« 圧倒 | トップページ | 第 61 回 阪神ジュベナイルフィリーズ (JpnI) »

絶対的存在不在

 阪神ジュベナイルフィリーズは、決して不得手にしている GI レースではありません。
 今秋、ここまでわずか一勝。年間通じても競馬を始めて最低の戦績に近い状態で、阪神ジュベナイルフィリーズです。去年はたった一勝馬とはいえど、ブエナビスタという絶対的本命がいましたが、今年は抽選対象馬も含めて絶対という存在はいなさそうです。
 裏を返せばここが逆転の最後のチャンスかもしれません。

「絶対的存在不在」と言いましたが、それは前評判上の話で個人的には枠順次第だと思っていますが、かなり注目している馬がいます。
 今年ここまで二歳戦を見てきて、もしかしたら来年の主役級か?と思わせる新馬が三頭います。一頭は先週、驚異的な追い込みを見せて勝ち上がったソリタリーキング、そしてもう一頭は来週の朝日杯に出走してくるローズキングダム。そしてもう一頭は、今週のジュベナイルフィリーズに参戦してくる牝馬です。

 この今年最後のチャンス、この馬にかけて…がんばります

|

« 圧倒 | トップページ | 第 61 回 阪神ジュベナイルフィリーズ (JpnI) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶対的存在不在:

« 圧倒 | トップページ | 第 61 回 阪神ジュベナイルフィリーズ (JpnI) »