« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

風のように…

 ペースが早くなることはある程度、予想できていたことだった。去年出遅れた鬱憤を晴らすような見事なスタートを内からユートピアが決め、外からディフェンディングチャンピオン・メイショウボーラーがこれを押さえて先頭に立つ。その更に外からトウショウギアがこれを追う。予想外だったことは、先行争いに加わると思われたアジュディミツオーがダッシュがつかず、後方に控えたことくらいだろう。
 マイル戦のため先頭集団がぐいぐい後続を放していくというほどではなかったが、それでもじわじわと放されていく二番手集団の先頭は二番人気シーキングザダイヤと結局、控えたユートピア、ブルーコンコルドやヴァーミリアンといった有力どころはその後ろを淡々と追走する。この集団の中団、全体からみると真ん中よりやや後ろの外で、若き王者カネヒキリはゆったりと折り合って進んでいた。
 最終コーナー入口で、二番手集団と先頭を行くメイショウボーラーとトウショウギアまで約五馬身。最終コーナーで二番手集団の馬群がぐっと縮まると、出口付近でその中からユートピア、シーキングザダイヤ、ブルーコンコルドが弾き出さたような勢いで、前二頭を捕まえにかかる。
 あっと言う間に捕まえると先頭は僅かにユートピアか?だが飛び出した勢いはブルーコンコルドが一番良かった。シーキングザダイヤも着実に伸びてくる。
 しかし、その三頭の熾烈な争いの外、満を持して伸びてきたのはカネヒキリ。前は内に三頭、外に一頭、後ろは伸びてこない。
 その中から残り 200m でブルーコンコルドの伸び脚が止まる。ユートピアも粘る、シーキングザダイヤは更に伸びようとする。
 しかし、外から一頭伸びてくるカネヒキリの脚は、別次元の脚だった。豪脚とか鬼脚とか呼ばれる脚とも違って、熱っぽさがない。まるで風のように…

 まさかこれほどの実力差があろうとは…やはりカネヒキリにとってもベストは 2100m ではなくマイルでした。そうでなくては、ジャパンカップのときがベストの状態ではなかったと言わざるえません。
 ドバイの高き壁は 2000m 。この馬がどのような結果を残すか楽しみになりました。
# 個人的には UAE ダービーに向かうフラムドパシオンの方が気になりますが…

 さて今年最初の GI は、ユートピアを検討対象にも入れていなかったということで、惨敗としておきます。
 例え調教が良くても(この馬の場合、調教の良し悪しは結果にさほど影響しないことが多い)、東京で実績がないということほぼ一点で切りましたが、マイル実績、脚質、鞍上と枠順を考えると押さえておくべきでした。一、二着が堅いと思っていただけに、今回の敗因はこれ一点。
 つくづく感じたのですが、昨今、ダート路線に矛先を向けてから連勝して駆け上がってくる馬はいますが、現状ダート路線で考えうるほぼベストという今回のようなメンバーが集まると、その勢いだけで突き抜けるというのは、相当に難しいのでしょう。そして、そういう実力差紙一重というメンバーが集まると、距離適性、枠順というものが、如何に大きなウェートを占めるのかということも思い知りました。
 日本のダート路線もそれだけレベルが上がってきたということでしょうか?それは嬉しいことですし、良い勉強をさせてもらったということにします。

 今年は黒星発進。締めてかかることにします。
 では次は高松宮記念でお会いしましょう (^-^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

'06 JRA GI RACE I /第二十三回 フェブラリーステークス

 今年、最初の GI フェブラリーステークスですが、東京マイルという舞台設定では、昨年の最優秀ダートホース カネヒキリが人気を集めるものだと思われます。
 父フジキセキ、母父デピュティミニスターと言う血統から、同じ東京でも 2100m より 1600m の方が適性が高そうです。ただし、ジャパンカップダートの結果から、古馬トップクラスとの差は僅かと判断します。その JC ダート以来という間隔のあいたローテーション、次にドバイを控えていると考えると、つけいる隙はあるとみます。

 本命は考えましたが、シーキングザダイヤとします。
 現時点でのカネヒキリとの実力差はほとんどなく、芝とはいえ、マイル重賞二勝と距離適性も引けはとりません。逆にカネヒキリは JC 以来ですから、順調に使われている点にも好感が持てます。超良血の初 GI 制覇、見せてもらいましょう。

 対抗は必然、昨年の最優秀ダートホース、カネヒキリです。弱点らしい弱点はローテーションくらいしか思いつきませんでした。馬券にならないことはまずないと思っていいと思います。

 以下、落鉄して土が付きましたがダートではまだ底の見えないヴァーミリアン、交流 GI 二連勝で鞍上は好調 内田 博幸 騎手で挑む地方の雄アジュディミツオー、たった三ヶ月で五連勝して GI に挑戦する上り馬タガノゲルニカまでが本線です。

 今回はメンバー的に大混戦の匂いがします。本線に選ばなかった馬の中から慎重に押さえ、大穴を選定します。

 まず押さえ候補から。

メイショウボーラー
リミットレスビット
ブルーコンコルド

 ここはリミットレスビットでいこうと思います。
 メイショウボーラーは 15 日にかなり派手に放馬したらしい上、最近一時の覇気を感じません。タイキシャトル産駒は一度スランプに落ちいると帰って来ないもしくは、復活に時間がかかる印象があるので評価を下げました。
 ブルーコンコルドは好調らしいのですが、やはりマイル以上の距離で勝ち星どころか連対経験もないのではやはり買えない。

 最後に大穴ですが、ここは当日のウォッズがあまりに下がりすぎるようならメイショウボーラーと考えますが、穴人気しそうなら、ここは一発タイキエニグマでいこうと思います。ダートに変わって重賞二連勝したリミットレスビットにばかり注目がいってるようですが、この馬も休み明けダート三連勝して、初重賞挑戦となった前走を出遅れながら追い込んで二着。出遅れ癖があるようですが、それさえなければ、ペースが速くなりそうな今回は決まってもおかしくないと思うんですよね…

 さて、こんなもんで今年初 GI にチャレンジです。自分のことながら今幸運を祈りたい気分です (^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ステップレースなんかで終わらない

 今週で東京/京都の第一回開催も終了し、いよいよ来週からは舞台が中山/阪神に戻り、いよいよ春本番などと、開催の移り変わりで季節を感じるなど末期症状だと思う今日この頃 (^^;>
 その前に今週は今年、最初の GI フェブラリーステークスが行なわれます。
 争点はカネヒキリでしょう。

 去年の最優秀ダートホースとは言え、古馬トップクラスのダートホースとはまだその差が僅かであることは JC ダートで証明してしまっています。今回はドバイを見据えてのステップレース…そんな考えで挑むと痛い目にあいそうな実力者、曲者を向こうに回して、はたして若き王者はその座を守れるか?
 去年圧勝劇を演じたメイショウボーラー、東京ダートだと張り切るシーキングザダイヤ、連勝街道を走る遅れてきた大物リミットレスビット、新星タガノゲルニカ、交流 GI 連勝で勢いの戻ってきたドバイを知る地方馬アジュディミツオー、前走二着とはいえまだ砂では底を見せていないヴァーミリアン、唯一砂のディープに土を付けた荒武者サンライズバッカスなど他にも注目すべき役者には事欠きません。
 去年の GI 屈指の名レース JC ダートよ、もう一度…ドバイへのステップレースなどではないことを証明して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »