« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

勝負の後味

「世界に挑む」
ジャパンカップに際してそう語られたのももうずいぶん昔のように思われる。ここにはドバイで、そしてフランスで世界の度肝抜いた日本が誇るチャンピオンホースたちが集結する。
 これはすでに世界に挑む戦いではない。日本で世界一を決める戦い。ブエナビスタとナカヤマフェスタの対決はそういっても恥ずかしくない一戦だった。

 馬群を引っ張っていく馬がおらず、意を決して先頭に立ったのはシンゲンが作り出した遅いペースの中でほぼ一団。ナカヤマフェスタはその場群の中でも前に、ブエナビスタは後ろにつけた。またもや立ち後れたペルーサが最後方。
 馬群は一団となったまま、3コーナーから4コーナーにかけてさらに隊列を縮めていき、その外を回ってブエナビスタが前へ進出していく。
 シンゲンがまだ先頭。その直後の位置にヴィクトワールピサ、エイシンフラッシュ、そしてローズキングダムと三歳の末脚自慢が顔をそろえる。

 そして直線。
 外を回って加速し続けるブエナビスタを追って、ジャガーメイル、オウケンブルースリが加速するが、ブエナビスタには届かない。
 さらにローズキングダムに並びかけ、そしてさらに前をとらえにかかる。一旦、引き離されたろーず金宇田無も食い下がる。
 内ではもがくエイシンフラッシュを後目に、ヴィクトワールピサが先頭にでる。これにブエナビスタが襲いかかる。
 その刹那、この二頭を前に進路を失ったローズキングダムが立ち上がった。ポジションを下げながら、そしてブエナビスタの外に回りながら、それでも食い下がる。
 抜けたブエナビスタ。ヴィクトワールピサの振り払い、ローズキングダムの追撃をしのぎきった。
 完勝…のはずだった。

「審議」の青ランプが消えない。スタンドのざわめきも消えるどころか徐々に大きくなっていく。長い長い審議が続く…その結果…
 掲示板に一着と表示されたのは「6」
 ブエナビスタ降着。一族の悲願、古馬 GI 制覇を達成したはずのローズキングダム陣営には戸惑いの色さえあった。

 見応えのあったレースですが、正直、後味が悪いですね。
 素人目には大きく斜交したようには見えませんでしたし、内に切れ込んだところ外ににはらんだヴィクトワールピサの間に運悪くローズキングダムがつっこんだ…と見えなくはないです。
 確かにあのスピードで前を交わしたブエナビスタが内に切れ込む必要があったかというと疑問ですし、あれがなければもっときわどい勝負になっていたとは思いますが、ローズキングダムが交わしきれたかも疑問です。
 という後味の悪さです。
 はっきり有馬で決着をつけて欲しいのは山々ですが、ローズキングダムは有馬で今年秋、重賞ばかり四戦目。来年を見てみたい馬ですし、ブエナビスタが秋三戦目で、両馬とも得意とするコースでもないですので、来年、宝塚記念あたりで白黒つけて欲しいと思います。

 しかし…
 帰国初戦で善戦するなんて言うかわいげのない三歳馬は嫌いですcrying
 あかん、最近、馬の距離適正を見切れてない。先般のエーシンフォワードといい、今回のヴィクトワールピサといい。。。レース展開の予想も交えてもうちょっと慎重に予想を組み立てる必要があるでしょう。
 残り今年あと四戦。反省は即結果に結びつけねば…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010 第十八戦 ジャパンカップ (GI)

 今年のジャパンカップ、日本馬を見渡すとチャンピオンホースばかりで、逆に外国馬は女王杯を圧勝したスノーフェアリーの回避で少々小粒感が否めません。
 それでも慎重に全馬の調教 VTR を確認しましたが、あの天皇賞の圧勝ぶり、鞍上はそのまま C. スミヨン 騎手となるとうかつに逆らわない方がいいように思います。
 本命は ブエナビスタ で。唯一気になるのは馬体重だけです。

 これに対抗すると見られる凱旋門賞二着馬 ナカヤマフェスタ
 帰国初戦でブエナビスタ相手にジャパンカップはしんどいだろうと思ってみたのですが、恐ろしいほどに動きがいいです。押さえくらいにしようかと思ったのですが評価を上げて、それでもやはり帰国初戦と言うところがどうしても引っかかり評価を上げても単穴で。

 では三歳馬はと言うと、同じく帰国初戦で、また 2400m で良績のないウィクトワールピサは除いて、ダービー馬エイシンフラッシュは一頓挫ありましたし、天皇賞(秋)二着 ペルーサのゲート難が一朝一夕に改善するとも思えません。そうなると、菊花賞二着ローズキングダムなんですが、正直、古馬の一線級相手に勝ちきれるか?と言うと 2400m という舞台設定では、超スローの上がり勝負にならなければもうワンパンチ足りないように思います。

 この他というと調教 VTR だけ見るならば、ジャガーメイルメイショウベルーガの動きが非常によく見えましたが、ジャガーメイルは前走でケチがつきましたし、このメンバーに入って中一週の GI 勝ちのない牝馬はなぁ…と言うことで、対抗はオウケンブルースリ
 こちらも一頓挫明けですが、調教でよく見せなくても久々でも確実な末脚を繰り出してくるタイプで、なんと言っても去年の二着馬。左回りにも不安はありません。

◎ ブエナビスタ
○ オウケンブルースリ
▲ ナカヤマフェスタ
△ ジャガーメイル
△ ローズキングダム
× エイシンフラッシュ
× ペルーサ

 日本馬ばかりになってしまいました coldsweats01
 外国馬でも調教 VTR を見てダンディーノ、フィフティプルーフ、マリヌスが気になっていて、もちろん調教が良かったメイショウベルーガも気になっています。
 あ!書き忘れましたがシンゲンも調教は良かった。
 ただそうも手を広げていられませんので、当日、パドックを見て日本馬を切って外国馬を組み込むか、それとも外国馬総切りで行くかを考えたいと思います。

 ブエナビスタが来るとつきそうもないので、しっかり勝っておきたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

The Rematch

 今週号の Gallop のタイトルのパクリですが、誰だって注目しているはずです。

 天皇賞馬 ブエナビスタ vs 凱旋門賞二着馬 ナカヤマフェスタ

 これに一頓挫あったオウケンブルースリ、春の天皇賞馬ジャガーメールに加えて、今年の皐月賞馬ヴィクトワールピサ、ダービー馬エイシンフラッシュ、菊花賞二着ローズキングダム、天皇賞二着ペルーサと三歳牡馬のトップクラスが顔をそろえます。
 秋は見応えのあるレースが続いていますが、今週の JC も見ているだけでも十分に価値のあるレースになりそうです。

 外国馬も八頭出走しますが、どの馬もアウェーの地で日本最強牝馬、凱旋門賞二着馬を向こうに回して戦えるレベルではなさそうです。

 さて The Rematch 、じっくり楽しませてもらいましょうか!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

意地の勝負

 混戦と言われた今年のマイルチャンピオンシップ。
 昨年覇者は引退、今年の春のマイル王は不調に喘いでいた。その中で一番人気にたったのは、天皇賞(秋)でブエナビスタを圧勝に導いた若き名手 C. スミヨン騎手を鞍上に迎えた上がり馬ダノンヨーヨー。そして二番人気は、昨年の三着馬、フランスから二度目の参戦になるサプレザ。三番人気となったキンシャサノキセキ、四番人気はハイレベルな三歳の良血馬トゥザグローリーまですべて鞍上は外国人ジョッキーという一戦となった。

 スタートでまず飛び出したのは帰ってきた NHK マイルカップ馬ジョーカプチーノがスピードの違いで先頭に立つ。次いで昨年の二着馬マイネルファルケ、テイエムオーロラ、スマイルジャックが前を追う。
 一番人気のダノンヨーヨーは少し立ち後れ気味に最後方の集団。かなりハイペースではあったが、それでも馬群はさほど長くならず、3コーナーから4コーナー、坂の下りを使って徐々に後方の馬も先頭との差を詰めていく。4コーナーを回るときには全馬先頭までを射程圏にとらえていた。

 早々と先頭のジョーカプチーノをとらえにかかったのはスマイルジャック。
 後方ではダノンヨーヨーが前方の進路が開くのを待って加速を始める。一度、追いつかれたサプレザも食い下がってダノンヨーヨー共々あがっていく。その前方でライブコンサート、ゴールスキーとゴールが近づくにつれ横一線の大混戦。
 ここから一頭、内目をすり抜けるように抜けてきたのはなんとエーシンフォワード。鞍上 岩田 騎手のアクションに応えて、一気にスマイルジャック、ジョーカプチーノを置き去りに、さらに後ろから猛追してくるダノンヨーヨー、ゴールスキー、サプレザに負けじとゴールに向かう。
 急追!猛追!!しかし、届かなかった。いや凌ぎきった。その差クビ。適距離ではないと言われ、外国人ジョッキーを鞍上に迎えた馬が上位人気となる中、日本人ジョッキー 岩田 康誠 騎手とで意地を貫いてみせた 1 分 31 秒 8 のレコードだった。

 ぐぅ全くノーマークでした orz
 正直、 1400m までの馬と思っていたので出走していたことも忘れてましたゴール前まで。。。
 しかしジョーカプチーノが作り出したハイペースをものともせず、経済コースを通ったとはいえ、本来は前が総崩れになる展開でレコード決着を制したのですから圧巻の勝利です。

 個人的には完敗。
 二着(◎)、三着(×)、四着(△)と大外しはしてませんし、ここで気を落とさず、連敗しないようジャパンカップに取り組みたいと思います。

 今回は恐れ入りました m(_ _)m >エーシンフォワード、岩田 騎手。。。と言うことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010 第十七戦 マイルチャンピオンシップ (GI)

 唯一、富士ステークス周りというローテションが不安ですが、かといって他にこの馬相手に圧倒できる馬は見あたりません。本命はダノンヨーヨーでいいでしょう。
 ここ二戦は実際にレースをみましたが全く危なっかしところもなく、今回、枠順も真ん中めのいいところに入りましたし、複勝圏を落ちる可能性は低いと感じます。

 これに対して対抗は久々のマイルとなるキンシャサノキセキ
 マイルという距離は久々ですが、短距離古馬路線で安定した成績を残していますし、昔のようにガツンと言ってしまうところもなくなりマイルもこなせるのではないかと。血統的にもどちらかと言えばスプリンター血統でもないですし、こなせてしまえば能力は GI 馬。上り馬ダノンヨーヨーに肉薄できるのではと。

 単穴はジョーカプチーノ
 1 年 5 ヶ月ぶりでスワンステークス三着の好走を見せながらさほど人気にもなっていないようです。+36kg の馬体であのパフォーマンスを見せるには相当な能力がないできない芸当でしょう。調教はよく見せないタイプですがタイムはそこそこにまとめていましたし、二走目の上積みで圧勝すらあって不思議はないと思っています。

 残るは昨年三着で直線レースでなくても能力を見せたサプレザ、連勝でここを狙って出走してきているテイエムオーロラまでは買おうと思っています。

◎ ダノンヨーヨー
○ キンシャサノキセキ
▲ ジョーカプチーノ
△ サプレザ
△ テイエムオーロラ

 さて他の秋の GI 戦線と違って古馬と三歳馬の斥量差は 1kg しかないこのマイルチャンピオンシップ。他の GI ならいざ知らず、ここで三歳馬が絡もうと思うと相当以上の実力がないと思っています。残り二頭はその三歳馬の中でもマイルを連勝する決め手のあるゴールスキーか、この土壇場で乗り替わりが気になって評価を落としたスマイルジャック、ペース次第で残りそうなマイネルファルケくらいからで考えています。

 抜けてる馬がいないので、土壇場で軸を変えるかもしれませんが大筋これで勝負です!>マイルチャンピオンシップ

| | コメント (0) | トラックバック (5)

スーパーホーネット引退

 天皇賞に出走して今週のマイルチャンピオンシップを狙ってくると思っていたスーパーホーネットが屈腱炎のため、無念の引退。二歳の頃から注目していて、いつかは GI がとれる末脚だと思っていただけに非常に残念です。
 そのスーパーホーネットの回避、そして春のマイル王ショウワモダンの不調で、一転混戦模様のマイルチャンピオンシップ。

 注目は四連勝で前走 富士ステークスで重賞初制覇を決めたマイル路線の新生ダノンヨーヨーでしょう。
 ここ二戦、レースをみましたが確かに危なっかしさがないですし、確実に繰り出される末脚は GIII 級以上のものでしょう。
 唯一、あまり良績のない富士ステークスからのローテンションと言うことが気になるくらい。

 あとレベルの高い三歳馬も大挙参戦するのが今年のマイル CS を難しくしている一つの要因かと思います。
 ここもしっかり考えてしっかり押さえたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

異次元

 今年の三歳馬はレベルが高い。
 夏以降の条件戦、重賞戦線でまでも三歳馬が活躍する今年。そのレベルの高い三歳馬の牝馬戦線を完全制覇した史上三頭目の三冠牝馬アパパネが、五つ目の冠を奪わんと古馬牝馬とのエリザベス女王杯に出走。当然のごとく一番人気を集めた。
 対する古馬牝馬は、牡馬王道戦線に挑戦する現役最強牝馬ブエナビスタ、そして海外を転戦するレッドデザイアの姿はないものの、前走、菊花賞馬オウケンブルースリを下したメイショウベルーガを筆頭に、一昨年前の女王杯馬リトルアマポーラが三歳馬を迎え撃つ。
 そして英愛オークスを制したスノーフェアリー、前走でレッドデザイアを撃破したアーヴェイと役者が顔をそろえた。

