« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

日本完全制圧

 昨年のジャパンカップダートでエスポワールシチーがファンの目に焼き付けたあの圧倒的なパフォーマンスは、たった数ヶ月くらいでは消すことはできなかった。
 ファンは期待していた。あのパフォーマンスをこのフェブラリーステークスの舞台でもう一度具現してくれることを。その期待が 1.8 倍という突き抜けた人気に寄せられていた。

 対する昨年覇者、昨年暮れの大一番 東京大賞典で砂の王者ヴァーミリアンをねじ伏せて意気上がるサクセスブロッケンは離された二番人気。

 この二強対決に割って入ろうというのは、芝の超一線級のスピード馬、スプリント春秋連覇のローレルゲレイロ、ダービー二着のリーチザクラウン、NHK マイルカップ二着のレッドスパーダなど虎視眈々と下克上をねらっていた。
 スタート直後の芝コースを利用して、予想されたとおりローレルゲレイロがハナを切り、それをレッドスパーダが追いかける。その後ろに、やはり芝コース部分でついていけなかった一番人気エスポワールシチーがつけたが、コースがダートに変わった時点で、内からレッドスパーダを交わしローレルゲレイロの二番手、その外でサクセスブロッケンがエスポワールシチーを見る位置でレースは進む。
 スプリント春秋連覇のローレルゲレイロが引っ張る展開は、決して遅くはない。しかし、そのペースにエスポワールシチーは楽に追走していく。それに対して外から追いかけるサクセスブロッケンはと襲いかかる勢いを必死に押さえているというよりややかかり気味。
 そして最終コーナーを迎えた。

 完全に直線を向いて、先頭をいくローレルゲレイロにもったまんまのエスポワールシチーが並びかけ、そして突き放す。ローレルゲレイロも決して力つきたわけではないが、そのエスポワールシチーに食らいついていけない。
 外から待ってましたとばかりにサクセスブロッケンが襲いかかるが、先頭に立ったエスポワールシチーに食らいつくどころか差を詰めることすらできない。
 エスポワールシチーの鞍上 佐藤 騎手が追い始めると、後続とは差が開くばかりで、延びているはずのサクセスブロッケンすら、後方ラチ沿いを差してきた明け四歳馬テスタマッタの末脚と比較して、直線半ばで力つきたように見えた。

 上位三頭は抜けていた。その三頭の中でもエスポワールシチーは走っている次元は違った。
 ジャパンカップダートに続き、中央ダート GI 連覇、交流 GI 併せて GI 四連勝。日本完全制圧を証明する勝利だった。

 すげー。つえー。
 なんか頭悪そうなコメントですが (^^;、それぐらいしか言葉が浮かびません。もしかしたら、ひょっとしたら。。。次のドバイワールドカップでの活躍を期待させるに十分な内容だっただけに、招待を辞退したことには少々残念な気がします。
 まぁ今年初 GI 、馬券も穫ったし、すごいレースも見れたし、今年はいい感じで競馬が楽しめそうです。。。たぶん、きっと (^^;;;>

Febrarystakes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010 第一戦 フェブラリーステークス (GI)

 昨年のジャパンカップダートのあの圧倒的なパフォーマンスを考えると、それ以来と言っても五歳となったエスポワールシチー優位は揺るがないように思います。
 また東京大賞典でヴァーミリアンをねじ伏せたサクセスブロッケンの地力はやはり上位で、この二頭を比較した場合、次(ドバイ)を念頭に置いていて JCD 以来となるエスポワールシチーに対して、東京大賞典を快勝して叩き良化の上積みも見込めるサクセスブロッケンでは甲乙つけがたいですが、東京ダート 1600m と言う条件を考えるとサクセスブロッケンには距離が足りないかと言う不安の方が先に立ちました。

 今回の舞台設定への適正を勘案すると、本命は昨年の JCD 馬エスポワールシチーでいいでしょう。当然、対抗はサクセスブロッケン

 上記二頭に対して、ほとんどのダート馬は勝負付けがすんでいる感があり、そこで芝路線組でダートへの適性が高そうな馬を単穴として抜擢することにしました。
 単穴はレッドスパーダです。
 父タイキシャトル×母父ストームキャットの配合は当時レコードで逃げきったメイショウボーラーと同じで、従兄弟にあのカーリンと言う血統。初ダートに戸惑わなければ、ダートに高い適性を示しても何の不思議もありません。

 残り二頭は JCD でも二、三着につっこんだレベルの高い明け四歳馬から叩いてさらに上積みの見込めそうなテスタマッタと根岸 S 勝ちのグロリアスノア

 大穴は芝路線組からローレルゲレイロを狙います。
 父 キングヘイローの産駒にダート実績は少ないですが、父母グッバイヘイローは米 GI ホースで、母系の血統もダートをこなせないようには思えません。
 調教も調子が悪いようには見えませんし、次を考えているとはいえ GI 馬。それに人気薄のときの方が走る馬ですし、一発があるとしたら…

 押さえは、オーロマイスターが取り消したので、同じく四歳馬からスーニ。距離が長いような気がするんですけどね。

◎ エスポワールシチー
○ サクセスブロッケン
▲ レッドスパーダ
△ テスタマッタ
△ グロリアスノア
× ローレルゲレイロ
× スーニ

 昨日のうちに更新するつもりだったのですが、世界のハイボール一本でノックダウンを食らいました orz
 考えは前日までにほぼまとまっていたので、やっつけでの予想ではありません。今年初戦ですから、当てたいですから、去年みたいなことは二度といやですからcrying

 今年初戦から獲る!!

| | コメント (0) | トラックバック (5)

いよいよ今年も競馬が始まる

 競馬に関して言えば、去年一年は散々な一年でしたが、もう過ぎたこと。今年は今年。今年も東京ダートのマイル王決定戦「フェブラリーステークス」から始めます。

 昨年、砂の一線級が勢ぞろいした感のあるジャパンカップダートを圧勝したエスポワールシチーが主役になるのでしょう。
 これに対するは昨年末の東京大賞典でヴァーミリアンを力でねじ伏せたサクセスブロッケンが先鋒になるのでしょうが、このサクセスブロッケンも昨年の JCD でエスポワールシチーには完敗しています。
 サクセスブロッケンを個人的には典型的な叩き良化型だと思っていますが、JCD 以来となるエスポワールシチーに対して良化分であの差が埋まるか?この対決の争点はここかと。

 ほかにも今年のフェブラリーステークスには芝の一線級が大挙参戦します。昨年の春秋統一スプリント王ローレルゲレイロを筆頭に、昨年の牡馬クラシック路線をわかせたリーチザクラウンなど、もし万が一、高いダート適正を示せば上位争いをしてもおかしくないような素質馬ぞろいです。
 波乱はあるか?への答えはここが握っているような気もします。

 さて今年も白星スタートといきたいので、久々に一週間、じっくり考えてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »