« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

JRA 2014 GI/JPN I Series LAST RACE - 有馬記念

 上位人気を競っているエピファネイアゴールドシップジャスタウェイはともに外枠。おそらくこの三頭で決まることはまずないと思っています。
 特にエピファネイアは調子は相変わらず良さそうですが、ジャパンカップを勝ちすぎました。楽には内に入れてもらえないでしょうし、前に馬を置かないと暴走する可能性をはらんでいます。

 また内に十分勝ち負けを狙える能力のある馬がそろったので、ここは賭けます。

 本命は ウインヴァリアシオン として夢を賭けます。
 対抗はジャパンカップを叩いて、調教を見ても明らかに調子を上げている ジャスタウェイ
 穴は ジェンティルドンナ 。今年は右回りでさっぱりですが、すべて休み明け。右回りがだめというイメージは個人的に全くないですし、最近のレース運びだと内でじっとしていられるのも吉。

 と言うことで…

◎ ウインバリアシオン
○ ジャスタウェイ
▲ ジェンティルドンナ
△ トーセンラー
△ ゴールドシップ
× エピファネイア
× トゥザワールド

 あとは当日の気配次第で フェノーメノラキシス を入れ替え候補として考えています。

 馬券戦略はこれから考えますが、ちょっと手広く行っといた方がいいのではないかと思っています。特に穴候補としてジェンティルドンナと迷った トーセンラー がとにかく不気味。

 今年最後に勝って笑いたいけど…難しい…難しすぎる>今年の有馬記念
 いや!勝ってやる!!気合いを入れて今年のオーラス、いざ勝負です \(*`∧´)/

| | コメント (0) | トラックバック (4)

それでもウインヴァリアシオンで夢を見る

 なんせ阪神ジュベナイルフィリーズで本命を打ったロカがスタート直後に終わったもので、今回、朝日杯フューチュリティステークスで本命にしたダノンプラチナのスタートは注目していました。無難にでて、そのまま前へ…はいかずどんどん後ろに…おいおい
 向正面では折り合いを欠いて横を向くは、前に馬を置いても突進していくは、「こりゃだめだ orz 」と思っていてら、最終コーナー手前から外に出して、ぐいぐい前へ迫っていくと、そのまま突き抜けてゴール!
 すげぇ…来年の少なくとも皐月賞もしくは NHK マイルくらいなら主役候補になれるでしょう>ダノンプラチナ

 馬券はアッシュゴールドも、悩んで最後に変えたナヴィオンも、もともと狙っていたコスモナインボールもゴール前では視界に入ってこず… orz
 人気をしていたクラリティスカイを交わして前に迫ったのはなんと 14 番人気のアルマワイオリ。。。言い訳はしません。見る目がありませんでした o...rz

 今週はいよいよオーラス、有馬記念です。
 今年の勝ちはすでに決まっているとは言え、ここは勝って最後締めたいです。有馬よければすべてよし!

 そのメンツですが、ジャパンカップもそうでしたが、超豪華メンバー、そうそうたる GI ホースが出走します。
 ここまでの実力馬が顔をそろえるとなると、純粋に距離適性や枠順が大きく左右するような気がします。

 もちろん注目はあのメンバーのジャパンカップを圧勝したエピファネイアでしょう。凱旋門賞帰りでいきなりその実力を見せた世界 No.1 ホース ジャスタウェイも、もう距離が長いとかも言われないでしょう。

 ただ今年最後の有馬記念。夢はウインヴァリアシオンにかけてみたいと思います。
 去年は金鯱賞三着から、オルフェーヴルの二着。今年の宝塚記念後、屈腱炎が再発して、休み明けの今年の金鯱賞は 15 着大惨敗。それでも本番前の「叩き」だったと信じます。
 ねらうはここ!

 いやもちろん最後は調教を見て冷静に選びますけどね (^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA 2014 GI/JPN I Series RACE 21 - 朝日杯フューチュリティステークス

 調教 V を一通り見てみたのですが、それほど抜けた馬はいないように見えました。
 それでもその中から動きのよかった馬を絞り込んで、本命は ダノンプラチナ 、対抗は アッシュゴールド でいきます。

 ダノンプラチナは順調に使われている感じのローテーションが好感で、また栗東に滞在して今回、阪神に舞台の変わったこのレースに挑みます。あまり能力差がないのであれば、純粋に距離ロスのない内枠の方が有利だと思いますし、これまで出遅れなどもしていないですし、すっとでれば抜け出てこれるのではないかと思います。

 アッシュゴールドは前走、タガノエスプレッソを捕まえきれなかったことは不満ですが、今回は直線に坂のある阪神。直線も長く、外枠になったタガノエスプレッソと逆転もあるかと思います。

 穴はコスモナインボール
 確かに三連勝とはいっても強いところとはあたっていないわけですが、好位につけてすっと抜け出てくる立ち回りのうまさと、今回の内枠。人気の盲点になっているような気がします。

◎ ダノンプラチナ
○ アッシュゴールド
▲ コスモナインボール
△ タガノエスプレッソ
△ クラリティスカイ
× ナヴィオン
× ブライトエンブレム

 気になるのは ネオルミエールセカンドテーブル
 ネオルミエールは前走、二戦目でなかなかのパフォーマンスで、まだ上積みがあって内枠をいかされるとちょっと怖いなと思います。
 いく馬がいないのでセカンドテーブルも展開次第では…京王杯もタイム的には優秀でしたし…

 と言うところでパドックを見ないと、最終結論は出なさそうです。有馬記念前にしっかり獲って勢いをつけたいのでじっくりいきます ( ̄▽ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (5)

今年の二歳はわからない(牡馬編)

 豪快なメイクデビューの勝ちっぷりから本命に推したロカ。ものの見事に出遅れ、結構今年のジュベナイルフィリーズはあの一瞬で終わったと言っても過言ではありませんでした orz
 しかし、勝ったのは同じくスタートで後手を踏んでも、どっしり構えて最後の直線に賭けたショウナンアデラ。関東馬でしかも輸送競馬でローテーションも詰まっていたしと軽視していたのですが…ちょっとびっくりするような勝ちっぷりでした。

 さ、忘れましょう (^^;A

 とは言っても、今週も二歳戦。
 牝馬に比べれば、今年の牡馬は強い馬が何頭かがいると注目していた京都2歳ステークス。大注目のティルナノーグはまさかの惨敗。もう一頭の期待馬 ダノンメジャー は惜しくも二着で、こちらも土がついてしまい、いよいよ牡馬の方も混沌としてきました。

 今年から阪神に舞台を移した今週の朝日杯フューチュリティステークス、休み明けでも好成績を残す印象のある札幌二歳ステークス覇者で無敗馬 ブライトエンブレムが栗東滞在で万全を期しているところが好感は持てますが、それでもやっぱり三ヶ月ぶりというのは不利を否めません。
 となるとやっぱり、前走、デイリー杯2歳ステークスで注目の良血 アッシュゴールド、1番人気ナヴィオンに勝ったタガノエスプレッソを素直に上位に見るのかな…

 しかし、先週の阪神ジュベナイルフィリーズ同様、飛び抜けた存在はいないとみて、しっかり調教を見て判断して、有馬記念前の軍資金稼ぎに勝負をかけたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA 2014 GI/JPN I Series RACE 20 - 阪神ジュベナイルフィリーズ

 前哨戦だけ見ると、アルテミスステークスの方は出遅れ、途中引っかかって暴走した ココロノアイ が押し切ってしまい、ファンタジーステークスの方は最初に抜けた馬を結局、後ろがとらえきれなかったレースで、どちらもレベル的に「?」なレースでした。

 そうなると調教を重視で ロカ を本命にします。
 新馬戦を勝っただけですが、超スローの上がり一発勝負で差しきった脚は刮目もので、あれがまぐれでなければ相当な器を感じます。
 父 ハービンジャーで初年度産駒なのでまだ傾向がつかめませんが、ディープインパクトの姪と言うところで血統的にも期待できます。ここは一発かけてみようと思います。

 他にはやっぱりむちゃくちゃなレースだったとは言え、勝ちきった実力は無視できず対抗は ココロノアイ で行きます。
 穴でファンタージステークス二着のダノングラシアスに勝っている コートシャルマン。 1400m を連勝していますが、父 ハーツクライというところで 1600m の方がいいのではないかと思っています。

◎ ロカ
○ ココロノアイ
▲ コートシャルマン
△ レッツゴードンキ
△ ダノングラシアス
× トーセンラーク
× ショウナンアデラ

 とにかく調教では本命のロカ、対抗のココロノアイに次いで、トーセンラークがよく見えました。ショウナンアデラもよかったのですが、関東からの輸送ということもあって評価を落としました。
 前々で決まると言うことを想定していないので、クールホタルビも切りましたが、当日の気配と馬場状況次第で入れ替え候補として考えたいと思います。

 正直よくわからないので、有馬記念までの二歳戦、今年は大胆に狙って勝つ!! \(*`∧´)/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今年の二歳はわからない(牝馬編)

 久々にやりました!! (^^)/
 調教 V を見て、明らかかに変わり身の見えた ◎ ホッコータルマエですが、レース本番でも抜群の手応えで二番手につけ、緩くなったペースでもしっかり折り合って直線押し切る横綱相撲。統一 GI 五勝の実力馬がその実力を遺憾なく発揮したレースでした。
 対して、まさか複勝圏から落ちると思っていなかった ○ コパノリッキーは、出遅れた上に道中の遅いペースが災いして、直線伸びも見せられず 12 着惨敗で、どちらかというと波乱の原因は二着 × ナムラビクターよりこちらにあるように思います。
 と言うわけで、今年のダービー以来の万券的中!

20141207

 これで今年二つ目。今世紀初の年間収支プラスもほぼ確定しました (^^)/
 あとはどこまで勝ちを伸ばせるか…って、でも今年の二歳戦は正直わからないんですよね… orz

 特にここ何年かは「今年はこれだろう」と思える本命、たとえば去年ならハープスターのような存在がいたのですが、今年はどれが勝ってもおかしくなさそうで、しかも抽選組1勝馬にも十分にチャンスはありそう。。。

 いや、こういうレースでこそ馬を見る目が試される!大きく今年の勝ちを伸ばすにはここ二戦の二歳戦で!!
 …そういう気概でじっくり考えます (^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRA 2014 GI/JPN I Series RACE 19 - チャンピオンズカップ

 前走、休み明けの JBC クラッシックを圧勝した コパノリッキー が叩いた上積みをもって圧倒する…そう考えていたのですが、調教の動きが今ひとつ。ちょっと不安を抱きました。
 全馬、今の勢いを考えると コパノリッキー マークを徹底してくるはずで、それを考えると、併走馬に遅れたあの内容で本当にいいのか疑問です。

 調教で叩き二走目の効果が見えたのは ホッコータルマエ
 逆にこちらは前走、 JBC クラシックがあまりにもちぐはぐな競馬で、内にじっと構えてコパノリッキー一頭に絞って直線仕掛けるのかと思いきや、外に出たり内に入ったりで結局最後はワンダーアキュートにも交わされ四着。もっとどっしり構えて直線にかければ、もっときわどい勝負になったはずです。
 叩き二走目の効果と、悲願の中央 GI 制覇に向けて、今回は勝ちにくる競馬をするはずです。本命はこちらにします。

 調教だけ見れば圧倒的によかったのは ローマンレジェンド
 時計だけ見ても猛時計ですが、それに対してなりふり構わずという感じではなく、騎手が追ってそれに十分に応えている感じです。エルムステークス以来の四ヶ月ぶりと言うことがだけがマイナスで評価を少し落としました。

◎ ホッコータルマエ
○ コパノリッキー
▲ ローマンレジェンド
△ クリソライト
△ ワンダーアキュート
× インカンテーション
× ナムラビクター

 他に気になっているは外国馬 インペラティヴ。久々参戦の外国馬で、しかも米国馬。雨が降るのならもうちょっと評価を高く考えたのですが…当日の気配に注目して取捨選択を決めます。
 あと気持ち的には四歳、五歳世代にがんばって欲しいのでベストウォーリアワイルドバッハ も入れ替え候補として考えています。特にワイルバッハは抜群の決め手と最近は 1600m 以下のレースで実績を上げていますが 1800m 前後でも過去複勝に絡むレースはできてるんですよね。前が止まる展開になるとひょっとすると…と思ってしまいます。

 ちょっと最近、軸を外し気味でそのせいもあって狙いのはっきりしない馬券になって散らかり気味なので、あとはしっかりパドックを見て、いくら何でもそろそろちょっと軌道修正したいです。
 勝つぞー \(*`∧´)/

| | コメント (0) | トラックバック (3)

コパノリッキーが世代交代を決定づける!

 菊花賞は1番強い馬が勝つ。
 使い古された格言ですが、その意味を今回のジャパンカップでは思い知りました。

 そうそうたる GI ウィナーたちが顔をそろえましたが、距離不安をささやかれながら、それでも菊花賞を勝ちきった馬はエピファネイアだけでした。
 人気を背負って勝てなかったワンアンドオンリー、距離適性から回避したイスラボニータ。フェノーメノも3歳時、天皇賞に向かいました。
 衝撃的とも言えるエピファネイアの圧勝劇はこの馬が1番強いことを証明するにたる復活劇でした。

 馬券の話は今週のチャンピオンズカップにしましょう (^^;A

 ここは今年のフェブラリーステークスで衝撃の GI 制覇を飾ったコパノリッキーが中心だと考えています。
 またダート路線は高齢古馬の強い印象がありましたが、今年のみやこステークスを快勝したインカンテーションも4歳。

 名を変えたダート王者決定戦「チャッピオンズカップ」
 世代交代を決定づける一戦になるのではないかと思っています。注目の一戦。勝ちたいです ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »