« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

進化する未来

 今年一年、勝ちきれないレースが続いていたが、ジャパンカップを制した現役最強牝馬 ブエナビスタが、昨年、一昨年と二着に甘んじた雪辱を果たすために参戦したこの有馬記念を最後に引退する。
 これに対するは、あのディープインパクト以来の史上七頭目の三冠馬 オルフェーブルが、ナリタブライアン以来の三歳三冠馬による有馬記念制覇を目指して出走してきた。
 無論、人気はこの両頭が二分。有終の美か、世代交代か?スタートは切られた。

 外枠ながら絶好のアーネストリーが、内のヴィクトワールピサを見ながら徐々に外を回って前に出て行く。その前を見ながら、トーセンジョーダン、そしてブエナビスタも出たなりで前につけた。
 一方のオルフェーブルのスタートはお世辞にも良くはなかった。
 しかし、一週目のスタンド前でようやくアーネストリーが先頭に立って、大人しくヴィクトワールピサ、トーセンジョーダンが後ろで折り合ったので、徐々にペースは落ちて、オルフェーブルも落ち着いて馬群にとりついて、ここからさらにペースが落ちる。
 前半 1000m の通過タイムが 63 秒という「超」のつくスローぺーすになって、楽に馬群を引っ張るアーネストリーが、ゆっくりと3コーナーにさしかかる前に徐々に外を通ってオルフェーブルが前に進出していく。
 そして、最終コーナーを回って、引き離しにかかる夏のグランプリホース アーネストリーに、外から襲いかかったドバイ WC を制したヴィクトワールピサとのポケットになったところにブエナビスタが突っ込んでしまう。
 ヴィクトワールピサと言えども、楽に回ってきたアーネストリーをなかなか交わせない。
 一度下げたブエナビスタが、外に回ろうとしたところから飛び出てきたのは、最強四歳世代のダービー馬 エイシンフラッシュ、そのさらに外からオルフェーブルが一気にくる。
 やっと前が空いたブエナビスタにはすでに突き抜ける力はなかった。しかし、先頭に立ったエイシンフラッシュも、史上七頭目の三冠馬オルフェーブルの末脚には及ばなかった。六つの GI を制した現役最強牝馬も、世界を制した最強四歳世代もまとめて超えていく進化する未来に、ファンは喝采を惜しまなかった。

 いや、ものすごいレースを見ました。
 オルフェーブルは強いのでしょう。ここから先、まだまだ強くなる可能性を秘めていると思いますし、日本の馬にありがちな軽い早さではないので来年凱旋門賞にチャレンジするのであれば、非常に楽しみです。
 ただ、超スローのレース展開で、展開の綾に絡め取られた馬も少なくないでしょう。来年もオルフェーブルの一人舞台にはならない楽しい競馬が繰り広げられそうです。

20111225

 何せ個人的にもエイシンフラッシュ(二着)、トゥザグローリー(三着)と最後まで信じた四歳馬が激走してくれ、すっごい久々に獲りました>有馬記念
 今年は天皇賞、宝塚記念、そして有馬記念とエイシンフラッシュが複勝圏に絡むと必ず馬券が獲れました。何せ久々にダービーを獲らせてくれた馬ですし、もうほんと大好きです。引退するまでついて行きます (*^^*)
 来年こそは GI を…がんばれエイシンフラッシュ!ということで、有馬良ければすべてよし!今年は気持ちよくおしまい (^^)v

 また来年、フェブラリーステークスの頃にお会いしましょう。良いお年を… (^^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011 JRA GI 最終戦 「有馬記念」

 勝ちきるとしたらオルフェーブル、惨敗しないのはブエナビスタ。。。このイメージそのまま行きます。

 本命はオルフェーブル、対抗はブエナビスタ
 これを中心に予想を組み立てます。

 オルフェーブルはやや外を引きましたし、無理に前につけることはないでしょう。おそらくブエナビスタは後ろにつけるオルフェーブルをマークしてでたなりで競馬を進めるでしょう。この配置でペースが早くなるイメージはありません。
 いくのはアーネストリーでしょう。二番手にはヴィクトワールピサトーセンジョーダンのどちらか。
 この三頭に優先順位をつけるとしたら、スローペースになることを想定して単穴でアーネストリーをとります。ヴィクトワールピサはいくら何でも JC で負けすぎました。調教で叩いているところを見るとまだぴりっとするところがないのでしょう。
 と言うことで、自動的にトーセンジョーダンヴィクトワールピサ を次点に選びます。
 さてあと二頭となりましたが、まず最初の一頭はエイシンフラッシュ
 秋の天皇賞はハイペースに巻き込まれ、JC はスローペースに飲み込まれましたが、今回はポジション次第と思います。鞍上はルメール 騎手に戻ってちょうど真ん中の枠。スタートで何かない限り積極的にいくのではないかと思っています。それでペースが落ちれば御の字です。
 同じく右回りになって変わりそうなトゥザグローリー
 なんせ全6勝はすべて右回り。どう考えても左回りが苦手なんでしょう。 JC も勝ちに行って沈んだわけですから、得意の右回りで今度こそというところ。

◎ オルフェーブル
○ ブエナビスタ
▲ アーネストリー
△ トーセンジョーダン
△ ヴィクトワールピサ
× エイシンフラッシュ
× トゥザグローリー

 で、手が回らなかったのですが、どうしてもローズキングダムが気になっています。
 ただ、天皇賞(秋)、JC とまったくいいところがなく、京都大賞典を見る限りは早熟とも思えないのですが、今回、鞍上がその京都大賞典を勝った、そしてダービー二着と相性抜群の後藤 騎手に戻ります。これで化けられそうな気がしてなりません。
 上記で選んだ馬に何か異常が認められれば組み入れたいので、パドックはじっくり見たいと思います。

 さあ泣いても笑っても今年これが最後の GI 。有馬良ければすべてよし。勝つぞ! (^^)/
 最後にここをご覧になったすべての方へ Good Luck! (^^)b

| | コメント (0) | トラックバック (4)

さぁどっち?

 さて今年も一年いろいろなレースがありましたが、いよいよオーラス「有馬記念」です。

 注目は、これが引退レースになる今年の JC 馬ブエナビスタと、ディープインパクト以来の史上七頭目の三冠馬オルフェーブルの、最初で最後の激突になる。ここでしょう。
 やっぱり一騎打ち、どっちが勝ったかと問われればオルフェーブルと思いますし、大波乱、残ったのはどっち?と聞かれるとブエナビスタと思います。
 単なるイメージですけど。。。

 そもそも堅く決まるか、波乱ありか。まずはそこから考え始めますかね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春までよく覚えておこう…

 若干の乱れはあったがスタートは切られ、抜群のスタートを切ったアルフレードを押さえて、ハクサンムーンが先頭に立つ。マコトリヴァーサルなども前に押し寄せ、先頭のペースが上がる。半マイル 45 秒台のハイペースで流れて馬群は一度は長くなったが、それでも徐々に縮まって淀みのない流れのまま、最終コーナーを窮屈に回る。
 大外を回ってダローネガが追い上げにかかる。先頭ではラチ沿いをアルフレードが抜けにかかる。そのアルフレードを追いかけるかのようにトウケイヘイローも前にでたが、突き抜けるところまでは行かない。
 ところがいくら経済コースを走ってきたとはいえ、このハイペースで前につけてアルフレードはあっさり抜け出した。同じく内の経済コースを抜けてきたマイネルロブストも追いつけない。大外を回ったダローネガは力尽き、代わりにレオアクティブが飛んできたが時すでに遅し。
 1 分 33 秒 4 のレースレコードタイ、三戦三勝無敗の二歳王者 アルフレードが誕生した。

 強い馬が理想の競馬をした。そういうレースでした。
 三戦三勝、すべてがマイル戦ですから、これからどういうローテーションで春を迎えるのかわかりませんが、距離も父 シンボリクリスエス × 母父 サンデーサイレンスなら 2000m くらいまでなら持ちそうです。かかるそぶりも見せませんでしたし。
 あとレオアクティブももうちょっと我慢がきけば距離ももう少し伸びても大丈夫なように思いました。今の気性のままではマイルぐらいまでが限度かも知れませんが…
 春までよく覚えとこうと思います。

20111218

 とりあえずそのレオアクティブが来てくれたおかげで馬券も押さえることができました。
 有馬前に景気づけくらいにはなりました。さぁ今週はオーラス、有馬記念です。いってみましょうか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011 JRA GI 第二十一戦 「朝日杯フューチュリティステークス」

 検討を重ねてみましたが、やはり抜けた馬はいないというのが結論で、その中で悩みましたが、それでも複勝圏に確実に入ってくるだろうという思われるダローネガを本命にしたいと思います。
 父 ダイワメジャーに似たのかパワー型のマイラーという印象で、伸び負けた新潟二歳ステークス以外は大崩れもせず、阪神で二勝しているように中山も合いそうです。

 対抗は京王杯二歳ステークスの覇者 レオアクティブ
 たった一度のマイル戦で惨敗していて、何となくサウスポーのような気がしますが、それでもそのマイル戦以外では多くずれなく、用は折り合いさえつけば末は確実に伸びてくるタイプと思われます。前哨戦の勝ち馬のわりには評価も低く(前々日売りウォッズ5番人気)、何となく先週のアイムユアースとかぶります。二匹目のドジョウを狙って…

 穴はマイネルロブスト
 前走東スポ杯で惨敗していますが、これは団子でスローに流れた上で末脚がまったく伸ばせない不良馬場のごく特殊なレースだと思っていて、札幌二歳ステークスでグランデッツァの三着の実力があれば巻き返しがあっても不思議はありません。

 残りは、ちょっと調教がよく見えなくて評価を下げたクラレント、中山を含めマイルで二勝しているアルフレード、対抗にしたレオアクティブに末脚比べで競り勝った実績のあるトウケイヘイロー、大穴は一勝馬ハクサンムーンで。

◎ ダローネガ
○ レオアクティブ
▲ マイネルロブスト
△ クラレント
△ アルフレード
× トウケイヘイロー
× ハクサンムーン

 入れ替え候補でマコトリヴァーサルを考えてますが、千二での強さとデイリー杯の時の差は激しくマイルでどうか?と言う疑問を持っています。あとはヒシワイルドですが、前走が千二というのはちょっと引っかかります。

 ゆっくりパドックを見て最終判断はしたいと思いますが、おそらく上位五頭は変えないでしょう。
 有馬前にここは是非押さえておきたい!いざ勝負!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ヒロインはいた。ヒーローはいるか?

 半信半疑だったとは言え、それでも牝馬戦の方はジョワドヴィーブルという注目馬がいました。
 さて牡馬は困ったもんです。
 昨今、牡馬は距離を意識してか注目馬がラジオ NIKKEI 杯2歳ステークスに回る傾向にあるので、朝日杯フューチュリティステークスはどうしてもメンバーが小粒になる感があります。

 クラシック候補と呼べるほどの大物がいるのか?
 ちょっとじっくり考えようと思っていますが、それでもデイリー杯2歳ステークスの一着、二着のクラレントとダローネガに注目しています。ダローネガの方はマイラーっぽいですが、クラレントの器はどうかが気になってはいます。
 あと東京スポーツ杯は馬場状態から特殊なレースなってしまったので、ここから巻き返してくる馬には注意しなければ…
 人気は割れそうなので、有馬前にここはきっちり押さえたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姉のように父のように

 無敗とは言え、たった一戦一勝馬が4番人気で二歳女王決定戦 阪神ジュベナイルフィリーズの舞台に 15 分の 6 の抽選をくぐり抜けて立った。父はディープインパクト、姉はブエナビスタ。それ故に期待を背負う宿命をもって生まれてきたとはいえ、一戦一勝、418kg しかない小柄な牝馬 ジョワドヴィーブルに4番人気以上の人気を集めろというのは無理というものであった。

 二歳戦らしいばらついたスタートとなったが、良いスタートを切ったものはそれはそれで前に殺到してハナ争いを始め、あっという間に馬群が縦長になっていった。その中、中段を見る位置で折り合ったジョワドヴィーブルは、その後、スローペースに落ち着いて、馬群が縮まってもじっと中段に構えたままぴったり折り合った。
 そして、最終コーナーを回って直線を向いて、外に持ち出した。
 内でスムーズに立ち回った馬が次々と先頭に立っては入れ替わる中、大外からジョワドヴィーブル脚を伸ばす。身体全体を使って走るフォームはどこか姉 ブエナビスタを思わせた。
 そして最後の坂にかかる。
 次々と伸びあぐねる馬が出てくる中、ジョワドヴィーブルだけが脚を伸ばしてくる。まるで坂などないかのような伸び方。魔法でも使っているのか?それは「飛ぶ」と評された父 ディープインパクトのようでもあった。

 間違いない。
 たった一頭で真っ先にゴールに飛び込んだジョワドヴィーブルが来年のヒロインになる。そのことを誰もが確信したに違いないレースだった。

 正直半信半疑でした。
 新馬戦の映像を数回見てレースセンスの良さは見て取れましたが、純粋な競走馬としての身体能力はどうなのか?と思っていました。何のことはない。久々にサラブレッドは血で走る意味を思い知りました。
 420kg にも満たないという馬格のなさは気になりますがまだ二歳馬ですし、父 ディープインパクトも馬格という意味では決して恵まれた馬ではなかったので、これからの成長も含めて来春にはどんな活躍を見せてくれるか、今から楽しみです。

 ただ本命、対抗がそろって落ちて、ぐうの音も出ない惨敗だったので、個人的には来春より有馬までの目先の方が大事です。連敗はできません。
 今週の朝日杯は抜けた馬はいなさそうですので、ここでしっかり挽回したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011 JRA GI 第二十戦 「阪神ジュベナイルフィリーズ」

 一勝馬の身で 16 分の 5 の抽選をくぐり抜けたジョワドヴィーブルですが、姉 ブエナビスタの時ほど他馬との絶対的能力差があるか?というと現時点では自信を持って「あるとは言えない」というのが結論になりました。
 確かに新馬戦の内容は悪くはないですが、スローになったこともありますが勝ちタイムは平凡で、本気で追ったらどれくらい伸びるか?…唯一そこだけが期待が持てるところです。
 と言うことで、単穴で。

 本命はラシンティランテ で。
 1600m に勝ち星があり、二ヶ月ぶりの白菊賞を優秀なタイムで楽勝。それでも 34.9 の脚を使っているわけですから、中一週というのが気になりますが、今回の阪神 JF のメンバーでは大きく実力差がないと思っていますので、ここは距離経験と持ちタイムを取りました。父アグネスタキオンというので現時点では完成度が高いような気がします。

 対抗はアンチュラス
 最内枠を引きましたが、あまり枠で有利不利がない舞台設定ですので、内でじっと脚を貯められれば最短コースを通れるという利点があります。また 1400m を三回走って 1.1.1.0 なら 1600m もこなせるのではないかと。

 残りは小倉 2 歳チャンプでありながら 1600m の経験もありますが、休み明けという一点で評価を下げたエピセアローム、ファンタジーステークスの覇者 アイムユアース、そのファンタジーステークスが休み明けでやられた感のあるファインチョイスエイシンキンチェムまで。

◎ ラシンティランテ
○ アンチュラス
▲ ジョワドヴィーブル
△ エピセアローム
△ アイムユアース
× ファインチョイス
× エイシンキンチェム

 あとアナスタシアブルーサウンドオブハートが気になりますが、サウンドオブハートは関東からの輸送と大外枠というのがちょっと。。。

 ひとまずここまでで、しっかりパドック見て入れ替えを考えます。なんせ2歳戦ですから。有馬まで負けられませんから。当てますから!(<結構必死 (^-^; )

| | コメント (0) | トラックバック (4)

15 分の 6

 姉は 17 分の 6 の抽選をくぐり抜けて2歳女王に輝き、その後日本を代表する名牝へ駆け上がったブエナビスタ、そしてその半妹ジョワドヴィーブルは 15 分の 6 の抽選をくぐり抜けました。
 現時点で姉 ブエナビスタと比較するのは酷というものですが、しかし抽選をくぐり抜けた強運、そして何より中段から一気に刺しきったあの新馬戦が本物か、注目に値することは間違いないでしょう。
 対するは、すでに重賞、オープン特別を制している、もしくは重賞で好走した組でしょう。

 毎年、一勝馬が絡んでくる難しいレースではありますが、2歳戦は自分の馬を見る目が試される結構好きなレースです。ここから二戦、2歳戦は連勝で有馬に臨みたいところです。
 といいつつ、これから調教 V 見て予想を始めるんですけど… (^^;>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決意

 昨年のジャパンカップダート覇者、最優秀ダートホース トランセンド vs 一昨年のジャパンカップダート覇者、最優秀ダートホース エスポワールシチーの新旧王者対決となった今年のジャパンカップダート。
 ウォッズの上でも完全に二強対決の様相を呈していた。どちらが今年の王者か?注目のスタートは切られた。

 スタート直後、決め込んでいたように強引にハナを奪ったのは、昨年の覇者トランセンド。一昨年前の覇者エスポワールシチーは、トウショウフリーク共々、びったりトランセンドをマークする位置に着け、トランセンドがペースを落としたのか、それとも後続が引き離されまいと前へ位置取っているのか、平均ペースの中、どんどんレースが進むにつれ馬群が窮屈になっていく。最終コーナーにさしかかったときには、先頭のトランセンドから最後方のエイシンダッシュまでぎっちりの馬群の中は一頭すら縫える隙のないひとかたまりになっていた。

 それでもトランセンドは先頭で直線を向く。すぐに並びかけようとエスポワールシチーが襲いかかる。
 マッチレース…しかし、その予感は一瞬だった。トランセンドは先頭を譲らない。エスパワールしチーは交わすどころか、並びかけることすらできない。確実に一完歩ずつトランセンドは、エスポワールシチー以下を引き離していく。
 トランセンドが力強くゴールに近づくにつれ、一頭また一頭と脱落していくように引き離されていく。それはエスポワールシチーすら例外ではなかった。狭い馬群を縫ってワンダーアキュートが鬼脚を見せたが、それでも力尽きたエスポワールシチーを交わすのがやっとだった。

 二馬身差。圧勝とは言えないかもしれないが完勝だった。
 ここでは負けられない。たった一度、国内で後塵を拝したライバルに、遠きドバイの地で、今年の惜敗した無念を来年、まとめて晴らすためにも、ここでは負けられない決意が導き出した完勝だった。

 いや。強い。
 JBC クラシックも見ましたが、なぜこの馬がスマートファルコンを捕まえられなかったか再度疑問が湧くほどの強さでした。確実に去年より強くなっているような気がします。
 ジャパンカップダート史上初の連覇。そんな称号だけでは満足しないでしょう。来年もドバイで夢を見られそうです。スマートファルコンとの世界頂上対決。思いっきり期待します。

20111204

 個人的にもトランセンドを信じてジャパンカップダート連覇!o(*^▽^*)o
 安かったですけど…こっちも有馬記念まで負けられません。次は二歳戦。ジュベナイルフィリーズです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011 JRA GI 第十九戦 「ジャパンカップダート」

 本命は トランセンド です。
 秋二戦のパフォーマンスは圧巻で、エスポワールシチーとの直接対決となった南部杯では好位で折り合って、追いすがるダノンカモンを力ずくでねじ伏せる完勝劇。次の JBC クラシックもスマートファルコンに敗れたとは言え、一度力尽きたかと思えたところから二の脚を繰り出して一馬身差まで詰め寄る負けて強しの内容。
 大外18番枠と言うのが不安ですが、それでも複勝圏を外すとは思えません。

 対抗は エスポワールシチー
 徐々に調子を上げていますし、前走、主戦の佐藤 哲三 騎手が戻ってきて復活 V 。まだ上積みがあるのであれば、いい枠を引きましたし展開によっては逆転も…と思わせます。

 単穴はやはりダノンカモンでしょう。
 南部杯ではトランセンド相手に五分のたたき合いを演じ、実際、エスポワールシチーを交わして見せたのですから三番手評価が妥当でしょう。

残りは迷っているのですが…
◎ トランセンド
○ エスポワールシチー
▲ ダノンカモン
△ ヤマニンキングリー
△ ワンダーアキュート
× テスタマッタ
× ソリタリーキング

 全体的にペースは遅くなりそうになく、前のめりの展開になりそうで、ダート二戦目でまだ底をみせていないヤマニンキングリー以外は、たとえ後手を踏んでも末脚が伸ばせそうな馬を選びましたが、まだ正直迷っています。パドックを見てちょっと変えるかもしれません。
 ただ内枠で脚を貯められそうなソリタリーキング は大穴で狙ってみたいと思っています。

 有馬まで望みを繋ぐためにも、今回はさすがにトランセンドも、エスポワールシチーも飛ぶという展開はなさそうな気がするのでちょっと絞って勝負です!

| | コメント (0) | トラックバック (8)

超越か希望か

 トランセンド VS エスポワールシチー。新旧 JCD 馬、最優秀ダートホース対決で異論はありません。

 ただトランセンド優位と言わざる得ないでしょう。
 両頭とも南部杯での差は、エスポワールシチーの鞍上が主戦ではなかったとしても致命的と思われ、加えてトランセンドの前走 JBC クラシックではスマートファルコンに敗れたとは言え、直線で力尽きたかと思われたところから二の脚を繰り出しその差を1馬身まで詰めたパフォーマンスは圧巻で、あれでまだ 100% の状態でないのだとしたら、今回集まったメンバーのレベルからは超越した存在であると言えるでしょう。

 逆に南部杯、JBC クラシックでのあの激走の疲れがトランセンドにないか、スマートファルコンは JBC クラシックの疲れが抜けないことを今回の回避の理由の一つに挙げているわけですから心配ではあります。

 そう考えるとエスポワールシチーの上積み、主戦が戻ってくることも踏まえて希望がないわけではなさそうですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »