« たった 600m …その先に | トップページ | 菊花賞という難しいレースの評価と結果 »

2010 第十四戦 菊花賞 (GI)

 結論から言いましょう。
 ダービー馬 エイシンフラッシュの回避で貧乏くじを引いたのは、ダントツの一番人気に押されるだろう二歳チャンプ ローズキングダムでしょう。
 おそらくですがこの馬にとって 3000m は距離が長すぎます。これがまず前提ですが、その不利な舞台設定の中、他 17 頭の徹底マークを受けては想像以上に厳しいレースになることが予想されます。
 明日は良馬場になること、鞍上が長距離 GI での実績豊富な武 豊 騎手であること以外の優位点はないと言っていいでしょう。

 そこで本命はヒルノダムールです。
 唯一、札幌記念からというローテーションが気になりますが、2400m のダービーで大敗したのはポジションどりの問題でこの馬自身も 33.3 秒であがっています。年明け以来のダービー以外のレースでは皐月賞を含めて世代トップの能力を発揮しており、母父ラムタラ×父マンハッタンカフェという血統も魅力。
 調教でもいい動きをしていましたし、京都二戦二勝というのも加点要素です。

 正直、ローズキングダムとヒルノダムール以外はこれといって目立ってよく見える馬はいませんでした。しかし、裏を返すと悪く見える馬もいなかったということ。
 こうなってくると実績と鞍上、そして輸送のある関東馬は基本不利という条件で絞りました。

 対抗はトウカイメロディです。
 すでに前日売りでヒルノダムールと並んで人気していますが、北海道で 2600m 戦で二連勝、2000m 以上のレースで 5 勝もしている馬を無視するわけにもいかないでしょう。
 個人的にはチーフベアハート産駒とはあてにならない馬の代名詞ですので評価を落として対抗です。

 単穴でねらっているのはシルクオールディー
 この馬もマンハッタンカフェ産駒で、神戸新聞杯では4番人気押されたほどの馬ですが、その神戸新聞杯での惨敗で人気急降下。ただこの馬も北海道で 2600m 戦を二勝していますし、重要なことはこの馬はトウカイメロディより重い斥量を背負って勝っているということ。
 また負けた神戸新聞杯は、超スローからの上がり一発勝負という長距離ランナーにはもっとも不利な展開になったレースです。神戸新聞杯の負けだけで見限るには危険すぎます。

 残り本線はこられると痛いローズキングダムと、京都で複勝圏をはずしたことがなく、また鞍上も二度目の騎乗になり、スペシャルウィーク産駒という長距離で化けそうな気がするレーヴドリアンまで。

 押さえは関東馬からアロマカフェ、大穴はコスモラピュタゲシュタルトで悩んでいます。
 まぁ菊花賞を逃げきった馬はセイウンスカイ以来いないわけで、それを考えるとゲシュタルトかなぁ…前走は休み明けの上、輸送という不利で一番人気を背負ってハイペースに巻き込まれるという最悪の展開でしたから。
 セントライト記念勝ちのクォークスターはアグネスタキオン産駒で菊花賞には不向きと判断しました。関東馬ですし。

◎ ヒルノダムール
○ トウカイメロディ
▲ シルクオールディー
△ ローズキングダム
△ レーヴドリアン
× アロマカフェ
× ゲシュタルト

 しかし、ここで重要な問題が発覚。PAT 口座に残金が…負けすぎ orz
 と言うことで今回は本線五頭ボックスオンリーで勝負することになるでしょう…くぅ不利、それでも負けない。負けてはならない!>菊花賞

|

« たった 600m …その先に | トップページ | 菊花賞という難しいレースの評価と結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010 第十四戦 菊花賞 (GI):

» 菊花賞(10年)予想 [血統適性blog]
展望ポイント 『菊三大好走血統』 展望はこちら [続きを読む]

受信: 2010.10.24 05:20

» 菊花賞の予想、勝率45.0%,連対率65.1%,複勝率72.5%のアノ馬中心。 [激走!データ競馬ブログ]
[AD]お金が必要なときだけ自由に無料で参加できる新しいサイドビジネス 菊花賞の予想 菊花賞 [菊花賞データまとめ] △単勝オッズ50倍以上 (0-3-0-68) ×関東馬で7番人気以下 (0-0-0-31) △追込み (0-1-1-47) △前走10着以下 (0-2-0-19) △前走オープンで10番人気以下 (0-2...... [続きを読む]

受信: 2010.10.24 07:13

» 勝手に菊花賞予想 2010年版 [一口馬主ヒストリー]
菊花賞 京都 芝 3000m 右回り #keibaエイシンフラッシュが筋肉痛で直前で回避となり、否が応でもローズキングダムに人気が集中。ダービー2着×武豊とのダブルブランドで鉄板な気もしそうですが、個人的には、京都新聞盃を制しているゲシュタルトを推したい。また、上がり馬トウカイメロディは当然として、シルクオールディーも押さえたい。またセントライト記念を制しているクオークスターも外せない。予想◎ゲシュタルト○ローズキングダム▲トウカイメロディ△シルクオールディー×クオークスター波乱予想の多い菊花賞だけ... [続きを読む]

受信: 2010.10.24 08:48

» 菊花賞(2010年)【血統フェスティバル】予想 [【血統フェスティバル】blog]
【菊花賞】の予想。過去5年の1〜3着馬の血統掲載!血統知識不要で超便利な系統色分け出馬表あります。 [続きを読む]

受信: 2010.10.24 08:56

« たった 600m …その先に | トップページ | 菊花賞という難しいレースの評価と結果 »