« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

Perfect Flight

 ここまで既に六冠、国内戦で唯一後塵を拝した相手は既にいない。単勝 1.4 倍の圧倒的人気を集めたディープインパクトにとって、既に勝敗ではなく勝ち方の問題だと言わんばかりの舞台となった今年最後 GI 、グランプリ有馬記念。

 宣言どおりにアドマイヤメインが大きく逃げ、ダイワメジャー、メイショウサムソン、ドリームパスポートが追うかなり縦長の展開。主役ディープインパクトは、出遅れたスイープトウショウとともに後方対機。
 そのディープインパクトが動いたのは、三コーナー手前。
 レース後早め早めの仕掛けを心がけたという五十嵐 騎手鞍上のコスモバルクが動いたタイミングとほぼ同時、ディープインパクトはゆっくり加速を始めた。最終コーナー手前ですでに先に動いたコスモバルクを外から交わしにかかる。
 縦長の展開になったとは言え、離して逃げるアドマイヤメインの後ろ、二番手集団が団子になった前のめりの隊列で、これは先行馬が揃ったこと以外にも、昨年ディープインパクトに初めて、そして国内唯一の黒星をつけたハーツクライが取った戦法であったことは偶然ではないはずである。その強さゆえ 1 対多の戦いを余儀なくされ、後ろからの競馬になるディープインパクトにとって、こういう展開ではコース不利を承知で大外から一気に交わさねければならない。しかし、この中山のように小回りで直線の短いコースでは、この戦法で勝ちきるには「絶対の実力差」が必要だ。そんな強者ゆえの不利はもちろん鞍上の武 豊 騎手は百も承知だ。その武 豊 騎手が勝負はここと踏んだのだ。すべてがクライマックスに向かって上り詰めていく。

 戦前、チーム・ディープインパクトの指揮官 池江 調教師が「ディープインパクトはここにきて完成した」と言ったそうである。その意味がこの最終コーナーにきてわかった。どのようなコースであれ、どのような展開であれ、勝ちきるために必要な「絶対的実力差」を生み出す完成されたディープインパクトの武器。それはたとえどんな急なコーナーででも加速しながら曲がりきる柔軟性とバランス、そしてどれほど距離を走っても直線を向いたときには発揮される圧倒的瞬発力。
 最終コーナーを曲がりきり直線を向いたとき前方を走っていたのは、すでに力尽き始めたアドマイヤメインただ一頭。すでに競馬としての勝負はあった。

 飛んだ。ディープインパクトは確かに飛んだ。
 日本競馬最高の舞台の一つで、ディープインパクトが最後に見せた最高の、そして完璧なフライト。
 うしろめたい気持ちは口にするまい。これが競馬。競馬というスポーツの究極をいくつも見せてくれた 21 世紀最初の三冠馬のフィナーレに出来うる限りの感謝の気持ちを捧げたい。そう思った。

 いやすごいレースでした。
 個人的にディープインパクトのベストレースは、現時点でもダービーだと思いますが、それでも今回の有馬記念、最高に近いパフォーマンスだったと思います。

 いやすごいレースでした。
 それ以上は何も言わないことにします。やっぱり JC 経由の菊花賞組はだめだったかとか、ディープ以外は五歳馬だけで良かったとか、なぜよりもよって五歳馬で切ったポップロックがきちゃうかなーとか、やっぱりなんだかんだでペリエ騎手かとか、今世紀になって年間収支プラスになったことがないとか。。。あぁあぁぁぁ o...rz

 と言うことで今年一年おつきあいいただきまして、ありがとうございました。お疲れ様でした m(_ _)m
# 2006 年総合成績: 22 戦 8 勝(最終回収率 77.19% )

| | コメント (0) | トラックバック (2)

'06 JRA GI RACE XXII /第 51 回 有馬記念

 ディープインパクトのラストラン。
 これが今年の有馬記念のもう一つの側面です。その有馬記念を前に、ディープインパクトはジャパンカップを制しましたが、決してその内容は「圧勝」ではなかったように思います。しかしながら前哨戦を勝ち、更に調子を上げてこのラストランに賭けてくるのであれば、死角はほぼないと思っていいでしょう。
 ただし、国内戦で唯一の敗戦を喫したのはこの中山で、かつ三冠戦であわや落馬と言う発馬をしたのもこの中山、また過去勝ったレースで最小着差となった弥生賞もこの中山となれば、中山競馬場がディープインパクトにとって鬼門であることは間違いなく、その苦手とする競馬場でディープインパクトに勝つ方法は昨年、ハーツクライが示してくれました。
「マイペースで先行押し切り」
 おそらく日本の競馬場でディープインパクトを後ろから差し切ることは不可能でしょう。

 話は変わりますが、三歳馬を除いて、個人的に今年有馬記念に出走してくる世代で最強の世代は「五歳世代」だと信じています。
 ハーツクライは去りましたが、それでもダイワメジャー、デルタブルース、コスモバルク、トウショウナイト、ポップロック、スウィフトカレント、スイープトウショウがいます。スウィフトカレントは使いすぎ、ポップロックはオープンになってからハンデに恵まれていることに気になって切ります。そして、中山芝 2500m という舞台でマイペースで先行できる馬という条件で、スイープトウショウが消えます。残り四頭の内、ダイワメジャーは距離が長すぎるように思いますし、デルタブルースには短かすぎるように思います。
 ということで、この世代からはコスモバルクトウショウナイトに注目します。

 その他には三歳世代です。
 おそらく人気を集めるだろう GI 連続二着のドリームパスポートは、正直、個人的な常識の範疇を超えています。そうとは思っていても三歳馬に菊花賞→ JC →有馬記念のローテーションはハード過ぎます。同じことは春二冠のメイショウサムソンにも言えることなのですが、メイショウサムソンの場合、デビューからダービーまで最大で間隔があいたのは中京 2 歳 S からきさらぎ賞の 2 カ月で、御存知のように強さが際立ってきたのはそのきさらぎ賞後のスプリング S から。そのスプリング S までで既に 9 戦、つまり典型的な叩き良化型で、ひょっとすると今回もまだ叩き足りないかもしれません(仕上がるのは来年の天皇賞くらいかもしれない…)が、陣営曰く、前走ディープインパクトとの対戦で目つきが変わったと言います。相変わらず調教は文句なしですし、この言葉を信じます。

 と言うことで、ディープインパクトのラストランにけちを付けるつもりはないのでディープインパクト一着固定の三連単を中心に行きますが、夢をかけて本命はコスモバルクです。以下まとめます。

◎ コスモバルク
○ ディープインパクト
▲ トウショウナイト
△ メイショウサムソン
△ デルタブルース
× ドリームパスポート
× ダイワメジャー

 夢はコスモバルク → ディープインパクトの馬単!最終決戦、これで勝負!!

| | コメント (0) | トラックバック (7)

THE FINAL

 年間収支プラスのために連勝を目指した朝日杯で痛いはずし方をして、迎えるグランプリ。泣いても笑ってもこれが今年のファイナルです。
 このグランプリで今世紀最初の三冠馬ディープインパクトはラストランとなります。そして、冷静に考えて死角はなさそうです。となると、一発逆転はできるだけ点数を絞った三連単を狙うしかありません。
 昨年のこともありますし、競馬に絶対はないことを肝に銘じて三連単…私がハーツクライは去ったとはいえ最強世代と信じる馬達に最後の望みを賭けてみようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごむたいな

 デイリー杯 2 歳ステークスを見たときから予感はあった。
 オースミダイドウは強い。それは十分にわかった。それ以上にその旺盛な勝負根性が折り合いとの諸刃の剣であることが…

 抜群のスタートを切ったオースミダイドウは、そのスピードの違いか折り合いからか早々と先頭にたった。ハナを切ると思われたマイネレーニアは控え、デイリー杯からの巻き返しを狙うローレルゲレイロもオースミダイドウをぴったりマークする位置につけた。出遅れたドリームジャーニーだけがぽつんと離れた最後方を進み、馬群はやや前よりに一塊となって淡々と進んだ。
 最終コーナー、抜け出しを計ろうとしたオースミダイドウに食らいついたのはローレルゲレイロただ一頭。後続は徐々に引き離されていく。

 かかっているように見えた。
 それでもオースミダイドウは簡単には先頭を譲らない。脚色では完全にローレルゲレイロの方が良く見えたが、突き抜けることはできない。まさかと思わせる二枚腰すら見せた。
「怪物か?」
 いやまだその域にはオースミダイドウは達していなかった。しかし、怪物は他にいた。やっと抜け出したと思ったローレルゲレイロの外、一番外から小さな馬体が飛んでくる。
 直線を向いたときには、後方から三番手。絶望的とも思える位置から真一文字に、無駄のない、それでいて想像を絶する回転のフットワークで一瞬のうちに突き抜けた。

「軽く飛んだね」
 レース後、鞍上の蛯名 騎手は、昨年の三冠馬ディープインパクトに準えてそう表現しましたが、ディープインパクトが「飛ぶ」という表現とは少しニュアンスが違うように思います。ディープインパクトの走りを、空を舞う鳥に例えるならば、ドリームジャーニーの走りは精密機械のような正確さとスピードを兼ね備えた、例えるならば戦闘機のような「飛び」のように思います。
 どちらにしても末恐ろしいことには変わりないのですが、ドリームジャーニーにしろ、負けたオースミダイドウにしろ、あの気性は今後の課題でしょう。春までにどこまで成長を見せてくれるか楽しみです。

 あぁしかしローレルゲレイロ…前走が +10kg 、今回が更に +14kg 、締めて +24kg 。450kg くらいの馬体の馬がそんなに馬体重増やしてたらそりゃ切りますって!そう思いません!?
 えぇ切りましたとも _(T-T)_
 その切ったローレルゲレイロが 2 着、替わりに組み込んだフライングアップルが 4 着って…そんなごむたいな orz
 かなりな精神的ダメージです。このダメージ、グランプリまでに回復できるか…疑問 o...rz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

'06 JRA GI RACE XXI /第五十八回 朝日杯フューチュリティステークス

 オースミダイドウは強いでしょう。しかし、どうしてもあの気性が気になります。マイルくらいでは能力で押し切ってしまうかもしれませんが、ペリエ騎手とはいえ鞍上が変わるのも気になります。そこでオースミダイドウとは未対決組から、この馬を負かせる可能性のある馬を探します。
 前走、京王杯 2 歳 S 組と東京スポーツ杯 2 歳 S 組とどちらのレベルが高いと思ったかというと、明らかに東京スポーツ杯 2 歳 S 組です。その東京スポーツ杯 2 歳組からフライングアップルドリームジャーニーです。
 しかし、朝日杯は基本関東馬有利と思っており、今年のようにオースミダイドウ以外は大きな力量差がない以上は、なおのことです。ドリームジャーニーは関西馬ですし、フライングアップルはマイル未経験というのが気になります。
 と言うことで今度は、京王杯組ですが、勝ったマイネルレーニアと出遅れた二頭アドマイヤヘッドゴールドアグリがやはり目立ちました。しかし、こちらもマイネルレーニアは 1400m のスペシャリストという気がしないでもないですし、ゴールドアグリは直前調教の軽さが気になり、アドマイヤヘッドはいいのですがこちらも関西馬。
 では別路線組からと言うと…気になるのはマイネルシーガルです。無敗の関東馬ですし、あまり使い詰めてないのも良いです。本命はこのマイネルシーガルです。
 あとオースミダイドウと同じデイリー杯 2 歳 S 組からもっとも調教がよく見えたローレルゲレイロを加えて、絞り込みます。

◎ マイネルシーガル
○ オースミダイドウ
▲ ローレルゲレイロ
△ ドリームジャーニー
△ アドマイヤヘッド
× マイネルレーニア
× ゴールドアグリ

 結局フライングアップルが落選。やはりマイルの経験がないと言うのと、ラーイ産駒にありがちな勝負弱さが気になって切りました。またこの点数で、いつものように 5 頭 BOX +αで買うとつかなさそうなので、当日、パドックを見てさらに絞り込もうと思います。
 目指せ二連勝!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

朝日杯は堅い?

 新馬から三連勝のデイリー杯勝ちオースミダイドウが人気の中心になると思われる今年の朝日杯フューチュリティーステークス。デイリー杯 2 歳ステークスも、その前の野路菊 S も見て、その能力を否定しませんが、あの気性に穴がないとも思えませんし、その穴を無視できるほどの能力差があるとも思えません。
 京王杯勝ちマイネレーニアも人気になりそうですが、新潟 2 歳 S 、京王杯 2 歳 S と見ている限り 1400m のスペシャリストという気がしないでもありません。
 堅い結着になることが多い朝日杯ですが、前評判上の本命/対抗には既に疑いの目を向けてます。二歳戦連勝に向けて、考え応えのありそうなレースに思えてきました>朝日杯フューチュリティーステークス

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あきらめるには早すぎる

 外回りコースが新設された阪神コース。その外回り 1600m は試乗した騎手が口を揃えて「強い馬が勝つコース」という。無論、来年の桜花賞もこのコースで行なわれる。
 前走ファンタジー S で驚異のレコード、五馬身差圧勝の武 豊 騎手 鞍上のアストンマーチャンを止められるのか?それだけが焦点であるかのように、アストンマーチャンは単勝 1.6 倍という圧倒的な人気を集めていた。

 スピードの違いでルミナスハーバがハナに立って、そのまま平均ペースよりやや早い程度のペースで、アストンマーチャンが内の前々でポジションを確保したこともあり、塊った馬群は全馬アストンマーチャンマークで、まさに 1 vs 17 の構図。
 直線を向いてアストンマーチャンが動く。
 先頭を立っていたルミナスハーバに内から並びかける。待っていたようにルミナスハーバにも鞭が入って、アストンマーチャンに食らいつこうとする。しかし、アストンマーチャンは止まらない。回転の早いピッチ走法でぐいぐい力強くゴールに近付いていく。ルミナスハーバでは力不足…ではない。後続はそのルミナスハーバすら捕まえ切れず横一線。
 その間にも一馬身、二馬身と差は開いていく。また圧勝…そう思った瞬間、後続から一頭飛び出してきた。
 道中、アストンマーチャンをマークして、その直後につけ、直線内から器用に外に持ち出すのに時間を要した。そしてやっと前があいた瞬間、爆発的な瞬発力で馬群を抜けてきた二戦一勝馬の名はウォッカ。
 決して先に抜け出したアストンマーチャンのスピードが落ちたわけではない。それでもたっぷり二馬身ほどあった差はみる間に縮まった。追いすがった。そして並んだ!
 只者ではない。ウォッカのことだけではない。並ばれたアストンマーチャンも含めてである。一気の差し切り、そう思わせるに十分のウォッカの鬼脚に、一瞬アストンマーチャンは完全に並んで見せた。
 しかし最後にもう一度ウォッカは伸びた。そこがゴールだった。

 とても牝馬戦、それも二歳戦とは思えない熾烈なゴール前の攻防でした。残念ながら生では、◎ ルミナスハーバが残るか残らないかの方が動物的に重要と判断し見逃してしまいました orz が、その後、 VTR で何度も見ました。
 現時点で前二頭はことマイルまでなら、この世代では完全に抜けています。双方とも初年度産駒なので、この先どれほどの成長を見せるかは分りませんが、順調に成長したとして、来年同じ舞台でまとめて負かす馬が出現すれば、間違いなく怪物級です。
 新阪神マイルコースのレイアウトも手伝ったかもしれませんが、このレベルのレースが春にまた見られると思うと、今から待ち遠しい限りです。

 さて…(マイル CS ~ JC ダート~ JC と)三連敗の流れは断ち切った。今年残り二戦で回収率 77% …まだまだあきらめない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

'06 JRA GI RACE XX /第五十八回 阪神ジュベナイルフィリーズ

 京都外回り芝 1400m でレコード駆け、驚異の五馬身差、対アストンマーチャンでファンタジー S 組の勝負付けは済んだと見るのが妥当でしょう。しかも、あのレース中、アストンマーチャンは落鉄していたというのですから、アドマイコジーンのファーストクロップで傾向が読めない、マイル戦は初めてという以外の不安材料は見つけられません。
 しかし、いくら強いと言ってもまだ二歳牝馬。ピースオブワールド以来、ファンタジー S を勝って阪神ジュベナイルフィリーズで一番人気に押されたスイープトウショウも、ラインクラフトも、アルーリングボイスも破れ、一番人気三連敗の現実があります。
 しかも鞍上は本命にはしないと決めている武 豊 騎手。マイル未経験という不安材料に賭けます。

 アストンマーチャンは先行して押し切るタイプでこのスタイルは変わらないことを前提に、1400m を超えれば上がり 3F 34 秒後半はかかるものとして考えると、ファンタジー S 組からマイル以上の距離経験を持ち、更にその距離のレースで 3F 34 秒台前半の脚が繰り出す能力がある馬を探します。

マイネルーチェ
ジーニアス

これに加えて、アストンマーチャンと未対決組から、少々レース展開が少々淡泊なのが気になりますがマイル以上の距離で二戦連発で 3F 34 秒台の脚が使えるウォッカ、馬体重が気になりますが、二戦目マイルで驚異のタイムを叩きだしたルミナスハーバー、個人的にこれまで見た二歳馬では最強と思えるナムラマース相手に二着のあるローブデコルテを取ります。

 さてこの中から本命をどれにしようと考えましたが、馬体重が戻っていることを前提に、マイルの持ちタイムとこの時期なら完成度が高いと思われるアグネスタキオン産駒ルミナスハーバーにおきます。
 対抗はもちろんアストンマーチャン。ここ三年破れた一番人気は、強かったのは確かですが、すべて差し~追い込みです。先行して能力で押し切られてしまうと、後続は手の打ちようがないと思います。
 単穴はここまであげませんでしたが、ファンタジー S 三着のハロースピード。前走は三ヶ月ぶりの休み明け、おまけに出負けした上に、直線不利を受けてそれでも三着。能力は間違いないように思います。
 と言うところで、まとめると以下のようになります。

◎ ルミナスハーバー
○ アストンマーチャン
▲ ハロースピード
△ ウォッカ
△ ローブデコルテ
× マイネルーチェ
× ジーニアス

 ファンタジー S 三着を取って、二着のイクスキューズを取らないのかと言われそうですが、あれだけうまくレースをやって五馬身差。ボストンハーバー産駒だけあって、現時点での完成度は確かに高いと思いますが、決め手がなさ過ぎです。上記の7頭に異常が認められるようなら入れ替えを考えますが、人気を背負ってくれそうですし、今回は切り捨て対象としました。

 以上。
 残り三戦。ここは取る!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »