の形に持っていけなかったときの脆さがもろに出た、そんな感じでした。

 次に二着のリンカーン。
 完全にこの馬の実力を見くびっていました。正直、菊花賞は展開が向いたものと高をくくってましたが、まさかゼンノロブロイまで押さえきるとは恐れ入りました。武 豊 騎手(ほんと今年は彼との相性が悪かった…)の好判断もあったでしょうが、ゼンノロブロイ(もうちょっと距離が短い方がよかったか?)、ザッツザプレンディー(やはり馬場がいいとだめでしたが)とあわせて、本当に来年が楽しみな馬です。

 最後に、有終の美を見事に飾ったシンボリクリスエスに関して。
 最終コーナー先頭で直線抜け出す。ああいう競馬をされては、現役馬でシンボリにかなう馬はいないでしょう。おまけにダイユウサクの以来となるレコードのおまけ付き。これで引退とは、私の個人的な相性の悪さからするとほっとしますが(人間が小さいもので…つい本音が (^-^;> )、惜しい気がします。ぜひ海外挑戦してほしかった。

 さて、これで今年の JRA 平場 GI 競争はすべて終了。
 年間回収率 36% 強。自己最低更新、四年連続負け越し…。そりゃ年に三回しか当たらないのでは… _(T-T)_

 来年こそは…当たり始めてからいうことにします(^^;>
 さて年が明ける前に、次回は今年の二歳戦の雑感などをまとめてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラスト・サプライズ!有馬記念前夜

 今年ラストを締めくくる GI 有馬記念です。馬券買ってきました!(^ ^)v
(パドックをみると雑念が入るため、またレースそのものは家でゆっくりみるために、馬券は前日に買うのが常です。)

 二年連続万馬券と荒れている有馬記念ですが、今年は素直に考えると、天皇賞(秋)を史上初の連覇で決めたシンボリクリスエス、JC を歴史的大差で飾ったタップダンスシチーとの一騎打ちが濃厚。
 しかし、今年の私は、皐月賞、秋華賞、JC の三回しか当たっておらず、この一点に全額いっても、年間マイナス決定。本線はこのどちらか、他方を対抗の一頭にするとして、三連複をねらいにいかざる得ない状況です。(^-^;;;>

 と言うことで、すべての馬券に絡んでくる本命は、タップダンスシチーです。
 この秋、 GII 京都大賞典、GI JC と古馬の代表格ヒシミラクル、シンボリクリスエスを押さえ込んで連勝、今回も 12 頭の少頭数の上、他にこれといった逃げ馬不在、かつ(今日雪が降っていたのは気になりますが)良馬場が望め、しかも今年は中山の馬場状態もかなりいいとなると、これといった死角が見つかりません。調教タイムをみても、JC の疲れはないようです。シンボリと一騎打ちになった場合、どちらが一着になるというのはおいといて、三着以下になることはないように思えます。

 タップダンスシチーを本命で三連複の一頭目の軸とし、対抗を二頭として三連複の軸二頭流しを二組作りました。

 一頭目の対抗は、もちろんシンボリクリスエス。
 私が本命にすると必ず落ちる(過去、'02 JC 、 '03 宝塚と二回)のもありますが(^ ^;>、今回、立場上、タップに鈴を付けにいく位置をとらざる得ず、かつ去年の年度代表馬ということでマークもきつくなる。おまけに GI 三連闘目。良馬場という条件で、JC の時、タップが二着ザッツザプレンディーにつけた 9 馬身の間に入ってくるのがやっと…ではないかと思ってます。

 もう一頭の対抗は、ゼンノロブロイです。
 2400m なら本命に押してもいいと思っているくらいで、今回出走する三歳馬でこの条件ならおそらく最強でしょう。また、シンボリとあわせた調教 VTR をみても(後ろから追ってきたということはもちろん承知の上で)シンボリより、素軽く見えました。また、平均ペース以下の一発切れ味勝負の展開になれば、100m の長い 2500m でも 55kg という斥量も加味してシンボリと同じ評価にしました。

 さて、本来なら三連複の本線はこの三頭と言いたいところですが、これでは年間プラスへの大逆転は無理 _(T-T)_ 。あえて蹴ります、この組み合わせ!

 三連複、流しの対象は以下の三頭です。

ツルマルボーイ
 その他の二頭も同じですが、タップが引っ張り、シンボリが早めに追い出すハイペース前崩れの展開になったとき、交わせるとしたら第一候補はこの馬でしょう。左回りが得意と言われてますが、実際には今年の宝塚では、右回りで二頭をかわしています。最内でなければ対抗に持ってこようかと思っていたほどですが、使い減りするのも減点材料。

アグネスデジタル
 天皇賞(秋)の結果で、評価を落としているようですが、調教タイムを見る限り調子落ちはないように思われます。また、GI 級レースを五連勝したときや今年の安田記念のイメージからか、いきなりから走るように思われがちですが、私は結構叩き良化型のイメージを持っています。今年の最後にサプライズ!を演出するのはひょっとして…。

ファストタテヤマ
 去年からかなり成長しているように思います。調教タイムも決して悪いわけではありません。距離も悪くはないですし、この馬の一発の爆発力は侮れないでしょう。しかし、この馬の場合、理屈云々より「もうぼちぼち怖い」…ただそれだけです。(^O^;>
(関係者の皆様、ごめんなさいm(. .)m )

 以上。
 さぁラスト・サプライズ!いよいよ明日(もう今日?)です。

【免責事項】
 当サイトの予想は、一競馬ファンのかなり激しい思いこみによって行われております。これにのって人生を賭けられ、一生を棒に振っても当サイトは一切責任を負いませんのでご了承ください。(^^;;;>

| | コメント (0) | トラックバック (2)

有馬記念直前…納会での一幕

 いよいよ今年も最後の GI の日が近づいてきました。
 当サイトの予想の前に、とある企業の仕事納めでの一幕をご紹介します。

 年の瀬迫るこの時期に、朝から(仕事そっちのけで)私を含めた競馬好きの三人が、当たれば年明け新年会をおごると約束付きで夢馬券を買おうと言う話になりました。
 で、ここにその結果を(証拠として)記録しておくことにします。

 まずは、一番上の先輩である S 氏は、馬連でゼンノロブロイ - リンカーンに。氏は、これ一点で有馬に賭けるとおっしゃっておりました(男や (^O^)> )。
 次に昨年、タップダンスシチーで万馬券をとり、今年も JC でタップからもちろんとり、タップと心中してもええと豪語する勝負師 T 氏は、これも馬連でゼンノロブロイ - ファストタテヤマに。ちなみに氏とは「ファストタテヤマがもうそろそろ怖い」と言う意見で一致しております。(本線はもちろんタップからいかれるのでしょう。)
 で、一番下っ端の私なんですが、ゼンノロブロイは別途、本線に絡めて買うことにして、馬連、ワイドでファストタテヤマ - アグネスデジタルに夢を賭けてみようと思います。
 タップがいく展開になれば、シンボリは立場上、鈴を付けにいかざる得ない。ハイペースで前が潰れる展開になったとして、この二頭をかわせるのは…と考え、かわせる可能性があると思える馬の中から二頭選んでみた次第です。
 ファストタテヤマに関しては、単に「もうそろそろ怖い」だけですが、アグネスデジタルに関しては、過去何度も「!」を見せつけられたこともありますが、今回に関しても調教タイムは決して悪くなく、年齢的に単に「ずぶく」なってきているだけのような気がします。距離が伸びれば、ひょっとして直線一発と言うことがあるかもしれません。

 さてどうなりますことやら (^O^)
 本線の予想は、後ほど…。

【免責事項】
 当サイトの予想は、一競馬ファンのかなり激しい思いこみによって行われております。これにのって人生を賭けられ、一生を棒に振っても当サイトは一切責任を負いませんのでご了承ください。(^^;;;>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これから少しずつがんばってみます。

 もうかれこれ数十年来利用しているプロバイダ @nifty の無料サービスということで、blog 文化の流行に乗ってみることにしました。
 ということで、新規にサイトを立ててみたものの、何をネタに展開していこうかと考えたのですが、もうかれこれ一年以上更新していない自分のホームページを改めてみてみると、何らかの義務感が伴うものは長続きしないのかと思い、趣味の一つである競馬に関する情報でサイトを構築してみることにしてみました。
 ナリタブライアンの三冠達成、トウカイテイオーの復活くらいからの、まだまだ未熟な競馬ファンで、ここ三年に至っては回収率もトホホ…なのですが、ゆっくり皆様に長くご閲覧いただけるようなサイトにしていきたいと思います。
 ちなみに、今日を含めてここ二回(朝日杯 FS/阪神 JF )と連続で三連複を1着2着4着(^^; で外していますが、無謀にもグラスワンダー - スペシャルウィークで決まった 1999 年以来、今世紀になって当たっていない有馬記念の予想を次回の記事としてアップしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年2月 »