« JRA GI 2007 第二十戦「阪神ジュベナイルフィリーズ」 | トップページ | 今年のレベルは果たして? »

また今年も…

 前走、逃げて力尽きたとは言えども、やはりエイムアットビップの能力は、この混戦ムードの阪神ジュベナイルフィリーズで注意するに足るもので、この馬をどこで捕まえるか?それが争点のように大半が感じていたはずである。
 しかし、蓋が開いてみれば違った。
 韋駄天娘エイムアットビップは中段でがっちり折り合い、一番人気オーディールを見て進む位置、控えると思われたエイシンパンサーが先頭に立つ想像もしなかった隊列が形成される。唯一、予想通りだったのはハイペースでよどみなく流れる展開となったことだけ。
 大きくゆったりと曲がる阪神の最終コーナーへ向かうカーブの途中で徐々に馬群は詰まっていき、最終コーナーを曲がってその場群は一気に横に広がった。ほとんどの馬が射程圏内に先頭をとらえる、いや先頭はどの馬かも判然としない、まさに横一線の大混戦。
 それでも外から詰められたオディールが一歩一歩抜け出してくる。それにぴったりと馬体を合わせてカレイジャスミン、内でじっとしていたレジネッタも内からするするとこれを追いかけてくる。しかし、それらをまとめて飲み込むかのように外を回ってエイムアットビップが脚を伸ばしてくる。
 そして交わした。エイムアットビップ先頭。
 エイムアットビップの鞍上 福永 騎手は、このとき「勝った!」と思ったとレース後語っているように、完璧なレース運びであった。誰もがエイムアットビップが先頭に立った瞬間、そう思えたはずである。
 しかし、その思いを、去年と同じ黄菊賞二着から、去年と同じ角居 厩舎から、そして去年と同じく一勝馬のトールポピーが一気の末脚でかき消した。他に乗れる馬がいながら抽選待ちの一勝馬を選んだ池添 騎手の目が正しかったことを、誰よりアピールしたかったのは、ゴールしてから何度も馬上でガッツポーズを繰り返した鞍上本人であることは間違いなかった。

 いや自分で本命に押しておきながら言うのも何なんですが、最後の直線で外から飛んできたときはびっくりしました。いや、飛んでくるならトールポピーだと思っていましたから、外から馬が差しきった事実にびっくりしました。
 どう考えてもエイムアットビップの完勝劇でした。
 それをひっくり返したこのトールポピーという馬の実力、はかりかねます。まぁ桜花賞はまだ先です。じっくり今後を見ていきたいと思います。
 もう一頭、レーヴダムール。トールポピーより切れるメンバー最速の上がりを繰り出したこの一勝馬にも今後は注目したいです。
# できれば今回は四着くらいにとどめて欲しかったですが…えぇ。外しました。この馬のおかげで… orz

 さて気分を切り替えたいところですが…今週は阪神 JF より難しいぞ…と (T-T)

|

« JRA GI 2007 第二十戦「阪神ジュベナイルフィリーズ」 | トップページ | 今年のレベルは果たして? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/17267999

この記事へのトラックバック一覧です: また今年も…:

» ゲームセンターCX シーズン1#6「ダービースタリオン」 [雑SHOW学]
●ダビスタを作った男エンターブレインゲーム特集有野の挑戦「アストロロボSASAに挑戦」海底面の次は・・・●アスキー特集 [続きを読む]

受信: 2007.12.04 00:40

« JRA GI 2007 第二十戦「阪神ジュベナイルフィリーズ」 | トップページ | 今年のレベルは果たして? »