« 2011 JRA GI 第六戦 「 NHK マイルカップ」 | トップページ | モチベーションが上がりません »

終わってみれば

 桜花賞、皐月賞、そしてこの NHK マイルカップと三歳路線は混戦を極めていた。その中で NHK マイルカップで一番人気に押されたのは、前年二歳チャンピオン グランプリボス。しかし、前走ニュージーランドトロフィー三着、前々走 スプリングステークス四着と年明けから勝ち星から遠ざかっており、そのオッズが示すように絶対の信頼を勝ち取っているわけではなかった。

 レースは先頭のフォーエバーマークに、クリアンサス、プレイ、エイシンオスマンが追いかける展開で中段外にグランプリボス。二番人気のコティリオンはスタートで立ち後れて最後方となり馬群は一度伸びはしたが、最初の 3F 33 秒台の速い流れながら徐々に馬群は縮んでいく。
 そして、先頭フォーエバーマークのまま、あまり横にも広がらず最終コーナーを曲がって行く。直線を向いてすぐにフォーエバーマークに襲いかかる先行集団を、内から捌きにかかったリアルインパクト、馬場の真ん中に進路を向けたグランプリボス、そして大外から一気に加速を始めるコティリオン。うまく捌ききれずに加速に入れないリアルインパクトを後目に、グランプリボスは進路の開いた馬場の真ん中、坂をものともしない伸び脚を見せる。この鬼脚を前に、メンバー最速で上がってもコティリオンの位置取りは後ろすぎた。
 年明け勝ちきれずにすきっとしないレースの続いた二歳チャンピオンが、海外挑戦に向けてすべての雑音を打ち払った、そしてこの世を去った父サクラバクシンオーに捧げた会心の勝利であった。

 混戦混戦…終わってみれば順当。よくある話、困ったもんです。
 はまったときの強さは、昨年末に思い知ったはずなんですがまた同じ轍を踏んでしまいました。二度も GI でマイルを克服したのですから、サクラバクシンオー産駒でも規格外だと考えることにします>グランプリボス
# 今年の三歳ではですけど。

20110508nhkmc

 馬券はとりましたけど、三連複一番人気の馬券を押さえで拾っても…まあ完敗よりましですか。
 よし!次はすかっと当てる!…ってブエナビスタ&アパパネではつかんか orz

|

« 2011 JRA GI 第六戦 「 NHK マイルカップ」 | トップページ | モチベーションが上がりません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終わってみれば:

« 2011 JRA GI 第六戦 「 NHK マイルカップ」 | トップページ | モチベーションが上がりません »