« 第 59 回 安田記念 (GI) | トップページ | 追悼アグネスタキオン »

VODKA MAGIC

 春の古馬マイル王決定戦 安田記念は、昨年の覇者、そして一昨年前のダービー馬ウォッカと、昨年のダービー馬、そして変則二冠馬ディープスカイの参戦により、三度目の新旧ダービー馬対決、そして最強古馬決定線の様相を呈した。

 レースは押して押し倒して前に出たコンゴウリキシオーが引っ張り、それを高松宮記念覇者ローレルゲレイロが折り合って進んでいった。
 前走牝馬限定 GI 戦とは言え、圧巻の楽勝で飾った一番に気ウォッカはその後ろの内目、それを見る位置にディープスカイが、そしてカンパニー、スーパーホーネットというマイルのスペシャリスト、そして立ち後れたスマイルジャック、最後方はファリダットという隊列が、最終コーナーに向かってその長さを縮めていった。

 最終コーナーを回って内から、ディープスカイがウォッカに並んでそのまま直線を向いて前に出る。ウォッカは慎重に進路を選んでいると、下がってくる馬上がってくる馬であっという間に周りを囲まれ、ディープスカイを含めて四、五頭が壁になって前に出られない。
 それでもぐっと脚をため前が開くのを待つ。
 そうこうするうちに先頭はディープスカイになり徐々に徐々に前に出る。ディープスカイ先頭。
 ウォッカはまだ出られない。まだ出れない。そして、ほんの少し開いた。きっかり一頭分くらいの進路と言うより隙間。その隙間に迷わずウォッカは飛び込んだ。
 しかし、先頭ディープスカイまでは三馬身。するすると馬場の真ん中をファリダット、そして迷わず大外を選んだカンパニーが突っ込んでくる。真横にはスーパーホーネット。

 絶体絶命。ウォッカの勝利の目は消えた。そう思った瞬間。時間が止まった。
 そうとしか思えないウォッカの脚が爆発する。狭い隙間を抜けたと思ったら、そのままディープスカイに並んで、きっちり 3/4 馬身交わした、そこがゴールだった。
 強い。まるでマジック。この舞台でこの馬に勝てる馬はいないと思わせるに十分な必殺のマジックだった。

 唖然です。完全にディープスカイの勝ちパターンで、個人的に甘く見ていたので脱帽だと思った瞬間、100m もないくらいの一瞬の出来事。並んで交わすたったそれだけなんですが、あまりにも非現実すぎて…
 で、ウォッカが抜けてきた瞬間、カンパニーも外から突っ込み、よっしゃ!と思った瞬間、残ったよ…内の馬…ふぁファリダット…買わなかったときに限って… 1400m までの馬じゃなかったのかよ orz

 あぁ9連敗…9連敗…9れ…
 あ、前振り時とネタが一緒 o...rz
 中二週、座禅でも組もうかしら…春全敗回避のためにも…

|

« 第 59 回 安田記念 (GI) | トップページ | 追悼アグネスタキオン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VODKA MAGIC:

« 第 59 回 安田記念 (GI) | トップページ | 追悼アグネスタキオン »