« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

アドマイヤデウスは要注目!

 二週前の皐月賞は、その週の土曜日から一泊二日の弾丸北海道ツアーにでていて、それでも時間の間を見て調教ビデオも一通り見て、◎ サトノクラウン、○ リアルスティールからどちらかが落ちても獲れるよう馬券の組み合わせを考えて買ったのが正解でした。
 絞り込みが足りなかったこと、本命が落ちたことは反省すべきですが、あのドタバタの中、獲れたのでよしとします。連敗も止めましたし… (^^)v

20150419

 今週は春の天皇賞です。

 注目は日経新春杯、日経賞と7ヶ月の骨折明けから重賞を連勝しているアドマイヤデウスかと思っています。
 日経新春杯はともかく日経賞は、天皇賞にも出走してくるメンバー相手にしっかりと勝ちきった価値のあるものだと思います。

 おそらくは人気は GI 馬が集めるのでしょうが、ゴールドシップは二年連続、春の天皇賞では人気を集めながら馬券に絡めてませんし、キズナはディープインパクト×ストームキャットでは 3200m と言う距離がどうかと去年も疑いましたし、三連覇のかかるフェノーメノは昨秋から見所なしのレースが続いています。

 もう一頭、注目馬をあげるとしたらサウンズオブアースかと思っていて、GI 馬すべてが馬券に絡まない…そういう想定も必要かと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015 JRA GI/JPN I RACE 4 - 皐月賞

 今、弾丸旅行で札幌にいて、ざっとしか調教ビデオに目を通せてないのですが、リアルスティール、サトノクラウンで本命を考えていましたが、◎はサトノクラウンにします。

 リアルスティールはどうも距離適性が少し長めのマイラーではないかと思い始め、距離適性を含めて先々余裕のあるのはサトノクラウンの方ではないかと…
 対抗はもちろん リアルスティール でいいと思います。

 前評判はもう一頭の三戦三勝馬キタサンブラックより、共同通信杯でリアルスティール相手に惜しい競馬をしているドゥラメンテの方が人気を集めているようですが、今年は日程的に通常年と同じタイミングで行われた同レースからの直行組というのは信用しておらず、また前々につけて抜け出した前走スプリングステークスの内容を考えると、素直に穴は キタサンブラック でいいのではないかと。

と言うところでまとめますと、こんな感じ。

◎ サトノクラウン
○ リアルスティール
▲ キタサンブラック
△ ドゥラメンテ
△ ダノンプラチナ
× ブライトエンブレム
× ペルーフ

 月並みな予想で恐縮ですが、ブリンカーをつけるという ペルーフ がどうしても気になって入れてしまいました。皐月賞は6枠が鬼門なので、当日までにもう少し考えて魅力的な馬がいれば入れ替え候補とも考えています。
 現時点でもう一頭挙げるとしたら ベルラップ かな? クラリティスカイ も良馬場が望めるなら見直してもと思ったりもしますが、クロフネ産駒ですからねぇ… 2000m は微妙かなと思ってみたり。
 逃げて連勝している スピリットミノル を押す予想もあるようですが、前につけて飛び出せる馬が桜花賞と違って多いので、この皐月賞は厳しいかなと思っています。

 弾丸旅行中なので考える時間が圧倒的に不足しているので、発走まで情報を可能な限り収集しつつできる限り検討を重ねたいと思います。
 止めるぞ!連敗!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度こそリアルスティール!?

 久々にある意味目の覚めるようなレースでした>桜花賞
 最終コーナーを回って、ダントツの一番人気 ◎ ルージュバックは後ろから 4, 5 頭目。
 押し出されるように前に出た割には、スローペースに落とし込み、最後の直線、ここというタイミング抜け出したレッツゴードンキが 3F 33.5 で上がられては後続は打つ手なし。
 ルージュバックが 3F 33.6 で上がっても、35 秒台で上がった馬がいないような直線一発勝負であの位置では…どんなに能力があっても展開一つで馬群にのまれる勝負の恐ろしさ…いい勉強になりました orz

 経験値を一つ積んだところで、今週の皐月賞ではこのいかん流れを変えたいと思います。
 奇しくもトライアル弥生賞およびスプリングステークスを制したのは双方とも 3 戦 3 勝の無敗馬。しかも皐月賞の枠順は 7 番 8 番枠で真ん中で横並び。
 両頭とも人気を集めるでしょうが、やはり競馬のうまさ、レースの内容をみると明らかにトライアルとしてレースをこなしたリアルスティールを外せないと思っています。

 ただ前哨戦を惜しい二着と言っても人気を集めるでしょうし、しかしながらプラス サトノクラウン、キタサンブラックで勝負はつかないと思っています。
 考えどころはここでしょう。。。と思っています ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015 JRA GI/JPN I RACE 3 - 桜花賞

 本命は牡馬相手にきさらぎ賞を完勝した ルージュバック で仕方がないと思っています。
 確かにそのきさらぎ賞ぶりで、しかも関東からの輸送で臨みますが、関西への輸送は二回目で、かつ桜花賞トライアルを一通り見ましたが、きさらぎ賞以上にインパクトのあるレースはなかったように思います。
 幸い明日は良馬場が望めそうですし、まずはこの馬が勝ちきる前提で予想を組み立てます。

 やはりルージュバックを追えるのはフィリーズレビューを勝った クイーンズリング ただ一頭という気がします。ルージュバックがいなければおそらく大本命でしょう。
 ただ前走、 20kg も減っていた馬体重だけが気になります。

 馬場の状況次第ですが、波乱を起こすならチューリップ賞組だと思っていて、その勝ち馬 ココロノアイ がその筆頭でしょう。
 近年四連覇中のディープインパクト産駒と言うこともあり二着のアンドリエッテ、勝ちきれない感がありますが三着の レッツゴードンキ にも注意は必要だと考えます。

 まとめます。

◎ ルージュバック
○ クイーンズリング
▲ ココロノアイ
△ アンドリエッテ
△ クリミナル
× レッツゴードンキ
× キャットコイン

 チューリップ賞で雨に泣かされた感のある コンテッサトゥーレ も気にはなるのですが、最内枠ということでちょっと評価を下げました。同じ内枠でもペルフィカ が少し気になったりもしますが、最終決断はパドックを見てからにします。

 今年はここまで1勝1敗。桜花賞を決めてまず勝ち越すぞ! (^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (6)

ルージュバックは本物か?

 三連複 14,000 円。。。
 本命に推しはしたものの、どんどん悪くなる馬場状態で、休み明けの上に大外枠でいまいち信用がおけなかった◎ ストレイトガールに加えて、やはり地の利はないと思ってもスプリント王国 香港から来た○ エアロヴェロシティの二頭からフォーメーションを組んで、実際、ストレイトガールは落ちてもエアロヴェロシティはその実力を遺憾なく発揮。搭載エンジンの違いを見せつけました。
 道悪はどうか?今度は折り合えるのか?と思っていた▲ ミッキーアイルもがんばってくれました。
 ただ二着がハクサンムーンとは…ハナを切れないと思って手を回さなかったのですが、よく考えてみれば、去年は出遅れておまけにあの道悪で 4 着まで追い上げてきた馬…軽視するべきではありませんでした。
 もうちょっとしっかり考えていれば獲れた万券でした。反省 orz

 桜花賞がんばります! (T-T)

 牡馬相手にきさらぎ賞を勝ったルージュバックが絶対本命だろうと思っているのですが、唯一、ローテーションが気になります。きさらぎ賞から皐月賞へ直行する馬は毎年評価を下げるので、これが桜花賞だからって…と言うこともありますし、この時期の牝馬が関東からの輸送競馬。
 しかし、この馬は規格外かもしれず、これを勝てば間違いなく本物でしょう。

 ただチューリップ賞勝ちのココロノアイ、フィリーズレビュー勝ちのクイーンズリングも真っ向勝負でなければ勝てる可能性はあると思っています。
 あとチューリップ賞で馬場に泣いた組の巻き返しも…特に桜花賞四連覇中のディープインパクト産駒の逆襲は要注意かと考えています。

 繰り返しておきましょう。
 ここを勝てればルージュバックは本物です。(以後、ついて行きます m(_ _)m)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »