« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

春の盾…いざ出陣!

 一週間おきましてだいぶ頭を冷やしました。何となく運気も戻ってきたような気がする今日この頃、今週は天皇賞(春)です。
 四歳四強ネオユニヴァース、ザッツザプレンティ、リンカーン、ゼンノロブロイが、話題の中心ですが、個人的には日経賞で再び距離不安を露呈したゼンノロブロイを除く三頭の中に春の天皇賞馬がいるような気がします。
 もしその三強の一角を崩す可能性があるとすれば、前述のゼンノロブロイより、以下の馬が気になります。

 シルクフェイマス
 正直、血統的、気性的に距離不安がつきまといますが、血統的な面で言えばゼンノロブロイより、気性的な面で言えばザッツザプレンティよりましでしょう。重賞連勝で目下五連勝の勢いからスローペースで上がりの爆発力勝負なら目はあるか?

 ナムラサンクス
 距離経験という面では出走馬中随一で、阪神大賞典でも四着に踏ん張ってます。ハイペースもしくはスタミナの削り合いのような展開になった場合、浮上の目はあるかもしれません。ただ、今年はスローペースが必至というような気がしないでもないですし、毎年、距離経験豊富で穴人気する馬って結構来ないんですよね (^^;>

 カンファーベスト
 中距離路線で上がってきた馬ですが、最近は着順で見るといまいち。しかし、父アンバーシャダイ、母父シンザンと長距離を走っても何の不思議もない渋い血統。能力落ちは感じないですし、長距離路線で新境地を開く可能性が怖い。もちろんスローペースになったときの上がり勝負でも、位置取り次第で何とかなるかも。

 ファストタテヤマ
 京都ですし、もうぼちぼち怖い(またか… (^^;;;> )

 展開に左右されないという面ではリンカーンが非常によく見えますが、調教で動かない馬は個人的にはいまいち信用がおけない。展開予想としてはスローペースの上がり勝負と考えていますので、ネオユニヴァースも言われるほど相手にならないことはないでしょう。あとはザッツザプレンティがどう動くか…スローペースにおつきあいしてかかってしまうくらいなら、ハナを切る展開あるのではないか…なんてふうに今のところ考えています。
 しかし、実のところ一番気になるのは「お天気」だったりして…(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

中山 2000m のその先には…

 クラシック第一冠は、一勝馬ダイワメジャーが戴冠。鞍上 M. デムーロは、昨年のネオユニヴァースに続いて連覇。
 それより…あぁメイショウボーラー。
 本命コスモバルクは正解だったと断言できます。今回負けたのは展開のあやで、おそらくダービーでも、皐月賞組では最上位と判断するでしょう。第一対抗のハーツクライも期待外でしたが、それより最後までメイショウボーラーとどちらを第二対抗にしようか迷った挙げ句押したミスティックエイジが五着…勝ったダイワメジャー、四着コスモサンビームも併せて、五着までの馬はすべて三連復馬券の対象に入っているのに、当りの組み合わせだけが…ない。

 四連敗…全く当る気がしなくなってきました。_(T-T)_

 天皇賞(春)までに運気は戻るのか。
 桜はもう散ったというのに、春はまだ来ない…。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

'04 GI 第四戦 「皐月賞」

 む…むずかしい。
 すでに今年、三連敗、阪神 JF から六連敗と、ここまで負けが込むと慎重にならざる得ないのも確かですが、それにしても難しい今年の皐月賞。
 実はまだ馬券を買ってません。高松宮記念から使えるようになった PAT 初出動になりそうです。ここまで来たら、馬体重を見てから買いたいと思っていますが、現時点で固まっている予想は以下の通りです。

コスモバルク
 本命です。明日の馬体重に異常が認められない場合は、おそらく軸に置きます。
 トライアル三戦を見て、最も内容が濃いと思えた弥生賞を突き抜けた強さは、頭一つ抜けています。

ハーツクライ
 対抗の一番手。
 毎年、スプリング S 組の方がよく見えるのですが、今年は若葉 S の方が内容が濃かったように思えます。外々を回りながら差しきり、またコース形態のよく似ている阪神で弥生賞組より早いタイムを刻んでの勝利。きさらぎ賞でマイネルブルック、ブラックタイドに完敗してますが、進化の度合いは先の二頭を上回っています。

 対抗の二番手に考えているのが、現状二頭います。

ミスティックエイジ
 前回は道中もまれる不利もあり、全く競馬をしていません。スプリング S の結果は惨憺たるものでしたが、ラジオたんぱ杯 2 歳 S で見せたセンスは本物だと信じています。本命、対抗に押した二頭より枠順は良さそうですし、人気を落としているのも魅力。

メイショウボーラー
 中間、順調ではなかったようですが、それにしても不当に評価を落としすぎのような気がします。まだ、連対率 100% の馬です。調子も絶好調とはいえないような気もしますが、それでも実績、能力は上位。

 その他、優先順位順で…

 コスモサンビーム
 キョウワスプレンダ
 フォーカルポイント
 ブラックタイド
 ダイワメジャー
 マイネルブルック

 あぁ、点数が多すぎる(^^;>
 果たして、明日の 15:40 (の 2 分前)までに予想はまとまるのか…連敗は止まるのか…こうご期待(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ダンスインザムード!!

 まさにそんな感じの桜花賞でした。
 あんなに強い桜花賞馬は、テイエムオーシャン以来のような気がします。ただ、テイエムオーシャンの場合は「この距離(マイル)ならかなう馬はいないだろう」でしたが、今回、ヤマニンシュクルは距離が伸びて差は縮めるところまでの可能性は見いだせたような気はしましたが、現時点で東京 2400m になってもひっくり返せるような差ではなかったような気がします。
 もちろん個人的には惨敗でしたので僻みにしか聞こえないかもしれませんが、正直、オークスがつまらなくしてくれたという被害妄想まで植え付けてくれたような気がします。

 さて今週は皐月賞です。
 個人的には弥生賞組からコスモバルク、メイショウボーラー、スプリング S 組からブラックタイドももちろんですが、それより若葉 S 組、ハーツクライ、スズカマンボが今年は注目です。ほかにも別路線組のマイネル勢や弥生賞、スプリング S でふるわなかった馬にもつけいる隙はありそうです。

 「戦国皐月賞」
 ハイレベルな牡馬クラシック第一冠。(馬券勝負も含めて (^^;> )好勝負を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

'04 GI 第三戦 「桜花賞」

 本命はスイープトウショウです。
 散々悩みましたが、阪神 JF の再現は期待できないというのが結論。今回は一本かぶりにはならないというのが最大の理由です。一番人気はおそらくダンスインザムードが背負ってくれると思われ、追い込み一辺倒のスイープトウショウにとっては非常に楽になりそうです。(あくまで阪神 JF の時との比較で…ですが)

 ですが、馬券は枠で押さえにかかりました。軸は 8 枠。

 ムーヴオブサンデー
 不安は 1600m の距離経験がないことと枠順。それ以外に死角らしい死角がありません。1400m であれば、スイープトウショウより持ち時計は早い。

 ダイワエルシエーロ
 不安はクイーン C からの直行というローテーションと枠順。距離経験もあり、枠順さえもっと内寄りであれば本命にしようかと思っていたくらいです。

 ヤマニンアルシオン
 今回の大穴候補その 1 。紅梅 S の大敗で評価を落してますが、いくら GI 2 着馬とはいえ、たかが 2 戦しかしていない馬にあのマークはきつ過ぎた。今回は絡んでくる馬も少なそうですし、阪神 JF の再現はあるとみます。

 その他、もちろんダンスインザムードを押さえます。と言うわけで、枠で 2-8 が本線で、5-8, 8-8 と押さえました。

 そして大穴候補その 2 は、ギミーシェルター。関東馬であることが少々気になりますが、アネモネ S では勝ちにいって、レディインブラックの末脚に屈っしたとはいえ 2 着。久々にしては上出来でしょう。ペインテドブラックの全妹ということで、もう少し距離があった方がいいような気がしますが、とは言っても 1400m/1600m でもこなしているように、今回の舞台も守備範囲内。アネモネ S 組は毎年穴人気しますが、レディインブラックの方に集中していることも好都合で、鞍上は阪神マイルに意外に相性の良い M. デムーロ。

 今日の中継を見ても、仁川の桜は満開です。桜の舞う中、今年最初のクラシックの主役になるのは、果たして…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ、クラシック開幕!!

 クラシック開幕です。その第一弾は、桜花賞。
 近年まれにみる混戦模様。それも、ドングリの背比べではなく、ハイレベルな大乱戦の模様を呈しています。
 しかし、その上位と目される馬たちには、各々盲点が見え隠れします。

 スイープトウショウ
 阪神 JF でもそうだったように、未だに後ろからの競馬しかできないのが最大の盲点。実力差が明確である相手ならまだしも、 18 頭フルゲートでここまで力量が拮抗すると、阪神 JF の再現もあり得る。

 ダンスインザムード
 上位組との直接対決未だなし。素直にとるなら 3 戦すべて完勝、底を見せてないともとれますが、実のところ、ぎりぎりの勝負はしていないともとれます。なんと言っても 18 年も関東馬から桜花賞馬は出ておらず、しかも直前輸送で阪神に乗り込むというのもプラスにはとれません。個人的には、距離適正にも疑問を感じ、意外に穴が多いように思われます。

 ムーヴオブサンデー
 先行抜け出しという桜花賞向きのレースをこなせるセンスもあり、個人的には上位にみてますが、1600m 以上の距離に実績がないのが不安材料。血統的にはマイルくらいは持ちそうな気がしますが、トリッキーな阪神のしかもフルゲートの GI で、それができるかとなると疑問視せざる得ません。

 ダイワエルシエーロ
 過去 10 年でイブキパーシヴの 2 着が最高のクイーン C からの直行、厩舎関係者からかなりの馬体増を思わせる発言がありと、最大の不安材料はローテーション。個人的には、真っ向勝負でもっともスイープトウショウに迫った馬として、かなり能力は買っているのですが…

 ヤマニンシュクル
 はまったときの破壊力は認めますが、それは展開が向かなかったときのもろさの裏返し。ここで挙げた上位組では、もっとも実戦経験が豊富なところは買えますが、絶対的な信頼を置くにはまだ何かが足りないような気がします。

 毎年、ハイペースになりがちなレースではありますが、チューリップ賞がそうであったとおり、後ろにいるはずのスイープトウショウの破壊力を考えると早々前崩れの展開になるとも考えづらいのではないでしょうか。
 役者多彩、上位拮抗の大舞台での大波乱。一昨年前の皐月賞が頭を過ぎります。
  3 歳牝馬の大舞台。華麗な舞台となるか、波乱の舞台となるか。いざ!クラシック開幕!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »