« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

JRA 2014 GI/JPN I Series RACE 18 - ジャパンカップ

 調教をじっくり見ましたが、凱旋門賞帰りの ジャスタウェイハープスター もいまいちよく見えませんでした。
 特にジャスタウェイはあんなに頭を上げて走る馬ではないはずですが、調教時は頭が高く見え、おまけに最内枠。凱旋門賞のときのように内に閉じ込められて脚が使いづらい状況に陥ってしまわないか不安がよぎります。
 またハープスターも、これまで調教で遅れるシーンをあまり見たことがなかったもので、相手や馬場状態があるとはいえ、ピークの状態ではないように思います。

 逆によく見えたのは天皇賞上位組。
 特に ジェンティルドンナ は、天皇賞を走って明らかに調子は上向いたように思います。
 また スピルバーグ も調子落ちは見えず、ここが秋三走目で、外枠を引いたのもこの馬にはプラスに働きそう。問題は三歳時に惨敗したダービー以来となる 2400m の距離だけが問題かと思います。
 最後に イスラボニータ
 こちらも秋三走目ですが、調子落ちはなさそうで、しかも鞍上が蛯名 騎手に戻る上、今回は一番人気を背負うこともなさそうです。狙うならここだと判断しました。

◎ イスラボニータ
○ ジェンティルドンナ
▲ スピルバーグ
△ エピファネイア
△ ハープスター
× ワンアンドオンリー
× ジャスタウェイ

 ワンアンドオンリー はダービー時点のイスラボニータから尺を測ればいい勝負をしても不思議はないですが、正直、秋のレースを見ているとイスラボニータと比較してあまりパワーアップが感じられないのが正直なところ。
 エピファネイア はとにかく調教が非常によく見え、スミヨン 騎手に乗り変わって新味がでると勝ちきってもおかしくはない能力を持っていると思います。

 あと上げていないところでは、確実に調子を上げていそうな デニムアンドルビー と先週もダノンシャークをもってきた岩田 騎手に乗り変わる フェノーメノ が気になります。
 特にフェノーメノは前走の大敗で人気を落としていますが、実は 1 秒も負けておらず、距離が伸びて上がり一発勝負にならなければ見直しが必要かと思います。
 外国馬は唯一 トレーディングレザー だけが気になりますが、大外枠で勝ちきれるほどの力はないとみています。

 馬場状態も微妙でぱんぱんの良馬場でのスピード勝負にはなりそうもなく、パドックの状態などもよく見て最終判断をします。が…凱旋門賞組二頭はちょっと人気しすぎかも…十分に注意を払ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

ハープスター帰還

 久々にゴール前で悪夢を見ました orz

 逃げる ○ ミッキーアイルを、◎ トーセンラーが ▲ ワールドエースと追い比べながら迫ってくるゴール前を想定していたのですが、直線早々とミッキーアイルは失速し、トーセンラーは先頭に届かず、ワールドエースに至ってはゴール前で視界にすら入ってきませんでした o...rz
 まさかあんな早い決着で、もしかしたらと思って馬券には入れたダノンシャークが勝ちきるとは…競馬は本当に難しい。。。

 これだけ連敗が続くと、地味にでも勝ちを拾いたい。。。本気でそう思います (T-T)

 今週はジャパンカップです。
 凱旋門賞で敗れたとは言えまだ世界 No.1 を維持しているジャスタウェイ、日本馬最先着を果たしたハープスターも出走し、超豪華メンバーがそろいます。

 枠順も発表されましたが、正直、凱旋門賞からの参戦組は少々きついと思っていますが、どちらに期待をかけるかというと、やはりハープスターでしょうか?
 しかし、天皇賞を叩いて参戦する組も、それぞれに不安要素があるように思います。

 鍵は今日発表された枠順と鞍上かな?先週の反省から展開も考慮しつつ、じっくり週末考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA 2014 GI/JPN I Series RACE 17 - マイルチャンピオンシップ

 今年の三歳マイル王 ミッキーアイルを基準にいろいろ考えましたが、やはりこのマイルチャンピオンシップは他の秋の GI と違って、古馬と三歳の斥量差が 1kg しかない三歳馬には厳しい GI です。
 ミッキーアイル自身が逃げ馬と言うこともあり、やはり厳しいという結論づけました。

 本命は昨年の覇者 トーセンラー とします。
 京都競馬場での戦績 (4.2.4.1) 、鞍上、秋初戦 京都大賞典と追い切りの内容、どれをとっても昨年とさほど力落ちした感じはありません。
 勝ちきれるか?と言われると競馬に絶対はありませんが、複勝圏には高い確率で入ってきそうに思います。

 対抗はもちろん ミッキーアイル
 逃げ馬で三歳というかなり条件は厳しいですが、東京マイルを同世代相手とは言え逃げ切った馬です。古馬相手にも前走スワンステークスでは完勝の内容でした。並の馬ではないと信じています。

 穴は ワールドエース
 前走、毎日王冠で大敗を喫して人気を下げ…てないみたい(前日売りオッズでトーセンラーと並んで二番人気)ですが、前走は左回り云々より、ラスト 3F 33.5 で上がっても、ほとんどの馬が 33 秒台の脚を使うレース展開では、最終コーナーを回ったときのポジションで決まってしまいます。決して馬の能力ではなかったように思います。
 今回は叩き二走目。しかも得意の京都。一変を期待します。

◎ トーセンラー
○ ミッキーアイル
▲ ワールドエース
△ フィエロ
△ レッドアリオン
× グランプリボス
× ダノンシャーク

 △二つはここ最近の流行に乗ってノンタイル馬を入れてみました ^^
 他に気になっているところは グランデッツァタガノグランパ
 グランデッツァは切れる脚がないので、かなり前のめりに行かないとと思うのですが、今回はホウライアキコもミッキーアイルもいるので、前々につけたとしても後ろがそうは楽なペースで行かせてはくれないかと…
 タガノグランパも菊花賞よりは距離はあってそうな気がするのですが、何せ三歳馬。強気には押せません。

 個人的にはミッキーアイルの逃げ切りを見てみたいのですが、まずは馬券を当てないと (_ _;>
 よし!勝つぞ!さぁ来い>マイルチャンピオンシップ

| | コメント (0) | トラックバック (5)

基準はミッキーアイル

 三連敗を喫しました orz

 期待していた三歳馬 ○ ヌーヴォレコルトはきました。そうはさせじと ▲ ラキシスが古馬の意地を見せ最後ゴール前で差しきりました。
 内からしっかり × フーラブライドも…が、外から一気にディアデラマドレが…
 また相手間違ったよ o...rz

 くっ。。。これ以上の連敗は許されません。今週のマイルチャンピオンシップで止めにかかります。

 基準は NHK マイルカップを制したミッキーアイルかと思います。
 ここまで期待通り三歳馬が古馬 GI でも良績を上げています。ミッキーアイルも前走スワンステークスで 1 分 20 秒で走破しながら上がり 3F 33.9 でまとめられては並の馬では捕まえられっこありません。
 おまけに叩き二走目で前走より斥量も 1kg 減ります。
 楽勝はないでしょうが、それでもこの馬を捕まえられる馬がそう何頭もいるとは思えません。

 筆頭は去年の覇者トーセンラーでしょう。
 去年のこのレースで見せたラスト 3F 33.3 の脚はまさに目の覚めるような決め手で、この決め手でミッキーアイルをとらえきれるか?

 この想定展開を基に今度こそ相手を間違えないよう、週末までがんばって考えてみます ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA 2014 GI/JPN I Series RACE 16 - エリザベス女王杯

 今年は三歳馬が強いように思います。
 札幌記念でハープスターが勝ち、天皇賞(秋)でイスラボニータが三着。今年の三歳馬のレベルは十分に古馬に通用するレベルといえるでしょう。

 その中で本命は秋華賞馬 ショウナンパンドラ にしました。
 休み明け四走目になりますが、調教の動きは抜群で問題はなさそう。父 ディープインパクトということが気になりますが、コース取りの差はあったとは言えヌーヴォレコルトに勝った馬ですから、ここでも十分に通用するでしょう。

 対抗は当然 ヌーヴォレコルト
 秋華賞で負けてなお強しの内容、また父 ハーツクライという血統からも GI ホースの中では最も舞台適性が高いように思います。ただ今回は関東からの輸送競馬と言うことで割り引きました。

 穴は去年の二着馬 ラキシス
 他の古馬陣にも GI ホースはいますが距離適性を重視すると、陣営も前哨戦にオールカマーを選んだように、少し長めの距離適性を持っているように思いますし、去年二着がそれを示しています。
 最内でじっとして脚を伸ばせば、今の京都の高速馬場も味方してくれるでしょう。

 と言うところで、相手は以下のように考えています。

◎ ショウナンパンドラ
○ ヌーヴォレコルト
▲ ラキシス
△ メイショウマンボ
△ ホエールキャプチャ
× スマートレイヤー
× フーラブライド

 去年の覇者 メイショウマンボ は調教はあまりよく見せない馬でも、ひと叩きすると確実に変わってくる馬なので古馬 GI 馬では一応最上位に見ました。
 逆に古馬で一番調教がよく見えたのはホエールキャプチャ
 距離適性的には長いように思うのですが、なんと言っても過去二年と違って今年は良馬場で望めそうなのがこの馬にはプラス。
 あと右回りだと確実に変わってきそうなのが スマートレイヤー
 左回りで前走 ディアデラマドレに完封されましたが、同斥量で右回りなら逆転は可能かと思います。
 あとは距離適性が長そうでうちでじっとしていればチャンスがありそうなフーラブライドまで。

 もちろん前走 府中牝馬ステークスを勝ったディアデラマドレも気になりますが、前走 府中牝馬 S 組って本番であんまり活躍した記憶がないんですよね…あとヴィルシーナ。単騎でいけそうと言うのはいいのですがぶっつけ本番てのがなぁ…

 ひとまずパドックを見て入れ替えは考えます。そんなに大きな差はないように思うので、三歳馬にかけると言う方針は崩さずいくと思います。
 次はここ最近調子の悪いマイルチャンピオンシップ…連敗はぜひここで止めたい。がんばります! \(*`∧´)/

| | コメント (0) | トラックバック (7)

ショウナンパンドラか?ヌーヴォレコルトか?

 天皇賞は期待していたイスラボニータが、最後はうちでじっとしていたジェンティルドンナにねじ伏せられましたが、それでも期待に応えて三着。
 驚いたのは枠順的におもしろいかもと思って最後に馬券に組み入れたスピルバーグが、イスラボニータとジェンティルドンナの競り合いを尻目に、外から目の覚めるような脚で差しきったこと。あの前残りの展開ですさまじい切れ味でした。
 そして残念だったのは相手にしていたフェノーメノはまったく見せ場なく、マーティンボロもまったく前に迫れなかったこと。連敗です orz

 連敗は早々に止めにかかります。

 今週は個人的にあまり得意とは言えない GI エリザベス女王杯ですが、ひとまず天皇賞のイスラボニータもそうでしたし、札幌記念を勝ったハープスターをはじめ今年の三歳は強いと思っていて、秋華賞馬 ショウナンパンドラ、二着のオークス馬 ヌーヴォレコルト中心視しています。
 ただショウナンパンドラは休み明け四走目、ヌーヴォレコルトは関東馬というところが引っかかるところではあります。

 一度叩けば化ける前年覇者メイショウマンボ、去年の二着馬ラキシスをはじめ古馬勢にも実力馬やくせ者が多数いますので、まずは枠順をしっかり見てから過信せず確実に獲りに行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA 2014 GI/JPN I Series RACE 15 - 天皇賞(秋)

 メンバーはそろいましたが、古馬の GI ホースはほとんどが休み明け。それなら三歳とは言え、皐月賞馬、しかも前哨戦 セントライト記念を圧勝して望む イスラボニータ を本命にします。
 勝ちきれる力はあると思いますし、複勝圏を外すことも秋初戦の内容を見れば、確率的に低く感じます。乗り変わりと外枠が不安要素ではありますが、それでもダービー二着、セントライト記念完勝なら多少の距離ロスは苦にしないでしょうし、絶好馬場の超高速コンディションでもなさそうなので、何とかなるでしょう。

 対抗は フェノーメノ
 もともと生粋のステイヤーとは思っていませんし、東京も得意ですから、春の天皇賞ぶりというのが気になりますが、調教から何とか格好はつけてくれるのではないかと思います。

 穴はサマー 2000 シリーズチャンピオン マーティンボロ で。
 実績から言えばジェンティルドンナを考えるんでしょうけど、今年に入ってから休み明けはぴりっとしない上、調教もさほどよく見えなかったんですよね。。。それに対して、マーティンボロは 2000m の小倉記念、新潟記念とそつなく 2 着、 1 着、その上、調教もよく見え、 GI ホースを除けばこの馬が一番よく見えたんです。
 三強の一角崩しをこの馬にかけてみます。

と言うところで…

◎ イスラボニータ
○ フェノーメノ
▲ マーティンボロ
△ カレンブラックヒル
△ ジェンティルドンナ
× エピファネイア
× マイネルラクリマ

 東京巧者のイメージのある デニムアンドルビー ですがあんまり調教でよく見えなかったんですよね…逆にすごくよく見えたのが カレンブラックヒルマイネルラクリマ 。どちらも天皇賞とは相性の悪いオールカマー組というところが気になりますが、後ろで有力馬が牽制し合ってくれれば、前々で…って最内にジェンティルドンナがいるからなぁ…望み薄か…
 後ろからなら枠順的にスピルバーグがおもしろそうですがどうだろう…と考えています。

 当日の天気、馬場状態、パドックを見ながらこの予想を元に発走までじっくり考えてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »