« 2008 JRA GI RACE I 「フェブラリーステークス」 | トップページ | After Dubai Meeting... »

今年はダート戦線が熱い!

 昨年末、JBC クラシック、ジャパンカップダート、東京大賞典と中央、地方の GI を連勝し、名実ともに国内ダート界現役最強となったヴァーミリアン。陣営はドバイワールドカップ再挑戦を目標に、ステップレースとしてねらいを川崎記念に定めたが、直前のアクシデントで回避、そしてフェブラリーステークスへの出走を決めた。
 しかし、一度の計算外で変わった流れは、同じく人気を集めるだろうと予想された現役最強牝馬ダイワスカーレットの直前の回避でさらに悪い方向に傾いていく。
「打倒ヴァーミリアン」
 現役最強ダートホース vs 15 頭と言う構図になり、またこれまで一度しか経験のないマイルという短い距離への適正も不安視された。
 陣営としては、この後の大一番を考えるとできることなら負担をかけず「国内現役最強」の看板に傷をつけたくないという気持ちは多かれ少なかれあったはずである。
 そんな陣営の思惑とは裏腹に圧倒的な一番人気を背負ってヴァーミリアンはフェブラリーステークスのスタートを切った。

 レースは大方の予想通り皐月賞馬ヴィクトリーが引っ張る展開で、その後ろにデアリングハートがつけた。ヴァーミリアンも含めて人気馬に差し、追い込み脚質の馬が集中したために、平均以下のペースを予想する声もあったが、ヴァーミリアンが絶好のスタートを決め好位に、それをマークするように三番人気のワイルドワンダーが、そして古豪ブルーコンコルドも前にポジショニングを決め、前半 1000m の通過タイムが 1 分を切るハイペースでレースは進んだ。
 スタート直後に出遅れた二番人気フィールドルージュが競争を中止し、末脚自慢のメイショウトウコンやドラゴンファイヤーなどが後ろで脚を溜める。波乱を予感させる焦臭さが、最終コーナー手前で充満してくる。
 前々で競馬をしていたヴァーミリアンが、外を回りながら、それでももったままで先頭との差を詰めてくる。同じ手応えで、そのヴァーミリアンを最初からぴったりマークしていたワイルドワンダーも上がってくる。しかし、東京コースの最後の長い直線を向いて、横一線の先頭も最後尾からでも十分射程圏だった。
「何が勝ってもおかしくない」
そう思った。
 しかし、ここからが違った。
 ヴァーミリアンが、このハイペースのマイル戦に流れに苦もなくついて行って、最終コーナーを回って直線で先頭に並びかけ、馬格を利してしっかり進路を確保した時点で、すでにマークしていたワイルドワンダーには鞭が入っていた。その他の先頭を走っていた馬はすでにヴァーミリアンについていけずにずるずる下がって行くように見えた。
 そして、鞍上 武 豊 騎手が満を持して追い始めると、ヴァーミリアンはまるで身体についた粉雪を払い落とすかのごとく、一瞬にして突き抜けてくる。すでにワイルドワンダーはおいすがれず、後ろで脚を溜めていたメイショウトウコン、ドラゴンファイヤーも導火線の火を消されたかのように不発、馬群の間を抜けてきたブルーコンコルド、外を回ってきたロングプライドが脚を何とか伸ばしたが、それでもすでにゴール前で流していたヴァーミリアンの脚色とあわせるのがやっとだった。
 現役日本最強ダートホース、その看板に偽りなし。レース前に陣営が思い描いたとおりの圧勝劇だった。

 ジャパンカップダートの時も圧巻でしたが、今回はそれ以上でした。トラブル明けで、事実馬体にも余裕があるように見え、ダントツの一番人気を一本かぶり、そしてほとんど経験のないマイル戦という舞台設定…結果全く関係ありませんでした。
 良いステップレースになったでしょう。間違いなく去年よりも強くなっていると思います。
「待ってろ!世界!!」
陣営でなくともそう言いたくなります。おそれいりました。
 前日に次元の違う走りで楽勝デビューした噂の良血カジノドライヴと言い、今年のダート戦線は馬券を離れても非常におもしろいです。

 さて本命としたワイルドワンダーが三着、ブルーコンコルドを押さえと予想して、馬券も勝ちはせずとも丸損は避け…られるはずでした。予想通りに買っていれば…
 14kg も減っていたドラゴンファイヤーを切れず、ペリエ騎手が直前に怖くなってロングプライドを…ブルーコンコルド切っちゃったよ orz
 今年も初戦からまた詰めの甘さ炸裂…まぁ今回はゆっくり考えている時間も取れなかったこともあるので…と言い訳しておきまして、次の高松宮記念で気合い入れ直してリベンジです。といってみる (^^;>

|

« 2008 JRA GI RACE I 「フェブラリーステークス」 | トップページ | After Dubai Meeting... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年はダート戦線が熱い!:

« 2008 JRA GI RACE I 「フェブラリーステークス」 | トップページ | After Dubai Meeting... »