« 2006年5月 | トップページ | 2006年9月 »

その答えを知りたい

 週間予報では雨が降るはずだった土曜日は降らず、その土曜日に確認した天気予報で夕方までもつはずだった日曜日の天気は雨…しかも、宝塚記念のスタートが近づくに従って、雨粒は大きくなっていった。
 まるでこれから始まるレースを前に、天すら興奮しているような空模様だった。

 悪化した馬場状態で、予想通り大外に回ったバランスオブゲームがハナをきる展開、向正面に差しかかるところで随分馬群は長くなっていた。
 バランスオブゲームをシルクフェイマスが追いかけるのを見ながら、その後ろにはシンガポールから国際 GI 勝ちの勲章を持ち帰ったコスモバルク、昨秋のマイル王ハットトリック、天皇賞二着のリンカーン、二年前の皐月賞馬ダイワメジャーなどがつけ、追い込み組もさほど離れずについて来ている。
 長くなる隊列の原因となっている少し離れた最後尾から二頭目、ここにディープインパクトはいた。

 外々を走って仕掛けるまでもなくゆっくりと前との距離を縮めていくディープインパクト。雨の中、京都競馬場に集まった観衆は食い入るようにその挙動に釘付けられ、歓声すら上げられないようだった。
 先頭を行くバランスオブゲームが、徐々に広げていた二番手との差を、最終コーナー手前で一気に広げて、抜群の手応えで直線を向く。歓声がわき立ったのはその直前だった。
 ディープインパクトが動いた。
 外から瞬時に二番手集団に取りついて見せ、直線を向く。良馬場この時点でディープインパクトの後ろにつけている組に勝ち目はない、先頭のバランスオブゲームとは確勝の差しかない。
 しかし、今回は雨が降りしきる中での重馬場。
 内々経済コースで絶好の位置にいたリンカーンは、その馬場に絡めとられもがくように沈んでいった。しかし、先頭を行くバランスオブゲームは、こういう悪条件で何度も波乱を起こしてきた名うての道悪巧者。
「一瞬夢を見た」
バランスオブゲームの鞍上 田中 勝春 騎手がレース後、そうコメントしたように、完全に波乱となるパターンだった。
 時代が悪かった…過去何度も敵となった陣取が口にした言葉である。
 しかも戦前、池江 寿 調教師は「名刀を持して、侍の心で…」とその心境を語ったように、真のゴールはまだ先にある戦いであっても、チーム・ディープインパクトに一寸たりとも隙などなかった。
 鞍上 武 豊 騎手の鞭が飛ぶ。これほどディープインパクトに対して、鞭を使ったシーンはこれまでなかった。
 重い馬場でいつものスピード感はないものの、それでも直線中場でバランスオブゲームを捕まえた。そこで鞍上は追う手を緩めた。
 それでも四馬身。ゴール前、寸前で後ろからバランスオブゲームを差し込んだナリタセンチュリーとの差は、それだけあった。
 五冠達成…

「ここ(宝塚)を勝って凱旋門賞」「だから負けることは許されない」
 かつてタップダンスシチーが開いて見せた扉を、また今年、ディープインパクトが開きました。この扉の先、ロンシャンまでの道のりも決して平坦ではないでしょう。
 しかし、もし無事に凱旋門賞の舞台に立ちさえすれば…日本生産馬、日本調教馬、日本人騎手、まさに Made in JAPAN が世界を制する瞬間がやってくるかもしれません。

「この馬より強い馬がいるのかなぁ…」
 その答を早く知りたいものです。
# 馬券は二着もリンカーンで固定してしまったため、見事に縦目を食らい敗退…やっぱりディープインパクトが走るレースは獲れない (T-T) …今年前半戦は惜敗という結果に…英気を養って後半戦がんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

'06 JRA GI RACE XI /第四十七回 宝塚記念

 週末は雨のはずが、今日土曜日が良い天気、明日の予報も京都競馬場地方は雨が降っても夕方以降。明日の宝塚記念で馬場が悪化することはなさそう。極端な道悪になればディープインパクトにも死角がとも思いましたが、時期的に梅雨であるはずなのに、 21 世紀の天馬に天候までも味方するのでしょうか?

 今年は武 豊 騎手騎乗馬は本命に押さないことをポリシーにしてましたが、欧州へ遠征するディープインパクトへの選別も含めて、今回だけ今年のポリシーを曲げます。
 本命はディープインパクトです。
 天皇賞(春)の結果から中距離路線組の勝負付けは終わっているでしょう。対抗はリンカーン
 単穴は明らかに距離が向かなかったトウカイカムカム、長休明けだったナリタセンチュリー、そして京都ならと言うことでアイポッパーハットトリックファストタテヤマ、押さえでコスモバルクまで。

 ただし肝はここ。

◎ ディープインパクト
○ リンカーン

 ディープインパクト一着固定、リンカーン二着、三着で、パドックをみて手を伸ばせるとこまで伸ばします。
 あとは元本割れしないように祈るのみです (-_-;>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

死角なし

 阪神競馬場の改修工事のため、今年は京都競馬場、外回りの 2200m で行なわれる、前半 GI 最終戦、夏のグランプリ「宝塚記念」が今週のメインです。しかし、天敵ディープインパクトの出陣です。
 長距離戦なら折り合いも欠けることもある、多頭数フルゲートならごちゃつくこともある、小回りなら展開一つでとりこぼすこともある、しかし、少頭数での広い京都の外回り 2200m ではケチのつけようがありません。
 これまでのディープインパクトのベストレースは、日本ダービーだと思っていますが、それに匹敵するもしくは、それ以上のパフォーマンスが、今回見られるかもしれません。
 おそらく他馬は自分の競馬に徹するでしょう。そうなると天候だけが唯一の不安要素です…そうか!雨か!?………今から雨乞いしているようでは思いやられます。(_ _;>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

完敗

 考えれば考えるほどわからなくなる。
 本命と考えたダイワメジャーは東京で未勝利、連対すらない。京王杯 SC を圧勝したオレハマッテルゼは、これまでの 1600m を考えると血統云々より、スプリンターとしての適性の方が高いと思われる。昨秋、日本・香港でマイル王座を手にしたハットトリック、昨年王者アサクサデンエンは今年に入って勝ち鞍がなく、初代マイル女王ダンスインザムードは、これまで牡馬のマイル一線級には完敗続き。
 何を手掛りに考えていけば良いかすら見当もつかない…大混戦…だとしか思えなかった。

 10 馬身程度の馬群の中に全 18 頭がポジションをとりあってひしめきあう超接近戦、おまけに 1000m 通過タイムを見てもハイペースとは言えないが決して遅い流れではない。先頭に立ったメイショウボーラーに内からダイワメジャー、外からオレハマッテルゼが、最終コーナーで並びかけたところで更に馬群は詰まる。直線を向いたところで、ダンスインザムードは閉じ込められ身動きできず、ハットトリックに至っては下ってくる馬でごった返したところに突っ込んで追うに追えない。
 内がそんな団子状態だから、後方対機組は外に出すしかない。テレグノシスとジョイフルウィナーは大外を回って直線を向く。中団ではブリッシュラックが内に切れ込むことをあきらめ、進路を外に向ける。
 今の府中は先行有利…そう言われていた。まさにそのとおりの展開になって、先頭はダイワメジャー。オレハマッテルゼは先頭に並びかけたところまでが限界で伸びない、対してダイワメジャーはまだ手応えも悪くない。
 大混戦…やはり明暗を分けたのは脚質と枠順…ではなかった。

 そもそも混戦ですらなかった。
 最後の直線で前が壁になって進路を外に変更するロスをもろともせず、香港マイル王者ブリッシュラックが堂々と突き進んでくる。圧倒的な力感…ゴール手前、この土壇場になって他馬とは大人と子供ほどの力量の差を見せつける。
 誰だ!混戦などと言った奴は!!

 ゴール板手前で既に、鞍上 プレブル騎手は、必死になって追いすがってくるライバル達に向かって、振り返って右拳を見せつけるほどの余裕を見せつけた完勝だった。

 完敗です。
 大穴候補にと思ったジョイフルウィナーが辛うじて三着、あとは最後に切ったブリッシュラックが完勝、全く眼中になかったアサクサデンエンが二着。ここ最近、古馬マイル GI でここまで擦りもしなかったことは、記憶にありません。
 しかし、勝った馬、二着が七歳馬、三着が六歳馬…調教技術の進歩もあるでしょうが、あんなに四、五歳世代のマイル路線組は不甲斐ないとは…しかししかし、一番問題なのは自分の馬を見る目のなさと言わざるえないでしょう。
 混戦とばかり思っていましたが、まさかあれほどの力量差があろうとは…まだまだ私も修業が足りないようです _(T-T)_

 あぁ前半戦残り一戦…しかもそこには天敵ディープ…既に半泣き (;-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

'06 JRA GI RACE X /第五十六回 安田記念

 困りました。分かりません。考えれば考えるほど、上位と思われている馬と人気薄の馬とさほど実力差がないように思えてなりません。

 それでもここまでの関連レースを見て、ダイワメジャーとオレハマッテルゼが地力勝負では一枚上かと思います。東京実績のないダイワメジャーと 1600m では詰めの甘さが出るかもしれないオレハマッテルゼを比較した場合、実力がほぼ五分なら枠順で極端ですが内を引いたダイワメジャー が本命です。
 対抗は、鞍上が武 豊 騎手でなければ本命候補に考えていたテレグノシスです。
 7 歳になってずぶくなったのか多少衰えたのか、京王杯では今ひとつでしたが、東京では確実に変わる馬です。しかも今年は文句なしの良馬場が見込め、内が有利に芝状態になっていることが唯一不安要素でしょうか。
 東京実績も悪くなく、マイル GI を完勝して臨むダンスインザムード、もう少し安定感があれば本命にしていたかもしれません。これが単穴です。

 残り本線に加える二頭のうちの一頭はオレハマッテルゼとして、すっと名前が挙げられるのはここまで。

◎ ダイワメジャー
○ テレグノシス
▲ ダンスインザムード
△ オレハマッテルゼ

 本線に加えるもう一頭の候補として考えているのは、以下の通り。

カンパニー
ハットトリック
インセンティブガイ
グレートジャーニー

 押さえの候補は、以下の通り。

ハットトリック
ブリッシュラック
アサクサデンエン

 最後に大穴候補。

ジョイフルウィナー
エイシンドーバー
グレイトジャーニー

 基本的に先行組に有力馬が集中しているので、現状の府中が先行有利の馬場状態になっているとは言え、平均ペース以上になれば、差し/追い込みにも十分勝ち目はあるように思います。

 さてスタートが切られるまでに絞りきれるのでしょうか?
 結構マイル GI は得意なつもりでいるのです(去年一手違い、一昨年万券獲得)が、正直ここまで難しいとは思いませんでした。。。_(T-T)_

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年9月 »