« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

あけましておめでとうございます

 年が明け、中山・京都で金杯も行なわれ、いよいよ今週の京都のメインレースはシンザン記念となり、春のクラシックに向けた戦いの幕が開きます。
 年明けの挨拶代わりに、今年の主役候補となる馬達が戦った去年の二歳戦についての雑感をまとめておきます。
 まずは今年は牡馬よりレベルが高いと言われる牝馬から。
 その中でも阪神 JF 上位組、ショウナンパントルアンブロワーズラインクラフトに注目しない訳にはいかないでしょう。この中でも特に、函館以来で一気の距離延長でも見せ場十分だったアンブロワーズの強さが、個人的には印象に残っています。
 これに対して、まだ新馬戦を勝ち上がったばかりですが、あのキングカメハメハの全妹レースパイロットとの力関係が非常に気になります。
 あとは桜花賞戦線では目立たないかもしれませんが、距離が伸びるオークスまで視野に入れるとリヴァプールあたりにも注目しています。
 ここまで挙げた馬だけでも壁としては相当に厚いような気がします。まとめて負かすほどの逸材が登場してくるかどうかも楽しみなところです。

 対して牡馬の方ですが、それでも役者は揃いつつあります。
 しかし、朝日杯 FS 組マイネルレコルトストーミーカフェペールギュント、ラジオたんぱ杯組ヴァーミリアンローゼンクロイツと、徹底的というほどの実力差は今のところ感じません。
 個人的にはサムライハートの新馬戦はかなりインパクトが強かったのですが、残念ながら骨折で戦列を離れることを余儀なくされ、また新馬を勝ったばかりのディープインパクトに関しても、確かに勝ち方は派手でしたが、全兄ブラックタイドの前例があるだけにまだまだ全幅の信頼は置けません。
 主役の座はまだ空席…それだけに春までの戦いは、牡馬戦線の方が目を離せないと言えるでしょう。

 去年のクラシックは役者多彩で非常にハイレベルでしたが、今年も熱いクラシック戦線を期待したいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »