« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

今年のクラシックははたして?

 フジ TV 系列で毎年、年明けの深夜に放送される GI 総集編、ご覧になりましたでしょうか?去年はほんとに一年、非常に素晴らしい競馬を見せてもらったと、危うく涙するとこでした。
 今年も素晴らしい年となりますかなと、昨年の二歳、今年のクラシックの主役、三歳馬の戦いを振り返っておこうと思います。

 まずは牝馬。
 阪神ジェベナイルフィリーズの段階で、抜けた存在かと思っていたアルーリングボイスが、見せ場なく敗れてしまい、その上、レースの結果、上位の着差があれであれば、現時点で抜けた存在はいないと言っても良いでしょう。
 これからヒロイン候補の出現も考えられますし、それも含めて春のトライアルはしっかり見ておかないと、クラシック本番で痛い目にあいそうです。
 個人的には、阪神 JF で一番人気を背負って敗れたアルーリングボイスがトライアルでどういったレースを見せるかが、当面の注目です。

 次に牡馬ですが、かろうじて二歳チャンプ フサイチリシャールが頭一つ、いやハナ差くらいかもしれません、抜けていてあとは上位が団子という状態ではないでしょうか。
 その中でも、たんぱ杯二歳ステークス勝ち、グラスワンダー産駒の大物サクラメガワンダーに個人的には期待しています。また共同通信杯に出走するショウナンタキオンも左回りに戻ってどうかは見極めておきたいところです。
 今週はジャリスコライトが京成杯で汚名返上を期して出陣してきますし、「超」のつくスローペースになった 2000m 戦をきっちり差し切って目下二連勝中のフサイチジャンクがどれほどの器か、今後の重賞戦線での上位組との対戦が楽しみです。それでもこの混戦状態をたち切れるほどの存在はまだいないと言うのが現状でしょう。

 昨年は名優と呼べる馬が、次々と引退しましたが、それでも古馬の頂点に立ってみせたハーツクライ、女帝スイープトウショウを筆頭として、去年のクラシック組、今年の四歳を含めた古馬戦線は非常に盛り上がりそうです。
 しかし、クラシックが盛り上がらなければ、やはり競馬は面白くありません。クラシックまであと三ヶ月となりましたが、ヒーロー、ヒロインの座は空席です。まだまだこれから、今年もまた台本などの存在が陳腐に思えるほどのドラマを見せて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »