« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

JRA GI 2007 第五戦「天皇賞(春)」

 どうも最近、リズムが悪いです。
 高松宮記念~皐月賞と三連敗、で今週、苦手としている長距離線「天皇賞(春)」です。皐月賞などは狙っているところは悪くなかったのですが、最後に詰めが甘くなっていると言うか、拾うことを意識しすぎているような気がします。拾うことを意識しすぎて、何を信じて良いかわからなくなってしまっています。

 最後に信じるのは、自分の目です。今回はそれで行きます。
 と言うことで、前哨戦、阪神大賞典、産経大阪杯、日経賞と一番内容が濃く見えたのは日経賞です。
 阪神大賞典は、始終かかりまくった四歳馬ドリームパスポートを古馬がよってたかってマークしたあげくクビ差押さえきったのはアイポッパーだけ。三着以下は見所があったと言うっても最後の直線だけでした。
 大阪杯はメイショウサムソンが勝っただけのレースですし、そこへ行くと日経賞は同距離の昨年の有馬記念とほぼ同タイムでの決着は内容が濃かった証拠でしょう。と言うことで、本命はトウショウナイトで行きます。一昨年、四着の実績は買えますし、日経賞は勝ち馬と 2kg の斥量差がありました。距離実績も含めて、半馬身差は逆転可能でしょう。
 対抗はその日経賞の勝ち馬ネヴァブションです。
 菊花賞の 10 着は距離適正に一抹の不安を覚えますが、そこから明けて三連勝の勢いは買えます。
 単穴でメイショウサムソンを押さえます。
 はっきり言ってこの馬に関しては、距離適正に疑問を持ってます。ただ大阪杯は並んで抜かせないらしさを見せたことですし、昨秋は夏負けが尾を引いたとも聞きます。真価が問われる一戦でしょう。
 残り二頭は、なんだかんだ言っても阪神大賞典勝ちのアイポッパーと 3000m 超のレースで安定感がある阪神大賞典三着のトウカイトリックまでを本線とします。アイポッパーは決め手に欠けるという気はしますが、なんと言っても鞍上はスズカマンボで天皇賞(春)を制している安藤 勝己 騎手。馬より鞍上が怖い。トウカイトリックは 58kg の斥量がどう影響するか、また 3000m 超のレースばかりを使ってきてますから、見えない疲れが蓄積されていないかが気にはなります。

 押さえはデルタブルース
 距離的性的には抜けているとは思いますが、勝ちパターンがどうしても見えてきません。阪神大賞典で見せ場はあったと言っても所詮 4 着、上がり 3F 34.1 秒では…ただこちらも鞍上は今年絶好賞の岩田 康誠 騎手。長距離線では鞍上の力は無視できない要素ですから、やはり押さえておくべきでしょう。
 大穴は最初は指定席のファストタテヤマかと思いましたが、調教が抜群によく見えたユメノシルシを狙います。重賞初挑戦が GI と言うかなり無茶な挑戦に思えますが、今年の混戦なら三着はあるかもしれない。また芝はまだ四戦しかしておらず、ここ三戦は 2-1-0-0 。唯一着を外しているのは新馬戦の 1600m 戦。ひょっとしたらすごい大器かもしれないと言うことで先物買い。とにもかくにも調教の動きが抜群だったので「自分の目を信じる」と言うことを貫きます。

 当たろうが当たるまいが、狙いを明確に信念を持って当てに行くのではなく獲りに行く!今年は獲る!!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

淀の 3200m は荒れ模様?

 …という気がします。

 注目は阪神大賞典組に集まっているようですが、引っかかりまくって完全に脚を失った大本命を何とかこうにか交わしたような内容で、上位組が本命視されていることに違和感を覚えます。また二冠馬復活と称された大阪杯は 2000m のレースです。オペラハウス産駒=超距離大丈夫というのは個人的には疑問があって、菊花賞で失速したのも折り合いを欠いたことではなく、純粋にメイショウサムソンの距離適正ではなかったかと思うのです。
 実は強いのは日経賞組?
 いやいや週末までまだ時間はあります。じっくり悩みます…四連敗はほんとに避けたいので f^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万券を獲る秘訣

 スタンド前からのスタートは大きな出遅れもなく、サンツェッペリンが押してハナを切って1コーナーに飛び込んだ。一番人気アドマイヤオーラは後方に控え、二番人気のフサイチホウオーは1枠1番から外に持ち出そうとして後方のポジションとなった。二歳王者ドリームジャーニーも迷わず後ろにつけたために、後ろに重しがついたようになった上に、1コーナーを曲がりながら、若葉 S 勝ちヴィクトリーが押さえきれないスピードに乗って先頭に立ったために、縦に長く馬群が伸びていく。
 向正面に入って、先頭ヴィクトリーがのびのびと先頭を走る。それを追って少し間をおいてサンツェッペリン。穴人気を集める馬を間において、フサイチホウオーやアドマイヤオーラはまだ後ろ。ドリームジャーニーは未だ最後方。
 1000m 通過タイムが 1 分を少々切る程度。早いと言うほどのペースではない。しかし、有力どころはまだ動かない。
 最終コーナーが近づいて多少馬群は短くなって、先頭のヴィクトリーにサンツェッペリンが並びかけていった以外は、重心が後ろにかかったままで最終コーナーをコーナリングしていく。
 最終コーナーで進路を一度は内にとろうとしたフサイチホウオーが、内がごちゃついているのを見てか瞬時に判断を切り替え、外に進路をとる。外から被されながら慎重に外に進路を確保して直線を向く。しかし、先頭を争うヴィクトリーとサンツェッペリンまで 10 馬身以上ある。
 鳳凰が翼を広げる。桁違いの加速力で一直線に先頭を目指す。しかし、残りは 200m 。しかも先頭は止まらない。
 先頭ではサンツェッペリンが一瞬先頭に立つ。しかし抜け切れない。ヴィクトリーが粘る。これこそまさに二枚腰。止まるはずだった前二頭が止まらない。波乱のきな臭さがいきなり漂ってくる。
 ホウオーが来る。前が止まらずにあわてるように追いかけているはずの他馬が止まって見えるほどの末脚で迫る。届くのか!?
 怪物だ。ホウオーではない。内で二枚腰を使ったヴィクトリーにそれでも食い下がったサンツェッペリンをゴール前、クビを出して押さえきった。

 ラジオ NIKKEI 杯、まだ二戦目の馬が重賞ホース相手に二着に粘ったあのレース。
 そのとき思った「この馬は怪物だ」…それが証明された。兄リンカーンからの悲願の GI 制覇。今年の皐月賞馬の名はヴィクトリー。

 さ、サンツェッペリンって orz (またか…)
 最近、組み合わせの妙と三連複の威力で万馬券を獲っていましたが、馬連しかなかったときの万券を獲る秘訣を完全に忘れてました。
「万券を担ぐ馬は引退するまで担ぐ」
 京成杯の時も万券ではありませんでしたが波乱を演出しました。追っかけないとだめなんですこういう馬は…ここだったか…orz
 あぁ三連敗 orz
 あぁ…あぁぁぁ orz

 毎度のごとく一週間頭冷やします…次はここ最近当てた記憶のない天皇賞(春)ですし…
# 最後に田中 勝春 騎手 15 年ぶりの GI おめでとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

JRA GI 2007 第四戦「皐月賞」

 四戦無敗のフサイチホウオーか弥生賞馬アドマイヤオーラか?はたまた二歳王者ドリームジャーニーか?人気上位はここまでかなと思います。
 しかし、フサイチホウオーは四戦無敗と言っても、共同通信杯からニカ月ぶり、アドマイヤオーラは切れる脚があってもかかりが鈍いところがあり、ドリームジャーニーは折り合いに不安があります。

 いろいろ考えましたが、馬の力とローテーションを優先しました。本命はナムラマースです。1800m 以上では致命的な不利を受けたラジオ NIKKEI 杯以外は三着を外していませんし、アドマイヤオーラと同じくエンジンのかかりが鈍いところがありますが、二歳戦のときから「春はこれ!」と思っていたので、迷うくらいなら貫徹することにしました。
 本命が決まれば、あとは人気を集めるだろう上位組から、対抗はトライアルを叩いていれば本命にしたであろう期待のジャングルポケット産駒フサイチホウオーアドマイヤオーラを単穴(今回はアグネスタキオン産駒への偏見はとりあえず捨てます)に、次点でドリームジャーニーとします。
 本線最後の一頭は、ここまで差し・追い込み組から選びましたから、先行組から若葉 S 勝ちのヴィクトリーです。この馬も折り合いに不安がありますが、二戦目のラジオ NIKKEI 杯でフサイチホウオーを追い詰めた絶対能力を買います。
 さて押さえはアサクサキングスフライングアップルで悩んでいます。アサクサキングスはなんと言ってもきさらぎ賞からのぶっつけというローテーションが気になり、フライングアップルは決め手のなさが気になります。最終的にはパドックを見て決めようと思います。
 大穴で若葉 S 組から二着のサンライズマックスです。若葉 S ではあの最後 1F の加速力に惹かれました。トライアルでのパフォーマンスの派手さでは、ココナッツパンチが気になりますが、穴人気しているようですし、大外枠に入ったのもマイナスです。対して、サンライズマックスは真ん中より内に入りましたし、2000m 過ぎてから味がありそうな気もしますし、まだ底がありそうに思います。しかし、マイネルシーガルも調教がよく見えたので、これもパドックを見て入れ替えるかもしれません。

 牡馬クラシック第一弾、ここで流れを変える!三連敗はせんぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

打倒!フサイチホウオー!!

 とあるスポーツ紙の競馬欄の見出しです。
 個人的にもジャングルポケット産駒に期待しており、一時は「今年は上位独占か?」と思わせるほど勢いのあったジャングルポケット産駒ですが、結局、皐月賞にはホウオー一頭のみ。四戦全勝の一番の大物ですが、タイトルにあるように、他馬すべてを敵に回して戦えるほど抜けていると思えません。
 ましてや三連複であれば、伏兵も多士済々で枠順もしっかり考慮しなければならないでしょう。天気も週末は不安定そうで非常に悩みます。
 しかししかし、なんとしても三連敗は避けたい。。。悩みます。今年前半戦の命運を決めるレースの予感がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完敗、連敗…

 スタートでニシノチャーミーが大きく遅れたことが目立って、馬群を引っ張る存在だと思われていたショウナンタレントも立ち後れて先手がとれなかった。
 このことがレースが終わったあとに振り返ってみると大きな伏線であった。
 先頭に五頭が並び、その中から押し出されるようにアマノチェリーランが先頭に立つ。しかし、それに外から並びかけたのは、なんと二番人気、武 豊 騎手騎乗のアストンマーチャン。スタート直後は大外からゆったり出たように見えたが、すぐに折り合いを欠き口を割って、首を振りながら先頭に並びかけていく。何とか二番手に落ち着いたが、それでも折り合っていると言うにはほど遠い。そのアストンマーチャンの後ろにつけて先行集団にとりついたのは三番人気のダイワスカーレット。こちらはスタート直後に脚を使って、前にとりついたように見えたが折り合いを欠いているようには見えない。
 その後ろ、あまり長くならなかった馬群のちょうど真ん中あたりの外。ここに三強と言われながら圧倒的一番人気に押されたウォッカが淡々と追走する。折り合いを欠いているようにはとても見えない。
 大きく曲がる外回りとなった今年のコースでは、最終コーナーを前にしてもペースによどみがない。アストンマーチャンは早々と先頭に並びかける。ダイワスカーレットもそれをおうように外から加速を始め、もちろんウォッカもこれを追う。
 先頭アストンマーチャン、その直後馬場の真ん中ダイワスカーレット、大外からウォッカ。戦前の予想通りの三強対決を予感させる最後の直線の入り口。しかし、それは予感だけだった。
 アストンマーチャンにスピード感がない、馬群を突き抜ける力強さももちろんない。距離適正からくるスピードダウンという感じではない、完全にガス欠という感じ。前半かかったことがもろに響いている。
 早々と仕掛けたダイワスカーレットが徐々に抜け出る。一気には突き抜けない。鞍上 安藤 勝己 騎手もまだ本気で追ってない。明らかに四位 騎手のウォッカを待っている。狙うはチューリップ賞のリベンジか?
 一方でウォッカはまだダイワとは一馬身ほどの差がある。直線を向いた直後の追い出しの時、内によれたこともある。しかし、それだけではない。チューリップ賞の時と比較すると加速力に軽さがない。
 それでもウォッカがダイワスカーレットを捕まえた。そう思った。
 しかし、ここで鞍上 安藤 勝己 騎手の鞭が一閃、一気にダイワスカーレットが加速する。ウォッカがダイワのしっぽを捕まえたとき、再びよれたこともある。あっという間に突き抜けた。
 ゴール前、二馬身近い差をつけて早々と安藤 勝己騎手の右手が挙がった。
 勝ったのはダイワスカーレット。安藤 勝己 桜花賞 連覇!!

 完敗です。三強で落ちるとしたらと思っていた馬が勝ったのですから言い訳できません。
 そう思いつつ、ちょっと負け惜しみを言わせてもらうと、いつもの通り 5 頭ボックス+αで勝っていれば、おそらく獲って損でしょうが獲れていたかもしれません。少々予想におぼれて、欲の皮を突っ張りすぎました。三連敗を喫さないためにも深く反省です。
 しかし、ダイワスカーレットが強かったのもあれですが、ウォッカが気になります。パワーがあるのは誰の目にも明らかですか、個人的にはそのパワーに加えてスピード感というか軽快さがあったように思うのですが、全く今回のレースではそれが感じられませんでした。何か異常がなかったのか気になります。何事もないのであれば、ダービー挑戦の話もあったらしいですが、とりあえずオークスでリベンジを期待したいです。

 その前に、皐月賞で三連敗だけは、それだけは阻止したい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA GI 2007 第三戦「桜花賞」

 本命はウォッカです。これは逆らいようがない気がします。
 持ちタイムもあり、末は 33 秒台の脚を使え、調教タイムからもケチのつけようがありません。三連単で頭からだと危険を感じますが、三連複の軸であれば、三着を外すことはまずないでしょう。
 対抗は迷わずアストンマーチャンです。
 土曜日に雨が降りパンパンの良馬場が望めない以上、回転の速いピッチ走法は相当な武器になります。またアドマイヤコジーン産駒は単なる早熟ではないと言うことが前走で確認できましたし、一方で距離適正が指摘されますが、1 分 33 秒台の持ちタイムを持つ馬にマイルを不安視する方が失礼でしょう。
 単穴というか押さえでダイワスカーレットです。
 今年が二年目になるアグネスタキオン産駒ですが、去年の産駒からの傾向を見る限り「マイルから 2000m 前後までの超早熟血統」と言うのが個人的な結論です。二歳時から重賞を賑わせますが GI にはあと一歩、春のクラシックが始まる頃には限界が見え始め、秋にはすでに旬を過ぎてしまう。そう言う傾向にあるように思います。また本馬の母系を見ても去年復活したダイワメジャーを除くと,、そもそも早熟傾向があります。調教を見る限り、落ち着いている以外はチューリップ賞から大幅な上積みがあるようには思えませんし、下手をするとチューリップ賞がピークだったと言うこともあり得ます。三強と呼ばれる馬で落ちるとしたらこの馬でしょう。

 ダイワスカーレットが落ちるかもしれない…と言っても、他の 15 頭と上位 3 頭とは差がありすぎます。フラワー C のショウナンタレント、アネモネ S のエミーズスマイルも上位三頭に追いつくためには時計を 1 秒以上詰めなくてはなりません。正直、展開の助けがいるでしょう。
 結論、上位三頭の三連複、およびウォッカからアストンマーチャンへの馬単折り返し。あとはウォッカ、アストンマーチャンからダイワスカーレット以外へ総流し。

 超ハイレベルな桜花賞。咲き誇る桜以上に目に焼き付くようなレースを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

1 vs 2 vs 15

 ウォッカ大本命の桜花賞…そう言う様相を呈しています。
 実際、これには向かおうとは思いませんし、対抗視されているアストンマーチャン、ダイワスカーレットとその他の馬には明らかな実力差があると思っています。
 ではそのウォッカを本線として、アストンマーチャン、ダイワスカーレットどちらが本命を負かしににいける存在かと考えます。
 阪神ジュベナイルフィリーズで、アストンマーチャンは単勝 1.6 倍の圧倒的な人気を背負って、他 17 頭すべてからマークを受けるレースで、ウォッカにクビ差負け。対してウォッカが 1.4 倍の一本人気のチューリップ賞で、前々でレースを引っ張り、ウォッカがくるのを待ってマッチレースに持ち込んだダイワスカーレットとの差もクビ差。
 これをどう考えるか?
 結論は本命ウォッカ、対抗アストンマーチャン、押さえでダイワスカーレット。
 問題はこの結論をどう馬券戦略に結びつけるか?と言うことだと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »