« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

'04 GI 第十戦 「宝塚記念」

 6/27 12:30 現在、阪神競馬場の馬場は良(芝)。本日の予報は雨のち曇りで、正午から 15 時までの降水確率は 30% 。これ以上、馬場は悪化しないことに賭けます。
 本命はシルクフェイマス。最内でもあり馬場が悪化するとどうかともいましたが、稍重までなら大丈夫でしょう。短期放牧明け、フレッシュな状態で調教も上々。
 以下、対抗は二頭。

ゼンノロブロイ
 馬場が悪化しても、ダービーの時の走りから見て苦にはしないでしょう。今回の条件では四歳世代最強とみます。ただし、調教を見ている分には若干重めを感じられます。輸送も計算に入れてのことでしょうがどうでしょう?

タップダンスシチー
 佐々木 調教師曰く、「この馬の競馬をして差されたらしょうがない」と言うように、この馬の競馬に徹しきられると他馬に勝ち目はないでしょう。ただそれが難しいのがこの馬の脆さ。全幅の信頼は置けません。

 以上三頭に加えて。

ツルマルボーイ
 このレース二年連続の二着。今年は安田記念制覇で勢いもある。調教タイムを見ている限り調子落ちは見れませんし、馬場も稍重までなら大丈夫でしょう。ただ中二週。使いべりする馬という感じがあるのでこれがどう出るか…?

リンカーン
 天皇賞(春) 13 着はいくら何でも負けすぎ。しかしながら、調教はこの馬にしては素軽く見え、なんと言っても圧倒的な連対率を誇るファン投票一位馬。正直まだどうしようか迷ってます。

 一応ここまでで馬券は考えています。ただ、まだ買っていないので、馬体重を見てから最終決断するつもりですが、馬場は稍重までと見て、ザッツザプレンティはおそらく切ります。しかし、その他、気になる馬はあと二頭。

ダイタクバートラム
 「複数だしの厩舎は人気薄をねらえ」という格言もありますし(^^;>
 調教タイムを見ると状態はかなり上向いているように思います。ただ、去年もそうだったのですが、個人的にこの馬をそんなに高く買っていないことと、この世代(現六歳世代)って、他の世代と比べると明らかに一枚落ちるような気もします。

ローエングリン
 2200m はどうでしょう。血統的に見ても、伊藤 正徳 調教師のコメントを見てもマイルよりはあっているというコメントはありますが、個人的には 2000m までならという気もします。直線坂のある阪神コースではなおさら?

 気になっていたサイレントディール、スティルインラブはばっさり切ります。
 スタートまであと三時間ちょっと。最後は勝って締めるぞ!春の GI !!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Dream Race!

 さて春の GI シーズンの締めくくり「ドリームレース」宝塚記念が今週のメインです。
 去年はダービー馬ネオユニヴァースの参戦で「日本版キングジョージ」と騒がれましたが、今年は有力三歳馬の参戦はないものの、昨年の JC 覇者、菊花賞馬、三冠牝馬に加えて、今年の安田記念覇者も参戦とメンバーもなかなか多士済々。上位馬の力が拮抗しているものの、その上位馬も目移りするくらいは役者がそろっています。
 現状、タップダンスシチーもしくはローエングリンが逃げる展開、それを追ってザッツザプレンティ、折り合いがつかなかった場合のリンカーンと前は結構早くなりそうな気がしており、好位で折り合って決め手をもっている馬が有利と見て本命馬として考えているのは、以下の二頭です。

シルクフェイマス
 まだ GI 未勝利ですが、今年の京都記念まで五連勝、初参戦に加え、不向きと思われた長距離 GI で三着と実力的には申し分なし。2200m と言う距離を考えると、もう一頭の本命候補ゼンノロブロイには 1F 長いような気がしますし、こちらは父系、母系とも中距離血統と言うことで少々上に見ています。世代的に今年の四歳世代より五歳世代の方がレベルが高かったような気もしていますし…

ゼンノロブロイ
 決め手、安定度、実績を総合すると、今回参戦する四歳世代では一枚上。去年の神戸新聞杯でコース適正は証明済みですし 2000m であれば本命にしてました。ただ、個人的に今年の四歳って本当に他の世代と比較してレベルは高いのか少々疑問を持ち始めていること、先述したシルクフェイマスと比較すると適正的に 1F 長いような気がします。

以下、対抗候補です。

タップダンスシチー
 普通にレースをすれば連に絡むことはもちろん、勝っても全く不思議はないです。ただ去年の有馬の悪夢が…

ツルマルボーイ
 本レース、昨年、一昨年と連続二着。今年は安田記念も勝って勢いもある。ただ使い減りする馬なのでそこが気になる。

リンカーン
 ハマったときの実力は認めますが、前走天皇賞(春)はちょっとひどかった。

 現状、ここまで。ただまだ入れ替え検討の候補に入っているのは以下の通り。

ザッツザプレンティ
 雨が降るようならツルマルボーイと入れ替え。

スティルインラブ
 最終追い切りを見て変わり身があれば、三着ならあっても良さそう。

サイレントディール
 久々の芝、休み明けでポン駆け…この馬は姉と一緒でわかりません。

ダイタクバートラム
 叩き良化型なので最終追い切りを見てみないと…?

ローエングリン
 どうしましょう(^^;>

 今週はひょっとすると現地観戦になるかもしれないので、最終判断がレース前までにできるかどうかは少々疑問ですが、天候が大きく崩れないようでしたら、上位五頭で勝負です。
 安田記念から連勝、春は勝って締めくくる!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ツルマルボーイ、春のマイル王戴冠!そして…

 近畿地方では梅雨入りが宣言され、予報も東京は曇り時々雨。良馬場だった東京競馬場も発走直前になって稍重に変更、しかし雨は止んでしまいました。まさに今年の混戦模様を映し出すかのような空模様。
 レースがスタートすると、内からローエングリンが徐々に前に進出、そのハナをメジロマイヤーが叩いて先頭に立つ。スタート直後の先頭集団のスピードに追いついていけないのかマイソールサウンドが追っつけてはいるが徐々に位置を下げていく。そのマイソールサウンドのちょうど前、スタートはふわっと出したのかファインモーションは中段馬群の中で、武 豊 騎手をもってしてもが折り合いに必死になっている。先行集団から中段まではまさに団子状態、その後ろをテレグノシス、ツルマルボーイなどが馬の行く気に任せて淡々と追っていく。
 この隊列のまま、最終コーナーを回る。ここで先頭はローエングリン。
 後ろで馬の行く気に任せていたテレグノシスは馬場のど真ん中。しかし、ほとんどの馬がグリーンベルトに殺到しているので、この位置でもほとんど大外。鞍上 勝浦 騎手は腹を決めていたのか、ここから一心不乱に追いまくる。
 直線坂の手前で先頭はバランスオブゲームに変わり、グリーンベルトの真ん中でぐいぐいと坂を上っていく。そのすぐ内にユートピア、最内にローエングリンも食い下がる。バランスオブゲームは先頭に立ったもののそれ以上は差が広がらない。
 坂の半ば、ぐんぐん加速するテレグノシス。先頭集団三頭との差も見る間に詰まる。しかし、グリーンベルトでしのぎを削る先頭集団と、大外テレグノシスの間、渋る馬場をもろともせず駆け上がってきたのはツルマルボーイ。グリーンベルトの外ぎりぎりを泥まみれになりながら追う鞍上 安藤 騎手の檄に応え、弾丸のように伸び内バランスオブゲーム、外テレグノシスを並ぶことなく突き抜けたところがゴール。

 外枠にもかかわらず、得意の先行力を生かして果敢に先行集団に食らいつき、勝ちパターンで抜け出したバランスオブゲームはほぼ完璧なレース展開だったと思います。
 また去年の鬱憤を晴らすかのように、馬場が渋ろうともグリーンベルトに目もくれず、広い東京コースでテレグノシスの全能力を解放することに賭けた勝浦 騎手の騎乗も見事でした。人馬ともにベストパフォーマンスだったと言えると思います。
 しかし、それらをまとめてぶち抜いたツルマルボーイは、その能力に加えてレース展開、そして鞍上の運と実力、すべてをあわせて「クビ差」だけ上だったと言うことなのでしょう。

 奇しくも左回り巧者三頭で決まった今年の安田記念ですが、他の二頭に比べればツルマルボーイは右回りでも十分勝負になると思います。秋には今回出走できなかった名刀デュランダルとのマイル王決戦、是非実現して欲しいものです。しかし、まずは初の GI タイトルにやっと手が届いたツルマルボーイの健闘を心から祝福したいと思います。

 さて、今回の馬券は、テレグノシス( 2 着)、マイソールサウンド( 15 着)、ウィンラディウス( 14 着)、ローエングリン( 5 着)、バランスオブゲーム( 3 着)のボックスが本戦だったのですが、これはあえなく撃沈。しかし…押さえでツルマルボーイ、穴でメイショウボーラーから本線五頭に三連複一頭流し!と言うわけで…

今年初勝利達成!

 しかもこれが万券!(ほぼ二年ぶり。 100 円しか買ってませんでしたが…(^^;> )
 春の完全敗退はこれで回避。いやめでたい(^O^)
 さぁ春のラストは宝塚記念。今年は豪華メンバーが予想されます。勝って締めるぞ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

'04 GI 第九戦 「安田記念」

 最内に入ったファインモーションが、ポーンとでてしまえば、それを追ってローエングリン、メイショウボーラー、メジロマイヤーといきたい馬は目白押し。外国馬のアイランドファッションもいく馬らしいですから、前は激しくなりそうです。
 そう言う展開が予想される中、それを見ながら内を回って前へ行けるマイソールサウンド、ちょうど真ん中、内外を見ながら位置を決められるテレグノシスと甲乙つけれませんでした。この二頭が並び立って本命です。
 そう言うわけで対抗としてあげるのはウィンラディウス。京王杯 SC は確かに強かった。穴らしい穴がないのが魅力。

以下、優先順位順で、
ローエングリン
 去年、アグネスデジタルのレコード駆けに屈したものの去年からの能力落ちは見られず、そうなれば混戦模様の今年なら目がある。ただ前が込みそうなのがほぼ唯一の不安要素。

バランスオブゲーム
 全戦で 5.2.0.8 、左回り 3.0.0.2 、右回り 1.2.0.6 で、左回りで負けたのは、おそらく距離が長すぎた三歳時のダービーとゴール前で致命的な不利を受けた昨年の金鯱賞のみ、しかも使いべりするのか鉄砲、二走目に良績がやや集中しています。やや外になった枠順が気になりますが、その他の条件はベストか?

ツルマルボーイ
 左回りの東京コース。確かに条件はこの馬にとっていいですが、やや外枠になった枠順とやはり 1600m と言う距離は短すぎるかと思います。ですが、実績はもちろん能力も見劣りしません。来ても何ら不思議はないです。

メイショウボーラー
 NHK マイルカップで 1'33''6 。今回は 3kg 減って 54kg で古馬とは 4kg 差。机上の計算ではペース次第で十分届く範囲です。まだ、 3 着以下には敗れたことはなく、抜けた存在のいない今回の安田記念であれば、淡々と自分ペースさえ守れば十分勝負になると思います。

 ここまでで勝負です。上位五頭のボックスが勝負馬券です。
 ブリンカーつけて化けそうなユートピアと、やっぱりファインモーションが気になりますが、今回はすっぱり切ります。

 さて春ラスト二戦!全敗は避けたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東京マイル混戦模様

 去年の最優秀短距離馬、高松宮記念二着の大本命 デュランダルの回避で、本命不在の混戦模様となった今年の安田記念。それでも今年の京王杯 SC 馬ウィンラディウス、昨年のマイル CS 二着、阪神牝馬 S 優勝で復活の兆しを見せる女傑ファインモーションが一番人気を争うと思われますが、そう堅くは決まらないような気がします。
 現時点の本命候補は以下の二頭です。

テレグノシス
 去年は主戦の勝浦 騎手が騎乗停止、馬場が渋って極端に不利になった外枠で、まったく見せ場がありませんでしたが、東京コース 4.2.0.2 と右と左では明らかに別の馬。晴れの良馬場であれば…

マイソールサウンド
 マイル路線に変更してからこの距離の重賞二勝と実力は証明されているでしょう。馬場が渋ってタフなレース展開が予想される場合はこちらか?

 上記以外の連対候補としては優先順位順で以下の馬を考えています。

ウィンラディウス
 京王杯 SC の内容は十分に評価しています。

ローエングリン
 前が激しくなることは想定できますが、それでも前残りできるのはこの馬か?

ツルマルボーイ
 ダンスインザダーク産駒でマイルはどうかと思いますが東京コースなら…

メイショウボーラー
 57kg で 1'33''6 。54kg なら…机上の計算では太刀打ちできるはず。

ファインモーション
 弱いとは思ってませんが、たった一回の左回り経験が去年の毎日王冠。あれではちょっと…

バランスオブゲーム
 条件的に適正は上位ですが GI となるといまいちの実績がちょっと…ただこの馬もおそらくサウスポー。

ユートピア
 ブリンカーをするそうです。化けたりして。

外国馬二頭
 現時点でどちらが怖いかというとアイランドファッション。

 以上の中から絞っていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »