« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

絶対能力の差

 馬場状態は「重」、しかし空模様は薄曇りと、ただでさえ混戦模様のメンバー構成で行なわれるレースに、更に不確定要素が加わり、もうどの馬が栄冠を勝ち獲ってもおかしくない、そう思える雰囲気の中、スタートは切られた。
 アンバージャックが立ち遅れた以外はほぼ一線のスタート。外からエムオーウィナーが前に出たが内からディバインシルバーが押してハナを切る。内の直後にシーイズトウショウが控え、有力どころ、プリサイスマシーン、スズカフェニックスなどは中団よりやや後ろから追走、最後尾にビーナスラインが控えるやや縦に短い展開。
 電撃戦と言われる 1200m とは言え、3 コーナー手前から動き始めたのはなんと一番人気 武 豊 騎手騎乗のスズカフェニックス。
 先頭はディバインシルバーのまま変わらず、最終コーナーで、シーイズトウショウがその内から先頭に並びかけ、その外から前年覇者オレハマッテルゼも、まるで去年の再現を見ているかの如く並びかけてくる。その更に外からエムオーウィナー、そのすぐ後ろには、なんと既にスズカフェニックスが上がって来ていた。
 3 コーナー手前から進出を始めたスズカフェニックスに対して完全に後手を踏む形になったプリサイスマシーンは、そのスズカフェニックスとエムオーウィナーが壁になり、強引に内に進路を変え、これが決め手に欠けるこの馬にとって致命傷となった。
 最内をついて、一時は先頭に躍り出たシーイズトウショウも荒れた馬場に脚を取られトップスピードを持続できない。エムオーウィナー、そして抜群の手応えで先頭に並んでから全く伸びないオレハマッテルゼをあっという間に置き去り、スズカフェニックスは一気に突き抜ける。
 更に外目を通った馬達が、ゴール前一気に伸びてくる。突き抜けたスズカフェニックスを追って伸びてきたのは、何と 13 番人気のペールギュント。近走全く成績の奮わなかったこの馬が、このスプリント戦で水を得た魚のように伸びる。やっと前があいて力づくで上がってきたプリサイスマシーンも競り落せない。そして大外ビーナスラインが目の覚めるような末脚を炸裂させたが、これは外を回り過ぎた。二番手集団に追いすがってきたときには、スズカフェニックスがゴール板の前を既に通り過ぎていた。

 誰もが混戦だと思っていた…そしてその通り波乱もあった。しかし勝ったのはスズカフェニックス。
 圧倒的なスピード。それがスプリント適性だとはとても思えない。生粋のスプリンターなら 3 コーナー手前から押して上がっていくような強引なレース運びはしないだろう…ならばこれは絶対能力の差。主役不在のスプリント路線であれば、この能力差があれば十二分に王座を守れる。そう確信できるパフォーマンスだった。



 三歳時は NHK マイルカップで一番人気取るくらいの馬だったとは言え、それでもペールギュントって… orz
# 何か二年に一度くらいこんなこと言ってるような気がする (前回)。

 いや本当にわからないレースでした。まさかあんな強引なレース運びをして、あれほどの能力差を見せつけられる馬とは思いませんでした。泣く々々切ったとは言え 4 着ビーナスライン、 5 着ペールギュント共々ノーマークだったオレハマッテルゼと惨敗を認めざるえません。
 個人的に短距離戦は比較的得意だと思っていたのですが…競馬とは何と奥の深いスポーツであることか…思い知りました。それでもペールギュントって…(しつこい f^^; )

 一週間時間をおいて、高松宮記念のことはすぱっと忘れてクラシックに望みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA GI 2007 第二戦「高松宮記念」

 例えメンバーが手薄でも GI であることは間違いないので、泣き事を言わず取りにいきます。
 本命はプリサイスマシーンでいきます。
 去年はこの馬のスプリンター適性を疑問視していましたが、スワン S 、阪急杯と二つの 1400m 重賞勝ち、この実績と昨年の秋以降の安定感は認めざるえないでしょう。生粋のスプリンターかと言われれば違うのでしょう( 1400m のスペシャリストのような気がする)が、荒れた最終週の小回り中京で、おそらくは時計勝負にはならないでしょうから、馬場状態に関係なく安定して抜けてこられる力を買うというところです。
 対抗は昨年の三着馬シーイズトウショウ
 基本、使い減りする馬ですから昨年のスプリンターズ S 以降精彩を欠いたのは単に使い過ぎでしょう。調教タイムを見ても衰えはないようですし、そうなってくるとこれまで一線級のスプリンターと互角以上の勝負をしてきた上、昨年三着の実績は素直に認めるべきでしょう。中京巧者の上、ポン駆けがきくのも魅力です。有力どころに差し、追い込みが揃い、これまで以上に相手が弱くなった今回は本当にこの馬にとって最後の GI 獲りのチャンスかもしれません。陣営も本気モードでしょう。
 単穴はエムオーウィナー
 シルクロード S 勝ち馬の割りに 55kg で展開にも恵まれたと言われそうで人気の盲点になりそうですが、勝った時計は優秀ですし、馬格がありますから 2kg くらいの斥量増はあまり関係ないように思います。それよりこの高松宮記念は実績より比較的勢いがものを言うレースというイメージがあって、目下二連勝中のこの馬に目がいった次第。

 あとですが…あとですか?…わかりません f^^;
 一応、今考えているのは、こういう混戦模様のときは「騎手買い」だと思っているので、昨年制しながら今年はパートナーを変えた柴田 善臣騎手騎乗のマイネルスケルツィ、小回り短い直線の舞台設定で追い込み馬に騎乗とは言え無視はできない武 豊騎手が鞍上のスズカフェニックスまでを本線として、昨秋の勢いにケチがついても鞍上は GI シルバーコレクター(失礼 m(_ _)m )横山 典弘騎手のアンバージャックを押さえに、大穴で福永 騎手騎乗のスピニングノアールというところ…自信全くなし orz
 追い込みはどうかと思いますが一発が恐いビーナスラインとか、近走いいとこなしとは言え去年の覇者オレハマッテルゼを無視していいのか?とか、初芝とは言え馬場が渋ればスリーアベニューありそう…とか、中京ではいいとこなしとは言えいつ来るかわからないタマモホットプレイどうすんの?…ってきりがありません。
 日曜日の馬場状態とパドックの雰囲気次第だな…当りますように<最後は神頼み…orz
# 本日、ただいま阪神競馬場。。。これから毎日杯。。。惨敗中 orz

| | コメント (0) | トラックバック (6)

ほんとにわからん!

 フルゲート 18 頭に対して、33 頭が登録。小回りで直線の短い平坦コース中京の今開催の最終週で、紛れも少なくはない舞台設定で、抜けた存在不在の戦国模様。いくら短距離戦は得意と言えども、これはわからん。ほんとに。
 一応、七歳になったとはいえ、歴戦のスプリンターと互角以上の勝負を続けてきた中京巧者、ポン駆け O.K. のシーイズトウショウ、こちらも八歳とは言え、ここ数戦戦績の安定しているプリサイズマシーンを中心視するつもりです。去年の三、四着馬ですし。。。
# 去年の一着馬は…遠慮するつもりです。

 当てたいなぁ。。。PAT 資金も底を尽きかけてるし。。。
 しかし、ドングリの背比べと思っていたのに、専門誌では印が結構寄っている。荒れる予感。。。大穴は。。。?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »