« 最強の八歳馬 | トップページ | 第 29 回 ジャパンカップ (GI) »

ジャパンカップに際して

 秋六連敗です orz
 まぁそんなにぽんぽん当たる方ではないですが、しかし今年の秋はひどい。三連単で二つまではつかむのに最後の一つが獲れない。
 最近、忙しくってちょっと予想が浅いと思いますし、なんと言っても馬券に戦略がない。人気馬を一通り押さえて、直感で二、三頭選ぶ。。。それでは当たらん

 ということで、ジャパンカップです。焦点はウォッカと、コンディイットの扱いでしょう。
 ウォッカは前走天皇賞(秋)でマイラー色が強くなってきていることを証明したようで、現状では 2400m という距離に関しては疑問を抱かざる得ません。
 次にコンディイットですが、何年かに一度、ジャパンカップに鳴り物入りで参戦する強豪馬がやってきますが、こういう馬はアウェーでしかも日本馬の集中マークを受けてなお勝ちきるには非常に難しいことを、過去の成績が証明しています。

 以上のことを、頭に置いて予想をじっくり組み立てていきたいと思います。

|

« 最強の八歳馬 | トップページ | 第 29 回 ジャパンカップ (GI) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップに際して:

» 2009 ジャパンカップ [KNCN weblog]
ウオッカが1番人気になっていますね。力を認めないわけではありませんが、今のウオッカにとっての適距離はマイルのような気がします。乗り変わった鞍上ルメールも先々週、先週と勝ってないのですよねぇ。ここは思い切って「消し」ということで・・・ 外国馬で人気になっているのが、コンデュイット。BC turf を2年連続で勝っているわけですから、実績は圧倒的。力も当然あるのでしょう。遠征にもなれているようですし、後は日本の芝がどうかというところ。ヨーロッパだけではなくアメリカでも勝っているのですから、馬場適正に関し... [続きを読む]

受信: 2009.11.28 16:18

« 最強の八歳馬 | トップページ | 第 29 回 ジャパンカップ (GI) »