« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

この悪夢から抜け出したい

 まさに悪夢のようなダービーでした。
 折り合いに難がありと思って重い印は避けたエピファネイアが抜け出し、それを追って展開がはまらないときついと思っていたキズナがぐんぐん外から脚を伸ばす。
 それに馬体を合わせようとした○ コディーノはキズナに置き去りにされ、エピファネイアとのゴール前の争いそっちのけで、伸びてきた◎ ロゴタイプが!!届かず o...rz
 悲鳴すら上がりませんでした (>_<)

 悪夢のようです。
 今年前半戦、まだ皐月賞しか獲ってません (T-T)

 いや、安田記念こそはカレンブラックヒル vs グランプリボスに対して、スプリント王 ロードカナロアが割っては入れるかまとめて負かすか?
 穴はきっとレオアクティブが…って何?ショウナンマイティに、ダークシャドウ?え、ナカヤマナイトまで。レオアクティブは除外対象!?

 えぇ!? (T-T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013 JRA GI/JPN I Series IX “東京優駿(日本ダービー)”

 調教 VTR も一通り目を通しましたが、皐月賞上位3頭 vs 京都新聞杯馬 キズナの構図で基本いいようです。
 そのキズナが一番人気とはちょっと驚きました。
 個人的には最内枠を引き、かつまたもまれ弱い馬なので、一旦後ろまで下げて外に出す競馬をしてくると思います。
 まぁアポロソニックやサンソンズプライドが行ってくれそうなので、極端なスローペースにはならないことが救いですが、末脚があるとわかっている馬が後ろから来るのであれば、前は対処のしようもあるでしょう。前走のような派手なレースぶりでは完封されてしまう可能性もあると思います。

 かといって、皐月賞組も 2400m の経験はないわけですから、折り合いに不安がある馬は押せません。
 と言うことで、本命は皐月賞馬 ロゴタイプ で。
 父 ローエングリンでは距離は持たないとか、皐月賞を 1 分 58 秒台で走破した皐月賞馬惨敗するとかいわれますが、スピードが勝っていることは認めても、ローエングリンの父はシングスピールで、父の戦績はマイル前後にしか残っていないかも知れませんが、血統的にはもうちょっとこなせても不思議はないかと思います。

 対抗は自分の目を信じてコディーノで。
 この世代で一番強いと思っていた馬で、皐月賞はこれだろうと思っていましたが、結果は三着。
 ここ一番ダービーで鞍上を変えてまで挑んでくるあたり、陣営としてはまだまだこんなもんじゃないと思っている節があります。
 エピファネイアと比べれば折り合いもましかと思いますし、なんと言っても東京スポーツ杯を勝ったときのイメージが焼き付いていて、東京なら逆転もあるかと。

 単穴でキズナ、相手筆頭はエピファネイア として、ここまでの壁は相当厚いかと思いますし、四強であれば、相手どうこうより各馬自分の競馬に徹してくるでしょう。となると一角崩しは相当に難しいと思われます。

 それでも展開の助けがあれば、一角ぐらいは…と思わせる馬を追加して…

◎ ロゴタイプ
○ コディーノ
▲ キズナ
△ エピファネイア
△ マイネルホウオウ
× メイケイベガスター

 マイネルホウオウは距離がどうかと思いますが、折り合いに専念して一発勝負という NHK マイルの再現を狙ってキズナと馬体を合わせることができれば、ひょっとすると…
 メイケイベガスターはやはり共同通信杯のあのゴットフリートを相手にしなかったあの脚が忘れられず、万が一、内で折り合えたらもしかするのではないのでは…と思っています。

 他に気になる馬は今回はありません。
 絞って攻めます。で、獲ります!さぁ来い!!日本ダービー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ダービー良ければ(前半戦は)すべてよし

 メイショウマンボかエバーブロッサムかさんざん悩んで、WIN5 も京都 11R まで 4R すべて的中というプレッシャーも感じながら、覚悟を決めた今年のオークス発走前。

 メイショウマンボがゴール板の前を先頭で駆け抜けた瞬間、すべて打ち砕かれました。。。
 どちらを切るかでさんざん悩んだあげく結果は両方来るは、WIN5 の最後の1レースにかけたデニムアンドルビーは三着、レッドオーバルは直線半ばで力尽き、私はレース後、かるーく魂が抜けそうでした orz

 ええい!今年前半戦、皐月賞しか当てていないとはいえ、ひとまずダービー良ければ、とりあえず前半戦はすべてよしだ!

 皐月賞組上位三頭 VS 京都新聞杯勝ち キズナ の勝負でしょう。
 調教 V や当日の馬場状態、パドックは十分に考慮するつもりですが、それでもこの上位四頭に割って入るのは至難の業と考えています。

 後半戦に勢いをつけるためにも、ここから三戦は確実に獲る!
 一戦必勝!まずはダービーへ全力投球です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013 JRA GI/JPN I Series VIII “優駿牝馬(オークス)”

 まぁ今年も難しいです>オークス

 本命はひとまず桜花賞馬アユサンにしておきます。
 調教の動き的には、桜花賞二着のレッドオーヴァルやフローラステークス勝ちのデニムアンドルビーも良かったのですが、今回輸送があるにもかかわらず両頭とも馬体重が増えておらず、当日、パドックを見てみないと何とも言えなさそうなので、消去法的な本命ですが、東京二戦二連対で父ディープインパクト、三着までなら相当、確率は高いかと思います。
 対抗はこちらもひとまず、馬体が激減していない想定でレッドオーヴァルで。

 穴を開けるなら桜花賞一番人気のクロフネサプライズ
 今回はハナに行くと言ってますので、うまく力を抜いて逃げられれば相当いけるのではないかと。調教の動きは一番だったのですが、さすがに東京 2400m のオークスで逃げを打つ馬に重い印は打てません。

 あとは以下の通り。

◎ アユサン
○ レッドオーヴァル
▲ クロフネサプライズ
△ デニムアンドルビー
△ サクラプレジール
× トーセンソレイユ
× ローブディサージュ

 次点はメイショウマンボエバーブロッサムで、先にも述べたとおり調教後の馬体重が輸送があるにもかかわらず増えていない三頭(レッドオーヴァル、デニムアンドルビー、トーセンソレイユ)に、パドックを見て異常を感じれば、馬券戦略を踏まえて入れ替えを考えます。

 ここは手を広げたいところですが軸がなぁ…パドックを見るまではちょっと結論は出せそうにありません。
 ひとまず現時点ではここまで、あしからず m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (3)

どう考えても混戦でしょう

 ほ、ホエールキャプチャ… orz

 すみません。二週続けて同じオチで (^^;A
 牝馬戦ってどうも距離適正を考えから落としがちなんですよね。。。おまけに一着のヴィルシーナはともかく、考えたあげくにオールザットジャズ( 13 着)と迷って切ったマイネイサベルが三着。
 ぐうの音の出ない惨敗です。二週続けて (>_<)

 さて今週はオークス。距離適正もへったくれも今年も 2400m の経験のある馬なんていないんでしょ?(<未確認)
 苦手とするレース何すよね>オークス

 2400m の距離経験がわからない以上、決めて重視で折り合いに不安がない馬を選ぶと、いるんですよね時々、 2000m 以上に適正のある馬が…それで毎年負けてるような気がする。
 今年前半戦、ここが最後の勝負と思われるので、来年以降も使えるオークス攻略法を組み立てながら、三連敗は回避したいと思います (_ _;>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013 JRA GI/JPN I Series VII “ヴィクトリアマイル”

 普通に考えれば、ヴィルシーナが格上とも思えるのですが、鞍上の内田 騎手がここ GI 二戦、一番人気を裏切っているのでちょっと気になります。
 ひとまず本命はヴィルシーナにしてきますが、これと玉砕という馬券戦略は組まないことにします。

 対抗は悩んだのですが オールザットジャズ にします。
 去年も対抗に推して落ちてくれましたが、今年は内枠。ただ福島牝馬ステークスを連覇と言っても 54kg での勝利。全幅の信頼を置けない気がして悩みました。
 素直に考えるなら、連勝中のサウンドオブハートを取るのでしょう。これを単穴としますが、どうもこの馬には 1600m 、特に東京芝 1600m は長い気がするんですよね…

以上を中心にあとは調教がよく見えた馬を優先順位順で。

◎ ヴィルシーナ
○ オールザットジャズ
▲ サウンドオブハート
△ アイムユアース
△ ハナズゴール
× イチオクノホシ
× マイネイサベル

上げきれなくて、気になるのはジョワドヴィーヴルアドマイヤセプターメーディアエイシンメンフィス
 ひとまず△までは確実に馬券に含めますが、あとは当日の馬場、パドックを見てからにしたいと思います。

 ぐっと絞って勝負に出るか、手を広げて拾いに行くかも迷っています。ただ悩み甲斐のあるレースだと思います。
 とりてー 、去年万券取ってるだけに。是非万券で連勝。。。狙っていきます (^_-)-*

| | コメント (0) | トラックバック (3)

次はヴィクトリアマイル!次こそは…

 ま、マイネルホウオウ…
 全くのノーマークでした。エイシントップが落ちるとしたら、このパターンだろうなと言うハイペースからの前総崩れという展開で、もう一頭の軸に据えていたインパルスヒーローが伸びてきて…まさかついてきて交わせる馬がいるとは…おまけにローテションを嫌って切ったフラムドクロワールが三着。
 ここが勝負と思っている東京五連戦、初戦惨敗です orz

 まぁ、柴田 大知 騎手の平地 GI 初制覇の男泣き。。。いいレースが見られたことでよしとしましょう。

 切り替えます。今週はヴィクトリアマイルです。

 ここは GI で四回の二着の実績を持つヴィルシーナ、連勝中のサウンドオブハート、阪神牝馬ステークス一番人気のハナズゴール、復活なるか?のジョワドヴィーヴルなどの四歳勢が中心と考えています。
 中でもヴィルシーナの調子次第で予想が難しくなるかどうかが決まると思っていて、ここが最大の注目。
 じっくり調教映像を吟味して、昨年も万券をいただきましたし、ここで一発!…などと考えております (^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013 JRA GI/JPN I Series VI “ NHK マイルカップ”

 重賞を三勝もしていますし、マイルのニュージーランドトロフィーを勝ちきりましたし、一昨年、グランプリボスをマイラーではないと決めつけて痛い目に遭っていますので、ここは素直にエイシントップを本命にしておきます。

 まだ馬場も荒れていないでしょうし、前がそんなにぴたっと止まることもないでしょう。ただ先行勢に役者がそろっていることもあるので、対抗は差しがきくインパルスヒーローにします。
 ファルコンステークスは 1400m になりましたし、コース形態も東京に似てきました。ファルコン S のような競馬ができるなら、前を行くエイシントップを捕まえられるのはこの馬かなと。

 この二頭をまとめて押さえ込むとしたら、毎日杯を二着に粘ったガイヤースヴェルトかと。
 キズナの末脚に屈しましたが、悲観するほどのタイムではなかったですし、初芝で今度は上積みも見込めるかと。ダイワメジャー×フレンチデピュティーで芝の方がいいのではと思えますし。

 あとはまとめて。

◎ エイシントップ
○ インパルスヒーロー
▲ ガイヤースヴェルト
△ レッドアリオン
△ コパノリチャード
× ゴッドフリート
× フラムドクロワール

 レッドアリオンはニュージーランドトロフィーであそこまでエイシントップを追い詰めたのですから、調子も良さそうですし、評価をこれ以上下げる必要はないでしょう。
 コパノリチャードの 2000m は長すぎた論はちょっと懐疑的なのですが、マイルで重賞含み 2 勝という実績は無視できません。
 ゴッドフリートフラムドクロワールはひとまずという感じで、気になっているのはカシノピカチュウシャイニープリンス
 ただこれ以外に調教が目立った馬もおらず、基本上位馬でいいのかなと思っておりますが、問題は馬券戦略これをどう組み合わせて馬券にするか。。。もちろん当日のパドックなども加味して、じっくり考え抜きます。

 では良いゴールデンウィークのためにも Good Luck! (^^)b

| | コメント (0) | トラックバック (2)

春の GI ここ三戦が勝負!まずは NHK マイルカップ!!

 不沈艦、あっけなく沈みました orz

 向正面でゴールドシップが進出を始めたときの手応えの悪さを見たときにまさか?と思いましたが、直線を向いて案の定、伸びてはいますが先頭集団と脚色は同じ。後ろからも差される始末。

 しかし、あの圧倒的な一番人気で、実績から考えて複勝圏からも外れるなどと想像する方が難しく、レッドカドーを切っていたので、手を広げていても獲り損ねたでしょうし、ゴールドシップが三着に食い込んでいれば獲って損もあり得ました。
 ゴールドシップが落ちる前提で買わないと無理という気がしますし、負けはしましたがゴールドシップから点数を絞っていったので被害は最小限ですんだと考えます。

 切り替えて臨みます。春の GI はここから三戦が勝負です。

 おそらくダービー、安田記念、宝塚記念は上位馬に人気が集中すると思われますので、波乱を前提に獲りに行くなら、NHK マイルからヴィクトリアマイル、オークスのここ三戦でしょう。

 で、今週の NHK マイルですが、実績断然のエイシントップが人気を背負うとは思いますが、前に行きたい馬ですので、他馬に狙い撃ちされても勝ちきれるか…マイルよりもうちょっと距離が短い方がいいような気がしますし、マイルでは去年のカレンブラックヒルほどの底知れなさは感じられません。
 それでも複勝圏を外すかと言われると確率的には低いと思いますが…この馬が引っ張り、先行勢に役者がそろっていますので、後ろから行く馬を中心にちょっと検討してみようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »