« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

JRA Golden Jubilee Serise

 一週間、たった 1R を考えあぐねて、負け越しているというのに、今週は日曜日に GI が 2R も組まれています。
 毎年毎年、難しいジャパンカップですが、今年はターフとダート、全く質の違う難しさです。

ジャパンカップ
 まずはターフ。
 古馬陣では、ペリエ騎手騎乗のゼンノロブロイ!と言いたいところですが、この馬は 2000m を超えると詰めの甘さが目立ちます。鞍上がどこまでその甘さを解消できるか?
 もう一頭はナリタセンチュリー。この馬もまずは良馬場が条件になりますが、決め手はゼンノロブロイの上を行きます。本命候補。
 あとは三歳勢に注目。菊花賞と違って東京 2400m となれば、
コスモバルク
ハイアーゲーム
ハーツクライ

に期待します。古馬と実力差がさほどないのでは…と思えるので、マイルチャンピオンシップと違って斥量差 2kg はおいしい。
 外国馬で怖そうなのは、若き世界の名伯楽エイダン・オブライエン師が送り出すパワーズコートと、ポリシーメイカーリュヌドールの二頭のフランス勢。

ジャパンカップダート
 こちらはターフと違って、不動の大本命アドマイヤドンがいますが、その他が全く?
 外国勢ではトータルインパクトヴォルテクスに注目。

 有馬に向けて連勝街道を突っ走る!

| | コメント (0) | トラックバック (5)

一刀両断

 パドックでやはり一番気になったのは、ダンスインザムードの馬体重。462kg と走れる身体つき。一方、もう一頭気になっていたアドマイヤマックスは +10kg 。これで迷いは消えた。
 いざスタート。
 本線に加えたラクティが大きく出遅れた。この出遅れを取り戻そうと躍起になって加速していく…これでラクティは終わった。
 その他に関しては予想通りの展開。ギャラントアローが引っ張り、メイショウボーラーが外からこれを追う。追いすがってきたラクティのやや後ろの外、ダンスインザムード、更に後方にファインモーション、最後方にテレグノシス、そして大本命デュランダルとマイネルソロモン。
 想像と違ったのは、縦長の展開にならなかったこと。坂の頂上まで使ってゆっくりデュランダルがファインモーションの外までつけ、隊列は五~六馬身の圏内に縮まった。
 最終コーナーを回って、先頭のギャラントアローに並びかけて、楽にかわしたメイショウボーラーから一馬身から二馬身後方、三番手以下は横に大きく広がり横一線。ファインモーションは内に切れ込み、デュランダルはいつもの大外へ…これが勝負を分けた。
 内に入ったファインモーションは前が壁になり、更に内に進路をとると、今度は前をカットされ加速できない。一方、デュランダルは、ダンスインザムードのすぐ後ろで加速を始める。
 決まった。
 そう思った。しかし、先に追い出し始めていたダンスインザムードが一瞬、デュランダルをつき離した。
 まさか?
 しかし、そう思ったのもその一瞬だけだった。

 一刀両断

 今年一年、見せ場がなかった名剣の一振りが淀のターフを見事に切り裂いた。

 終わって見れば、三着にテレグノシスが入り、出走していた GI ホース五頭の内、三頭で決まるという考え方によっては、非常に堅い結着でした。
 個人的にも三着のテレグノシスを押さえて、取って損ではありますが一応勝利。これで今年の古馬の芝短距離 GI は四戦三勝、内万券二回という結果。これには満足。
 これで風向きは変えた。残り五戦で年間収支をひっくり返す!

| | コメント (5) | トラックバック (1)

'04 GI 第十六戦 「マイルチャンピオンシップ」

 本命デュランダル、対抗ファインモーションを中心視します。
 去年のマイルチャンピオンシップ出走組をはじめとする古馬マイル路線組は、去年から大きく勢力図が変わった印象はありません。
 従って本線五頭には、国内古馬以外の以下の三頭を加えます。

ラクティ
 過去の経験から、マイルなど短距離戦に参戦してくる「危険な外国馬」というのは、
・距離適性が広く、曲ったことがある
・母国において現在進行形で強い馬が主戦騎手を伴って乗り込んでくる
・来日後も時計を出し、走る気で出走してきている
という三つの条件をクリアしていることが多く、本馬もこれに該当します。戦績から言っても、コンディションさえ本物ならタイトルを持っていかれる可能性まで考慮する必要があるでしょう。

メイショウボーラー
 秋初戦、逃げを基本としていた馬が控えて、結果、三着。先着を許した馬は二頭とも夏場から使われていた馬で、その差タイム差なしの僅かクビ。本質はスプリンターではないかと思いますが、スワン S のように控える競馬ができるならマイルは十分守備範囲。NHK マイルで時計勝負に対応できることも証明済。

ダンスインザムード
 絶対条件は 460kg 台で出走してくること。であれば、古馬と力量差がないことは天皇賞(秋)で証明済。中一週・中二週のきついローテーションに関しては、目を瞑ります。

 押さえは、テレグノシスとします。
 能力が一級品だと言うことは認めますが、やはり右回りだと今ひとつ信用できません。乗り変わりが横山(典) 騎手と言うのがどうも一点引っかかって、同じく右回りが?のアドマイヤマックスと悩んだあげくこっちをとりました。

 最後に穴でマイネルソロモンです。
 これもマイソールサウンドと迷いましたが、今回のマイルチャンピオンシップはギャラントアローが引っ張り、メイショウボーラー、ダンスインザムードが追うハイペースになる可能性が高いと踏んでいて、持ち時計を勘案してこちらにしました。ためれば 33 秒台の脚が使えるのも魅力。

 上位五頭で堅いと思っているのですが、連敗中なのでこのへんにしておきます。とにかく、ここで風向きを変えて、来週の JC 連戦に向かいたいところ…

| | コメント (0) | トラックバック (2)

本命不動

 今週は秋のマイル王決定戦マイルチャンピオンシップです。
 既に現時点で本命は当確、デュランダルです。実績、距離適性、臨戦体勢に関して、全く隙がないように思えます。あとは最終の追い切りで異常がなく、天候が崩れず、不利さえなければ…
 対抗は昨年の二着馬女傑ファインモーション。今年も右回りに関してはパーフェクト連対、早い流れになるマイルなら折り合いの心配も小さいと思われます。
 以下、現時点で気になる馬を挙げておきます。

ダンスインザムード
 ただし、馬体重は 460kg 台で出てくることが条件です。

メイショウボーラー
 休み明けのスワン S の内容は秀一。上積みも望めそう。

ラクティ
 どの程度走る気でくるかにもよりますが要注意。

ユートピア
 ブリンカーをつけてからの安定感を買います。

サクラプレジデント
 天皇賞(秋)の結果をどうみるか?能力上位は疑いなし。

テレグノシス
 右回りだと別の馬なので…

アドマイヤマックス
 この馬も右回りはどうでしょう?

 今回は、数えるほどしか当てたことのない天皇賞(秋)、女王杯と違って、昔は結構当てたマイル CS 。ここらで運気を変える!

| | コメント (0) | トラックバック (6)

たった一つの読み違い

 晴天とはいかなかったが、京都の芝は良馬場。
 そうなると気になるのは、三歳馬の二頭レクレドールとヤマニンアラバスタ。しかし、パドックで確認すると、レクレドールは -2kg 、ヤマニンアラバスタは -4kg と見た目通り明らかに細い。予想に変更は必要はなさそうだ。

 スタートが切られると、大方の予想通りメイショウバトラーが逃げる展開。離して逃げるメイショウバトラーを追うのは押さえて折り合うオオスミハルカ。好位でスティルインラブ、その後ろにアドマイヤグルーヴ、エルノヴァ。最後方からまたゲート難を出したスイープトウショウ。
 京都の上り坂に向かって、縦長だった隊列が徐々に徐々に詰まっていく。ペースは 1000m 通過が 1 分くらいと言う平均ペースか少し遅いくらい。先頭を走るメイショウバトラーの手応えもよく見える。しかし、隊列は火のついた導火線のようにじりじりと縮まって、最終コーナーを回って爆発した。
 内外大きく広がった隊列の先頭メイショウバトラーに直線に向いてオオスミハルカが並びかける。手応えのよく坂を下ってきた見えたメイショウバトラーを難なくかわしたところで、後続との差は二、三馬身。
 後ろは力尽きたメイショウバトラーだけでも何とか飲み込めるかと言うくらいの勢いしかない。しかも、先頭のオオスミハルカは失速しそうもない。
 決まるか!?と思った瞬間、馬場の真ん中一頭だけ後続の集団から抜け出し、オオスミハルカに襲いかかってきた昨年の女王アドマイヤグルーヴが、何とか半馬身かわしたところがゴール。それはまさに一瞬の出来事だった。

 ゴールした瞬間、その勝負のきわどさを象徴したようにオオスミハルカの鞍上 川島 騎手が何とも口惜しそうに頭を垂れたシーンが印象的でした。
 結果、一着から五着まで馬券対象に入ってなかったのは、このオオスミハルカだけ。これがたった一つの、しかし大きな大きな読み違いでした。
 府中牝馬 S 、直線で何とかメイショウバトラーを捕まえた、そう見えました。あれがぎりぎりの脚で、距離が伸びればあの脚は使えない、そう思ってオオスミハルカではなく距離の融通の利きそうなメイショウバトラーを選択しました。そうではなく、あのレースのとらえ方は、二番手に控えて、最後の直線にあの脚を残せた、気性の成長ととるべきだった。だからこそ、今回の 2200m にも対応できたのでしょう。

 まだまだ競馬は奥が深い。そのことを噛みしめた女王杯でした。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

'04 GI 第十五戦 「エリザベス女王杯」

 古馬にこのレースが開放されてから波乱の傾向が小さくなっていることも含めて、昨年の女王、昨年の三冠牝馬、今年の秋華賞馬を、能力、実績を素直に受けとめれば、中心視せざるえないでしょう。
 本命は スティルインラブにしました。
 今年に入って未勝利どころか、連対すらなく、春の戦績からは上積みに関しても過度の期待は禁物だと思いますが、ローテーション、距離適性、気性、過去の実績を考えると中心三頭の中では最も安全と思えるという非常にネガティブな理由での本命です。
 次点の対抗に スイープトウショウ
 この馬に関しては京都無敗という最大の加点要素がありますが、逆に最大の減点要素として、他の二頭と比較すると同世代同士ならともかく、古馬との対戦となると距離適性に不安を抱かざる得ません。中三週とは言え、秋三走目で秋華賞以上のパフォーマンスを求めるのも酷で、本命には押せません。
 最後に アドマイヤグルーヴ
 最大の減点要素は、天皇賞(秋)から中一週というローテーション。加えて気性の問題も、この馬に関しては常にマイナス要素になる、個人的にはいわゆる「あてにできない馬」と考えています。

 以上の上位三頭で決まっても仕方がないと考えますが、どうしてもポジティブな理由での選定ではないので、当然ながら波乱があることが前提とした予想を行いました。
 本線五頭に加える残り二頭は以下のとおり。

エルノヴァ
 距離適性は出走馬中随一。問題は上位 GI 馬との力関係ですが、今回は距離が伸びることを前提として、対スティルインラブとの実戦となった府中牝馬 S の内容をみると太刀打ち可能と判断します。なんと言ってもペリエ騎手を迎えた藤沢(和)厩舎の管理馬を GI で無視するのは危険というより無謀。

メイショウバトラー
 今回、荒れるパターンとして最も考えやすいのは前残り。2200m という距離を考えると怖いのは、ローテーションが詰ったポン駆け女王オオスミハルカよりこちら。オオスミハルカは、1800m 以上になるとぱたっと止まる傾向にある上に、おそらく穴人気すると思われるので手は出せません。

 穴にエリモピクシーを置きます。
 派手な戦績こそないですが、オープン特別だろうが重賞だろうが、牝馬限定だろうが牡馬相手だろうが、春からこっち掲示板を外していません。決め手がないともとれますが、荒れるパターンとして、こういう「相手なり」走る人気薄が絡むというのは良くあること。要注意。

 最後の一頭、大穴に仏国馬ウォートルベリー
 この馬に関しては、パンパンの良馬場での超高速結着になった場合は御用がないかと思いますが、どうも京都は週末、天気がよろしくなさそうという週間予報を見て穴に見ていました。 1600 ~ 2400m でのレース経験があり、 GII 二勝、何より七勝中六勝が稍重以下のレースでのものという道悪の鬼。しかし、明日の京都、天気がよさそう…

 穴二頭は、それぞれ比較的馬場コンディションが良かったときと、想像以上に悪くなった場合の押さえですので、はまることは恐らくないでしょう。
 最後に三歳馬レクレドールは、過去エリザベス女王杯で連対した三歳馬は全て三冠レースで連対経験があるという条件から外れる他に、鞍上が折角、戻ってくると思われた安藤 騎手が入院で再び乗り変わりという運のなさがどうしても気になり、現時点では切りましたが、あまりにも明日天気が良ければ、ウォールトベリーと入れ替えも考えています。
 同じく三歳馬ヤマニンアラバスタですが、今回は舞台が京都ということ、また競馬雑誌の写真で腹回りが切れ上がって非常に細く見えたことが気になり、今回はパス。

 以上。ここらあたりで止めるぞ連敗!!

| | コメント (0) | トラックバック (10)

真・女王決定戦

 一昨年の女王ファインモーションの回避は少々残念ですが、役者は十分に揃いました。注目は当然、以下の三頭が中心だと思いますが、各々不安要素を抱えていることも否定できません。

スティルインラブ
 今年に入って未だ勝ち星なし、連対すらなし。前が止まらない展開で 57Kg を背負っていたとは言え、府中牝馬 S も迫力不足の否めないパフォーマンス。

アドマイヤグルーヴ
 天皇賞(秋)三着とは言え、近年の三歳馬の台頭は秋華賞から中二週になったからという事実を考えても、中一週のローテーションで不安がないはずはない。

スイープトウショウ
 京都不敗、秋華賞のパフォーマンス、オークス二着の実績があるとは言え、スローの直線一発勝負になるオークスと違って、スローになるとは限らない 2200m の距離はやはり不安材料。

 波乱の続く今年の秋の GI シリーズですが、今回もその要素は多分にありと見ます。ということで
エルノヴァ
メイショウバトラー
レクレドール
ヤマニンアラバスタ
オオスミコスモ

に注目。

 また今年も外国馬の参戦があるので、これも要注意です。女王杯も面白くなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

惨敗…そしてわかったこと

 雨は止んだ。馬場は稍重。
 スタートは乱れることなく、各馬思い思いの位置を確保し隊列が形作られる。最後方からテレグノシス、ヒシミラクル、ツルマルボーイ、先頭はポーンとでたシェルゲームの外からハナを叩いたローエングリンが引っ張る、二番手以下から後方のツルマルボーイまではまさに一団、安田記念が思い出されるような展開。出入りは全くなく大欅の向こうを回って最終コーナーから直線を向く。
 先頭はローエングリン、その直後に今回は折り合って先頭集団につけていたダンスインザムードで、直線を向くと馬群が横に一気に広がる。内からするするとアドマイヤグルーヴが先頭集団の後方につけ、代わりに徐々にローエングリンが脱落していく。しかし、アドマイヤグルーブは先頭に出ることはできず、徐々に抜け出すダンスインザムードに、馬場の真ん中ゼンノロブロイがペリエ騎手の檄に応えてぐいぐいと差を詰めてくる。
 切れるという勢いではない。しかし、ぐいぐいと一完歩ごとに確実にダンスインザムードとの差を詰めるゼンノロブロイ。さらに後ろからは団子になった後方集団の中から目の覚めるような脚でツルマルボーイとナリタセンチュリー。
 しかし、抜けたのはゼンノロブロイ、最終コーナーで大外に振られたテレグノシスは馬群に沈み、ツルマルボーイ十八番の末脚はアドマイヤグルーヴにも届かなかった。

 まさか牝馬が二頭とも馬券に絡むとは…ゴール前は悪夢を見ているようでした。
 本命不在で、完全に割れた人気が示すように実力差は紙一重、各馬が各々自分の競馬に徹するレース展開。その実力差を見極められなかったことが最大の敗因でしょうが、混戦と読んで馬場状態も想像できる範囲内であったにもかかわらず、脚質と展開を軽視したことは反省してます。

 しかし、言い訳できないほどの惨敗でも、得られるものはありました。
 まずは、ダンスインザムードはやはり強いということ。
 今回は -8kg の 466kg で少々細く見えましたが、細く見えるときの方が走る馬は実際いるもので、この馬もこのタイプのようです。そして、走れる体勢であれば、現時点で牡馬の一線級を向こうに回しても十分に通用する。精神面も含めてもっとたくましくなると、とんでもない馬になりそうな予感がします。
 次にナリタセンチュリーの強さは本物だと言うこと。
 中団以下に控えた組は、前が止まらなかったこと、馬場が緩かったことも併せて、ツルマルボーイとこの馬以外は全滅。戦前から「跳びの大きい馬なのでできれば良馬場で…」と陣営がコメントしていたほど苦手な馬場状態だったにもかかわらず、あれだけの脚が使えるのですから、ゼンノロブロイを含めて、この馬より前にいた馬には JC は距離が長いと思われるので、この馬のあの脚を記憶に刻んでおく必要があるでしょう。

 さて来週は GI シーズンの中休み、一週おいて次回はエリザベス女王杯です。登録馬を見ていると、これも混戦模様です。今回の教訓を生かすことができるよう、じっくり頭を冷やしてから臨みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »