« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

がんばれ!ジャングルポケット産駒!!

 とうとう去年もプラス計上できずじまいでしたが、馬券戦略で一縷の望みが見えてきました。今年こそは…と思いつつ、GI 戦線前半戦の主となるクラシックも含めて三歳戦を展望する意味で、去年のニ歳戦を振り返っておきたいと思います。

 まず牝馬戦から。
 ニ歳牝馬戦では、牡馬戦線と違い、桜花賞と同じ舞台で行なわれるということもあって、阪神ジュベナイルフィリーズは毎年、二歳戦の役者が揃う傾向にあり、今年も同レースの上位三頭は春のクラシック戦線では主役をはるに十分な実力馬であると感じます。馬体が減り万全ではない状態だった三着のルミナスハーバはボストンハーバ産駒で春、どこまで成長を見せるか疑問はありますが、現時点であの先行力とスピードは明らかに驚異です。馬体が回復して、トライアル戦線でどの程度のパフォーマンスが発揮できるか注目する必要があるでしょう。
 しかし、やはり現時点で最大の注目はタニノギムレット産駒のニ歳女王ウォッカと、アドマイコジーン産駒の阪神 JF ニ着のアストンマーチャンでしょう。どちらも初年度産駒なので、これからどこまでの成長を見せるか未知数ではありますが、ウォッカに関してはオークスまで、アストンマーチャンに関しては NHK マイルも視野に入れて注目する必要がありそうです。
 他にはダイワメジャーの半妹ダイワスカーレットの活躍が現時点では目立ちますが、この馬に関してはアグネスタキオン産駒ということでまだまだ過信するわけにはいかないと思っていて、やっぱり阪神 JF 上位組中心に桜花賞までの牝馬戦線は注目していきたいと思います。

 さて牡馬戦線です。
 去年の有馬記念を最後に引退したディープインパクトの半弟ニュービギングや、骨折して戦線を離脱しましたがオースミダイドウに世間の注目は集中しているようです。しかし、今年の牡馬戦線は、このニ頭を除いたとしても役者にこと欠きません。
 まずは二歳チャンプ ドリームジャーニー。ステイゴールド産駒で距離が伸びてもある程度までならこなしそうですが、あの気性から極端な競馬しかできないようだと、能力的には間違いないとしても、これから先も主役をはれるかはまだ確信は出来ないでしょう。
 やはり牡馬の方はラジオ NIKKEI 杯 2 歳ステークス組でしょう。
 多少結果が紛れたようなレースでしたが、前々走でドリームジャーニーを破った一着フサイチホウオーは、もう少し気性の成長が見られるようであればかなり見所がありますし、馬に任せて走っているだけのように見えて寸前まで逃げ粘ったヴィクトリーの能力は驚異以外の何物でもありません。また、ナムラマースは久々の上、あれだけ致命的な不利を受けてあの差ですから、やはり能力は相当なものだと言えるでしょう。この三頭は皐月賞まで目を離せそうにありません。

 ところでフサイチホウオーは、個人的に大好きな馬だったジャングルポケットの初年度産駒ですが、福寿草特別を勝ったタスカータソルテや、まだデビューしてませんがキングカメハメハの半妹ジャングルハードなども、ここまで紹介した一線級との直接対決が楽しみにしています。また去年の二歳戦で産駒が活躍していたように思うマンハッタンカフェの産駒達も父の成長力を受け継いで入れば、後々侮れない存在として台頭してくるかもしれません。

 日本競馬を変えた大種牡馬サンデーサイレンスの直仔がいなくなった最初の年、ハイレベルな戦国クラシックとなるかもしれません。本当に春が待ち遠しい…毎年のことですが本当に楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »