« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

この強さも本物

 スタート直後から押して前にでた前年ジャパンカップ覇者の一番人気トランセンドにセイクリムズン、マチカネニホンバレが外から競りかける。
 スタート直後の芝コースでスピードに乗れなかったのか、単に出遅れたのか、トランセンドと先頭を争うと思われていたフリオーソはなんと後方。
 先頭をいくトランセンドは、始終マチカネニホンバレにつつかれながら、それでも先頭を譲らない。

 最終コーナーを回ってトランセンドがまだ先頭、その外ぴったりとマチカネニホンバレ。そして馬群の中から、最強世代の呼び声高い四歳世代のバーディバーディ、ダート路線の上り馬ダノンカモンが抜けてくる。
 そして大外からフリオーソ。

 長い東京の直線、その半ばでいよいよトランセンドの鞍上 藤田 騎手がゴールに向かって追い始める。
 マチカネニホンバレは振り落とされ、バーディバーディは並ぶところまでも届かずこれも振り落とされ、ダノンカモンは差を詰め切れない。
 ただ一頭、最後まで追ってきたのはフリオーソ。しかしこれも届かなかった。

 見た目以上の圧勝。レース展開から言えば、挑戦者の立場から受けて立つ王者としてマークをうけ、ずっと厳しかったはずなのに、まるでジャパンカップダートの再現をみているようであった。
 前年、やはりジャパンカップダートとフェブラリーステークスを連勝した現役日本最強ダートホース エスポワールシチー、驚異のレコードで東京大賞典を制したスマートファルコンが不在のフェブラリーステークスであったとしても、このトランセンドの強さも本物。誰しもそのことをかみしめたレースだった。

 トランセンド強かった。
 何度もだめかとも思える厳しい展開になりましたがそれでもゴール板を一番に通過したのはこの馬でした。
 前年覇者エスポワールシチーも前々で押し切る勝ち方でしたが、そのレースの質はまったく違うように思います。じらさないでは早いとこ、エスポワールシチー vs トランセンド vs スマートファルコンの対決見てみたいものです。
# 今年のジャパンカップダートまで待たないと駄目なんですかねぇ…

20110220

 個人的には獲って損とはいえ馬券も獲れたしいいレースを見せてもらいました。
 今年もスタートはまずまず。さぁ来い>春の GI シリーズ!pout


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011 JRA GI 第一戦 「フェブラリーステークス」

 昨年のジャパンカップダート覇者トランセンド、東京大賞典二着、川崎記念を制したフリオーソがともに「ハナにたてば」というタイプの馬なので、ペースは平均以下になることはないと思いますし、かといって東京競馬場とはいえ前に行く方が有利なフェブラリーステークスではありますが前崩れの展開も怖いところです。

 まず前崩れは考えないことにして、中央のダート戦の実績からいってもトランセンドは頭一つ抜けた存在でしょう。
 JCD から直行といっても JCD 覇者に限るとフェブラリーステークスでの戦績はよく、また先行馬でやや外枠というのも、東京 1600m ダートという設定ではやや外の方が内で包まれないこともあって有利でしょう。
 本命で。

 対抗はダノンカモン
 前走でこのダノンカモンを下したセイクリムズンの方に人気が行っているようですが、根岸ステークスから 1F 延長となるこの舞台であればダノンカモンの方が実績は上で、ことマイルに限れば複勝圏を外したことがありません。
 ローテーションが詰まっている関西馬と言うところが気になりますが、当日の馬体重に影響がなければ、調教もよく見えましたし、このまま対抗で。

 単穴はフリオーソで、この馬の不安点はトランセンドとの折り合いと中央ダートでの適正だけでしょう。
 ただ実に丸二年ぶりの中央ダートで、安定感を増した今ならひょっとすると…

 残り本戦は、前が崩れたときはこの馬の末脚が…と思えるシルクメビウス、徐々に調子を上げている最強四歳世代からバーディバーディ、準オープン卒業後、オープンと GI 川崎記念で安定した成績を残しているのにまったく人気がないメイショウタメトモ、距離は長くとも勢いで突っ込めるのではないかと思える セイクリムズン までを考えています。

◎ トランセンド
○ ダノンカモン
▲ フリオーソ
△ シルクメビウス
△ バーディバーディ
× メイショウタメトモ
× セイクリムズン

 ここまでで上げなかった馬では、初ダートではないとはいえ、ダートの一線級相手ではどうなの?と思えるコスモファントム、調教がよく見えたんですが最近の戦績を見ると手を出せなかったオーロマイスターが気になるところ。このあたりは当日パドックを見て。

 さぁ 2011 年 GI 開幕。まずはがっちり決めときましょうか happy01

| | コメント (0) | トラックバック (7)

春よこい

 年末年始から寒くなる日が多くなってますが、東京・京都開催は今週が最終週で、来週から開催変わりになりいよいよ春の訪れを指折り数えて待つ季節となりました。
 そして今週は 2011 年 GI 開幕を告げるフェブラリーステークスです。

 昨年覇者のエスポワールシチー、東京大賞典を制したスマートファルコンの登録がなかったことは残念ですが、それでも昨年のジャパンカップダートを制したトランセンドが出走してきます。
 これに対して地方の雄、川崎記念を制して挑むフリオーソと言う図式が骨子になりそうですが、それ以外が三連複で押さえようとなると、ちょっと大変そうなメンバー構成です。
 また先述した二強が前へ行く脚質ですので共倒れと言う展開も、東京競馬場では怖い結末として念頭に置いておかなければなりません。

 まずは春を呼ぶためにもここはしっかり勝利を。2011 年の年間収支プラスを目指してここは確実に一勝を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »