« ブエナビスタの強さ | トップページ | 第 76 回 東京優駿(日本ダービー) (Jpn I) »

二つの疑問

 今年の春の GI シーズンも残るところ三戦。今週のメインは競馬の祭典「日本ダービー」です。

 さて三強との前評判の中、皐月賞ではアンライバルドが突き抜け、今回のダービーでは一強ムードになりつつあります。さてそこまでアンライバルドは抜けているのか?
 皐月賞馬がダービーで一番人気になると信頼性が高くなる傾向にありますが、それでも皐月賞はあまりにも鮮やかに勝ちすぎた感があります。逆に前走圧倒的人気を集めて大敗し、今回、穴人気の域を出ない程度まで落ち込んだロジユニバースの皐月賞ように、抜きんでた実力がない限り人気の一本かぶりは不利以外の何者でもありません。
 またこれは全く感覚的なものですが、皐月賞で見せた最終コーナーからの立ち上がりで見せたアンライバルドのあの切れ味。中距離馬の切れ方ではない…まるでマイラーのような切れ味。そんな気がするのです。
 ネオユニバース産駒は今年が初年度産駒ですから、距離適正も判然としない今現在で、過信は禁物かと…

 それともう一つ。
 新潟二歳ステークスで不良馬場の中、大外直線一気、14 頭ごぼう抜きの豪脚を見せたセイウンワンダー。あの馬場状態で見せたあの脚は、決して一介のマイラーのものではない。そしてこのレースを見たときから、この馬はただ者ではないと思っていました。そして二歳王者となり、皐月賞三着。
 これだけの成績を残していても、あの新潟のレースで感じたインパクトにはまだ足りない。
 後にも先にも左回りで走ったのはあれ一回だけ。ひょっとして、この馬、左利き?…

 所詮七連敗中の人間が言う戯言です…ご容赦を…

|

« ブエナビスタの強さ | トップページ | 第 76 回 東京優駿(日本ダービー) (Jpn I) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二つの疑問:

» http://wp.kncn.net/archives/196 [KNCN weblog]
競馬の祭典ダービーですね。 まずは皐月賞1,2着のアンライバルドとトライアンフマーチ。当然のようにここでも中心視なのでしょう。 アンラインバルドは急名乗り代わりがあった京都2... [続きを読む]

受信: 2009.05.30 23:59

« ブエナビスタの強さ | トップページ | 第 76 回 東京優駿(日本ダービー) (Jpn I) »