« 2008 JRA GI RACE III 「桜花賞」 | トップページ | いや決して… »

混戦?…ほんとでした orz

 戦前に混戦が予想されていた割には、当日の人気は昨年の二歳女王トールポピー、ファンタジーステークス馬オディール、クイーンカップ馬で牝馬に先着を許したことのないリトルアマポーラが人気を分け合っていた。スタートにも波乱はなく、絶好のスタートを切ったエイムアットビップを、逃げ宣言を嘘にはすまいとデベロッペが押してハナを奪う。一方で、出遅れたと言うほどではないにしろ、少々出負けしたように後方に陣取ったリトルアマポーラにあわせたのでもなかろうが、トールポピーも出たなりで歩を進めたこともあって、勢いよく飛び出した先頭からの距離は見る間に開いた。
 結局長い隊列は二分され、人気のもう一頭オディールはその二分された馬群の前の方、その後方にポジショニングした。
 全くよどみなくレースは流れ、最終コーナーを迎えても二分されていた隊列が一つになったくらいで、一団と言うにはまだ長すぎた。先頭は持ったまま上がってきた韋駄天エイムアットビップ。後ろはどんどん外に広がって、人気のトールポピー、リトルアマポーラほとんど最後方に近い位置から馬体をあわせて追い出される。
 先頭のエイムアットビップは、我関せずとばかりに一人ゴールに向かって疾走する。後ろから追いすがってくる馬は少なくなかったが、なんと楽に追走していたと思われていたオディールが全く伸びない。しかもトールポピー、リトルアマポーラも伸びてはくるが、このゴール直前になって馬群が一気に縮まったせいで、飛んでくると言うような勢いは感じられない。
 あとゴールまで百メートルを切ったとき、足が止まったエイムアットビップを交わして先頭に立ったのはなんと昨年の新潟二歳チャンプ エフティマイヤ、内からするすると函館チャンプ ハートオブクイーン。外からリトルアマポーラ、トールポピーは必死にリトルアマポーラにすがっているのがやっとになっていた。その二頭の前からスパートをかけていたのはソーマジック、そしてレジネッタ。この土壇場になって、横一線に一気に馬群が縮まって先頭から数馬身のところにほとんどの出走馬がいるという大混戦。
 一度は先頭に立ったエフティマイヤに内からハートオブクイーン、外からソーマジック、この三頭をまとめて差しきったのは、人気のリトルアマポーラ、トールポピーを従えて最後の坂を圧倒的爆発力で駆け上がってきた小さな女王レジネッタ。大混戦、大乱戦、大逆転の桜花賞、鞍上 小牧 太 騎手の振り上げられた鞭を持った右手が、その最後を力強く、そして劇的に締めくくった。

 あ、唖然。。。呆然。。。混戦?…ほんとでした orz
 ゴール前、一瞬違うレースを見ているかと思いました。何せエイムアットビップ以外、自分の馬券に入ってないゼッケンの馬ばっかり (T-T)
 三連単 7,002,920 円。。。毎度言いますが「獲れるか!そんなもん!!」。。。当ててもがっくりな堅い決着も何ですが、あたりもしない宝くじ眺めるのも虚しいっす o...rz
 まぁ小牧 太 騎手 GI 初制覇が見られただけでよしとしましょう。
 それに去年学習しました。こういう決着を見せつけられて舞い上がってしまうと、獲れるものも獲れなくなるということ。冷静に行きます>皐月賞
 が、今年は難しい。。。皐月賞 crying
# そしてさらにわからなくなったオークス。。。

|

« 2008 JRA GI RACE III 「桜花賞」 | トップページ | いや決して… »

コメント

冷静にいきたいです > 皐月賞。

投稿: ippo | 2008.04.16 00:05

だめでした皐月賞 orz
# すみません。コメントもらったこと気づくの遅くて m(_ _)m

投稿: kay (管理人) | 2008.04.22 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/40892030

この記事へのトラックバック一覧です: 混戦?…ほんとでした orz:

« 2008 JRA GI RACE III 「桜花賞」 | トップページ | いや決して… »