« 最強のウォッカ | トップページ | 2008 JRA GI RACE XI 「宝塚記念」 »

捻りすぎには注意します

 今週は、前半最終戦、夏のグランプリ「宝塚記念」です。
 今年は春の天皇賞馬アドマイヤジュピタ、また安田記念馬となったウォッカは回避し、また前走 金鯱賞で復活の兆しを見せた GI ホース カワカミプリンセスも回避することになり、メンバー的には少々寂しくなった感もあります。
 しかし、復権を賭けるまだ今年未勝利のメイショウサムソン、天皇賞で古馬の壁にはじき返された菊花賞馬アサクサキングスの再戦を軸に、虎視眈々と GI タイトルをねらって前半最終戦を盛り上げる役者はそろっているのではないでしょうか?

 正直、直前に回避となったカワカミプリンセスを本命候補の一角と見ていたため、回避の報を聞いたときは、一瞬、いやな感覚を持ちましたが、逆に豪華とまでは言えませんが絞りきれないほどの多彩なメンバー構成の一戦で選択肢が絞れたと思うことにします。
 焦点は昨秋の天皇賞圧勝以来未勝利のメイショウサムソン vs 菊花賞馬アサクサキングスをはじめとする伸び盛りの4歳勢でしょうが、素直に名前を挙げた二頭がともに複勝圏に入ってくるとは思えません。
 メイショウサムソンの鞍上が武 豊 騎手であるため、本命は他馬にしますが、スローの上がり勝負になりそうな気がするのでアサクサキングスも強く押す気にもなりません。

 一捻り必要でしょう。ただし捻りすぎには注意して…coldsweats01

|

« 最強のウォッカ | トップページ | 2008 JRA GI RACE XI 「宝塚記念」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/41647690

この記事へのトラックバック一覧です: 捻りすぎには注意します:

» 宝塚記念 [徒然なるままに]
ウオッカもアドマイヤジュピタも、そしてカワカミプリンセスまでもが回避。ちょっと小粒感が漂う宝塚記念です。 そうなると、メイショウサムソンが1番人気になるのでしょう。前走2着に敗れたとは言え、これまで...... [続きを読む]

受信: 2008.06.28 09:41

« 最強のウォッカ | トップページ | 2008 JRA GI RACE XI 「宝塚記念」 »