 レースはやはりアパパネ中心で動く。
 楽にはハナにたてなかったがテイエムプリキュアが離れた先頭を走り、三番手集団の先頭にアパパネ。その外にスノーフェアリー、後ろにメイショウベルーガ、サンテミリオン、アニメイトバイオと、アパパネの周りに人気馬がごった返す。そのアパパネの前々の二番手集団で競馬を進めていたのが、一昨年前の女王リトルアマポーラ。ここまでの集団が坂の下りから徐々に差を詰め、最終コーナーで先頭を射程圏にとらえて、一気に横に広がった。
 先頭に踊り出んとスパートをかけるリトルアマポーラをめがけて、アパパネ馬場の外目からスパート。
 その様子をうかがうように、さらに外を回ってメイショウベルーガ。

 しかし、一頭迷わず内に切れ込んだ。
 鞍上 R. ムーア騎手の大きなアクションに応え、小さな馬体を踊らせて目を疑うような末脚を繰り出したのは、英愛オークス馬スノーフェアリー。
 他馬が止まって見える。
 しかも追ってくるのは凡馬ではない。三冠を制した末脚、菊花賞馬をやぶった末脚を前に、まさに異次元の鬼脚。
 一気に四馬身突き抜けてみせた。エリザベス女王杯史上最大着差。女王の杯は史上初めて、イギリスに帰ることになった。

 ずいぶん久々にゴール前、開いた口がふさがらなかったと言うかフリーズしたというか、完全に目を奪われました。恐るべし競馬の国のオークス馬。
 40 時間もかけて輸送して、早い時計も出さずあのパフォーマンス。しかも、中一週で JC に挑戦するプランが有力らしいです。まさに怪物。。。
 アパパネの牝馬 GI 完全制覇の夢は先に伸びましたが、JC で日本現役最強牝馬ブエナビスタ vs スノーフェアリーの対戦が見られるのなら新しい夢が見られるというものです。
 一応馬券も獲れましたし。。。獲って大損ですが… o...rz

20101114

 いや外さないことが大事!マイルチャンピオンシップはがんばる!!pout

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010 第十六戦 エリザベス女王杯 (GI)

 今年の三歳のレベルは高い。現役最強牝馬ブエナビスタは牡馬王道戦線へ、レッドディザイア不在、その上で秋華賞一着、二着馬が出てくるのであれば、素直にこれを本命・対抗で行くことに決めました。
 本命はアパパネ、対抗はアニメイトバイオです。

 京都外回り 2200m になることを不安視する声がありますが、オークス馬にそれは失礼でしょう。
 調教もそんなに早くは見えなかったのですが、タイムはそれなり以上に出ていました。秋華賞以来栗東に滞在して、体調も悪くないのでしょう。
 ならばあの秋華賞での強さを信じます。
 アニメイトバイオも栗東に滞在して順調そうで、なんと言っても距離があった方がこの馬にはよいようで、前哨戦とはいえアパパネを破ったことは実績として十分でしょう。

 単穴は迷ったのですがサンテミリオンで行きます。
 秋華賞では出遅れ、しかも最後に内に潜り込もうとしてそれも封じられ、直線を向いたときには競馬をやめていたように思います。それだけに疲労はほとんどないと言っていいでしょう。
 なんと言っても今年のもう一頭のオークス馬。二走目で化ければ、あっと言わせる潜在能力は十分に持ち合わせているでしょう。ただ二度続けての長距離輸送というのが…

 残りは展開に左右される面がどうしても気になって評価を下げたメイショウベルーガ、プロヴィナージュ回避でペースが落ち着きそうで前々で粘り込むとしつこそうなセラフィックロンプまでは決めています。

◎ アパパネ
○ アニメイトバイオ
▲ サンテミリオン
△ メイショウベルーガ
△ セラフィックロンプ

 あと二頭なんですが、もちろん英愛オークス馬スノーフェアリー、レッドディザイアを破ったアーヴェイ、そして一昨年前の女王杯馬リトルアマポーラ が気になっています。
 正直、体調はアーヴェイの方が良さそうに見えますが、おそらく能力的にはスノーフェアリーが上なんですよね。そして、リトルアマポーラの前走を休み明けで上出来と見るか、競馬に成長がないと見るか…

 このあたりの最終決断は当時パドックを見て。
 さぁ一週開きましたが連勝と行ってみましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (8)

アパパネは強い

 史上三頭目の牝馬三冠、史上初の同世代牝馬 GI 完全勝利を達成したアパパネが参戦するのなら、京都芝外回り 2200m という舞台が適距離とは思いませんが秋華賞で感じた強さを信じるだけでしょう。
 その中心となるアパパネが、自分で展開をコントロールできるタイプの馬なので、昨年のような展開による波乱も見込めないと思っています。
 おまけに今年の三歳はレベルが高いので、牝馬戦であれば、ここ数年、エリザベス女王杯での三歳馬の活躍を見ても、また英・愛オークス馬スノーフェアリーも併せて三歳中心で予想を組み立てることが正解と思われます。

 対する古馬勢はメイショウベルーガが唯一信頼できそうで、対今年の三歳で古馬の実力を安定して誇示できる馬が他にいるかは非常に疑問です。

 個人的には「牝馬 GI 完全制覇」に向けてアパパネに注目する一戦です>エリザベス女王杯
 あとはメイショウベルーガか、アニメイトバイオもしくはスノーフェアリーを絡めてどう拾うかをじっくり考えたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古馬になった本当のブエナビスタ

 これまで三度、牡馬の壁に戴冠を阻まれてきた。それでも現役最強牝馬、いや現役最強馬として評されるブエナビスタが、芝 2000m 戦になってから史上四頭目となる女帝の座を目指して天皇賞(秋)に参戦した。
 当然のように圧倒的一番人気を背負ったブエナビスタに対して、レベルの高い今年の三歳勢も加わって、まさに「ブエナビスタ包囲網」…という戦いだった。
 逃げ宣言をしていたシルポートを先頭にコンパクトにまとまった馬群のど真ん中にブエナビスタ、その前には宝塚記念の雪辱を晴らそうというアーネストリー、内にエイシンアポロン、外にアリゼオ、後ろぴったりに末脚自慢のスパーホーネットや、スタートで立ち後れたがこれも末脚には覚えのある三歳馬 ペルーサ。
 台風一過、心配された最悪の馬場状態は回避したやや重馬場の東京コースの広さとは裏腹に、最終コーナーを曲がりつつ馬群はさらにコンパクトに、超接近戦の様相を呈してくる。

 しかし、ブエナビスタは動かない。
 鞍上は初騎乗の C. スミヨン騎手。若き世界の名手は動じない。馬群の真ん中堂々と、直線を向いて前が壁になっても流れに逆らわない。
 前方も後方も全馬思い思いにラストスパートをかけ始めると、自然、場群がばらつき、ブエナビスタ包囲網がゆるみ始める。ブエナビスタの前方に一頭分の進路が開いた。迷わずそこをめがけて加速することを指示する鞍上のアクションに、ブエナビスタは即座に反応する。
 そのすぐ外ですでに先に加速し始めていたアーネストリーにすぐさまとりつくと、並んでそして交わして、突き放した。
 アーネストリーも決して伸びあぐねているわけではない。しかし、そのアーネストリーが馬群から抜けようとしている傍らで、ブエナビスタは突き抜けてみせた。明らかに勢いが違いすぎる。
 ブエナビスタが置き去りにいていく馬群の中から、一頭ペルーサが目の覚める脚で抜けてきたが、位置取りが悪すぎた。ブエナビスタには届かない。
 鞍上スミヨン騎手が何度も後ろを確認でいるほどの着差、これまで届かなかったもどかしさを一掃する快勝であった。

 休み明けですよ。いくら何でも強すぎませんか?今までで一番強いブエナビスタを見た気がします。
 ペルーサも出遅れなければと言う話はあるでしょうが、たとえまともに出ていても、ブエナビスタがゴール前あれだけ余裕があったところを考えると交わせていたかは怪しいところ。
 松田 博資 調教師が「春は本調子ではなかった」と戦前からコメントしてましたが、これが古馬になった本当のブエナビスタとして、スミヨン騎手をまた鞍上に迎えて上積みも見込めるとしたら、これは次走のジャパンカップも本命にせざる得ませんねぇ…

Sc0000

 まぁ先のことはそのときまた考えるとして、安くても勝つことが大事!とりあえず秋初勝利です。
 少々馬券戦略を変え、本命 - 対抗を厚めにいって正解でした (^^)v
 よし流れが変わった!中一週、この感覚を噛みしめて、次のエリザベス女王杯も穫りに行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »