« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

二年ぶりの飛翔

 安田記念。
 完全に押さえきったと思ったところからのまさかの逆転劇でウォッカに敗れ去った昨年の変則二冠馬ディープスカイ。その完敗を喫したウォッカ不在。
 負けられない。その先にある凱旋門賞への扉を開くためにも。その期待も込めて 1.6 倍という圧倒的な一番人気に支持されて、夏の仁川「宝塚記念」の舞台に立った。

 対するはそのディープスカイを大阪杯で差しきったドリームジャーニー。そして、金鯱賞を完勝して、春ここ一本に絞って悲願の GI 制覇にかけてきたサクラメガワンダー。そして JC 馬スクリーンヒーローも復活をかけて仁川に乗り込んできた。
 その他にもカンパニー、インティライミなど GI タイトルを狙う実力馬も多士済々。

 それでも勝利は絶対条件。いや絶対と思われた。

 スタートし中団、外目を通って気合いいっぱいで追走しているディープスカイを見る位置でドリームジャーニー、そしてそのディープスカイの前々でサクラメガワンダーで、落ち着いて流れる馬群を二馬身ほど話してコスモバルクが引っ張る展開。
 その先頭を行くコスモバルクに、最終コーナー手前から差を詰めていたインティライミ、サクラメガワンダーが最終コーナーで並びかけ、それをめがけてディープスカイ、さらにその後ろから外を通ってドリームジャーニーが仕掛けてくる。

 全馬が直線を向いて、先頭はサクラメガワンダー、インティライミ、前につけていたスクリーンヒーローも必死に食い下がる。
 外からディープスカイ。やはり来た。しかし…
 そのさらに外からドリームジャーニー。小さな馬体をいっぱいに使ってディープスカイに追いすがり、さらにギアが一つ上がる。

 ディープスカイは伸びない。
 いや。ドリームジャーニーが跳んだ。完全にトップギアに入ってカタパルトではじき出されるようにドリームジャー二が突き抜ける。
 ディープスカイを一気に交わし、サクラメガワンダーに並ばれることもなかった。

 1 馬身 3/4 。ゴール前では手綱を押さえる余裕すらあった。
 二歳王者に輝いてはや二年が過ぎたとは思えない完勝劇だった。

 ディープスカイ、完敗でした。
 後ろから狙い澄ましていたドリームジャーニーはまだしも、押し出されて早め先頭に立ったサクラメガワンダーも捕まえられなかったのですから、完敗と言って差し支えないでしょう。
 安田記念では一発の切れ味で完敗。ここでは力尽きた感じ。やはりあんまり距離適正的守備範囲が広くないのでしょう。
 ロンシャンの 2400m はおそらくこの馬には長すぎるでしょう。
 秋はウォッカも国内に専念するらしいので、 GI 戦線をおもしろくしてもらうためにこの馬にも国内に集中していただきましょう。

 さて馬券の方ですが、三連複一番人気ですからさすがに押さえました。
 5000 円投資して 5040 円の回収ですが… orz

 いや、春全敗を回避しただけでもよしとしよう。。。全敗で秋に望むより精神的ダメージも軽かろう。。。このダメージを速いとこいやして、秋、がんばります!!
 では次はスプリンターズステークスでお会いしましょう (^^)/

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »