« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

春はまだ遠い?

 さて 2007 年も終わり 2008 年が始まって、いよいよこれからクラシックの足音が日増しに大きくなってきます。
 ですが、去年は牝馬が史上最強世代と呼ばれるほどの豊作で、牡馬もクラシックを熱くした馬が何頭もいましたが、今年の明け三歳(昨年の二歳)は「今年の主役候補」と呼べそうな馬が、牡馬も牝馬もまだいないような気がします。

 牝馬はやはり阪神ジュベナイルフィリーズ組ですが、全兄のフサイチホウオーを見ていると二歳女王となったとはいえ、トールポピーも春になってどうかと思います。二着のレーヴダムールもまだ二戦しかしてませんし、三着のエイムアットビップは距離不安を、四着のオディールは決め手不足を露呈してしまったような気がします。
 一方で牡馬ですが、年明けになってやっと注目に値する一戦がありました。重賞のシンザン記念ではなくオープンの福寿草特別です。個人的にはビリーヴの初仔ファリダットに注目だったのですが強引に外を回って直線先に抜け出して伸びずに三着。そのファリダットに並びかけて競り勝った半兄にダート王ヴァーミリアンがいるキングスエンブレム。そのキングスエンブレムを直線一気に差しきった勝ち馬ブラックシェルの半姉には、昨年超ハイレベルの牝馬戦線で活躍したシェルズレイがいます。
 この超良血馬対決の一戦は今年のクラシックの前哨戦と呼んでも語弊がないくらいのハイレベルでしたが、個人的に注目馬で全勝馬がいなくなったこと、ファリダットの距離限界が見えたことが少々残念です。ブラックシェルはこれまでの戦績からいまいち信頼感に欠けますし、キングスエンブレムは血統からも本質はダート馬かもしれませんし…

 結論から言うと春はまだ遠いと言うことでしょうか?
 ここまでに挙げた三歳馬が基準になるでしょうが、逆に言うと、これからの三歳戦はよく見ておかないと、クラシック本番で戦歴の浅い超新星の出現に度肝を抜かれることになりかねません。要注意です。
 またそう思ってみれば、これから行われる前哨戦~トライアル~本番まで緊張感を保てるでしょう。 何にせよ、春は待ち遠しいものです (^-^)
# 今年は古馬戦線の方がおもしろいかもしれませんが…

 それではまた今年も次回はフェブラリーステークスの週にお会いしましょう
# それまでに去年のダメージから立ち直って鋭気を養っておかねば…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »