« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011 JRA GI 第五戦 「天皇賞(春)」

 調教ビデオ、調教後の馬体重、すべてのデータに目を通しました。
 さすがに古馬の最高峰の一戦に臨む馬たちです。人気上位馬にこれといった異常を認められる馬はいませんでした。こうなってくるとレース展開、純粋に 3200m への適正、そして明日の「天気」を見極める必要がありそうです。

 どうも良馬場は望めそうにありません。
 そこを前提に考えて本命はマイネルキッツにすることにしました。
 四歳馬が強いことは承知の上で、それでも 3200m への適正、そして馬場が渋り本当のスタミナ勝負になったときにこれまでの実績、稍重の昨年の日経賞を勝っていることも含めて最上位に見ました。

 対抗はローズキングダム
 跳びの大きい馬なので雨はどうかと思いますが、そこまでひどくならない前提で 3000m を走ったことのある実績、内枠、鞍上 武 豊 騎手と言うところを上位に見ました。

 穴はナムラクレセント
 阪神大賞典のような落ち着いて前につけて先にスパートというスタミナ比べの展開になれば、阪神大賞典の再現も可能かと。

 あとは素直に強い四歳がから調教の動きが抜群だったエイシンフラッシュトゥザグローリー、そしてヒルノダムールペルーサまで。

◎ マイネルキッツ
○ ローズキングダム
▲ ナムラクレセント
△ エイシンフラッシュ
△ トゥザグローリー
× ヒルノダムール
× ペルーサ

 気になっているのは、あまりに雨がひどくなったときの コスモメドウビートブラックジェントゥー
 あまりにひどいようだとトゥザグローリー、ペルーサを切って大勝負にでるかもしれません。

 四歳馬が独占すればああそうかとも思うし、そう崩れればやっぱりねと思うでしょう。
 ええ、四歳馬が強いことはわかっています。ここで今年の四歳に勝負を挑んでみたいと思います。いざ、勝負!

| | コメント (0) | トラックバック (5)

春の天皇賞でも四歳は強いのか?

 強い四歳世代。。。日経賞一着トゥザグローリー、二着ペルーサ、三着ローズキングダム、大阪杯一着ヒルノダムール、三着エイシンフラッシュと前哨戦でも上位を独占しました。
 確かに強いのでしょう。
 ただ一つ気になることがあります。
 2400m までの中距離ではなく JRA の GI レースで最も長い 3200m と言う距離で行われる春の天皇賞は長距離戦です。事実、この強い四歳世代で菊花賞の冠をいただいたのは、今回上位人気を独占するであろう馬たちではありませんでした。

 菊花賞で二着したローズキングダム、七着とはいえ直線で追いづらかったヒルノダムールはともかく、春の天皇賞で一番人気になるであろうトゥザグローリーやペルーサ、エイシンフラッシュは 3000m 級のレースに出走すること自体が初体験です。

 サラブレッドは血で走る…それを最も思い知ることが多いのが長距離戦。人気に踊らされることなくじっくり考える必要がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その道の先で

 東日本大震災の影響で開催は一週順延され、舞台も中山から東京へ…
 風雲急を告げる状況の中、それでも一番人気に支持されたのは、前年二歳チャンプ決定戦 朝日杯フューチュリティーステークスでも一番人気に支持された弥生賞馬 サダムパテック。
 皐月賞三連覇にのぞむ岩田 騎手を鞍上に迎え、少し抜けた人気を集めた。

 そのサダムパテックは無難に中段の内。
 この前にダノンバラード、サダムパテックにぴったりとマークするようにナカヤマナイト、これらを目標にスプリングステークス馬オルフェーブル。
 少々向正面では縦長になった隊列が、先頭をはなして逃げたエイシンオスマンとの差を縮めながら大欅の向こうを回って最終コーナー、そして直線を向く。

 内に控えていたサダムパテックは前が開くのを待つ。当然、前のダノンバラードは射程にとらえる位置だ。
 後ろのナカヤマナイトは延びてこない。
 東京の広い直線、徐々に馬群が横に広がって前への進路が一瞬開いたそこを縫って、一転突破してきたのはサダムパテックではなくオルフェーブル。
 サダムパテックも抜けてきたが、オルフェーブルは三馬身先にいた。
 混戦と言われる三歳牡馬戦線、その第一戦であり、名馬への道とも言われる東京皐月賞を制したのはオルフェーブル。これを波乱というかは、これからのこの馬の通る道の先で振り返ってみなければわからない…

 はまった感もあるでしょう。ただはまっただけでは三馬身の差は説明できないとも思います。
 事実、人気となっていたナカヤマナイトを始め、三着ダノンバラード、きさらぎ賞馬トーセンラーらは実に二ヶ月ぶりの実戦だったのですから、ダービー時には上積みも考慮しなくてはならないでしょうし、マークされる立場になれば展開も違うでしょう。
 ただ、東京コースの適正は証明したわけですし、全兄ドリームジャーニーの戦績をみていると 2400m が長すぎるようにも思いません。
 ダービーが楽しみになった東京皐月賞と高楊枝をくわえてみることにします。

 ダノンバラード粘るかよ orz
 ええ、外しました。と言うことで、来週は天皇賞・春…長距離線は苦手なんです o...rz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011 JRA GI 第四戦 「皐月賞」

 突出してはいませんが、これまでの実績を鑑みると弥生賞覇者サダムパテックを無視することはできないでしょう。
 スローペースで中段に待機しゴール前できっちり差しきった末脚、中山とはいえ 2000m をこなして見せ、また東京スポーツ杯勝ちという実績もあります。
 また同じ弥生賞二着のプレイも無視はできません。2000m を前々で競馬して残ったわけですが、開幕週といえども今回は外枠がどうか…逆に若葉ステークス組でダノンミルカフナはどちらとも 2000m のレースばかりに出走し、淡々と流れた若葉ステークスを好タイムで押し切っているので、特にダノンミルは内枠を引き人気薄、問題は左回りの適正だけかと。ただ調教を見る限り右回りより左回りの方が向いてそうな気がしないでもないです。
 取捨選択が難しいのは、スプリングステークス組でスローを一気に指しきったオルフェーブルの競馬は見事でしたが、追い込み一辺倒というのは東京開幕週では強く押せませんし、スローで流れたのに 1800m を押し切れなかったペルシャザールも正直「?」です。ただ最後方近くから末脚をのばして出走権を確保したステラロッサは本来もっと前で競馬を運ぶタイプで、今回内枠を引きましたし、内で器用に立ち回れれば前走以上の結果を出しても不思議はないように思います。
 あと後方に控えて見所のなかったリベルタスですが、今回も外枠に入り苦しいと言わざるえません。
 そのペルシャザールに 2000m 戦で負けているナカヤマナイトも共同通信杯からの直行では強く押せませんし、その共同通信杯で完敗したダノンバラードも同じく直行では内枠の絶好枠以外に強調できる要素がありません。きさらぎ賞からの直行のトーセンラーも調教の動きは目を見張るものがありましたがローテーション的には「?」です。
 あと二頭気になる馬がいます。
 アーリントンカップを快勝してのぞむノーザンリバーです。ダートで二勝後に芝の初重賞で完勝。父アグネスタキオン × 母父マキャベリアンで 1600m を越える距離の経験がない、むろん左回りの経験もないのですがのが、内枠を引きましたし一発も考えられるのではないかと。
 同じく底を見せてないという意味ではロッカベラーノも怖いように思います。

 以上、まとめます。

 本命は弥生賞馬サダムパテック。対抗はスプリングステークス三着ステラロッサ。穴で若葉ステークス馬ダノンミルをねらいます。
 以下オルフェーブル、カフナ、ノーザンリバー、ロッカベラーノまでをひとまず考えています。

◎ サダムパテック
○ ステラロッサ
▲ ダノンミル
△ オルフェーブル
△ カフナ
× ノーザンリバー
× ロッカベラーノ

 ローテーションを無視すれば、調教のよかったトーセンラー、確実に上がり 3F 34 秒台の脚を繰り出してくるナカヤマナイトは気になりますが、当日のパドックをみて最終判断したいと思います。
 例年のようにローテーションが大きく結果に関わってくるかというと、桜花賞の結果をみる限り、変則的になっているのはどの陣営も同じで終わってみればやっぱり実績か…と言う結果になるのも怖いですが、牝馬戦線より牡馬戦線は実力は接近しているように思うんですよね…ここは下馬評を気にせず勝負にでると言う方針で最終決定もするつもりです。
 ここが馬券的には今年前半戦の一つ目の山でしょう。当てたい!いざ勝負!!

| | コメント (0) | トラックバック (7)

東京皐月賞

 さて 23 年ぶりに東京で行われる今年の皐月賞。トリッキーで直線の短い中山から、外枠不利、コーナーが少なく直線の長い左回りの東京へのコース代わりと言うだけで、例年とは傾向がまったく違うのに、加えて今年は突出した馬がまだ牡馬戦線では見あたりません。

 あえて言うなら、弥生賞を快勝したサダムパテックでしょうか。
 フジキセキ産駒ということで距離が伸びてどうかという不安はありましたが、弥生賞をみている限り 2000m までは問題がなさそうです。東京でも実績があります。
 ただ朝日杯フィーチュリティステークスの時がそうであったように 17 vs 1 の構図になっても勝ちきれるほどの実力差はなく、スタートがあまりうまくないと言うイメージもあります。

 こうなってくると枠順と展開の予想、騎手の力が重要な要素になってきそうで、東京開幕週ということもあり、前々で上手に競馬ができ 2000m を押し切れる馬が内枠に入ったら要注意かと。
 と言うことで現時点ではスプリングステークス勝ちのオルフェーブルを軸にすることはないということだけは決まっています (^^;
 あとはじっくり…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔見た末脚、再び

 去年の二歳女王、チューリップ賞を圧勝してこの桜花賞でも一番人気を背負うはずだったレーヴディソールは、直前で骨折、戦線を離脱した。
 代わって一番人気にたったのは阪神ジュベナイルフィリーズ二着 ホエールキャプチャ、エルフィンステークスから牝馬に先着を許したことがないマルセリーナが二番人気。約二ヶ月ぶりの実戦となる馬が上位人気を占める危うげなオッズが混戦模様を映し出しているようであった。

 淡々としたペースで引っ張るフォーエバーマークを先頭に縦に延びず、出遅れなくほぼ横一線でのスタートだったために馬群は団子状態。人気どころで好位につけたのはダンスファンタジアくらいで、マルセリーナは内に閉じこめられ、身動きがとれずに徐々にポジションを落としていき、ホエールキャプチャの後方、フラワーカップ勝ちのトレンドハンターに至っては最後方と言った状況で、先頭のフォーエバーマークとの差を詰めてさらに馬群がコンパクトになって最終コーナーにつっこんでいく。
 直線を向いて先頭のフォーエバーマークが引き離しにかかる。後続の馬群は思ったより横に広がらず、一番人気のホエールキャプチャはその大外を回って追い上げを開始し、これを追いかけるようにトレンドハンターも追い込んでくる。
 前は止まらない。フォーエバーマークの後ろにつけた馬群も差を詰め切れない。ホエールキャプチャ、トレンドハンターは届くのか?

 しかし、ゴール前の坂で状況は一変する。
 ホエールキャプチャ、トレンドハンターは完全にフォーエバーマークをとらえた。だが、突き抜けたのはホエールキャプチャでもましてやトレンドハンターでもなかった。
 道中内に包まれ後方に待機することになり、直線に向いても団子になった馬群が壁となった。それでもそれを割り、そして弾けるように飛び出してきて、一瞬にして先頭に躍り出た。
 どこかで見た…デジャブ…ではなかった。鞍上 安藤 勝己 騎手は同じでも、その檄に応えて鬼脚を繰り出したその馬の名はマルセリーナ。これが平成の天馬と呼ばれたディープインパクトの産駒初の GI 制覇となった。

20110410

 フォーエバーマークが逃げ切るかと予感したときはひやっとしましたがゴール前で一転した結末は意外に堅いものでした。
 また勝ったマルセリーナ、二着のホエールキャプチャーは二ヶ月ぶりの実戦だったので、次のオークスでは上積みを見込めそうですし、三着のトレンドハンターは逆に押せ押せのローテーションから間隔が開いてリフレッシュした状態で望めそうで、あの実力差を見ているとオークスはこれで着順が変わるだけという決着もありそうです。
 馬券は獲りましたけど獲って大損です orz
 まぁ獲っただけよしとしましょう。ひとまず流れは変えました。今年の三歳戦は牡牝とも突出した存在がいないので今後もしまっていく必要があるので負けても小さく負けることが重要!…と言うことにして、東京皐月賞がんばります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011 JRA GI 第三戦 「桜花賞」

 人気どころとなっているホエールキャプチャ、マルセリーナやダンスファンタジアは、二ヶ月以上間隔が開いており、トライアル組でチューリップ賞勝ち レーヴディソールはご存知のように骨折回避、フィリーズレビュー勝ちのフレンチカクタスは先述した有力どころに過去完敗を喫しています。
 期待していたドナウブルーも抽選を通過できず...こうなってくると実績、ローテーションを考慮して、フラワーカップ勝ちのトレンドハンター、チューリップ賞2着 ライステラスが有力に思えてきます。
 ではどちらを上にみるかというと、フラワーカップは阪神開催だったとはいえ、例年より一週遅くなって中一週で挑まなければならない方が影響が大きいように思います。

 本命はライステラスで行きます。
 チューリップ賞をみる限り、去年末とレーヴディソールとの実力差は縮まっていないように思いますが、逆に広がってもいないように思います。
 そうなってくると阪神 JF でライステラスを上回ったホエールキャプチャが約二ヶ月ぶり。逆転も可能でしょう。

 対抗はトレンドハンター
 フラワーカップ勝ち馬は桜花賞が相性といいのはここ数年の傾向で、またこの馬は前走が初芝で、上位組と直接対決がない「底の割れていない」ことが魅力。

 単穴は考えましたが、はまれば絶対の能力値は高いと思っているダンスファンタジアにします。
 母と同じく気性が勝っているタイプで、間隔が詰まっているより開いた方がいいように思います。距離適正的にもマイル向きではないと思えず、今回は人気も落としそうですし楽にレースが進められれば圧勝まであるかも知れません。

 あとの相手は、チューリップ賞三着、調教で抜群の動きを見せたメデタシ、気になるのはローテーションだけのマルセリーナ、押せ押せのローテションでも調教タイムに陰りの見えなかったハブルバブル。それと調教後の馬体減が気になって評価を上げなかったホエールキャプチャまで。

◎ ライステラス
○ トレンドハンター
▲ ダンスファンタジア
△ メデタシ
△ マルセリーナ
× ハブルバブル
× ホエールキャプチャー

 簡単にまとめるとフィリーズレビュー組は評価していないと言うことです。絶対女王レーヴディソールに果敢に挑んで結果を出したチューリップ賞組か、優先出走権を獲りに行かずに桜花賞までたどり着いたフラワーカップ組にかけます。
 これが混戦を断つ私の答えです。いざ勝負!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

さて困りました

 今年の桜花賞は絶対本命、昨年の二歳女王レーヴディソールで、三連複で取るなら二、三着探しでしょう…と思っていたら、その絶対女王が骨折。秋には復帰できそうと言う話もありますが、少なくともこの桜花賞、オークスはこの絶対本命離脱で一転混戦模様です。

 さて困りました。
 おまけに阪神ジュベナイルフィリーズ二着で、その後、クイーンカップを制したホエールキャプチャを本命となるのでしょうが、クイーン C 勝ちからのローテーションは桜花賞で負けて、オークスで巻き返すと言うイメージが強く、実際、クイーン C からの直行で人気を背負って桜花賞で良績を挙げた例をあまり知りません。
 かといって、トライアル組に目を向けると、フィリーズレビューを勝ったフレンチカクタスしかり、二着のスピードリッパーしかりダンスファンタジアに過去完敗しています。そのダンスファンタジアも前走、クイーン C で完敗してからの直行、しかも直前輸送での参戦です。

 うーん。これは難題です。
 せめてドナウブルーが抽選を突破してくれれば…と思っているのですが…coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けちのつけようのない連覇

 ヴィクトワールピサが世界を制したその日、中京競馬場の改修工事のために、桜を待つ阪神競馬場に春のスプリント王をねらう精鋭 16 頭が集結した。
 一番人気はオープン特別、シルクロードステークスを連勝して望む一昨年前の三歳マイル王、復活のジョーカプチーノ。これに対するは昨年覇者キンシャサノキセキ、そのキンシャサノキセキを前哨戦 オーシャンステークスで完封した「強い四歳」ダッシャゴーゴー。
 その他にも阪急杯を制して参戦するサンカルロなど、王座をねらう役者たちをそろえてスタートは切られた。

 先頭を行くヘッドライナーにジョーカプチーノ、ダッシャゴーゴーが食らいつく。それを見る位置にマイルチャンピオン エイシンフォワード。キンシャサノキセキはちょうど中段。
 先頭集団のポジション取りで弾き出されたかのようにジョーカプチーノが手綱を引いた。そうかと思えば、今度はウェスタンビーナスに故障発生、ずるずると下がりながら馬群から離れていく。
 落ち着かない馬群、その中で一番人気ジョーカプチーノは末脚にかけたか中段まで下がって、そのまま最終コーナーにつっこんでいく。
 直線を向いて、ダッシャゴーゴーが先頭を伺う。その直後につけていたキンシャサノキセキがこれに遅いかかる襲いかかる。一番人気ジョーカプチーノは外。
 しかし、そのジョーカプチーノが上がってこれない。一瞬内に進路を取ろうとしたが、うちの混み具合をみてすぐに外に切り替えた。しかし、さらにその外からあがってきた馬と内の馬に挟まれ万事休す。
 前ではキンシャサノキセキが抜けたかと思ったが、それに後ろからアーヴァニティー、ビービーガルダン、そしてサンカルロ!しかし、届かない。
 GI となって史上初、高松宮記念連覇達成!鞍上リスポリ騎手の右手が天をついた。

 なんかすっきりしないレースです。
 キンシャサノキセキの勝利にけちを付けるつもりはありません。事実、降着にはなりましたが三番人気のダッシャゴーゴーを交わし、阪急杯勝ちのサンカルロを押さえきったのですからけちのつけようがありません。
 しかし、ジョーカプチーノです。
 今回その実力の半分も出せていないように思います。鞍上には問題がなかったように思います。不幸すぎたと言わざるえません。
 う~ん。馬券もはずしましたし…不幸すぎたと言わざるえません (T-T)

 あかん。すかっと忘れますこのレース。次は桜花賞!大本命レーヴ!!…骨折 orz
 今年は先が思いやられます。。。 (_ _;>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »