« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

二歳戦なんて簡単…なはず

 昔は結構、ニ歳戦は得意にしていて、新馬や未勝利はともかく、阪神ジェベナイルや朝日杯フューチャリティーは結構、当てていたのですが、ここ数年からっきしです。
 本来ニ歳戦とは、二勝すればオープン馬になれる時期で、これからずっと重賞戦線を戦う馬ともう二度と重賞戦線では見ないかもしれない馬が一緒に走るのですから、その違いを見抜ければ当たるはずなのです。
 しかも今年、改修された阪神 1600m 外回りコースは、試走したジョッキーがみなさん口を揃えるように「まぎれのないコース」に生まれ変わりました。馬を見る目さえあれば…きっと…当たる…はず…なのに、鞍上は武 豊 騎手なアストンマーチャンを対抗にするならば、何を本命にするのだろう…まだわからない orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜も日曜も…

JC ダート
 王者カネヒキリの戦線離脱、タイムパラドックスの直前での故障、外国馬不在で実力伯仲という戦前の予想通り、最後の直線を向いた時点で横一線。それも最終コーナーで、L. デットーリ騎手騎乗のピットファイターが一気に外から上がってきたため、内にいた馬は蓋をされる形になったために超接近戦となる。
 それでもここでは負けられないという気迫と、一番人気を背負って、シーキングザダイヤが抜け出る。やはり…と思ったのもつかの間、内から一緒になって抜け出してきたのは三歳の新星アロンダイト。四連勝中の勢いそのままに、シーキングザダイヤから一歩遅れて抜け出して、追いすがってしかも突き放す力強さ。
 ジャパンカップに憧れて騎手になったという鞍上 後藤 騎手の絶叫がブラウン管ごしに聞えてきそうなほどの衝撃の五連勝だった。

 先頭アロンダイト、その後ろシーキングザダイヤ、ヴァーミリアン、サンライズバッカス…とった!と拳に力を込めた瞬間、大外フィールドルージュ…あぁまた大外、また追い込み、また吉田 豊 騎手…何年か前にも同じ目にあった気がする… JC 連勝の夢は消えた。

ジャパンカップ
 逃げ馬不在の小頭数戦で、先手を打ったのはコスモバルク。案の定スローになり、レースが動いたのは最終コーナー手前。
 最後方にいたディープインパクトが外を通って、直前にいた L. デットーリ騎手騎乗のウィジャボードを内に封じ込めつつ上がっていく。そして直線を向いた時点で先頭に並びかけるはずの位置にいたハーツクライが下がり始める。
 ディープインパクトは飛んだ。
 しかし、本調子ではなかったのか、これが北の勇者コスモバルクの底力か?一気には突き抜けられない。何度も鞍上 武 豊 騎手の鞭が飛ぶ。
 粘るコスモバルク、追いすがってくるウィジャボード、内のあいたところからドリームパスポートの末脚一閃。
 しかし、勝ったのは、いや勝つのはディープインパクト。
「現役日本最強」
 この看板は最後まで譲るわけにはいかない。

 ディープインパクトが勝ったことに関しては特に驚きもありません。本調子であれば突き抜けていたはずです。次はいよいよラストラン。勝つだけでは既に物足りません。目に、記憶に焼き付いて離れないほどのレースを見せて欲しいものです。
 残念なのはハーツクライ。いろいろ話は伝わってきましたが、橋口 調教師の言われるように、明らかに咽鳴りの影響でしょう。ずっと応援してきた馬だけに本当に残念です。
 例えどんなに望んだ「絶対」でも、競馬に絶対はない。本当に思い知ったジャパンカップでした。

蛇足
 うちの嫁が JC を三連単で的中させ小躍りしている横で、土曜、そして日曜とゴール前で悪夢を見て、ひたすら沈んで行ってました。。。
 年内残り三戦…年間収支プラス直前まで来ての三連敗…傷口は一気に広がりました。おまけにこの調子だと最終戦 有馬記念はつきそうにありません。残りの二歳戦で確実に取らないとまた年間マイナス…あきらめません…最後まで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

'06 JRA GI RACE XIX /第二十六回 ジャパンカップ

 あぁフィールドルージュ… JC 連勝の夢は消えた。。。

 ターフの方は当てておきたいところで、いろいろ考えましたが、この小頭数では紛れも少なくなりそうです。スローペースの瞬発力勝負になりそうですし、ディープインパクト vs ハーツクライ、四の五の言わず一本勝負でいった方が危険率は少なそうです。
 もし割ってはいるならと思える馬が一頭いますが、今回は「牛に乗っても買う」と決めた L. デットーリ 騎手鞍上のウィジャボードも切ります。

 馬連一点勝負 ハーツクライ - ディープインパクト

| | コメント (0) | トラックバック (1)

'06 JRA GI RACE XVIII /第七回 ジャパンカップダート

 馬券戦略は三連複を基本にねらいますので、今回のジャパンカップダートの面子で、確実に馬券に絡んでくるのは間違いなくシーキングザダイヤでしょう。しかし、勝つのがこの馬かというと、それは少々疑問です。
 今年のダートの新星を見回してみると、メイショウバトラーは夏から休みなく使い詰めで(芝ではこなせたかもしれませんが) 2100m の距離はどうかという気がします、アロンダイトはここが初重賞でいきなり GI というのが気になりますし、フサイチリシャールは飛び抜けるほどダートがうまくないと言うことは前走の武蔵野 S でわかってしまいましたし。。。他を見回しても一長一短。
 と言うことで、本命は冒険します。本命は休み明けですがヴァーミリアンです。
 去年からベストの条件はここと思っていましたが、休み明け、おまけに左回りはどうかとは思いますが、去年の自分の目を信じます。
 と言うわけで、まとめますと以下のようになりました。

◎ ヴァーミリアン
○ シーキングザダイヤ
▲ メイショウバトラー
△ アロンダイト
△ ジンクライシス
× サンライズバッカス
× ピットファイター

 本線最後の一頭はジンクライシス
 道営からの参加とはいえ人気なさ過ぎ。エルム S で中央組とはさほど差がないことを証明していますし、距離も勝ちきれないとはいえ、不問と言ってもよい成績を上げています。
 押さえはサンライズバッカス
 強いのはわかりますが、当てにならなさすぎ。押さえが限界。
 ピットファイターが大穴。理由は鞍上が L. デットーリだから。それ以外の理由はなし。

 人気を集めそうなブルーコンコルドですが、いくら GI 連勝中とはいえ 2100m は距離が長すぎるような気がします。フサイチリシャールは人気を集めるでしょうし、前走と同様目標にされることが目に見えているので切りごろ、今回はパス。両馬ともフェブラリー S でまたお会いましょう。

 以上。忙しい。。。忙しい。。。次はジャパンカップの予想を。。。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

もっとも忙しい一週間

 さて今週は一年で最も忙しい一週間、ジャパンカップウィークです。
 ジャパンカップの方は一悶着あったディープインパクト vs 去年の雪辱を狙うハーツクライの一騎打ちでしょう。三着を押さえに行っても小頭数ですから、危険度が増すだけで旨みがないように思います。ここは一点勝負かな?
 ということで、ダートの方に集中して当てたいところです。これまでの JC ダートの傾向からすると、距離適性というのはそんなに重視する必要はなく、資質と勢いが大事なように思います。今気になるのはエルコンドルパサー産駒、同厩舎のニ騎。
 土日連勝…やってみたいな…一度くらい (^^;>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

三連勝は難しい

 天皇賞(秋)からマイルチャンピオンシップ連覇。
 ニッポーテイオー以来 19 年ぶりの偉業達成を狙って出走してきたダイワメジャーに人気は集中し、春までの短距離路線の混戦模様はどこへやら、完全に一強の様相を呈していた。

 前日からしとしとと降り続いた雨は、秋の京都の馬場を稍重まで悪化させ、内が荒れたコースコンディションも手伝って、追い込み不利なコンディションだった。
 そんな状況下、スタートで最内のコートマスターピースが出負けたのか、出遅れたのか後手を踏んだ。他の追い込み組も定位置を確保した。結果論からするとここで一つの勝負は決まっていた。
 馬群は短距離戦らしくコンパクトになり、大方の予想通り先頭に立ったステキシンスケクンのニ番手にがっちり折り合ってダイワメジャーがつけ、本来が差し、追い込みの馬まで中団くらいにごった返して進んで行く。
 最終コーナーを迎えてダイワメジャーが先頭に並んで、一気に先頭、内からキンシャサノキセキ、プリサイスマシーン、外からダンスインザムード、マイネルスケルツィ、シンボリグランが追いすがる。
 しかし、ダイワメジャーは力強くゴールに向かって突き進む。ダンスインザムードがダイワメジャーにクビ差まで詰めたが、そこがゴール…これぞ横綱相撲。完勝だった。

 ニ着ダンスインザムードにつけた差以上の圧勝でした。見ていてダイワメジャーが負ける要素など見当たらない感じでした。
 次は有馬で距離がどうかですが、勝ち負けはともかく無様な競馬をすることはないでしょう。ドバイという話も出ているようで、少なくとも 2000m 以下の舞台なら来年は主役の一頭でしょう。今から楽しみです。
 さて馬券の方ですが、天皇賞(秋)上位組が中心、三歳馬はいらん…とここまでは良かったのですが、スワン S 組と富士 S 組の力量差を読み間違いました。プリサイスマシーンはいい位置にいたのですが…口惜しい orz
 三連勝とは難しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

'06 JRA GI RACE XVII /第二十三回 マイルチャンピオンシップ

 天皇賞(秋)で完全復活の狼煙を上げた皐月賞馬、本来マイラーだと思っていましたし、実際去年も僅差の二着です。春の実績、秋のローテーションを考えても、ここが三戦目で、使い減りするタイプでもありませんし、今度は克服する必要もない右回り。
 本命はダイワメジャーで仕方がないでしょう。対抗も鞍上に武 豊 騎手を配したダンスインザムードと言いたいところですが、こちらは単穴。
 対抗は英国馬コートマスターピースです。
 基本、欧米馬はマイラーと言ってもカーブを経験したことがあることが少なく、日本や香港のマイラー/スプリンターとは質そのものが違うため、いつもは切るところから始めますが、今回はなんと言っても鞍上が L. デットーリ 騎手。昨年のジャパンカップ で、デットーリ騎手がのるときは、たとえ牛にのろうが買います。まぁそれとは別に、日本に種牡馬となるためのプロモーションとして、引退前に日本で走る馬は間違いなく本気です。来年から種牡馬になると言ったら、相手にはシャトル種牡馬として日本にやってくる”ザ・ロック”ことロックオブジブラルタルもいますからね。ここで名をあげて、日本の芝への適正を示しておきたいところでしょう。

 さて、ここまでは(おおかた)前評判の人気通りですが、この次を見てみると三歳馬が穴人気を集めているようです。しかし、このマイル CS で三歳馬が活躍したのは、古馬と 2kg の斥量差があった時代。その差が 1kg になってからは GI 馬でなければ、よほどの展開の助けがいります。三歳馬で唯一 GI 馬は秋、重賞で二桁着順、オープン特別で掲示板にも載れなかったロジックのみ。
 ここは古馬で行きます。
 自分の目を信じて、もっとも調教がよく見えたカンファーベスト、そしてその次によく見えたプリサイスマシーン。そして展開が早くなりそうなので、後ろから行く馬でテレグノシスです。
 そして最後の一頭、穴でねらうのが、三歳馬で唯一 55kg でいけるキンシャサノキセキか、強い毎日王冠組の古馬を向こうに回して四着をもぎ取った実績のあるマルカシェンク、あと古馬群で手の回らなかったデアリングハートアグネスラズベリの中からパドックと天気を見て決めます。

◎ ダイワメジャー
○ コートマスターピース
▲ ダンスインザムード
△ カンファーベスト
△ プリサイスマシーン
△ テレグノシス

として、ダイワメジャーが人気をかぶっていそうなので、◎ ダイワメジャー軸一頭から△テレグノシスまでをボックスでこれを本線として、押さえでダイワメジャーを除いた五頭ボックスを、最後に穴ねらいでダイワメジャーと迷っている四頭の中から一頭選んで軸二頭で、○コートマスターピース~△テレグノシスまでに流します。

 さて三連勝を目指していざ勝負!です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

深追いは禁物、ねらうは三連勝

 昨年二着、そして今年天皇賞馬となったダイワメジャー、春にマイル女王を戴冠した一昨年のニ着馬ダンスインザムード。このニ頭の天皇賞組を中心に、今年のマイルチャンピオンシップは展開すると言っていいでしょう。
 穴で三歳牡馬が人気集めそうですが、古馬と三歳牡馬の斥量さが 1kg になって以来、三歳馬に良績がないことが気になります。
 古馬ではスワン S 勝ちプリサイスマシーン、府中牝馬 S 勝ちのデアリングハートが気になりますが、対 天皇賞組と考えるともうワンパンチ足りない気がしますし…
 基本、アグネスデジタルやトウカイポイントが勝って大波乱が続いたこともありますが、それまでは堅い GI だったはずで、深追いは禁物かと…大胆かつ冷静に今年ニ度目の三連勝を狙います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これも競馬

 距離適性はマイルから牝馬同士ならクラシックディスタンスまでこなせ、気性が勝ったところがあってもレースに行ってかかるわけでもない。勝った気性はゴール前での勝負根性の土台にのみなり、鞍上が追えば切れる上に伸びる…この無敗のニ冠牝馬に、若さ以外の弱点などないように思っていた…

 スタート直後はゆっくりしたポジション争いだったが、徐々に前に進出したシェルズレイが予告どおり大逃げをうつ展開。二番手ライラプス、三番手にアサヒライジング、キストゥヘブン、アドマイヤキッスなど三歳の有力どころが前目のポジションを取った。その後ろにディアデラノビア、更に後ろの外目に一番人気カワカミプリンセス、その後ろに二番人気スイープトウショウがいて、ここがほぼ最後尾。先頭から計ればその隊列の長さは 20 馬身以上あった
 3 コーナーの坂の頂上から最終コーナーまでで、このこの隊列が確実に詰って行き、二番手を追走していたライラプスが馬群に飲み込まれると、先頭を行くシェルズレイは馬群の先頭からは既に射程圏内だった。
 馬場の良いところを狙って追い出した先頭の走っていたシェルズレイに、最初に襲いかかったのは後続集団の先頭につけていた三歳勢。しかし、ここから順に距離の壁が襲いかかる。シェルズレイにすでに余力はなく、桜花賞馬キストゥヘブンも行き脚がつかない。アサヒライジングが先頭に躍り出る。並んで先頭を伺ったアドマイヤキッスはアサヒライジングについて行けない。
 アサヒライジングが抜けた。しかし、まだゴールまでは 1F 以上ある。
 アサヒライジングのすぐ後ろからはフサイチパンドラ、馬場の悪い内をついてディアデラノビアが伸びてくる。アサヒライジングも粘る。
 土壇場。真打ちは抜けてきた。カワカミプリンセスは先頭に出たフサイチパンドラに一気に並んできた。そして大外からは、スイープトウショウの鬼脚。
 ゴール前の接戦、抜けたのは三歳無敗女王カワカミプリンセス。圧巻の一馬身半差。しかし、勝ったのは彼女ではなかった。

 何度もパトロールビデオを見ましたが、あれは降着を取られても仕方がないでしょう。上からの映像で見ていてなぜまっすぐ外へ追わなかったのかとも思いますが、馬場の状態、先行していた馬の動き、外から来る馬の脚、そして手綱を伝わってくる自分の馬の感触、あの馬群の中、本田騎手の判断は内へ行くことを決めた。そして鞍上の判断に即座に応えるだけの能力がカワカミプリンセスにあった。能力の高さが徒になったと言うことでもないでしょうが、数学と違ってプラスばかりを足してもマイナスとなり得ることがあるというのが競馬の恐ろしいところでしょう。
 強かったのはカワカミプリンセスでしょう。しかし、フサイチパンドラの関口オーナーの言葉を借りるなら、カワカミプリンセス陣営にとっては「勝負に勝って、競馬に負けた。これも競馬」と言うことなのでしょう。
 来年はすっきりその強さを見せて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

