« 2003年12月 | トップページ | 2004年3月 »

'04 GI 第一戦 「フェブラリーステークス」

 さて今年最初の GI フェブラリーステークスです。今年一発目の予想当てたいです。はっきり言って(^-^;>

 本命はアドマイヤドン
 いろいろ考えてみましたが、死角は休み明け以外に見いだせませんでした。これにしても、その隙をついて三頭以上、アドマイヤを上回れるかというと答えは No です。
 ペリエのサイレントディールは、マークされる立場になった場合の脆さとそもそもの不安定さ、武豊のノボトゥルーは 1600m に距離が伸びると極端に信頼性が落ちるという理由で切りました。
 対抗はユートピアシャドウスケイプ。明け四歳の活きの良さと、前者は 1600m ダートの距離適正とそれ以上への距離にも適応できる自力、後者は近走の実績に加え、1600m 以下であれば確実に繰り出してくる脚が魅力です。
 おそらくはアドマイヤドンを中心にレースは動くでしょうからこれと同じ位置にいては不利、JC ダートの時のようにアドマイヤドンより前の位置から先にスパートをかけるか、ペースそのものが早くなれば、後ろから一気に差しきるなど極端な競馬をする馬の方が目があるような気がします。
 この二点に絞って馬単も考えましたが、あまりにつかないのと、ちょっと危険度が高いような気がするので三連複で考えます。
 穴として、常に 59kg を背負いながら前走を除き好走しているスターリングローズ、休み明けからダートで好走を続けるストロングブラッド、大穴で 1600m ダートという条件なら信頼性の上がる GI 馬イーグルカフェまで。
 アドマイドン以外を五頭までに絞れたので、一頭流しの三連複ボックスで買ってきましたが、内訳は以上となっております。

 さて、'04 GI 第一弾!いざ勝負!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます!

 明けましておめでとうございます!
 ってもう二月にもなってですけど、GI しか打たない私にとっては、今週こそ年明け一週目(月曜日から情報収集を開始するので…)ってところです。

 シンザン記念、共同通信杯、きさらぎ賞と三歳重賞もいくつか終了し、昨年末に期待馬としたサンデーサイレンス産駒四騎も活躍し、牝馬でもスウィープトウショウが再び強さを誇示したと思えば、ダンスインザムード、イントゥザグルーヴ、ダイワエルシエーロといよいよクラシック候補と呼べそうな期待馬も出そろい、いよいよクラシックの足音も確実に聞こえてきた今日この頃…今年最初の GI フェブラリーステークスが、今週のメインです。

 思えば去年のこのレース、万券ねらいでいってはずれて「まあ今年最初で大勝負にでたんだから…」とか思っていたのですが、まさかそこから三回しか当たらないとは…(^-^;>
 去年の二の舞を演じないよう、最初から真剣にいきます。

 とは言っても、実質アドマイヤドンの相手探しは否めません。
 最終的な予想は、土曜日に馬券を買ってきてからにしますが、個人的な注目は、今年の根岸 S 覇者シャドウスケープ、トウカイテイオウ産駒ながらダートに勝ち鞍の多いストロングブラッド、1600m という距離・ダートという条件でユートピア、近走 59kg を常に背負いながら実績を残すスターリングローズまでを中心視し、アドマイヤドンを過信せず、最終追い切りの結果を加味して、点数を絞っていきたいと思っています。

 さて、砂の東京マイルを制して、ドバイへ旅立つ祝杯となるか否か。
 今年最初の GI のファンファーレまで、あと三日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年12月 | トップページ | 2004年3月 »