« もう負けは許されない | トップページ | 薔薇の悲願 »

第 61 回 朝日杯フューチュリティステークス (JpnI)

 牝馬戦の阪神ジュベナイルフィリーズと比較すると、朝日杯フューチュリティステークスは本命サイドで堅く決まることが多く、負けが込んでいることもありこれ以上傷口を広げないためにも確実に押さえに行きます。

 本命は二戦二勝、東京スポーツ杯二歳ステークス覇者ローズキングダムです。
 枠も真ん中あたりに決まり偶数枠、前で競馬ができて切れる脚もある。朝日杯で有利な競馬ができるセンスがこの馬にはあります。折り合いに問題がないのも心強いです。

 対抗はトーセンファントム
 外枠になったことが最大の減点。対 ローズキングダムで前走押さえ込まれている上に枠順的にも不利があっては逆転は難しいかも…。それでも能力的には抜けているので、これ以上、評価を落とす必要もないでしょう。

 単穴はエイシンアポロン
 経験も多く、 1800m 戦でデビューして 1400m, 1600m 戦の方が成績がよいことを考えると、朝日杯はベストの舞台かもしれません。調教を見る限りは上位二頭より調子が良さそうに見えたので、ひょっとしたら逆転まで。。。

 残りはキングレオポルドと、中山 1600m 二戦二勝ニシノメイゲツ

 あとはダイワバーバリアン、ガルポ、ヒットジャポット、フローライゼくらいを狙っていますが、どう馬券戦略を作り込むかはこれから。

◎ ローズキングダム
○ トーセンファントム
▲ エイシンアポロン
△ キングレオポルド
△ ニシノメイゲツ

 さっきも言ったとおり負けは許されません。有馬記念前の最後の一戦、絶対獲る!!!bearing

|

« もう負けは許されない | トップページ | 薔薇の悲願 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/47064348

この記事へのトラックバック一覧です: 第 61 回 朝日杯フューチュリティステークス (JpnI):

» 朝日杯FS,阪神Cの予想、高確率に馬券になる馬も配信中! [激走!データ競馬ブログ]
朝日杯FS ◎ローズキングダム 注目できるデータでは、まず… 単勝オッズ3.9倍以内だと(2-4-3-0)。 人気になった馬は堅実に馬券圏内に来ていますね。 また、関西馬で4番人気以内では(6-2-4-8)です。 前走データから… 前走重賞で1番人気だった馬は(5-2-4-9)と良く....... [続きを読む]

受信: 2009.12.20 00:55

» ◎ローズキングダム [まとめて読む今日のニュース]
ローズキングダムが1番人気=競馬朝日杯FS 7 日本中央競馬会(JRA)は19日、第61回朝日杯フューチュリティステークス(GI、20日、中山競馬場)の前売り最終オッズを発表し、ローズキングダムが単勝2.5倍で1番人気となった。京王杯2歳ステークスを制したエイシンアポロンが4.9倍の2番人気。 ... (続きを読む) 【朝日杯FS】ローズキングダム悲願Vだ! 20091214... [続きを読む]

受信: 2009.12.20 03:41

» 2009 朝日杯FS [KNCN weblog]
ローズキングダムが1番人気。力はありそうですし、レースセンスもありそう。枠もよし。この馬を中心視したいところです。ただ気になるのが、この一族が G1 に縁のないこと。それなりに活躍馬は出ているのですが、こと G1 になると勝ちきれなかったりします。G2、G3 ではそこそこ勝っていますので、能力がないってわけではないでしょう。ロサードしかり、ヴィータローザしかり。母のローズバドに至っては、何度2着止まりだったことか。そんなところは引き継いでいないことを祈ります。 続くのがトーセンファントムとエイシンア... [続きを読む]

受信: 2009.12.20 08:11

» 朝日杯フューチュリティステークス(Jpn1)2009 ラップギア [競馬データによる必勝法]
朝日フューチュリティステークス(Jpn1)2009 ラップギアこんにちは てつです。出 [続きを読む]

受信: 2009.12.20 09:28

» 朝日杯フューチュリティS(2009年)【血統フェスティバル】予想 [【血統フェスティバル】blog]
【朝日杯FS】の予想。過去5年の1〜3着馬の血統掲載!血統知識不要で超便利な系統色分け出馬表あります。 [続きを読む]

受信: 2009.12.20 10:01

» 中山11R朝日杯FS【G?】 [中山4角先頭]
昨日の最終決断、◎タガノクリスエスは2着も、勝ち馬には 完敗でした。 道中もやはり行きたがっていただけに、距離は1400mの 方が合... [続きを読む]

受信: 2009.12.20 11:52

« もう負けは許されない | トップページ | 薔薇の悲願 »