'06 JRA GI RACE XVI /第三十一回 エリザベス女王杯

 毎年々々、女王杯は頭を悩ませます。今年にしても、三歳無敗二冠女王カワカミプリンセス vs GI 三勝の女傑スイープトウショウの対決と言われていますが、例えこのニ頭で決まるとしても、三連複を狙う場合、もう一頭の選出が大変です。
 注目のニ頭に限って話で、どちらが先着するかと問われれば、カワカミプリンセスだろうと答えます。減点法で考えると、スイープトウショウはつっこみどころ満載ですが、カワカミプリンセスには大外枠以外の減点が見つけられません。
 実際にこのニ頭はレベルが一枚上だと思いますので、本命カワカミプリンセス、対抗スイープトウショウ、そして内枠に入れば展開の利を得ることができると思っていて、その内枠を見事に引いたアサヒライジングが単穴です。秋華賞は、休み明けでいきなり制したカワカミプリンセスばかりに注目が集まりましたが、アサヒライジングも三ヶ月の休み明けであわやの二着。カワカミプリンセスの今回の追い切りも上昇が顕著でしたが、アサヒライジングも負けず劣らず休み明け二走目の効果が出ているように見えました。後ろで有力どころが牽制しあってくれば、今度こそがあるかもしれません。

 難しいのはここからです。
 今年は三歳勢優勢と言うのが下馬評ですが、過去 10 年を見てみると、実際に三歳馬が上位入着している例に共通する点は、3歳牝馬三冠戦で連対しているか、鞍上が福永 騎手かどちらかの条件を満たしていることが条件です。このどちらの条件も満たすフサイチパンドラですが、この馬は個人的に押さえが指定席です。桜花賞馬キストゥヘブンは評判ほど距離が持ちそうにないですし、次点に持ってくるならエリザベス女王杯にやたら強い武 豊 騎手騎乗のアドマイヤキッスの方がよほど怖い気がします。
 残りは古馬からです。
 本線最後の一頭はやはりディアデラノビアです。比較的短い距離のレースが多い牝馬線で大崩せず、2200m のオールカマーで、天皇賞二着のスウィフトカレントを押さえている実力は牝馬線では抜けたものだと思われます。
 大穴と言うほどではないですが、穴で陣営が「生涯最高の出来」というサンレイジャスパーを押さえます。

◎ カワカミプリンセス
○ スイープトウショウ
▲ アサヒライジング
△ アドマイヤキッス
△ ディアデラノビア
× サンレイジャスパー
× フサイチパンドラ

 個人的な感覚で「エリ女は荒れる」というイメージがあるのですが、古馬との混合戦になってからそんなに荒れてないんですよね。この感覚がこのレースを当てられない原因のような気がします。
 荒れる要素も考えたのですが、ちょっと無理がありそうなので今回はしっかり押さえに行っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

女王対決を解く鍵

 三歳無敗女王か現役牝馬最強女王か?
 世間の注目はここに集中していますし、異論もありません。ただこのニ頭で決まるかというと、それは話が別だろうと思います。
 既に穴党方面からは差し・追い込みの女王ニ頭を中心にレースがスローになれば、桜花賞 4 着、オークス 3 着、秋華賞 2 着と着実に戴冠に近いている先行脚質のアサヒライジングや、若き名手ルメール騎手に乗り替るシェルズレイの押し切りも…なんてことも確かに考えられますし、桜花賞馬キストゥヘブンの逆襲や、無冠で終わったアドマイヤキッスも黙ってはいないでしょう。今年は三歳勢のレベルが高いとの前評判もありますが、古馬牝馬も曲者が揃って一筋縄ではいきそうにありません。
 個人的な注目点はスイープトウショウのあの天皇賞(秋)は何だったのかということ。あの敗戦の理由が今回の鍵のような気がしています。
 個人的に最も苦手とする GI の一つですので、じっくりと、策に溺れない程度に週末まで考えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »