« 世代完全制圧 | トップページ | 2010 第十四戦 菊花賞 (GI) »

たった 600m …その先に

 さてダービーの一着、二着馬が夏を越し、前走神戸新聞杯であいまみえ、着順は入れ替わりましたが一着、二着をまた分けあいました。

 ダービー馬 エイシンフラッシュ vs 二歳チャンプ ローズキングダム

 菊花賞をこの二頭の対決とみるならば、ダービー馬エイシンフラッシュをとります。
 だだ二頭ともミスタープロスペクター系キングマンボの産駒を父とする産駒で、果たして 3000m という距離は?という中、エイシンフラッシュの父キングズベストは、今年の凱旋門賞馬の父となったわけです。
 対するキングカメハメハの産駒は重賞戦線で、このローズキングダムと三冠牝馬アパパネが 2400m の重賞を制しているのが最長距離で、この二頭に関していえば、距離適正より能力で距離を克服してしまった感は多分にあります。
 2400m までならそうです。しかし、菊花賞は全馬未経験の淀 3000m 。未知の 600m を克服するのは能力か、血統か?

 正直、セントライト記念二着のヤマニンエルブだと思っていたのですが、脚部不安で回避…しかも、今日、ダービー馬 エイシンフラッシュが回避するという報まで入ってきました orz
 いよいよローズキングダムには不利になってきたような気がします。と言うところで、週末まで一から考え直しの最中です coldsweats01

|

« 世代完全制圧 | トップページ | 2010 第十四戦 菊花賞 (GI) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5967/49808864

この記事へのトラックバック一覧です: たった 600m …その先に:

» 2010 菊花賞 [KNCN weblog]
圧倒的な一番人気になってしまったローズキングダム。戦績的にはこの馬に人気が集中するのも頷けますが、幾ら何でも単勝1倍台は人気し過ぎ。周囲からもマークされることになるでしょうし、馬券を買うのは割が合わないような気がしてきました。 かと言って、他にこれといった馬がいないのも事実。ヒルノダムールが2番人気になっていますが、中距離向きのような気がします。トウカイメロディにしても、通常なら穴人気といったところ。 トライアルでそれなりに走った、クォークスター、アロマカフェ、ビッグウィークといった馬たちも、帯に短... [続きを読む]

受信: 2010.10.23 16:52

« 世代完全制圧 | トップページ | 2010 第十四戦 菊花賞 (GI) »