« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

香港勢に日本馬はかなうのか?

 さて今週からいよいよ秋の GI 戦線が始まります。
 その第一戦スプリンターズステークスに先立って行われた前哨戦 セントウルステークスはダッシャゴーゴーが勝ちましたが、レースの内容をみる限り強さの印象が残ったのは香港からきた二着のグリーンバーディーの方で、前年覇者のローレルゲレイロも過去、香港でこの馬に完敗しているわけですから、この馬が強いとみるのが妥当でしょう。

 対する日本馬は先に挙げた前年の春秋統一スプリント王ローレルゲレイロ、休み明け初戦になってしまった春のスプリント王キンシャサノキセキ、今年の夏のスプリントチャンプ ワンカラット、勝ちきれないが大舞台では存在感を発揮するビービーガルダンといったところですが、どうもスプリント路線全体が小粒感を否めません。

 素直にグリーンバーディーを中心に、あともう一頭の外国馬ウルトラファンタジーをふまえて、日本馬に流すというのが基本思考路線でしょうか?
 秋初戦、日本の GI で歯がゆい話ですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »