« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

運命の日

 あの大王を最後まで追いつめた少年は、今もその背中を追い続けていたのかもしれない。あのときの少年は既に青年となったが、少し不器用にだけれども、まだがむしゃらに頂上を目指し走り続けていた。
 この世界に、一年前、もう一人の少年が現れた。その「空を飛ぶ」ように走る少年は、同じ世代の少年達を圧倒し、たった一年で三つの冠を手に入れ、いつしか天才とか、怪物などと称されるようになっていた。
 そして、この国の頂点を前に、少年の心を持った青年と、天才と呼ばれる少年がついに相まみえた…

 無敗四冠…日本競馬史上ただの一頭も達成したことのない快挙に、史上二頭目の無敗の三冠馬、ディープインパクトが挑む。
 混乱のないスムーズなスタート直後、タップダンスシチーが押して引っ張る隊列の一番後ろ、ディープインパクトは指定席に悠々と付けた。外からオオスミハルカも先頭を争うが、タップダンスシチーは譲らない。スタンド前の直線を向く頃には大方の隊列は決まっていたが、ここでなんとハーツクライは三番手、先頭を見据えて折り合って進んでいた。
 そのままバックストレッチに向かい、一番後ろに付けていたディープインパクトは行く気に任せて外目を通ってポジションをゆっくりと上げていく。
 そしてスタンドが一気に湧いた。ディープインパクトが動いた。
 最終コーナー手前で、既に先頭集団の直後につけ、前を走る馬がつくる壁のちょうどきっちり一頭分外に出て直線を向く。

「決まった」
 この瞬間に無敗四冠を確信した。しかし、テレビ画面に映し出されるディープインパクトは、その確信が描き出した映像とは微妙に違っていた。しかもその差異は、ゴールが近づくにつれ加速度的に大きくなる。
 ディープインパクトは前を走っていた馬を交わしていく。が、いつものようにあっという間ではない。スタンドがざわめき始める。
 ハーツクライが満を持して追い始める。そして、あっという間に先頭に立つ。
 ディープインパクトは追う。しかし、スタンドのざわめきはいつしか寄り集まって、悲鳴すら入り交じり異様な歓声にとなった。
「飛ばなかった」
主戦の鞍上 武 豊 騎手がレース後にコメントしたように、追うディープとハーツの差はじわじわとしか縮まらず、半馬身となったところがゴールだった。

 三度目の騎乗、ハーツクライの鞍上 クリストフ・ルメール 騎手の拳が、天を突き崩さんばかりに力強く突き上げられた。

 ショックから立ち直るのに時間がかかりました。
 ディープインパクトが負けた日。ハーツクライが勝った日。まさに運命の日だったように思います。
 レース後、武 豊 騎手が「飛ばなかった」と発言していたことが気になりましたが、どうやらディープインパクトに異常はなかったようです。このまま厩舎に残って調整を続け、一戦して天皇賞(春)を目指すとのこと。
 一方、ハーツクライはとうとう GI に手が届きました。ずっと応援してきた馬なので嬉しいことは嬉しいのですが、諸手を挙げられないのはどうも奇襲で勝ったようなイメージになってしまったのが原因だと思います。ただ、事実としてディープは他の古馬は一蹴して見せ、その上でハーツはその前を走っていた訳ですから、この結果が現時点での真実なのでしょう。
 ハーツクライも、来年は天皇賞(春)に出走するそうです。しかし、ディープインパクトともどもベストディスタンスとは言いづらい舞台なので、できれば夏のグランプリ「宝塚記念」で今一度、力勝負を見たい気がします。
# ハーツはキングジョージを視野に入れるそうなんで実現するかは微妙ですが…

 無人の野を行くディープインパクトを見続けるより、やはりライバルはいた方がいい。それがハーツクライなら…来年もおもしろい競馬が見られそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

'05 JRA GI Series XXI "THE ARIMA KINEN (GRAND PRIX)"

 勝つのはディープインパクトでしょう。
 普通に考えて、菊花賞を見ると前半かかってラスト 33 秒台の脚を使えるスタミナ、瞬発力、また三冠レースでベストパフォーマンスと思えたのがダービーで、たった 100m しか距離の違わない 2500m はベストとは言わずとも距離適正の範囲内でしょう。それでいて、レースを経る毎にスタートは良くなっていて、出遅れると不利なはずの中山で二戦負けなし。おまけに三歳馬なので斥量は 55kg 。アクシデント以外で負ける要素はどこにもないような気がします。
 素直に二着探しです。

 しかしながら、対抗をゼンノロブロイではまったくつかないと思われる上、去年もゼンノロブロイを本命にはしなかったのですが、この馬に 2500m と言う距離は長すぎます。事実、ぎりぎりの勝負となった前走の JC では競り落とされています。
 では、ゼンノロブロイをかわせる馬は…と探してみると、これがゼンノロブロイが今年負けたレースを考えてみると意外にすんなり出てきます。
 超スローの直線勝負になった天皇賞(秋)は除外すると、宝塚記念ではスイープトウショウ、ハーツクライ、JC でハーツクライと共通点は四歳馬であること。今年に入って、五歳馬以上の古馬には遅れをとっていませんし、除外した天皇賞(秋)で先着を許したヘブンリーロマンスとは初顔合わせだった気がしますし、JC では先着しています。
 と言うわけで、対抗候補を四歳馬に絞って、対抗はデルタブルースです。まずは GI ホースですし、叩き良化型ですから三戦目であればまだ良化は望めます。しかも鞍上は四連覇を狙うペリエ 騎手。去年はもっともゼンノロブロイに迫った三歳馬であったわけですし、また前々で競馬ができてしつこく伸びる脚が使えるのは魅力。唯一の死角はアルゼンチン共和国杯から日程が詰まりすぎている上に、前走が 3600m のステイヤーズ S 。消耗が心配ですが、死角と思えるのはこれだけです。

 次に単穴はスズカマンボ
 この馬も GI ホースです。天皇賞(秋)はペースに泣かされ、 JC は枠に泣かされたようなレースでした。今回はペースもよどみなく流れそうですし、枠順もいいところを引きました。一応、今年、天皇賞(秋)、 JC と印を売った馬なので、見放した途端来られるといやなので押さえます。

 今回は、ディープインパクトから馬単、折り返しなしで絞りますので、次が最後の一点です。これは当然ながらハーツクライです。今年、すでに二回、ゼンノロブロイを力でかわしているわけですから押さえないわけにはいきません。中山コースと言うことが嫌われているようですが、実は死角はそれだけ。この馬の場合、ディープインパクトより前で競馬ができそうにないので来たとしても二着でしょう。安心です。

 本線はディープインパクトから上記の三頭へ馬単、折り返しなしでいきますが、余った小銭で三連単を狙います。その三着候補には、なんだかんだ言ってゼンノロブロイと、大穴候補の四歳馬で、鞍上が五十嵐 冬樹 騎手に一年ぶりに戻って復活すれば怖いコスモバルクと、2500m ならレコード勝負にも対応できるオペラシチーまでで勝負です。

 あとは、日曜日の 15:25 を待つばかり。。。
 無敗四冠、日本最強馬誕生が拝めて、欲を言えば、今年最後の GI を勝って締められれば…最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

最終決戦!!

 とうとう今年も有馬記念の日がやってきます。
 おそらくは今年、無敗三冠を達成したディープインパクトに人気は集中するものと思われます。
 普通に考えれば、長丁場レースの半分をかかって行って、ラスト 33 秒台の脚が使えるなど、常識の範疇にいる馬ではないですから、アクシデントなどがない限り勝つのはこの馬でしょう。
 現状、年間収支がマイナスの状況下で、いつものとおり三連複で手を広げて、前年覇者ゼンノロブロイに三着までに入られると目もあてられません。
 その前年覇者ゼンノロブロイですが、去年の卒のなさはどこへやら、今年は勝ち星のないまま有馬を迎えることになりました。
 秋だけを見ても、完全に末脚だけの勝負になった天皇賞(秋)はひとまず置いておいて、個人的にはこの馬には長いと思っていた東京 2400m の JC でぎりぎりの勝負をしいられ、かつ外国馬だけではなく、四歳の日本馬にも後ろから差された上、三着に敗れています。今回、中山の 2500m なら十分につけいる隙はありそうです。
 という訳で、おそらくディープインパクトから馬単で絞って、多くて三点くらいまでで勝負したいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

やっぱりが二つ、驚きが二つ…

 想定内の展開だった。
 スピードの違いでフサイチリシャールが、先頭に並びかけん勢いで二番手につける。一番人気を背負ったジャリスコライトは先頭集団の中につけ、ショウナンタキオンは出負け気味に後方となり最内で脚を溜める。
 最終コーナーでフサイチリシャールはゆっくり先頭に並びかけ、その直後、外からジャリスコライトがせまる。内でしかけたダイヤモンドヘッドの真後ろでショウナンタキオンは内が開く瞬間を狙っている。
 直線を向いて最初に飛び出したのはフサイチリシャール。ジャリスコライトも追おうとするが、これが意外に伸びない。
 ダイヤモンドヘッドが直線に入ってすぐに力つき、その後ろにつけていたショウナンタキオンは外に出して追い始めるが、すぐに加速を始めない。何やらバランスを崩したり、手前を変えようとしたり、もぞもぞして反応が悪い。
 フサイチリシャールがあっさりか…と思ったその瞬間、やっと加速を始めたショウナンタキオンの外、映画の特殊効果のように一頭だけスローモーションの映像の中を、超高速で先頭に迫ってくる。
 スーパーホーネットが捕まえる!
 勢いからすれば、そう確信するに足る脚だった。しかし、わずかの差でフサイチリシャール。きわどい勝負だった…傍目から見ればそう思うのだが、鞍上の福永 佑一 騎手の表情には焦りのあとなど微塵もなかった。

 やっぱりと思ったことが二つ。
 ショウナンタキオンはやはりスタートで出遅れたこと。そして、ジャリスコライトの器用さは淡々とした流れでの力勝負では武器にならないと言うこと。二頭とも今回は残念でしたが、これから距離が伸びてどうかは興味があるところです。
 そして、驚いたことが二つ。
 一つは勝ったフサイチリシャールの力量とはこれほどのものかと思ったこと。2000m くらいは保つでしょう。クロフネの初年度産駒と言うことでこれからどういう成長を見せるかと言うことも含めて、これからが楽しみです。
 もう一つは最後の直線でのスーパーホーネットの脚。
 正直見くびってました。上位三頭と他馬ではレベルそのものが違うと思っていましたから…おそれいりました。
# ロドリゴデトリアーノの産駒だったんですね(個人的には気まぐれな馬の代名詞)。見落としてました。

 さてそのスーパーホーネットのおかげで、年間収支逆転はラスト有馬記念に懸けるしかなくなりました。一発勝負です。有馬まで一週間お休みおいて気力の充実を図っておきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

'05 JRA GI Series XX "THE ASAHI HAI FUTURITY STAKES"

 基本的に二歳 GI は、今後引退まで GI にご縁のない馬と、重賞戦線で常に顔を出す馬が一緒に走るわけですから、明らかなレベル差があることがほとんどです。
 今年の朝日杯は、前日ウォッズで上位を占めるジャリスコライト、フサイチリシャール、ショウナンタキオンは他馬と明らかにレベル差がありそうです。
 しかし、年間収支収支をひっくり返すためには、この三頭から三連複で手を広げると、危険率も増しますし、取って損という結果になりかねません。と言うわけで、予想を以下のようにまとめ、馬連で点数を極端に絞ります。

◎ ショウナンタキオン
○ ジャリスコライト
▲ フサイチリシャール
× ダイアモンドヘッド
× エムエスワールド

 自分の目を信じます。今年の二歳牡馬の中でもショウナンタキオンは相当な器だと感じます。休み明けだと行っても、調教技術の進歩もあり、特に二歳戦では三ヶ月の放牧があまり大きなハンデになるとは思いません。能力がそれを上回ってくれると信じます。
 対抗はジャリスコライト
 上位三頭をみると枠順も含めてもっとも穴が少ないように思います。ただペースが速く中山のマイル戦とは言えタフなレースになることの多い朝日杯で、器用だと言うことは認めますが、それ以上のインパクトがない気がするので対抗に止めました。
 フサイチリシャールは先手をスムーズにとれば 1600m をかなりな好タイムで走りきってしまう能力があると思います。ただ先行という脚質ゆえ、目標になる可能性が多分にあり、他の上位二頭が関東馬であることも考えると、ぎりぎりの一線で二戦連続関東への遠征というのはプラスになるとは思えません。
 ダイヤモンドヘッドエムエスワールドは、上位三頭以外にどうしても上げろと言われると気になる二頭です。当日の配当次第ですが、どちらかから上位三頭へ三連複を狙うかもしれません。

 基本はタキオンから二頭へどんと、タキオンは外して二頭を押さえ、もし配当次第で小銭ができれば三連複を少々で勝負です。
 田中 勝春 騎手の GI 連敗ストップとともに、個人的な年か収支逆転の目を有馬につなげたいと思います。祈願!

| | コメント (0) | トラックバック (6)

策を捨て…いざ勝負!

 道悪となっても外々を回って、しかも残り 1F 程度で五馬身突き抜けて新潟チャンプとなり、レベルが一つ違うと感じたショウナンタキオン、スピードに任せて先頭に立ち、更に直線でオンファイア以下を突き放してレコード駆けしたフサイチリシャール、確かにいちょう S では格の違いを見せつけたジャリスコライト。
 今年、これまで二歳戦を見てきて、おそらく朝日杯を制するのはこの三頭のいずれかであろうと考えるのが妥当だと思われます。
 しかし、これらから馬券を組み立てるには、相当絞らないと収支的に勝てそうにありません。
 年間収支逆転はあきらめません。いつもの三連複 BOX +αの戦略を捨てます。有馬記念を前に勝負はまずここ。集中です!

| | コメント (0) | トラックバック (5)

今年、二度目…痛恨

 五連勝で女王の座を狙うは一番人気アルーリングボイス、新馬戦を圧勝し、その大いなる可能性で戴冠を目指す二番人気フサイチパンドラ。
 しかし、レース直前から強くなりはじめた雨は、波乱の予兆ではなかったのか…
 二歳戦には珍らしいきれいなスタートのあとは、アサヒライジングがスピードの違いで先頭に立ち、澱みなく流れる縦長の展開。一番人気アルーリングボイスは、前にフサイチパンドラを見ながら後方に待機、その後ろに赤松賞勝ち二連勝中のアイスドール。
 多少は縮まったが、やや長目の隊列のまま最終コーナーに飛び込み、後方は横に広がった。
 先頭は依然、アサヒライジング。
 後方で馬群が広がった際、外からアイスドールに並びかけられて前が塞がり一旦下って更に外に持ち出したアルーリングボイスは完全に後手に回った。またフサイチパンドラはまだ中団より後ろ。
 残り 200m 手前でアサヒライジングがエイシンアモーレに捕まる。突き抜けるかとも思われたが、そのすぐ外から一団となってくらいついてきたのは、シークレットコード、テイエムプリキュア、更にその外、後ろからフサイチパンドラ。
 エイシンアモーレの伸びはゴール前 100m で止まった。くらいついてきた勢いそのままに突き抜けたのは無敗二連勝のテイエムプリキュア。
「根性比べなら負けない」
 まさにそのとおり、雨中の激戦を制した勝因は、重賞勝ちの勲章でも、新馬戦圧勝の才能でもなく、その鋼のハートだった。

「二連勝とは言え、何に勝ったのか?」という理由だけで、テイエムプリキュアを切っていた専門家がいましたが、この時期の二歳戦の相対評価って案外あてにならないことが多く、新馬、オープン特別とタイム的に優秀だったこの馬には注目していたのですが、結局 1600m の距離経験がないことを理由に押さえに回してしまいました。
 一方で二着のシークレットコードですが、偶然、新馬戦を見て「よくまぁこんな身体で…」と思ったほど明らかに太め残りで勝っていたので、絞れていたらと思ったら -18kg 。大穴には最適と思った訳です。
 はい、お見事縦目… 1600m はもたないだろうと敢えて切ったエイシンアモーレが三着で七着まで馬券圏内に収めながら…安田記念に続き今年、二度目…痛恨の三万馬券取り溢し… _(T-T)_
 今年も残りあと二戦。既に窮地を通り過ぎた気がしないでもないですが、大逆転を信じてがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

'05 JRA Series XIX "THE HANSHIN JUVENILLE FILLIES"

 五戦四勝二着一回、現在四連勝中で、その内容も、いって良し、差して良し、追い込んで良しと、過去の二年一番人気を背負ったスイープトウショウ、ラインクラフトと比較すると器用さを兼備し、スケールの大きさと言う面では劣るような気がしますが、三年前の覇者ピースオブワールドに比肩するほど堅いと思われるアルーリングボイス。しかし、鞍上は武 豊 騎手。。。できれば本命にしたくはありませんし、落ちれば大きいので不動の対抗として他に本命を探します。
 アルーリングボイスと同じく 1600m 以上の経験がない馬の中では、京王杯二歳 S で男馬を敵に回してハナ差三着したコイウタに魅力を感じますが、関東からの遠征、前走からのローテーションを加味すると本命にはきつい。これが単穴です。
 1600m 以上の距離経験がある馬を探すと、持ち時計一番アサヒライジングはコイウタと同じ関東からの遠征、1800m の新馬戦を圧勝している良血フサイチパンドラはどこまで行ってもまだ一勝馬…経験値が足りません。
 と言うわけで本命は赤松賞を買って二連勝中のアイスドール。少々穴っぽいのと大外枠がどうかと思いますが、前走は関東へ出向いての勝利と言う点を買います。

 次に押さえはエイシンアモーレかセントルイスガールかと思ったのですが、エイシンアモーレは休養明け初戦で、かつエイシンワシントン産駒では 1600m はどうかかと思いますし、セントルイスガールは 1400m の前走で底が割れたような気がしないでもないので、そこそこなタイムで新馬、オープンを連勝しながら完全に人気薄になっているテイエムプリキュアを狙います。
 最後に大穴。これはフサイチペガサス産駒、前走新馬戦 1600m をかなり余裕をもって勝ったシークレットコード
 と言うことでまとめると以下の通りになります。

◎ アイスドール
○ アルーリングボイス
▲ コイウタ
△ フサイチパンドラ
△ アサヒライジング
× テイエムプリキュア
× シークレットコード

 アルーリングボイスが飛んでとれればかなりつきそうな予感。。。年間収支逆転のためにも頼みましたぞ、武 豊 騎手 )*^O^*(

| | コメント (0) | トラックバック (7)

今年の一番人気は果たして…

 今週は、去年、一昨年と一番人気が連敗中の阪神ジュベナイルフィリーズです。
 今年の一番人気は 5 戦 4 勝、しかも四連勝中、鞍上は好調 武 豊 騎手のアルーリングボイスでしょう。
 これが落ちるか落ちないか?が、一つの争点ですが、今年の一番人気は去年、一昨年の一番人気と違って「器用さ」がありそうな感じがします。
 しかし、まぁ荒れる GI ですし、その他はまだドングリの背比べのような気もしますし、個人的に今年も収支的にやばいので大胆かつ慎重に、とりあえず有馬までには連敗を止めたい次第です(弱気 (_ _;> )。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »