« 波乱のにおいがする | トップページ | 現役最強の証明 »

2010  第十一戦 宝塚記念 (GI)

 土曜日に雨が降って、日曜日に雨の心配はないようですが、パンパンの良馬場はどうも望めそうにありません。
 かといって、先週のレースをみていると、楽に先行した馬がそのまま残ってしまうケースが多く、踏ん張りの利かない馬場だとあまり後方からいく馬は危険かもしれません。

 その前提込みで、本命はブエナビスタでいいでしょう。絶対本命視は危険かと思いますが、少なくとも唯一死角は馬場の悪化かと思いましたが、完全な重馬場までは悪化しそうになく、鞍上が横山 典弘 騎手になってからある程度前で競馬が運べるようになったので、死角らしい死角はなくなりました。
 調教をみる限り、少なくともヴィクトリアマイルよりは良さそうですし、無理のないポジションで安全にレースを運ぶでしょう。距離的にも忙しいマイルより、後の天皇賞馬ジャガーメイルを京都記念で押さえ込んでいるように 2200m は問題のない距離ですし、なにせ阪神は三戦三勝の舞台。ここは無理に逆らわない方がいいような気がします。

 対抗は、天皇賞馬ジャガーメイル
 前走、天皇賞の内容は圧巻で、完全に前年覇者マイネルキッツが勝つ展開で、最後差しきった訳で、また宝塚記念は天皇賞馬が強いレースで、前走の内容も一皮むけた印象。
 鞍上ウィリアムズ騎手も自信を持っているようですし、ブエナビスタ同様ここは逆らわない方がいいような気がします。

 単穴はうまく内に入り、しかも前走天皇賞でも見せ場たっぷりだったナムラクレセント。もう三歳時の菊花賞で痛い目にあってからずっと追いかけています。
 内に入りましたし、雨も不得手ではないですし、テンションが上がりきることもないでしょう。一発にそろそろ期待です。

 残る本線は金鯱賞勝ちのアーネストリーと、エプソムカップ勝ちのセイウンワンダー

 で、押さえですが、昨年のダービー馬ロジユニバースと、昨年の覇者ドリームジャーニーで悩んでいます。
 どちらもネックはローテーション。いくら力があっても GI 戦。順調さを欠くことは減点にしかなりません。また良馬場にならないのであれば、決した馬格に恵まれていないドリームジャーニーが 58kg を背負っての競馬をしなくてはいけないのはちょっと苦しいのではないかと。
 逆にロジユニバースは久々を苦にしませんし、馬場状態は不問。ただ、日経賞のレース内容にはかなり不満があって、しかし、人気しないときの方が走る馬ですし難しいところ。

 大穴はアクシオン
 昨年末から年初まで三連勝、重賞に連勝を飾った馬ですが、金鯱賞では見せ場なし。なんだと思ったら落鉄していたようですし、どうでしょう?叩き一走で変わる可能性大かなと思っています。ただ外枠なのがなぁ。。。

◎ ブエナビスタ
○ ジャガーメイル
▲ ナムラクレセント
△ セイウンワンダー
△ アーネストリー

までとして、明日もう一回調教 V を見て練ります。
前半戦ラスト!勝ってしめる!!

|

« 波乱のにおいがする | トップページ | 現役最強の証明 »

コメント

どうもhappy01paper

はじめまして。
m(_ _)m


競馬中心のランキングサイトですが…

優良な競馬サイトを
募集しておりまして…


携帯中心ですが…

宜しければ
登録だけでも
お願いします。

http://mrank.tv/u/rank.php?id=anauma


_(._.)_


お邪魔しました。


ε=┌( ・_・)┘

投稿: うまなみうまなり | 2010.06.29 15:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/48729816

この記事へのトラックバック一覧です: 2010  第十一戦 宝塚記念 (GI):

« 波乱のにおいがする | トップページ | 現役最強の証明 »