« 香港勢に日本馬はかなうのか? | トップページ | 秋初戦から… »

2010 第十二戦 スプリンターズステークス (GI)

 さて秋初戦のスプリンターズステークス、ひとまず気分よく秋の GI 戦線を戦っていくためにも、きっちり押さえておきたいところ。

 本命は素直にセントウルステークスで驚異のパフォーマンスを見せた香港馬グリーンバーディーとします。
 2006 年のテイクオーバーターゲットがそうであったように、日本にまで乗り込んできて戦おうという馬が前哨戦であれだけのパフォーマンスを見せたのです。本番はあれ以上のパフォーマンスを発揮できる状態にあるとみるのが妥当でしょう。枠順もいい位置ですし、展開で不利がない限りは複勝圏に絡んでくるとみて間違いないでしょう。

 対抗は悩みましたがここも素直にワンカラットです。
 夏のスプリントチャンピオンといっても函館と札幌で各一勝、洋芝巧者とも思えますが、確かに 1200m 線では安定していて 1400m 戦でも勝ち星があるようにスピード一辺倒というわけでもありません。おまけに先述のグリーンバーディーが前哨戦で派手なパフォーマンスを見せてくれたおかげで、徹底マークにあうこともないでしょう。
 枠順も前を見てつけていくにはいい位置に入りましたし、ただ唯一中山初出走というところだけが気がかりです。

 大穴がビービーガルダン
 春、この馬で痛い目にあったので、素直に買っておきます。去年のキーンランドカップから勝ち星には見放されていますが、それでも阪急杯の大敗以外は見所のあるレースを続けています。しかも、中山では複勝圏を外したことがないですし、未だこのメンツに入れば実力は一線級でしょう。

 残り本戦二頭は、一度叩いて間違いなく変わってきそうな昨年度覇者、春秋統一スプリント王 ローレルゲレイロ 、今春のスプリントチャンプであまり久々を苦にしないイメージのあるキンシャサノキセキを。万全の体制であれば春秋連覇に向けてキンシャサノキセキが本命かと思っていたくらいですし、嘘か本当か「疝痛明けは走る」なんて話があるとかないとかも気になりますし。 

 平凡な予想になりつつありますが、押さえはもう一頭の香港馬ウルトラファンタジー
 ハナにたてないとだめらしいですが、自分の展開になれば強い馬らしいです。事実、この 5 月に香港の GII で本命にしたグリーンバーディーに勝ってますから、全く無視は危険かと。

 大穴はサンカルロ
 いつかくるんじゃないかと追いかけているわけ何ですが、調教もよく見せますし、今回はウルトラファンタジーをはじめ、ヘッドライナー、ローレルゲレイロなどいきたい馬も多いので超ハイペースの前崩れになれば内からするすると・・・あるんじゃないかなと思ったり。

◎ グリーンバーディー
○ ワンカラット
▲ ビービーガルダン
△ ローレルゲレイロ
△ キンシャサノキセキ
× ウルトラファンタジー
× サンカルロ

 さて、前哨戦のセントウルステークス勝ちの三歳馬ダッシャーゴーゴーですが、正直切る方向で検討してます。
 ここまでにあげた上位馬に何か当日異常が認められた場合は組み込みを考えますが、4kg 斥量差があっての結果、しかも今年のセントウルステークスはキーンランドカップに比べてレベルの差はさほどなかったとみます。そうすると実質 2kg しかない斥量差、しかも1枠2番って枠はちょっと厳しいんじゃないかと思います。

 安くついても さくっと当てよう 秋初戦・・・ということでいざ、勝負。

|

« 香港勢に日本馬はかなうのか? | トップページ | 秋初戦から… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010 第十二戦 スプリンターズステークス (GI):

» 2010 スプリンターズS [KNCN weblog]
秋の G1 開幕ですね。 一番マイナス材料が少なそうなのが、グリーンバーディー。前走のセントウルステークスでも一番強い競馬をしたように感じます。この馬あたりを軸に考えるのが無難なのでしょうか。 続くは春のスプリントチャンプ、キンシャサノキセキ。間隔が空いたことは気になりますが、この面子であれば無視するわけにはいかないでしょう。もう1頭、言い枠をひいたワンカラット。夏のスプリント戦線で結果を残しましたし、この距離が一番合っているのかも。 この3頭を中心に、3連複でも買っておくのがいいのかなぁと思ってい... [続きを読む]

受信: 2010.10.02 17:43

» web競馬新聞『web楡馬』<第44回 スプリンターズS>号発行 [楡馬blog]
 web競馬新聞『web楡馬』スプリンターズステークス号(通巻104号)を発行しました。 日中関係のことはよく分かりませんが、中日関係はようやく優勝が決まって落ち着きましたね。 えー、いきなりプロ野球の話か...... [続きを読む]

受信: 2010.10.02 22:11

« 香港勢に日本馬はかなうのか? | トップページ | 秋初戦から… »