« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015 JRA GI/JPN I RACE 9 - 東京優駿(日本ダービー)

 去年のダービーで万券をゲットして、この上なく気分上々で春のシーズンを終えられたので、是非とも今年もこのダービーを獲って(このあと二戦がどうであれ)春のシーズンを決めたいと思います。

 皐月賞で上位とみた四頭(サトノクラウン、リアルスティール、キタサンブラック、ドゥラメンテ)はやはりダービーでも強いと思います。

 ただこの中から本命を選ぶとすると サトノクラウン です。
 皐月賞は少々不運が重なりました。またドゥラメンテが目の覚めるような末脚を決めたので目立ちませんでしたが、リアルスティールと同じ上がりでこの馬も後方からかなり差を詰めています。つまり皐月賞では位置取りがすべてだったと言えます。
 東京では負けを知らない上に、有力四頭では最内に入ったことも今回はプラスに働きそう。

 対抗は ドゥラメンテ で。
 いろいろ考えましたが、この馬はやっぱり強そうです。皐月賞の内容を見ても折り合いに不安がありますが、裏を返すと不安はそこだけ。鞍上の M. デムーロ 騎手がなんとかしてくれそうですし、個人的にもなんとかして欲しいと思うところもあります。

 穴なんですが、皐月賞の時にも言いましたが リアルスティール は距離適性が長めのマイラーのような気がしていて、皐月賞でのドゥラメンテとの差は末脚の切れ以上に、距離適性の差が出たように思います。
 また皐月賞の結果から今回、ドゥラメンテをマークして末脚を貯めるために後方からの競馬を福永 騎手は選びそうな気がして、さらに評価を下げました。
 かといって キタサンブラック は8枠。スタートとペース次第ですが先行馬にこれはきつそうです。

 と言うことで、穴は内枠の馬から タンタアレグリア とします。
 青葉賞で レーヴミストラル に完敗していますが、明日はぱんぱんの良馬場が望めそうになく、また C コースにコースがわりするので、内でじっとして脚を伸ばせる馬が必然的に有利になりそうです。
 実際、昨今の日本ダービーでは真ん中より内の馬が好成績をあげていますし、また青葉賞組はここ三年で言えば、複勝圏に絡んできているのはすべて関東馬です。
# 四年前はウインバリアシオンで関西馬なんですけど…

 以上をまとめますと以下のようなになります。

◎ サトノクラウン
○ ドゥラメンテ
▲ タンタアレグリア
△ リアルスティール
△ キタサンブラック
× レーヴミストラル
× グァンチャーレ

 とにかく グァンチャーレ は調教がめちゃめちゃよく見えて大穴で狙ってみるならこれかな?と思っています。内枠でもう一頭狙うなら サトノラーゼン かと思ったのですが、今年の京都新聞杯はもう一つレベルが低かったような気がしてなりません。
 ポルトドートウィユ を入れなかったのも同じ理由で、この馬も馬場が少しでも緩むとあまりよくないように思います。

 もしもうちょっと手を広げるなら ミュゼスルタンミュゼエイリアン かと思っています。
 ミュゼスルタンは距離さえもてば、上位馬と同様の末脚を発揮できそうで、ミュゼエイリアンは毎日杯のように前々につけて抜け出す競馬ができれば、馬場が緩んで時計のかかる展開なら波乱もあるかと…しかしながら、どちらも条件がつきそうです。

 難しいです。今年のダービー orz
 それだけに上位と思われる馬が落ちると簡単に穴があきそうなんですが…この予想をベースに発走まで悩みます。

 今年も獲るぞ!>日本ダービー

 Good Luck!! (^^)b

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ドゥラメンテで本当にいいのか?

 桜花賞の失敗は繰り返さない。直線、押し切る手応えで先頭に立った一番人気ルージュバックめがけて末脚一閃!勝ったのは、桜花賞を除外され、わすれな草賞を勝ってオークスにコマを進めてきたミッキークイーン。
 いや負けるなら、このパターンだろうなと思っていた負け方でした>ルージュバック
 距離も少し長かったのかもしれません。あの距離を押し切れるほどの実力差は、少なくともミッキークイーンとの間にはなかったのでしょう。
 そういう意味ではミッキークイーンは本当に強かったのかもしれません。

20150524

 当日パドックで、馬体重が維持できており気合い乗りもよかったので、完全に馬体が寂しく写ったキャットコインの評価を下げ、ミッキークイーンと入れ替えました。
 流しの対象として他のディープインパクト産駒は一通り買っていたので、馬券的にはばっちりでした。

 これで春の東京 GI 五連戦、今のところ 2 勝 1 敗。例年、ここで春は連敗街道に入ることが多いので、今年はまれに見る好成績です。
 これでダービーを獲れば春は(気分的に)買ったも同然 (^^)b

 今年のダービーは、上位接戦と思っていた皐月賞であの圧勝劇を見せたドゥラメンテ…で、本当にいいと思います?

 確かにあの末脚は強烈でした。横綱相撲をしようとしたリアルスティールすら止まって見えました。
 で、ダービーになってみると、前評判はもうドゥラメンテ一色…

 ただ、最終コーナーの立ち上がりのお行儀も悪かったですし、道中楽に折り合っていたようにも見えませんでした。さらに 2F 伸びて…加えて、確かキングカメハメハ産駒のダービー馬ってまだいなかったはずで、個人的には同産駒はやはり 2000m 以下が強いイメージがあります。

 つけいる隙はある。そこをどう考えるかが(馬券的)勝利への道かと思っています ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015 JRA GI/JPN I RACE 8 - 優駿牝馬(オークス)

 なんかね…霧で栗東組の調教がほとんど見えないの… orz

 それでも本命は ルージュバック と決めていました。ここは初志貫徹します。
 きさらぎ賞ぶりだった桜花賞時とは体つきが変わっているように見えます。調教もうなるような走りで、展開の紛れがない限りは真っ向勝負ならこの馬だと思っています。

 桜花賞は展開が物言ったレースなので参考にならないので、別路線組からなどという予想もありましたが、今年はやはりクラシック王道を歩んできた馬が強く思え、あれだけ桜花賞では無敗馬がちやほやされたのに、展開がものを言った桜花賞の結果で、結局、左右されているような予想が散見されているような気がします。

 あのレースでやはり強い競馬を見せたのは、負けは桜花賞のみの クイーンズリング
 後方から届いたのはこの馬とクルミナルだけ。血統的に父 マンハッタンカフェと言うことでこちらを上位に見ました。

 穴はルージュバックと同じく条件が今回好転する、やはり負けは桜花賞だけの キャットコイン か、チューリップ賞を強い内容で勝っておきながら、桜花賞で見せ場のなかった ココロノアイ で迷いましたが、鞍上の勢いを買ってココロノアイで。

◎ ルージュバック
○ クイーンズリング
▲ ココロノアイ
△ レッツゴードンキ
△ キャットコイン
× クルミナル
× アンドリエッテ

 ディープインパクト産駒はジェンティルドンナ以外は勝ちきれていないレースですので、少々評価を下げました。
 よってその中でも一番距離適性の短そうな桜花賞三着のコンテッサトゥーレまで手が回っていませんが、クルミナルともども道悪がまったくだめそうなので、当日のコンディション次第ですが、(霧で最後数ハロンしか見えてませんでしたが)マキシマムドパリ の調教がやたらよく見えたので、ちょっと大穴で狙ってみようかと…
# あ、ミッキークイーン 入れるの忘れた。この馬には必ず流します。たとえ手数が増えても…

 今回は桜花賞組。しかも桜花賞で本来の力が発揮できなかった組が巻き返す!きっと!!
 頑張れルージュバック!頑張れ戸崎 圭太 騎手!!…と言うことで、戸崎 圭太 騎手の二週連続 GI 制覇、あると思います!!! (≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (5)

今度こそルージュバックに期待したい!

 きもーちよくミナレットが先行し、離れた二番手にケイアイエレガントで、ヴィクトリアマイル独特の緩い流れに疑いもせずに乗って、後ろも絡んでこないので、前へ行った二頭にとってマイペースで逃げているのと同じというレース展開。
 大けやきの向こうを過ぎたあたりでいやな予感はすでにありました。。。

 三連複 286 万、三連単なんと 2070 万円の超大波乱。。。 o...rz
 直線、ストレイトガールが後続から弾丸のように飛んできて交わしましたが、人気上位馬で捕まえられたのはこの馬だけ。ヌーヴォレコルト自身も上がり 3F 33.5 秒の脚を使っているので「敗因がわからない」というコメントもありましたが、明らかにペースの読み間違い。
 前へ行っていたケイアイエレガントが 34.0 秒で上がっているのですから、直線向いたときにあれだけ離されていては後ろから捕まえるのは至難の業です。

 競馬って難しい…って、桜花賞でも同じようなことをいっていたような気がします。桜花賞で積んだはずの経験値くらいではレベルアップは難しかったようです…反省 orz

 とか言いつつ、今週のオークス、再度、ルージュバックに期待してみたいと思います。
 前走、桜花賞は条件が悪すぎました。ローテーションもきさらぎ賞以来の約2ヶ月ぶり、おまけに関西へは直前輸送で、とどめはあの超スローペース。
 勝ったレッツゴードンキの鞍上 岩田 騎手のファインプレーなのでしょうが、あれはレッツゴードンキにしか勝てないレースでした。
 しかし、今度の舞台は出走経験もある東京競馬場で、しかも桜花賞から直行というローテーション。今度こそ力は発揮できるでしょう。そして、力が発揮できさえすれば、今年の三歳では牡馬も合わせても屈指の能力の持ち主だと思っています。

 桜花賞の反省から過信はしませんが、今度こそルージュバックの本当の力を見てみたいです。そして是が非でも馬券も当てたいです ^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015 JRA GI/JPN I RACE 7 - ヴィクトリアマイル

 ハーツクライ産駒でオークス馬、秋華賞/エリザベス女王杯二着と言う実績を考えても、決して東京マイルはベストの舞台ではないのでしょうが、前走 中山記念の内容を見て、切れる脚がなくても前で競馬ができる上に、相手が牝馬なら ヌーヴォレコルト を信用してもいいでしょう。
 素直にこれを本命と考えると、これを負かせる馬は切れ味で上回れる ディアデラマドレ を対抗と考えることが素直でしょう。

 昨年の秋華賞でヌーヴォレコルトを負かしている ショウナンパンドラ はヌーヴォレコルトより外枠になったことで少し評価を下げました。
 今週から B コースにコースがわりするので、内枠で脚を貯めて切れでヌーヴォレコルトに迫れる馬と考えると ストレイトガール かなと。道悪、海外帰りの休み明けと前回は条件が悪すぎました。去年、マイルへの適性は示しているので、6歳というのはちょっと気になるところですが、歳を取ってマイルくらいの流れの方が合うようになっているかもしれません。

と言うところでまとめると。。。

◎ ヌーヴォレコルト
○ ディアデラマドレ
▲ ストレイトガール
△ カフェブリリアント
△ ショウナンパンドラ
× メイショウマンボ
× レッドリヴェール

 調教では最内のタガノエトワールと、 7枠で GI 馬に挟まれた ウエスタンメルシー がよく見えたんですが、メイショウマンボは休み明け二走目で変わるときは変わる馬ですし、レッドリヴェールはさすがに前走は忙しすぎた感があります。両馬とも GI 馬ですから展開一つで突っ込んできても不思議ないので、切るに切れないのですが、ヌーヴォレコルトを本命に置く以上はあまりに手は広げたくないところ。。。
 最終判断は当日の馬場状態を確認して、パドックを見てからかな…

 牝馬戦ですからあれですが、それでも今回はヌーヴォレコルトが強いような気がします。この馬を中心に動くなら、そんなに荒れる想定はせずに確実に押さえていくのが正解かと考えています。

 勝つぞ!狙え東京マイル連勝!!

 がんばります \(*`∧´)/

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ヌーヴォレコルトで仕方がない?

 快勝でした。
 落ち着いたペースの中ぎりぎり折り合って直線、二番手でレースを進め粘るアルビアーノを競り落としたクラリティスカイ。鞍上の横山 典弘 騎手は二週連続 GI 制覇。見事でした。
 強いとは思っていましたが、末脚にかけてくるだけではいくら東京でも差し届かないシーンがあるのでは…と思っていたミュゼスルタンが三着。

20150510nhk

 ◎○▲ でばっちりの久々に快勝でした (^^)b

 この調子で、同じ舞台設定で行われる今週のヴィクトリアマイルで連勝を狙いたいと思います。

 ここはもうヌーヴォレコルトでしょう。
 桜花賞以来のマイルがどうかとは思いますが、それでもあの中山記念の内容を見ると、牝馬同士での惨敗はちょっと想像できません。前で競馬ができるのも、マイル戦にしてはペースが遅くなる傾向にあるヴィクトリアマイルでは有利でしょう。

 問題はこの相手でしょうが、連勝を狙って、そのあたりをじっくり週末まで考えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015 JRA GI/JPN I RACE 6 - NHK マイルカップ

 前日売りの前売りオッズの 1 番人気がミュゼスルタンで 4.7 倍…混戦模様を物語っています。

 確実に 33 秒台で上がってくる末脚は魅力ですが、毎年新潟チャンピオンにはだまされるからなぁ…ミュゼスルタン は穴で狙います。

 本命は迷っているのですが、クラリティスカイ がいいように思います。
 今年の皐月賞は結構レベルが高かったように思え、その中でクラリティスカイは逃げを打って、見所十分の五着。今回は行ってくれる馬もいそうですから、末脚を活かす自分の競馬に戻れるはずです。枠も真ん中のいいところで、いちょうステークスでの持ちタイムもあります。
 クロフネ産駒ですし、皐月賞よりマイルのこちらの方が合っている気もします。

 対抗はここもまだ迷っているのですが、十分に時間をおいてここを狙ってきた アルビアーノ を考えています。
 少なくとも 1800m を勝てるスタミナもありますし、 1400m 戦を逃げ切れるスピードもあります。東京マイルを逃げ切るのは至難のわざとは思いますが、一介の逃げ馬とも思えませんし、フラワーカップの内容を見てもまだ底を見せているようにも思えません。
 牝馬ですが、今年は抜けた馬はいませんし、後ろで牽制し合えばあわよくば残れるかも…

 穴は先述したミュゼスルタンとして…まとめるとこんな感じ。

◎ クラリティスカイ
○ アルビアーノ
▲ ミュゼスルタン
△ ヤマカツエース
△ アルマワイオリ
× アヴニールマルシェ
× ダノンメジャー

 アルマワイオリ は東京に移ればその末脚で…なんて評判がでていますが、そもそも東京は初めてで、かつ前走 ニュージーランドトロフィーであの位置から ヤマカツエース との差を詰められなかったことが気になって、ヤマカツエースを上に見ました。
 逆に前哨戦を勝ったヤマカツエースの人気が意外にないのでここは狙い目かと。

 あと気になっているところは フミノムーンヤングマンパワー
 ただヤングマンパワーは 33 秒台の脚を使ったことがない上に、東京コースも初出走。それよりは中京で左回りの経験もあって、マーガレットステークスを楽勝したフミノムーンの方が不気味。
 え!?グランシルク ですか。あの調教を見て正直迷ってます。内に入ったのもどうかなぁ…

 もうちょっと日曜日にデータを集めて再考するつもりですが、骨格は変わらない気がします。
 獲りたいなぁ…獲れたら大きいだろうな…うん。頑張ります d(^^;A

| | コメント (0) | トラックバック (3)

アルマワイオリが上位?

 先週の天皇賞(春)は、久々にすごいレースを見ました。

 昨年、一昨年と人気を背負いながら破れたゴールドシップが、向こう正面で仕掛けて先頭集団にとりつき、そのまま直線、カレンミロティックを力尽くでとらえて交わしきりました。
 ゴールドシップ以外にはできないレースですし、普通に考えたらめちゃくちゃなレースですが、勝ってしまった以上、これはゴールドシップのためのレースだったのでしょう。そう思うしかありません。
 次点であげたフェイムゲームとカレンミロティックがそろって 2, 3 着と獲れない馬券ではなかったと思うだけに悔しいレースでした (T-T)
# 三連複 57,160 円 o...rz

 さて、気を取り直しましょう。今週はさらに難しい NHK マイルカップです。

 牡馬戦線はさておき、牝馬戦線は絶対の存在と思われていたルージュバックが桜花賞で惨敗を喫したために、今年は距離適性を重視してクラシック路線からこちらへ回ってくる馬が極端に少ないように思います。
 またメンツを見渡しても、実績がマイル以下に集中している馬が多く、東京のタフなマイルをこなせる馬が見当たりません。おまけにそのマイル路線でも絶対の存在は不在。

 こうなると朝日杯 2 着の実績と、掲示板を外したのは 1800m の札幌二歳ステークスだけというアルマワイオリが最上位に見えます。
 また牡馬クラシック組に混じってそこそこな成績を残しているクラリティスカイが東京に戻ってどうなのか?
 あと個人的には昨年、新馬勝ちを生で見たダノンメジャーにがんばって欲しいのですが、あの共同通信杯での負け方をみるとちょっとなぁ…左回りが苦手でも、あそこまで失速する馬は見たことがありません。冬場がだめなのかも…と思ってみて、もう一度調教ビデオはしっかり見てみたいと思います。

 ま、なんにせよ。一筋縄ではいかんぞ…もう今からそんな気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015 JRA GI/JPN I RACE 5 - 天皇賞(春)

 三連覇のかかったフェノーメノが回避したため、 GI ホースは、昨年、一昨年と人気を裏切り続けているゴールドシップと、どう考えても距離が長いと思われるキズナの二頭となってしまいました。

 GI ホースのどちらかに印を打つのなら今回は内枠に入ったゴールドシップで、内々を通って先行しスタミナ勝負に持って行ければ、勝ち負けできるでしょうが、スタート難もある馬、過信はできません。

 調教だけ見れば間違いなく、重賞連勝中のアドマイヤデウスと、昨年の菊花賞二着、日経賞でも見所のあったサウンズオブアースがよかったのですが、アドマイヤデウスに関しては 3,000m 以上が初めての距離、サウンズオブアースはどうも勝ちきれるイメージがありません。

 日経賞を二着したウインヴァリアシオンを個人的には押したいところなんですが、なにせ今年7歳。二回の屈腱炎を経験しているだけに馬が消耗していないかどうか心配です。

 要は決めかねています orz
 あえて優劣をつけるのなら、日経賞組と阪神大賞典組、どちらを上に見るかというと日経賞組と考えていて、これ一点を基に今優先順位をつけるとするとこんな感じ。

◎ アドマイヤデウス
○ サウンズオブアース
▲ ゴールドシップ
△ ウインヴァリアシオン
△ ホッコーブレーヴ
× キズナ
× デニムアンドルビー

 人気馬が外枠に固まったので、ゴールドシップの評価が上がり、かつ内で怖そうな馬でホッコーブレーヴをあげてみました。
 次点で フェイムゲームカレンミロティック と言うところでしょうか?

 明日、スポーツ紙を買って再度これをベースに検討し直す所存で、おそらく発走まで悩んでいるでしょう。
 次回の NHK マイルカップが難しそうなのでここは当てておきたいけど…このレースも十分に難しいレースになりそうです。。。でも、心の底から当てたいです ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »