« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008 JRA GI RACE II 「高松宮記念」

 ドバイワールドカップ開催のため、武 豊 騎手不在。何のためらいもなく選択できます smile
 本命は昨年覇者 スズカフェニックス です。
 基本、人気を集めそうな実績上位組は脚質にあった枠に入ったとはどの馬も言いづらく、それならば阪急杯で負けたとは言え、トップハンデを背負って二着と底力を見せたこの馬を本命にするのが妥当でしょう。以前なら直線が短く小回りのコースで、追い込み一辺倒では…とも思うかもしれませんが、阪急杯で多少なら融通の利くところを見せました。乗り代わりとなる鞍上 福永 騎手の 1600m 以下なら抜群と言う印象があります。一着を外しても複勝圏を外すことは確率的に少ないような気がします。
 対抗は マルカフェニックス
 阪急杯は出遅れた上に、降着で結果だけ見ると 12 着惨敗ですが、五着からの降着と言うことを考えると、あれだけ流れに乗れずによく五着まで追い込んできたものだと言うことを評価します。実績は見劣りしますが、脚質にあった真ん中よりやや内目に入ったと言うことも加点要素です。
 単穴で狙うは ファイングレイン です。
 1200m で連勝して距離適正を見いだした感がありますが、シルクロードステークスを見ている限りまだ底を見せていないような気がしますし、追い込み一辺倒というのも、 1200m 戦二戦ではそうだったという話で、元はもう少し前でも競馬はできるはずです。こと 1200m なら爆発力は本命・対抗をまとめて交わすだけの脚があると思っています。
 残り本戦二頭は、左回りならと言うことでキンシャサノキセキ、減点要素は四ヶ月の休み明けだけという気がするスーパーホーネット

 さて押さえはローレルゲレイロです。
 確かに調子がいいことは認めますが、調教が手を抜きすぎという感がしますし、テンが速くはないのに外枠に回ったのが気になります。結構絡まれるともろいので、ポジション取りがうまくいかないとそれまでかなという気がします。
 大穴はブラックバースピン
 当日雨という予報がありますし、この馬も実績は見劣りがしますが、脚質にあった枠順を引きました。中京という舞台で鞍上は小回りの仕事人 中舘 騎手。そして、同じ関東馬のキンシャサノキセキと比べても見劣りのしない抜群の調教で、しかも前走、休み明けで 11 着でしたが、タイム的には 0.4 秒差。言うほど負けていないような気がします。雨さえ降れば…

◎ スズカフェニックス
○ マルカフェニックス
▲ ファイングレイン
△ キンシャサノキセキ
△ スーパーホーネット
× ローレルゲレイロ
× ブラックバースピン

 以上ですが、何となく大外二頭エムオーウィナーとタマモホットプレイが気になるところですが…まぁ当日パドックでよほどよく見えない限りこのまま行くでしょう。雨など降ればなおさらです。
 いや、一週休んで、次はクラシック桜花賞です。その前にここは獲る!!pout

| | コメント (0) | トラックバック (0)

After Dubai Meeting...

 砂漠の夜の夢「ドバイミーティング」に酔いしれた後は、日本では春の GI シーズンの訪れを告げる電撃の 6 ハロン戦「高松宮記念」が行われます。
 昨秋のスプリント女王アストンマーチャンの回避、スプリンターズステークス二着サンアデューの急逝、絶好調ローレルゲレイロの電撃参戦…早くも波乱のムードが漂っています。
 おそらく人気は福永 騎手に乗り変わりとなる前年覇者スズカフェニックスが背負うものと思われますが、他にもマイルチャンピオンシップ二着の四ヶ月の休み明けスーパーホーネット、高松宮記念とは近年相性の悪いシルクロードステークス覇者でスプリント戦連勝中のファイングレインと人気どころが不安要素を抱え差し~追い込み脚質に傾倒している感があり、また例年であればこの高松宮記念開催週は馬場の内側はぼろぼろなんですが、今年は妙に内馬場が荒れていないことなど焦臭さを感じずにはいられません。
 ボリュームがある馬券を穫りたいのは山々なんですが、昨春の宝くじのような荒れ方は勘弁して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今年はダート戦線が熱い!

 昨年末、JBC クラシック、ジャパンカップダート、東京大賞典と中央、地方の GI を連勝し、名実ともに国内ダート界現役最強となったヴァーミリアン。陣営はドバイワールドカップ再挑戦を目標に、ステップレースとしてねらいを川崎記念に定めたが、直前のアクシデントで回避、そしてフェブラリーステークスへの出走を決めた。
 しかし、一度の計算外で変わった流れは、同じく人気を集めるだろうと予想された現役最強牝馬ダイワスカーレットの直前の回避でさらに悪い方向に傾いていく。
「打倒ヴァーミリアン」
 現役最強ダートホース vs 15 頭と言う構図になり、またこれまで一度しか経験のないマイルという短い距離への適正も不安視された。
 陣営としては、この後の大一番を考えるとできることなら負担をかけず「国内現役最強」の看板に傷をつけたくないという気持ちは多かれ少なかれあったはずである。
 そんな陣営の思惑とは裏腹に圧倒的な一番人気を背負ってヴァーミリアンはフェブラリーステークスのスタートを切った。

 レースは大方の予想通り皐月賞馬ヴィクトリーが引っ張る展開で、その後ろにデアリングハートがつけた。ヴァーミリアンも含めて人気馬に差し、追い込み脚質の馬が集中したために、平均以下のペースを予想する声もあったが、ヴァーミリアンが絶好のスタートを決め好位に、それをマークするように三番人気のワイルドワンダーが、そして古豪ブルーコンコルドも前にポジショニングを決め、前半 1000m の通過タイムが 1 分を切るハイペースでレースは進んだ。
 スタート直後に出遅れた二番人気フィールドルージュが競争を中止し、末脚自慢のメイショウトウコンやドラゴンファイヤーなどが後ろで脚を溜める。波乱を予感させる焦臭さが、最終コーナー手前で充満してくる。
 前々で競馬をしていたヴァーミリアンが、外を回りながら、それでももったままで先頭との差を詰めてくる。同じ手応えで、そのヴァーミリアンを最初からぴったりマークしていたワイルドワンダーも上がってくる。しかし、東京コースの最後の長い直線を向いて、横一線の先頭も最後尾からでも十分射程圏だった。
「何が勝ってもおかしくない」
そう思った。
 しかし、ここからが違った。
 ヴァーミリアンが、このハイペースのマイル戦に流れに苦もなくついて行って、最終コーナーを回って直線で先頭に並びかけ、馬格を利してしっかり進路を確保した時点で、すでにマークしていたワイルドワンダーには鞭が入っていた。その他の先頭を走っていた馬はすでにヴァーミリアンについていけずにずるずる下がって行くように見えた。
 そして、鞍上 武 豊 騎手が満を持して追い始めると、ヴァーミリアンはまるで身体についた粉雪を払い落とすかのごとく、一瞬にして突き抜けてくる。すでにワイルドワンダーはおいすがれず、後ろで脚を溜めていたメイショウトウコン、ドラゴンファイヤーも導火線の火を消されたかのように不発、馬群の間を抜けてきたブルーコンコルド、外を回ってきたロングプライドが脚を何とか伸ばしたが、それでもすでにゴール前で流していたヴァーミリアンの脚色とあわせるのがやっとだった。
 現役日本最強ダートホース、その看板に偽りなし。レース前に陣営が思い描いたとおりの圧勝劇だった。

 ジャパンカップダートの時も圧巻でしたが、今回はそれ以上でした。トラブル明けで、事実馬体にも余裕があるように見え、ダントツの一番人気を一本かぶり、そしてほとんど経験のないマイル戦という舞台設定…結果全く関係ありませんでした。
 良いステップレースになったでしょう。間違いなく去年よりも強くなっていると思います。
「待ってろ!世界!!」
陣営でなくともそう言いたくなります。おそれいりました。
 前日に次元の違う走りで楽勝デビューした噂の良血カジノドライヴと言い、今年のダート戦線は馬券を離れても非常におもしろいです。

 さて本命としたワイルドワンダーが三着、ブルーコンコルドを押さえと予想して、馬券も勝ちはせずとも丸損は避け…られるはずでした。予想通りに買っていれば…
 14kg も減っていたドラゴンファイヤーを切れず、ペリエ騎手が直前に怖くなってロングプライドを…ブルーコンコルド切っちゃったよ orz
 今年も初戦からまた詰めの甘さ炸裂…まぁ今回はゆっくり考えている時間も取れなかったこともあるので…と言い訳しておきまして、次の高松宮記念で気合い入れ直してリベンジです。といってみる (^^;>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »