« 第 14 回 秋華賞 (GI) | トップページ | 秋華賞でわかったこと »

波乱の最終決戦

 桜花賞、オークスを制し、スティルインラブ以来、史上三頭目の三冠を目指して、春二冠の絶対女王ブエナビスタが秋華賞の舞台に登場した。間違いなく今秋一番の一戦とよいレースである。
 馬体重は 450kg 。大きく成長した跡は見られないが、それでもオークスより馬体重を増やし、そして何よりゆったりパドックを周回する落ち着き。すでに戦いを前にして絶対女王の風格を醸し出していた。

 対するは春二冠、両レースとも二着に泣いたレッドディザイア。
 三冠達成か雪辱の戴冠か?勝負の焦点はこれ一点と言わんばかりに、ブエナビスタ 1.8 倍に対してレッドディザイア 3.2 倍、三番人気ブロードストリート以下はすべて 10 倍台というウォッズが物語っていた。

 スタートは絶好のスタートを切ったレッドディザイアが先頭を見る位置につけ、最後方が定位置のブエナビスタは内枠だったこともあり、無理に下げずに1コーナーを回って自然にレッドディザイアを前に見る位置につけた。
 ヴィーヴァヴォドカ、ワイドサファイア、クーデグレイスと前を引っ張りそれ以降はほぼ一団最後方は武 豊騎手鞍上のミクロコスモスという長い隊列が、バックストレッチを通過して3コーナーから最終コーナーに向かって徐々に隊列を短くしていく展開。
 最終コーナーはヴィーヴァヴォドカ先頭で回ったが、直後につけていたクーデグレイスの外、すぐにレッドディザイアがとらえにかかって、すぐに捕まえた。

 京都内回り 2000m は直線が短い。それは周知の事実。そして後ろから来るのは、絶対の末脚を駆使する二冠女王ブエナビスタ。
 先行して先にゴールに飛び込む。たとえレッドディザイアであってもそれしかない。
 真っ正直に勝負に出たレッドディザイアの直後につけていたブエナビスタは、外からクーデグレイスを交わしたレッドディザイアとの間を一瞬狙った。しかし、進路が狭くなると見るや外に進路を変更した。
 このほんの一瞬の選択の間にレッドディザイアが伸びるやっと追い出したブエナビスタとの差は丸二馬身。
 炸裂する女王ブエナビスタの鬼脚、レッドディザイアをとらえる。そして半馬身差となったとき、さらにブエナビスタが伸びる。
 一瞬京都競馬場に、あの東京競馬場での一戦が再現されたようなデジャ・ヴュー…!?

 しかし、レッドディザイアは打ち破った。
 春の悪夢を、ブエナビスタ三冠の夢を…第 14 代秋華賞馬はレッドディザイア。今年、怪物牝馬は一頭ではなかったことを証明した。

 波乱…この事実をそう捕らえていた京都競馬場にもう一つ波乱の結果が待ち受けていた。
「ブエナビスタ三着降格」

 牝馬三冠最終戦「秋華賞」…その結末は秋にはあまりにも派手やかすぎるものだった。

 凱旋門賞を断念し国内専念を宣言したブエナビスタには史上初めての牝馬六冠完全制覇を期待してたんですけどね。古馬牝馬二冠はこれから何度か挑戦できても、ここはもう二度とチャレンジできません。
 牝馬六冠完全制覇はこれで夢と消えました。
 しかし、レッドディザイアは強かった。 -14kg の究極の仕上げ。陣営の執念が絶対女王の足下を揺るがし、名手の判断を迷わせたのかもしれません。
 二着となったブロードストリートは後味が悪いレースになったかもしれませんがこれも競馬。
 決着はエリザベス女王杯でつけていただきましょう。出走してくることを楽しみにしてます>ブエナビスタ

 え!?馬券ですか?
 今回は自信もって、付かないのでブロードストリートは外したので、当然外しました。本命対抗はきっちり馬券圏内に来ましたし、四着クーデグレイスも馬券に含めてましたから、予想は悪くない悪くない。
 ええ負け惜しみです

 さぁ次は菊花賞、菊花賞

|

« 第 14 回 秋華賞 (GI) | トップページ | 秋華賞でわかったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 波乱の最終決戦:

« 第 14 回 秋華賞 (GI) | トップページ | 秋華賞でわかったこと »