« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013 JRA GI/JPN I Series I “フェブラリーステークス”

 前日売り1番人気となってしまったカレンブラックヒルは、ひとまずおいておきましょう (^^;A

 前哨戦 東海ステークスを圧勝したグレープブランデーは、距離が足りない感はありますが今の充実度であれば、好勝負は間違いないとこなんですが、フェブラリーステークスでは内枠より外枠の方が成績が良く、また今年もメンバー的に何となく前のめりな競馬になりそうなので、内枠はちょっと評価を落として考えることにしました。

 明け四歳ではホッコータルマエが回避しましたが、まともに競馬すれば古豪すら一蹴する実力を持つ イジゲン、オープン特別では一枚上で古馬重賞でもしっかり存在感を見せるガンジスカレンブラックヒル も合わせて、これに立ちふさがるのはほとんどが明け7歳勢、実績上位のエスポワールシチーに関しては8歳と、いろんな意味で世代交代を期待してしまいます。

 ということで、予想はこんな感じ。

◎ ワンダーアキュート
○ グレープブランデー
▲ カレンブラックヒル
△ ガンジス
△ イジゲン
× エスポワールシチー
× テスタマッタ

 東京大賞典でも川崎記念でも明け7歳でまだ一線級の力を示し続けるワンダーアキュート が本命。去年三着、明け7歳とはいえ、去年よりメンバー的には一枚落ちると思える相手なら、去年以上は期待してもいいはずです。

 ただ一頭の5歳馬ですが、実績、また東海ステークスの勝ちっぷりから見て、内枠に入って評価を落としてもグレープブランデーが対抗。

 正直、カレンブラックヒル は負けると思います。血統的にダートに適正があるとは思えません。それでも引退するまでついて行くと決めた手前、これ以上評価は落とせません。単穴で。

 あとは4歳勢に期待を込めてガンジスとイジゲン、このメンバー相手なら十分実力上位で調教を見てもまだ動ける気がする8歳のエスポワールシチーと、去年ほどの迫力はないがはまれば強い昨年の覇者テスタマッタ

 あとはパドックと当日の天気ですが、昨年二着のシルクフォーチュンに不気味さを感じます。

 カレンブラックヒルがこのまま一番人気で突き抜けてくれれば、多少堅い決着でも結構つくかもと思ったり。。。大波乱はないかと思います。
 今年最初の勝負!まずはいただきます ( ̄ー☆キラリーン

| | コメント (0) | トラックバック (4)

今年こそはやってやる!

 昨年はジャパンカップダートを獲っていま一歩まで詰め寄りながら、有馬記念までに詰め切れず、口惜しい思いをしましたが、今年こそは今世紀初の勝ち越しを狙って気合い入れていきます。
# という気合いをすでに 10 回以上入れてるわけですが… (_ _;>

 今年もフェブラリーステークスから GI 戦線が開幕します。
 去年は一番人気 トランセンドのまさかの敗退で痛い目を見ましたが、今年は…難しいですね (^^;A

 最大の注目は芝マイル無敗の昨年三歳マイル王 カレンブラックヒルの参戦です。
 NHK マイルカップ以来、この馬に引退までついて行くと決めましたが、父 ダイワメジャーが未勝利戦をダートで勝ち上がっているくらいで、母系も欧州芝血統。これはいくら何でも…

 ただ、昨年の王者テスタマッタはここのところ不振、JC ダート覇者 ニホンピロアワーズ、東京大賞典覇者 ローマンレジェンド 不在とあっては、明け四歳のダート路線の実績ナンバーワン ホッコータルマエはなんと除外対象と、いわゆるダートの超一線級不在となれば、ひょっとすると。。。

 じっくり考えると、幸先の良いスタートが切れそうですが難しいです。初戦から頭フル回転で行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »