« 誕生 | トップページ | 2008 JRA GI RACE XIII 「秋華賞」 »

春の三歳牝馬戦で学習したこと

 三連休明けの今週のメインは、三歳牝馬三冠最終戦「秋華賞」です。

 今年の三歳戦はこれまで五戦全敗。残すは今週の秋華賞、来週の菊花賞、全敗は避けたいところです。春の変則二冠馬ディープスカイの天皇賞への参戦で、菊花賞も乱戦模様になりそうですが、それよりも目先の秋華賞も頭が痛い。。。

 中心はここ二戦勝ちきれないレースが続いていますが、桜花賞馬レジネッタでしょうか?
 問題はオークス馬トールポピーの前走をどう見るか?またリトルアマポーラをはじめとするぶっつけで挑戦してくる春の有力馬の状態。。。考えどころは山ほどありそうです。

 ただ春の三歳牝馬戦で学習したことがたった一つ。エフティマイヤは出走してくる以上、絶対無視しないこと coldsweats01

|

« 誕生 | トップページ | 2008 JRA GI RACE XIII 「秋華賞」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/42790022

この記事へのトラックバック一覧です: 春の三歳牝馬戦で学習したこと:

» 秋華賞 [徒然なるままに]
春の G1 馬2頭を中心視するべきでしょうか。 G1 2勝のトールポピーは、未勝利勝ちが京都 2000m。ローズS を一叩きして、状態は良くなっているようですし、良馬場なら見直して当然でしょう。 一方のレジネッタ...... [続きを読む]

受信: 2008.10.18 06:39

« 誕生 | トップページ | 2008 JRA GI RACE XIII 「秋華賞」 »