« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

現役最強の証明

 人気投票一位、現役牝馬最強のブエナビスタが、牡馬を向こうに回して現役最強を証明してみせるか?
 これに待ったをかけるのはグランプリ三連覇を狙う前年覇者ドリームジャーニーか?復活を期する昨年のダービー馬ロジユニバースか?はたまた上り馬アーネストリー、天皇賞馬ジャガーメールとそうそうたるメンバーがそろった宝塚記念のスタートは切られた。

 スタートで後手を踏んでドリームジャーニーが後方になったが、楽に先行したナムラクレセントをアーネストリー、ロジユニバースらが追っていく。ブエナビスタも前目の内につけ、平均ペースの中、少々前のめりに馬群は進んでいった。
 出入りもなく、ぎゅっと隊列を縮めて最終コーナーから直線を向くまでに、ドリームジャーニーはぎりぎり外を通って先頭との距離を詰め、対して内で折り合っていたブエナビスタは馬なりのまま前との距離を詰めつつ追い出しを待つ。
 先頭のナムラクレセントにそうそうと並びかけたアーネストリーを内からブエナビスタが追いつめる。外からはドリームジャーニーも必死に足を延ばしてくるが届きそうにない。
 ブエナビスタ vs アーネストリーの一騎打ちか?
 誰もがそう思った瞬間、前の二頭に突き放されるばかりかと思われた馬群の中から一頭抜けてきた。
 大外を走るドリームジャーニーを上回る末脚で、一気に前二頭に並びかけ、鮮やかにゴール前で差しきったのは、前走メイステークスを快勝し、ここに臨んだ四歳馬ナカヤマフェスタ。
 落胆とも驚愕ともつかないどよめきのような歓声が、夏を待つ仁川にいつまでも鳴り響いた。

 ナカヤマフェスタ… orz
 ぐうの音も出ません。いいわけですが、やっぱり尋常じゃない忙しさの中、中途半端に予想しても、こんな穴は見つけられない。
 秋までには片付けて、仕切り直しです。
 まだ忙しい最中なので、また厳しい現実に一度戻ります。。。ではまた秋に (^^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »