« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012 JRA GI RACE V 「天皇賞(春)」

 本命はオルフェーブルでいいのではないでしょうか。
 何事もなく京都コースを 3200m 走ってくれば、まず間違いなく複勝圏には入ってくるでしょう。むろん競馬ですから、必ず一着だとは言いません。ただ今回は逃げを宣言している馬もいますので阪神大賞典の時のような超スローになることもないでしょうし、おまけに三着までと言うのであれば、その確率はかなり 100% に近くなると考えます。
 オルフェーブルが複勝圏を外せばそれだけで十分な波乱ですし、外さなければよほど下位人気の馬が絡まない限り、穫って損の可能性が高くなります。
 オルフェーブルを軸から外す。。。そんな危険な賭にはでられません。

 こうなってくると二着探しが非常に重要です。
 オルフェーブルがどうだろうが確実に複勝圏に入ってこられる馬。。。これを慎重に選び抜いて対抗とする必要があります。しかし、そうは思っていてもオルフェーブル以外の上位組はどれも一長一短で、ここは好きな馬をとります。
 対抗はウインバリアシオンです。
 脚を貯め直線にかける自分の競馬に徹するしかないと思われるので、対オルフェーブルで小細工もしてこないでしょう。菊花賞二着馬で長距離適正も低くはなく、武 豊 騎手と長距離戦ではやはり信頼が置ける鞍上も心強い。

 単穴はトーセンジョーダンで。
 折り合いはつくし、3200m の経験はないですが、ちょっと長めの距離の方がいいようなイメージもあります。何より昨秋からのパフォーマンスを見ていれば、本格化は明白で 3200m という舞台でどういうパフォーマンスを見せるか期待の方が大きいです。

 残り本線は、決して能力が落ちているとは思えない昨年の覇者ヒルノダムール、阪神大賞典の大金星でとうとうここまで上り詰めたギュスターヴクライ、今回は前に言ってくれる馬もいるので楽に進めそうなナムラクレセントまでは決定済み。

◎ オルフェーブル
○ ウインバリアシオン
▲ トーセンジョーダン
△ ヒルノダムール
△ ギュスターヴクライ
× ナムラクレセント

最後の一頭は、現四歳世代で期待しているクレスコグランド、一昨年前の覇者ジャガーメイル、そしてこの馬も菊花賞二着馬ローズキングダムから考えていますが、これはパドックを見てから。
 ひとまずオルフェーブル以外と言っても今年は相当メンバーがそろっていて難しい。このメンバーだと阪神大賞典の時のような暴走をすれば複勝圏も怪しいかもしれません>オルフェーブル

 いろんな意味でも注目の一戦です。とにかく個人的な四連勝かけて、ゴールデンウィーク突入の景気づけに獲る!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

vs 自分

 高松宮記念から(穫って損はありますが)三連勝中です。
 昨年は PAT 貯金が底をつきて、穫ったはいいがいつものように三連複で買っていれば万券だったのに…と悔しい思いをした春の天皇賞です。
 今年も穫る!穫って四連勝!!とべ!!!オル…

 と、っと… (^^;;;>
 調子に乗らず、気を引き締めていきたいと思います。勝ち続けているときこそはまず自分との戦いに勝たねば…オルフェーブルと同じです。

 阪神大賞典を見ればわかるように、落ち着いて淀の坂を二回下ってくればおそらくオルフェーブルにかなう馬はいないでしょう。
 ただ自分との戦い、これがオルフェーブルの最大で唯一の課題でしょう。
 阪神大賞典のようなことが再度あってもおかしくはないと思います。ただそうなればそれだけで波乱となるので、そうならないことを前提に三着までにくるもう一頭を慎重に選ぶ必要があると思います。

 気持ちよく、楽しくゴールデンウイークを過ごすためにも、ここはじっくり考えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

血の力、馬の力、人の力

 土曜日に降った雨はじわりと地にしみ込んだおかげで、内をあけて外へ回るレースが続くほど内の馬場は荒れ、晴れても馬場はやや重までしか回復しなかった。
 波乱の要素はあった。
 若葉ステークスを圧勝したきさらぎ賞馬ワールドエースに、スプリングステークス馬グランデッツァがオッズ上を争っても、二強対決ではない、そう予感する人もいたに違いない。しかし、それが確信に変わる要素もありはしなかった。
 今年の皐月賞馬がゴール板を駆け抜けるまでは…スタートは切られた。

 ゼロスとメイショウカドマツがハナを譲らず、やや重の馬場を考えると平均以上のペースでレースを引っ張っていく。
 一番人気となったワールドエースは落馬寸前となるほどスタートでつまづいて、二番人気グランデッツァとゴールドシップ共々最後方で、一度は長くなった馬群も3コーナー手前からだんだんと短くなり、その外を通ってワールドエース、グランデッツァが進出を開始、隊列が4コーナーを回ったときにはかなり外に振られたグランデッツァのさらに後方、さらに外にワールドエース。
 観衆の注目がここに集まったとき、最内ではマジックが炸裂していた。
 ほとんどの馬が避けた荒れた内を苦もなく駆け上がり、荒れていないギリギリ内に入り込んで直線を向き、先頭に並んだ一頭の葦毛…グランデッツァ、ワールドエース共々最後方にいたはずのゴールドシップが一気に後方を突き放しにかかる。好位につけていたディープブリランテも、その後ろから脚を伸ばしたコスモオオゾラもついていけない。外でもがくグランデッツァを後目に豪快に脚を伸ばしたワールドエースも届かない。
 2 馬身 1/2 。共同通信杯を制して皐月賞までたどり着いたのは昨年の三冠馬オルフェーブルと同じ黄金の血の力か?そして勝ったのは間違いなく馬の力だろう。ただこの着差は鞍上 内田 騎手のマジックが生み出したに違いなかった。

20120415

 いや、すごいレースでした。
 血の力、馬の力、そして人の力。あの差がそのままゴールドシップと他馬との力の差とは思いませんが、ただすべてが噛み合うとあれぐらいのパフォーマンスを発揮する馬であるということは覚えておく必要があるでしょう。
 ワールドエースのつまづき、天候、馬場状態。。。前場が全能力を出し切れたレースだったかというとそれは「 No 」でしょう。ダービーに向かってゴールドシップが有力な一頭になったことは間違いないですが、より力関係が明快になったかというと逆ですね。
 皐月賞穫って(損ですが orz )三連勝となりましたが、一週おいて天皇賞(春)も気を抜くことなく、ダービーに向けては気合い入れ直し、そこまであわよくば連勝を…がんばります q(^^)p

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012 JRA GI RACE IV 「皐月賞」

 前日のオッズはワールドエースが二番人気のようです。一番人気はグランデッツァ。
 先にも書きましたが、ワールドエースの現時点での最大の不安要素は「輸送」。調教後の馬体重が前走時と比較して大きく増えていなかったので、当日の馬体重にはまず注目しますが、おおむね問題がなければこれを本命にします。

 対抗は唯一の重賞二勝馬グランデッツァ
 強いとは思いますが、これまで 1800m 戦でも 1 分 50 秒を切った決着はなく、またスローから切れる脚が使えるかというと新馬戦で 34.0 秒台を繰り出していますが先頭をとらえきれず、ラジオ NIKKEI 賞でも同じような位置から伸びた馬に後塵を拝しています。
 今回、メイショウカドマツ、ゼロスが先を争う展開になりそうだったので、スローからのあがり勝負というおそらくこの馬が最も苦手とする展開にはならないだろうという予測のもと、評価をこれ以上落とすことをやめました。

 単穴はコスモオオゾラです。
 弥生賞馬だというのにずいぶん評価が低いものです。やや重で展開の利もあったとの評価でしょうが、それでも前につけられて速い脚も使える競馬上手、馬場も問わず勝利はすべて 2000m でそのうち二勝が中山となれば重視せざる得ません。正直、グランデッツァとどちらを対抗にしようかと思っていたくらいです。

 残り本戦は折り合えさえつけば間違いなく能力上位のディープブリランテ、出遅れグセと共同通信杯ぶりではなければもっと評価を高くしていたゴールドシップ、調教もよかったので良馬場で見直したいアダムスピークまでは手を伸ばそうと考えています。

◎ ワールドエース
○ グランデッツァ
▲ コスモオオゾラ
△ ディープブリランテ
△ ゴールドシップ
× アダムスピーク

 あと、トリップ、メイショウカドマツ、アーデント、ベールドインパクト、マイネルロブスト、シルバーウエイブからもう一頭選ぼうかと考えています。

 高松宮記念(ロードカナロア)、桜花賞(ジョワドヴィーブル)と三度目の福永 騎手騎乗馬が本命ですが、今度こそ頼みますよ。これを穫って三連勝!牡馬クラシック初戦、さぁ勝負!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

二強対決!?じゃないよね

 スプリングステークス馬グラデッツァときさらぎ賞馬ワールドエース
 今年の皐月賞はこの対決が軸になると思われます。前評判の高いこの二頭、脚質も異なることから双方とも複勝圏に絡んでこないような大波乱は考えづらく(ないとは言いません)、かといってこの二頭のマッチレースか?と言えるほど、他馬との実力差もないように思います。

 すでにいろいろな方向から検討しましたが、個人的にはワールドエースを上位に見ています。不安は唯一「輸送」かと。
 対するグランデッツァは…と、これ以降は、枠順、調教を見てからの次回に ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貴婦人戴冠…そして、オークスへ

 前哨戦のチューリップ賞敗退。一強ムードは完全に揺らいだが、それでも一番人気はこの馬。昨年の二歳女王ジョワドヴィーブル。
 この一強ムードを揺るがしたのは他でもない二番人気のシンザン記念馬ジェンティルドンナの存在があったからに違いない。
 しかし、そのジェンティルドンナもチューリップ賞で敗退し、混戦ムードに拍車をかけた。
 順当か波乱か?桜花賞のスタートは切られた。

 アラフネ、エイシンキンチェム、マイネエポナが先を争って馬群を引っ張り、注目のジョワドヴィーブルは後ろから三頭目、対するジェンティルドンナはちょうど中段に位置取り、平均ペースでレースは進んでいく。
 徐々にジョワドヴィーブルも外を回って先頭を射程圏におさめようと進出し、最終コーナーを回って横に広がった馬群の大外、直線を向いて追い出しを始める。

 しかし、そのジョワドヴィーブルが伸びない。
 それを後目に馬群から勢いよく飛び出したのは、ヴィルシーナ、アイムユアース、そしてジェンティルドンナ。
 この三頭の壮絶なデッドヒート。制したのはジェンティルドンナ。「貴婦人」と言う馬名らしからぬ他馬をねじ伏せるような力強い戴冠だった。

 やはりというか、ジョワドヴィーブルが破れるとしたらこのパターンかなと思いました。
 伸びなかった。というより、他馬に寄せられることを怖がって横に逃げているように見えました。
 単に体力的な問題ならいいのですが精神的な問題だとしたら、オークスも黄色信号と言わざる得ません。

 大してジェンティルドンナの方は折り合いにも問題はなく決め手も鋭い。オークスでも期待せざる得ないでしょう。
 それとヴィルシーナ。クイーンカップからの参戦で、この一戦での上積みも期待できそうです。
 この二頭がオークスの中心と見るのが妥当かな?と思います。

20120408

 ジェンティルドンナが来てくれたおかげで馬券も押さえられましたし、これで高松宮記念から連勝!
 よし皐月賞も穫るぞ!! (^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012 JRA GI RACE III 「桜花賞」

 たった二戦で二歳女王となったにもかかわらず、三戦目で三着に破れただけでずいぶんと評価が揺らぎましたが、それでも結局、一番人気はこの馬で落ち着きそうです。もちろん本命はこの馬で行きます。ジョワドヴィーブルです。
 前走のチューリップ賞では内々でじっとして間を割るイメージだったのでしょうが、小柄な馬でまして休み明け、それでも手堅く三着。おまけにこのレース一着だったハナズゴールは怪我で本番を回避、しかも今回は外枠。かかる馬ではないですし、もまれずに外を回す方がいいでしょう。

 対抗もジェンティルドンナでいいと思います。
 前走は熱発明けだったと言いますし、ジョワドヴィーブルの出方をうかがった結果ということもあるでしょう。ジョワドヴィーブルと違ってそこそこ馬格もありますし、内外見ていける真ん中の枠で、自分の競馬に徹するレースをされると逆転もあろうかと思います。

 穴はエピセアローム
 ジョワドヴィーブルと同じく阪神 JF 以来の競馬で、チューリップ賞の二着はこの馬だったのにずいぶんと評価が低いものです。内で前に壁を作って脚を貯めれば前走以上に走ってもおかしくはありません。要は折り合い次第で、小倉チャンピオンでスピードもある。怖い一頭をあげるとすればこの馬だと思います。

 つまるところ、チューリップ賞上位組が優位と見ています。
 残りはフィリーズレビュー勝ちのアイムユアース、アネモネステークス勝ちのパララサルー、同二着のマイネエポナ、そしてクイーンステークス勝ちのヴィルシーナまでで考えています。

◎ ジョワドヴィーブル
○ ジェンティルドンナ
▲ エピセアローム
△ アイムユアース
△ パララサルー
× ヴィルシーナ
× マイネエポナ

 え〜と。阪神 JF で痛い目にあったサウンドオブハートはまた切るつもりです。能力は認めてますがいくらなんでも紅梅ステークスぶりというのはローテーション的に買えません。去年、マルセリーナがエルフィンステークスぶり、ホエールキャプチャがクイーンカップぶりでワン・ツーだったと入っても去年は明らかに特殊なメンバー構成でした。このおかげで自信もってジョワドヴィーブルを本命にした訳ですが、同じ理由からサンシャイン(エルフィン S ぶり)も切りました。
 逆に手が回りきらなかったところで気になっているのは、イチオクノホシとトーセンベニザクラ。どちらも前走は勝負の綾で負けた感があり巻き返してくるならこの二頭かなと。
 もちろん当日パドックを見てから入れ替えも考えます。

 今日阪神競馬場へ行ってきました。えぇ負けて帰ってきました orz
 その分も取り返す!いざ勝負>桜花賞

| | コメント (0) | トラックバック (5)

今年の桜は荒れ模様?

 昨年の阪神ジュベナイルフィリーズが終わった時点で、桜花賞がこんな混戦模様になるとは誰も思っていなかったでしょう。
 すべては昨年の二歳女王ジョワドヴィーブルが、前哨戦チューリップ賞で破れたことが原因で、おまけに年明け男馬相手にシンザン記念を勝ったジェンティルドンナまでが四着に破れ、荒れ模様に拍車をかけることになりました。

 今年の桜は荒れ模様?
 実のところそうとは思っていません。チューリップ賞を何度か見直しましたが、ジョワドヴィーブルは明らかにもまれる競馬を経験させた感があり、小柄な馬なので最後に割って入れなかったところが敗因だと思っています。
 無論、休み明けの影響もあったでしょう。ただまだ三戦しかこなしておらず、試走で負けたからといって、だから混戦とは思いません。まぁ血統面からそれだけ期待が大きいということでしょう。

 絶対的な差はない。それでも…その結論は最終の追い切りと枠順を見終わってからということで (^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »